• 締切済み
  • 困ってます

スタイロフォーム100ミリに相当するロックウール厚は?

断熱材で、スタイロフォーム100ミリの断熱効果に相当するには、ロックウールだと何ミリ位になるんでしょうか? その時の施工上の注意点などありますでしょうか?  実は、ある大手メーカーの家を建てるのに、断熱材が当初予定のスタイロフォームからロックウールに変更せざるを得なくなったものですから。ご存知の方よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数906
  • ありがとう数14

みんなの回答

  • 回答No.2

yamatontyuさん。 ↓くらい書いてやらないと、不親切ですよ   (探すのに苦労しました)   アドレスをコピー&ペーストするだけですから

参考URL:
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=8924

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にどうもありがとうございました。余談ですが、早朝から動いてらっしゃるんですね!!!

関連するQ&A

  • 屋根断熱材

    現在、静岡県で新築中です。2x4です。二階にLDKを持っていくため、屋根の断熱材について悩んでいます。夏場はこのあたりはかなり暑くなるのです。メーカーのほうではロックウール75mmを予定しています。ちなみに壁はロックウール50mmで、床はスタイロフォーム20mmです。ロックウールよりスタイロフォームのほうが断熱効果は上だとこのサイトなどで言っています。ロックウールをスタイロフォーム50mmに変えた場合、断熱効果と費用の上昇はどうでしょうか。断熱効果があまり変わらないのであれば、メーカーの標準で行こうと思いますが、断熱効果がかなり変わり、値段もそこそこに抑えられるのであれば変更しようと思います。 どなたかアドバイスをお願いいたします。

  • ロックウールとグラスウール

    現在、家を新築予定です。 まず、どこに建築設計依頼をするのか。というところから検討中です。 まずは手っ取り早く大手メーカーをあたってみました。 ようやく今、無垢材の木造建築にするところまで決定しました。が.....無垢材を扱っているメーカーでも断熱材が違ったりということで、悩んでいます。 ロックウールとグラスウール。この他にも断熱材があるのは聞いているのですが、とりあえずは、この二つに絞りました。 簡単な特徴と違いは理解しましたが、どっちがいいか。となれば迷います。どちらも一長一短な気がしています。 どういった事を前提に決めればよいのでしょうか? アドバイスよろしくお願いいたします。

  • グラスウールとロックウール

    現在、家の建築を検討中です。 もともと断熱材は、グラスウールの予定でしたが、あるハウスメーカの方にロックウールへの変更を薦めてもらいました。 ■理由 ・断熱性能が良い ・結露しにくい ・グラスウールに比べて、水分を含まないため、カビが生えにくい ・長期的にみるとグラスウールは下に落ちてきて、上のほうが空洞になったりする ・そんなにグラスウールから比べてコストも上がらない。 (もともとその人には、既に違うハウスメーカで建てると言っていたので、自社のアピールではなく、純粋にて薦めて頂いたと思っています。) ところが、あるグラスウールを薦めている本を読んだところ、ロックウールも水分を含むなど、グラスウールとロックウールは大して変わらないとの結論でした。それをうけ少し迷ったのですが、それはグラスウール党の人の意見で、データも良い点だけをとってきたようにみえたため、少し信用していません。 という背景あって、いまいちロックウールのほうが良い点がはっきりしていません。 皆さんがご存知のグラスウールに比べてロックウールの良い点をお教えていただけると有難いです。上記が事実かどうかという点だけでも結構です。

  • 回答No.1

参考までにご連絡申し上げます。同じ質問のコーナーに最近の質問の10ページの11にロックウールに付いての記述が有ります。参考にされてはいかがですか? yamatontyuでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそく拝見させて頂きます。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 屋根裏へのロックウールについて

    築25年の住宅に住んでいます 断熱材がないためロックウールを屋根裏に施工しようと考えています DIYにて行う場合屋根裏にただ置くだけでよいのか、屋根の裏側にタッカーなどで打ち付けるのがよいのかお伺いします。 よろしくお願いします。

