• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

今回の参議院選の関係で_その2(政党交付金)

政党交付金については、 『議員数と得票数の割合に基づいて決定し、国政選挙がある年は選挙翌日を基準として計算し直す。』 とのことで、今日の各紙に、「○○新聞の試算」ということで載ってました。 朝日、読売の試算値は同じでしたので、ある算出式に具体的な数値を入れれば割り出せるんだろうと思いますが、 その算出式を具体的にお分かりでしたらよろしくお願いいたします。 えらい数のタレント等の立候補が話題になったりもした自由連合については、 「当初予定額」が 286 百万だったのに対して、「新たな試算値」が 314 と増えているようですが、 ・ 議席減なら減額かと思ったけど、そうでもないんだろうか? ・ あと何票獲得すれば、一人は当選で、その場合には交付金がいくらになったんだろうか? というようなことに興味を持ったものですから。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 政治
  • 回答数2
  • 閲覧数78
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • robo-t
  • ベストアンサー率44% (4/9)

こういう制度を正確に理解するためにはやはり条文にあたる必要がありますので、政党助成法の条文を引用しておきます。 しかしながら、これをみてもすぐに理解できる人は少ないと思いますので、簡単な数式がわかるHPを紹介します。(下記URL参照) これを見てもらえればおわかりかと思いますが、自由連合については多くの候補者を擁立したため、得票率が上がり、結果として交付金が増えたものと思われます。 議員数割が減っても得票率割で稼いだのですね。 政党助成法 第三章 政党交付金の算定等 (政党交付金の総額等) 第七条 毎年分として各政党に対して交付すべき政党交付金の算定の基礎となる政党交付金の総額は、基準日における人口(基準日の直近において官報で公示された国勢調査の結果による確定数をいう。)に二百五十円を乗じて得た額を基準として予算で定める。 2 毎年分の議員数割及び得票数割の総額は、前項の総額のそれぞれ二分の一に相 当する額とする。 (政党交付金の額の算定) 第八条 毎年分として各政党(その年分について第五条第一項の届出(第六条第一項の規定の適用がある場合にあっては、同項の届出)をしたものに限る。以下こ の条において同じ。)に対して交付すべき政党交付金の額は、次項に定める議員 数割の額と第三項に定める得票数割の額とを合計した額とする。 2 各政党に対して交付すべき議員数割の額は、議員数割の総額に当該政党に所属する衆議院議員及び参議院議員の数を各政党に所属する衆議院議員及び参議院議員の数を合算した数で除して得た数を乗じて得た額とする。 3 各政党に対して交付すべき得票数割の額は、得票数割の総額の四分の一に相当する額に次に掲げる数をそれぞれ乗じて得た額を合計した額とする。  一 前回の総選挙の小選挙区選出議員の選挙における当該政党の得票総数を当該選挙における各政党の得票総数を合算した数で除して得た数  二 前回の総選挙の比例代表選出議員の選挙における当該政党の得票総数を当該選挙における各政党の得票総数を合算した数で除して得た数  三 次に掲げる数を合算した数の二分の一に相当する数   イ 前回の通常選挙の比例代表選出議員の選挙における当該政党の得票総数を当該選挙における各政党の得票総数を合算した数で除して得た数   ロ 前々回の通常選挙の比例代表選出議員の選挙における当該政党の得票総数を当該選挙における各政党の得票総数を合算した数で除して得た数  四 次に掲げる数を合算した数の二分の一に相当する数   イ 前回の通常選挙の選挙区選出議員の選挙における当該政党の得票総数を当該選挙における各政党の得票総数を合算した数で除して得た数   ロ 前々回の通常選挙の選挙区選出議員の選挙における当該政党の得票総数を当該選挙における各政党の得票総数を合算した数で除して得た数

参考URL:
http://shigeyuki.hoops.ne.jp/koufukin.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 時間がある時に、実際の数字を当てはめて試してみようかと思っています。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

政党助成法、という法律の第7条、第8条、第9条に細かく決まっています。 本来なら数式でお示しできればよいのでしょうが、私もまだ混乱している状態ですので、とりあえずそれだけお伝えいたします。 まず、全体の総額があって、その半分を「議員数割」、残り半分を「得票数割」として、それぞれ議員数と得票数に応じて配分しているようです。 法律の条文については、下記URLから検索してみてください。

参考URL:
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 法令検索用のサイトは、なにかの時に便利に使えるようですので、覚えておこうと思います。

関連するQ&A

  • 【政治・参議院総選挙って政党の勝ち負けで見るものな

    【政治・参議院総選挙って政党の勝ち負けで見るものなのでしょうか?】 政党の議席数という勝ち負けで見るから政治に無関心というか選挙に行く人が減少しているのでは? 議席数の勝ち負けなら自民党が勝つのが分かっているので誰も選挙に行くわけがないですよ。 選挙って勝ち負けで見るものなのでしょうか? テレビの選挙特番もどこのテレビ局民放もNHKも政党の議席数ばかりクローズアップして放送している。 議席数が重要なら自民党が勝つので見る必要もない。 もっと選挙には大事なものがあるのでは? 選挙の本来の目的を見失ってはいませんか?

  • 今回の参議院選の関係で_その1(供託金)

    立候補に当たっての供託金はいくらだったんでしょうか? で、それが没収されるかどうかという法定得票数については、どういう算出方法なんでしょうか? それと、参議院選に限らず、いろんな種類やレベルの公職選挙がありますが、 供託金などはそれぞれについて異なったりということはあるんでしょうか?