  • セルロースファイバーとロックウールを一緒に・・・

    新築完成間近です。 が、ここに来て問題が出ました。 小屋裏収納の幅が、予定より小さく施工されていたのです。 断熱材はセルロースファイバーで、小屋裏の周りと、小屋裏の無い部分は、二階天井に詰めてあります。 予定の広さに施工しなおすのは無理なようす。 私たちとしては予定通りの収納料を確保したいのです。 そこで、小屋裏の断熱部分を1部切って、そこは二階の天井裏なので 床にセルロースファイバーがあるのですが、壁部分に ロックウールを施工し、小屋裏を広げるとHMは言っています。 居室をせっかくセルロースファイバーでくるんだのに、一部を後から 切り取って、ロックウールを使うのって断熱効果が落ちるのではないかと心配ですがどうなんでしょう? 良くご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイス願います。 土曜日にHMと打合せをします。

  • ロックウールの厚さ

     いつも参考にさせていたいております。  今回はロックウールの厚さについて御教授ください。  北陸地方で新築中なのですが、先日現場を見に行った ときに気づいたのですが、壁断熱材のロックウールの 隙間が目立つのです。筋交いの三角部に2~3cmほどの 隙間は仕方がないのかなと思ったりもしますが、下端 (土台との接合部)や上端(梁との接合部)に5cm位の 隙間があります。ほんの数箇所なのですが気になります。 また、壁配管のあるところなども、同程度の隙間があり ます。これって普通なのでしょうか。このせいで断熱効 果が得られないこともあるのでしょうか。  また、その仕様も気になりだしました。 もともと高気密高断熱の家ではなく、通常の木造軸組工法 なのですが、壁も天井もロックウール55mmの仕様なのです。 このサイトでいろいろ検索してみたのですが、どうも 薄すぎるような気がします。  さらに、天井は壁と同様の袋詰の材料を並べておいてある だけにみえるのですが・・・。  そこで、天井については、施工済みの材料の上に、さら に55mmを追加施工して、2重構造にしてもらおうと考え ているのですが、効果はあるのでしょうか。  いまさら気づいても遅いのですが、かべも55mmだけでは 少し不安なのですが、いかがなものでしょうか。  何卒よろしくお願いします。

  • グラスウールについて 

    2階リビングで新築中です。 断熱材は現在グラスウール50の予定で、工務店もそれで十分だと言っています。(山口県在住です) が断熱材を厚くすると効果も上がると聞きました。 でも、ネットで検索すると施工の仕方で効果が変わるから関係ないとか、50は最低ラインだから駄目だとか・・・ どうしたらよいのか分からなくなってしまいました。 断熱剤はグラスウール50で十分なのでしょうか? ちなみに グラスウール100に変更で追加料金6万ぐらい ロックウール75に変更で追加料金9万ぐらい です。 予算オーバーなのでなるべく追加は避けたいのですが、防音効果や断熱効果が上がるならいいのかな と思っています。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 断熱材(袋入りロックウール)をとめるタッカーの施工について

    質問させてください 断熱材として袋入りのロックウールを施工する時、柱と間柱にタッカー(大きなホチキス)でとめていくと思いますが、私の家ではところどころタッカーが抜けている状態です。 詳しく言いますと、断熱材の袋の耳の部分をタッカーが突き抜けてしまって、しかも大工さんが破れていると認識しながらも再度タッカーを打ってくれていない状態なのです。 大工さん曰く、「コンプレッサーの空気が多いときにはどうしてもタッカーの機械が強く打ち過ぎでしまうので、断熱材の耳のビニールを突き抜ける」 そうです。 それが分かっているのなら再度打ってくれれば良いのですが、こちらがお願いしたところ、「数箇所タッカーが抜けていても石膏ボードで抑えるので、大丈夫です」と言われました。 確かに連続して3,4個以上も抜けがある訳ではないので、すぐに落ちてしまうとは思いませんが…。 このような施工の状態でも本当に大丈夫でしょうか? どなたか教えてください、お願いいたします。

  • 屋上のFRP防水の下に施工できる住宅版エコポイント対応断熱材は?