  • 2009衆議院比例選における党別配分数の疑問

    題の通りの質問です。 現行衆議院選比例選の議席配分は、ドント式で行っていると思いますが、2009年衆議院選にて比例代表区である「東海」と「近畿」の議席配分がおかしいように見えます。 それは、東海の例では、以下の様です。 民主党 → 得票数:3,864,328、当選議席数:12、1議席当り得票:322,027 自民党 → 得票数:2,182,422、当選議席数:6、1議席当り得票:363,737 みんなの党  → 得票数:404,411、当選議席数:0 みんなの党の得票(404,411)は民主党や自民党の1議席当り得票数を上回っているので1議席配分され、その分、民主党が1議席減の11議席になるべきかと感じました。 この考え方は間違っているでしょうか。 どなたかドント式など選挙制度に詳しい方の解説をお願いします。 今、話題の連用制の勉強中にたまたま、現行の東海の例を発見したもので、当質問には特定の政党を応援する意図はありませんので・・・・。

  • 政党交付金について以下のような考えを持っている党・国会議員を教えてください。

    自分は現行制度をこう改革したい。 ◎政党交付金は得票率による配分にする。 現行の議席率配分だと選挙で勝利した党が次の選挙も資金面で楽になって、勝ち組はもっと勝てって国民が応援するような制度。 得票率による配分の方が平等で今の制度よりもはるかに理念にかなったものであり、国民も納得しやすい。 また支持しない政党に税金が流れているという批判がある。議席率配分による現行制度ならもっともな批判だ。 ◎共産党の取り分が他の政党で山分けされるというのはおかしい。国庫に返さねばならない。 法律上は各党平等配分を前提にしているはず。その上で交付金の総額が決められている。したがって共産党が受け取らない余った分を他の政党で山分けするなんてちゃんちゃらおかしい。 共産党の取り分が割り振られないと他の党運営の資金が足りないというのなら、総額を増やすのが筋。総額を増やすと現在の総額がテキトーに作られた金額だということになり、国民は納得しない。

  • 政党要件を満たすには?

    5人以上の国会議員がいる。 以外に、国政比例代表選挙で2%以上の得票率を取って2名当選させれば 政党要件をみたしますか? それとも2%以上の得票率をとり1名当選させれば政党になるのでしょうか? 教えてくださいよろしく終え願いします。

  • ★自民党が一つの政党に負けたの初めて???

    今回の参院選は自民党49議席、民主党50議席でしたが、55年体制後の国政選挙で自民党が単独の他の政党に負けた記憶が無いのですが、初めてでしょうか?

  • 今回の衆院選の政党別得票率

    こんにちは 小選挙区、比例区合わせた政党別の得票率を算出してくれているサイトはございますでしょうか? お手数ですがご存知の方お教えいただければ幸いです。

  • 比例区のドント方式の利点について

    衆議院選挙の比例区はドント方式が採られていますが、 なぜ、この方法が選ばれているのでしょうか。 仮に、7議席を争う選挙区で、以下のような結果となった場合、       政党 A   政党 B  政党 C  政党 D  政党 E 得票数  340,000  280,000  160,000  60,000  15,000 得票率  39.7%    32.7%    18.7%    7.0%   1.7% ドント方式では、A*3議席、B*3議席、C*1議席となるようですが(wikipedia「ドント方式」より)、 7(議席数)に得票率を掛けた値(Aから順に2.78、2.30、1.31、0.49、0.12)を利用し、 整数部を議席数に、残りの議席は小数部の大きい政党から順に分配という方法 (A*3議席、B*2議席、C*1議席、D*1議席となる) でもいいような気がします。 ドント方式はどういった点が優れているのでしょうか? 私が例示した方法はどの点が劣っているのでしょうか? また、もっと良いと思う配分方法があれば教えて下さい。 (私の例はあくまでも一例なので、私の例の欠陥を指摘いただくよりも、 他の方法ではなく、なぜドント式がさいようされているのかをメインに、解説頂けるとありがたいです) .

  • 非拘束名簿式を分かりやすく教えてください

    最近、政治・選挙に関心があります26歳の者ですが、今夏の参院選から実施される「非拘束名簿式」について教えてください。漠然と政党名、候補者名どちらでも記入できるんだという程度しか分かりません。政党、その政党の候補者が獲得した得票数を合算して、政党の議席数を決めて、その後ドント式によって当確者を決めるようですが、政党の議席数の決め方またドント式について、さらにはそれらも含めた「非拘束名簿式」について、何とか教えてください。

  • 参議院選挙で共産党なぜ惨敗?

    先の参議院選挙では自民党が負けたと言われますが6年前の参議院選に比べてわずか2議席減です。それに比べて共産党は15議席から1/3の5議席への惨敗でした。志位委員長は例の如く路線に誤りは無かった、二大政党の流れに押し流されたという意味のことをいっています。 本当にそうなのでしょうか?比例得票数にしても6年前が800万を超え公明党をしのいでいたのに今回は430万票余りです。いったい何が有権者をしてこうも共産党を凋落せしめたのでしょうか。共産党はこの6年間とくに逆風となる問題もなく(筆坂問題はありましたが)住専問題や、宗男疑惑、イラク問題、年金問題点の追及など国会活動はめざましく、政党助成金の受け取り拒否なども筋が通っていると思います。 私は2大政党だけではなく公明党もふくめて第三極を目指す政党が、とくに参議院では必要と思っています。共産党はこのままでは党首討論にも参加できなくなり、又国会のチェック機能が一段と衰えることになるのではと危惧しています。