    現在、小さな屋上に高麗芝を敷設する屋上緑化のために、 スラブの上のウレタン塗膜上にFRP防水を施工予定です。 住宅版エコポイントを得るため、断熱材を利用したいのですが、 以下の中で薄く、コストパフォーマンスにすぐれる材料を教えてください。階下天井に断熱材は施工不可な状態です。階上防水処理の下に行いたいと思っています。 なお、FRP防水の上にウッドデッキを施工する部分に使用予定です。 ウッドデッキを踏んでもFRP防水が割れないように有る程度の硬度が必要です。 A-1 0.052~0.051 ・吹込み用グラスウール(施工密度13K、18K) ・タタミボード(15mm) ・A 級インシュレーションボード(9mm) ・シージングボード(9mm) A-2 0.050~0.046 ・住宅用グラスウール断熱材 10K 相当 ・吹込み用ロックウール断熱材 25K B 0.045~0.041 ・住宅用グラスウール断熱材 16K 相当 ・住宅用グラスウール断熱材 20K 相当 ・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板4 号 ・A 種ポリスチレンフォーム保温板1 種1 号 ・A 種ポリスチレンフォーム保温板1 種2 号 C 0.040~0.035 ・住宅用グラスウール断熱材 24K 相当 ・住宅用グラスウール断熱材 32K 相当 ・高性能グラスウール断熱材 16K 相当 ・高性能グラスウール断熱材 24K 相当 ・高性能グラスウール断熱材 32K 相当 ・吹込用グラスウール断熱材 30K、35K 相当 ・住宅用ロックウール断熱材(マット) ・ロックウール断熱材(フェルト) ・ロックウール断熱材(ボード) ・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板1 号 ・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板2 号 ・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板3 号 ・A 種押出法ポリスチレンフォーム保温板1 種 ・建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA 種3 ・A 種ポリエチレンフォーム保温板2 種 ・A 種フェノールフォーム保温板2 種1 号 ・A 種フェノールフォーム保温板3 種1 号 ・A 種フェノールフォーム保温板3 種2 号 ・吹込用セルローズファイバー 25K ・吹込用セルローズファイバー 45K、55K ・吹込用ロックウール断熱材 65K 相当

  • 筋交いと断熱材の厚みについて

    在来工法で考えているものですが、壁の断熱材のロックウールの厚みを、話を進めているメーカーの標準の55mmから75mmへの変更を言ったところ「筋交いのたすき掛けが多く入っているので難しい」と言われました。ロックウール製造メーカーのHPの施工方法を見ると問題無いと思いますが、何か問題があるのでしょうか?教えてください。

  • 断熱材「ロックウール」はアスベストでしょうか?

    私の家の壁や天井裏に入れてある「ロックウール」という断熱材のことですが、アルミホイルのセメント袋のような形態で中に綿状の線維が入っています。ロックウール工業界のホームページで見ましたら「JIS A 9521 住宅用 人造鉱物繊維断熱材」に分類されているものだと思いますが、成分の説明がありません。 先日、家庭内LANケーブルを敷設するために天井裏に入って(暑かったので裸で、マスクもせず)たまったホコリだと思うんですが、吸い込んでしばらく咳がでて、皮膚がちくちくしました。 中脾腫の潜伏期は20年くらい?でしょうから、天寿の方が先ですので私自身は恐れていないのですが、子どもや次世代の家族が毎日天井裏から落ちてくるアスベストを吸い込み続けるのではと心配しています。 で、質問「断熱材「ロックウール」はアスベストでしょうか?」

  • ロックウールについて。

    家を検討中なのですが、 色んなハウスメーカーや工務店へ行って話を聞いていますが、 各社それぞれのこだわりがあり、一社のハウスメーカーはロックウールは湿気を吸って最後はカビが生え、黒くなってずれ落ちます。 と言われ、ずれ落ちている映像も見せていただきました。 しかし、もう一社のハウスメーカは内断熱でロックウールを採用しており、ずれ落ちないよう工夫をしていますとの事でした。。。 ずれ落ちる心配はないとしても、 ロックウールは10年、20年すると黒くカビてくるものなのでしょうか? ご存知の方やご意見等お聞かせ下さい。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • ロックウールの施工方法

    初めて相談させていただきます。 新築したのですが、2階の音が1階に筒抜けで、鉛筆を転がしても、ハッキリ聞こえる状況です。 業者に聞きますと、1階天井には50mmのロックウールが入っているとのこと。その施工写真を見せてもらったところ、ビニール袋のまま敷き詰められていました(隙間もありました)。 その業者の話では、ある程度の遮音効果を考えて、ロックウールを敷いているとのことですが、ビニール袋に入れたままで、遮音の効果はあるのでしょうか。また、これが正しい施工方法なのでしょうか。断熱の場合とは施工方法が違うのでしょうか。 ちなみに、工法はツーバイフォーです。 ツーバイフォーの場合は、通常より、音は響きやすいとのことですが、仕方がないのでしょうか。 それが常識なのでしょうか。 ご指導、よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう