• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ミトコンドリア イヴについて

こんにちは。 人類共通の祖先はアフリカの1人の女性、という説がありますが その女性自身はどうやって誕生したのでしょうか? またその女性が子を産むための男はどこからきたのでしょう? それともミトコンドリアDNAの分岐を遡ると 1つの種類にたどり着くから1人の女性と言っているだけで 実際は集団を指しているのでしょうか。 イヴが人類の起源というのは納得できるのですが、その起源がどう発生するのかわかりません。 突然変異で一人だけ誕生したのか、それならその交配相手は何なのか。 生物や進化の事は無知なので分かりやすくおしえていただけませんでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数950
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

まず、500年前アフリカでチンパンジーから突然変異で人類が誕生。 アフリカでというのは、最古〈およそ440万年前の〉の類人猿の化石が、発見されたからです。 また新人の化石も、アジア・ヨーロッパでは、10年前のが最古であるのに対し、アフリカでは15から11万年前の新人の化石が発見されています。 誕生からどのぐらいかは諸説ありますが、やがて人類はアフリカから世界中に広がっていきました。 そして、その地方にあわせて突然変異の方向も変わったのです。 No2で説明した様に、各地域の女性を、人類とチンパンジーを比較したように、ミトコンドリアDNAを比較すると20年前に分岐していった事がわかったのです。 その分岐直前の女性がミトコンドリアイブです。 ですから、ミトコンドリアイブというのは、最初の人類という事ではなく、現代人の共通の祖先〈おばあちゃん〉という事になります。 もちろんミトコンドリアイブにも祖先はあり、それをさかのぼっていくと最初の人類に行き着きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>ミトコンドリアイブというのは、最初の人類という事ではなく、現代人の共通の祖先〈おばあちゃん〉という事になります。 なるほど、納得しました。 どうもありがとうございます。

関連するQ&A

  • ミトコンドリア イヴ

    ●およそ25万年前 人類共通の祖先 ミトコンドリアイヴは  アフリカに誕生した・・・。  人類を他の類人猿と 分けた「もの」とは何でしょうか?  みなさんのお考えをお聞かせください。  ◇わたしの考え。  人類を人類たらしめている「もの」は  最近つくづく感じているのですけれども  「やさしさ」なのではなかろうか?・・・と。

  • ミトコンドリア・イヴの理論て受け入れられてる?

    現代に生きる世界中の人々の母系先祖はアフリカの1人の女性であると 推定することができるという説は、ひろく受け入れられているのでしょうか? 先祖がたった「1人の女性」っておかしいと思うんですけど。 他の女性の子孫は?

  • 生物の進化

    生物の進化 昨日NHKの番組で2億2000万年前に卵を産んでたの哺乳類の祖先が1億2500年前には胎盤ができるものに 進化していたといっていました。 少しわからないのですが進化の初めは卵を産んでいた生物が突然変異か何かで1匹胎盤を 持つものが生まれてそれが広がったということでしょうか? それともいつかの時期に胎盤を持つものが世界のあちこちで誕生したということなのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

貴方の細胞にあるミトコンドリアはどこから来たのでしょう? 人間は、卵と精子が受精して誕生します。 卵は細胞質を持っていますが、精子は不必要な細胞質を削ぎ落とした形をしています。 ミトコンドリアは細胞質中に存在しますので、卵には母親のミトコンドリアが含まれていますが、精子にはほとんどミトコンドリアがありません。 ということは、受精卵には母親由来のミトコンドリアがありますが、父親由来のミトコンドリアは(ほとんど)伝わらないのです。 つまり、貴方の細胞にあるミトコンドリアは、母親から受け継いだもの、という事になります。 ミトコンドリアは、母親からのみ子供に伝わるのです。 と、いうことは、ミトコンドリアの起源をたどって、どんどん時代をさかのぼって考えるには、女性だけを記した家系図を延々と作ってみれば良いことになります。 すると、最初の起源として一人の女性にたどり着くはずです。これが、イブ。 女性と書くとまるで人間のようですが、イブが人間である必要はありません。類人猿かもしれないし、もっと以前の哺乳類ですら無かったかもしれない。 なにしろ真核細胞(核のある細胞)とミトコンが出会ったのははるか太古の昔ですので、今の地球とは全く違った様子だった時代の話です。イブは、起源となった最初のミトコンドリアを指した名前、ということです。 ともかくも、ミトコンだけをたどっていくとひとつの起源にたどりつくはずで、しかもミトコンは母系遺伝する、という事から「人類の祖先は一人の女性」という言われ方をします。 けれども、実際にはある日突然人類が誕生したわけではなく、ゆっくりとした進化を経ながら現代人につながっているはずです。 人類のミトコンをたどれば原人や猿人につながり、さらに猿人のミトコンをたどれば哺乳類の祖先につながり、さらにさかのぼると動物の祖先につながり、結局は原始的な生命にまで戻ることになるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 勉強になりました。

  • 回答No.2

No1です。 訂正します。今確認のため資料を読んだところ中途半端な記憶なのに気づきました。 500万年前の所まではあってます。 次に、アフリカ・アジア・ヨーロッパ・ニュージーランド・太平洋の女性のミトコンドリアDNAの違いを調べ、 その結果、20万年前のアフリカ女性から分岐した事がわかりました。 この女性がミトコンドリアイブです。 間違えてどうもすみませんでした。これからは、記憶に頼らないで資料を確かめてから回答します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。 重ねて質問になってしまいますが ・500万年前チンパンジーが突然変異して人類が誕生。 ・遡ると20万年前のアフリカ女性にたどり着く。 この2つの間も人類がいたということでしょうか? その人類から突然変異でイブが生まれ、イブ以外から生まれた人は現代人に繋がらず滅んだという解釈であっていますでしょうか。

  • 回答No.1

細胞核のDNAは、両親のDNAが半分ずつコピーされますが、ミトコンドリアDNAは母親からしかコピーされません。 ですので女性の名前が付けられました。 また、その変化は突然変異で起こされるのですが、その突然変異とは、時間的に一定の割合で起きます。 人とチンパンジーのミトコンドリアDNAの違いは、10%で、そこから人類の発生〈最初の突然変異〉は500万年前と推定されます。この最初に突然変異を起こした女性がミトコンドリアイブです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 進化論について

    質問ですが、 人類の進化論には、アフリカ起源と各地域バラバラに起こった?という説があるようですが、アフリカ起源の方がより有力な説だと聞きました。 それはなぜなのでしょうか? 創造論ではなく、アフリカ起源の進化論を、無知の私でも分かるように教えていただけないでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 人種はなぜある?

    アダムとイブがいたとは思いませんが、 人類が一か所(アフリカらしい?)から発生したのなら、 それぞれの人種はすべて、環境適応による突然変異と言うことですか? だとしたら、それは既に学会や教科書や専門書に載っている認められている事実ですか? もし突然変異じゃないなら、どうやって人種が出来たんですか?

  • 人間は猿から進化したのですか?

    宇宙人の遺伝子操作、猿から進化、遺伝子の異常、アフリカのイブの突然変異。可能性の高いのは何ですか?

  • 人類の起源が「アフリカである」の理由は?

    (1)人類の起源がアフリカにあるというのはどういう理由からでしょうか? (2)そう仮定しているだけで論理的にもアフリカ以外で有り得ないとの証明がされていない常識論的な説ではありませんか。

  • ミトコンドリア・イブ起源への疑問

    現在の人類(ホモサピエンス)は遺伝子のミトコンドリアを分析すると約15万年前,アフリカの一人の母を起源とする説が,また2001年に発行された”イブの7人の娘たち”はその説を裏付けるものとして学会に衝撃を与えて,今では主流の考えになっています。 しかし,形態的な連続性から東アジアのモンゴロイド-世界人口の大きい割合-に適用できるのか。新人の変異の根拠は何なのか。第一次脱アフリカの系統から変異が何故でなかったのか。 日本人のGm遺伝子を分析したところ南方系の割合は8%としていますが,形態的にはとてもその程度とは思えません。 遺伝子学に落とし穴があるのではと疑問を持ちますが,ご意見をお願いします。

  • ミトコンドリア・イブの母や祖母は何者でしょうか

    ミトコンドリア・イブ説に拘るhideMUUです。 前回のご回答に余り納得できず再び質問させて頂きます。 素朴な質問にします。 人類の唯一の祖先である「イブ」の母や祖母は一体何者になるのでしょうか。イブは突然変異なのでしょうか。

  • 人類の祖先は、現在の大陸形状になってから誕生?

    人類の祖先は、地球が現在の大陸形状になってから誕生したのですか? とすると祖先はアフリカをスタートして大陸を縦断していって、 各々大陸に住み始めたのでしょうか。

  • 人類の祖先の肌色は?

    人類の祖先の肌色は? アフリカを旅立ったヒトがニューギニア界隈に到達したのは今から100万年程前で、この頃は200フィートも海面が低くユーラシア大陸と地続きであったからだとの説があります。この説に従うと、この頃は氷河期の真っ最中です。だとすると、今日のニューギニア界隈の肌の黒い人々の祖先も、現在よりずっと白かったと考えるのが自然に思えます。 また、ヒト誕生の経緯には、こういう説があります。地球寒冷化による森林の後退が樹上生活をしていた人類の祖先に対して平原に降りることを促し、これが二足歩行の切っ掛けになった。この説に従えば、当時のヒトの肌は黒くなかった理屈になります。 衣食住が貧弱なために気候の影響を今日とは比べようもなく大きく受け、しかも医療のない環境では肌の色は大問題だったと思います。今日ですら北欧人の肌の白さを気候で説明しているのですから、氷河期に肌が黒くては骨が成長できなかったと推理します。ニューギニアの人々ばかりでなく、人類は全て肌の白い時代があったと想像するのですが考え違いがありますか。 よろしくお願いします。 

  • ミトコンドリア・イブについて(全人類の血縁関係)

    全人類(ホモサピエンス)は女系の家系を、ものすごく遠いところまでさかのぼって いくと、アフリカにいた1人のイブという女性にたどりつくらしいです。で、このイブと いう女性が、ミトコンドリア・イブというらしくて、今生きてる人類は全員この女性の 血が入っているいるらしいです。 しかし不思議に思うことがあります、人類はその イブという女性だけで、男の精子がないのにどうやって子孫繁栄していったのかな と思ってしまいます。 そこで質問です。 (1)どうやって男の精子なくして女性の卵子のみで子供を作ったのか? (2)イブから子孫の血筋が枝分かれしていったとか言いますが、 枝分かれさせたのは 所詮その家系ごとの苗字だとか名前だけで、血はどこまで遠くいってもイブとつながった ままですよね? そうなってくると必然的に現代においても人類はみな近親交配して 子孫を残していってることになりますよね? 僕は、その人類はみな近親交配をして 子供を作るしかないということを知ってから、AVを見たり彼女とセックスするのがとても 気持ち悪くなってしまいました、血縁同士で性的なことをすると思うと吐き気がします。 もし人類の一番大本の祖先が50人~100人程度いてくれたら、まだこのように気持ち悪く ならずに済んだでしょう、誰か僕に先述したようなことが、気持ち悪く感じなくなるような 情報や、アドバイスなどをお願いいたします。

  • 生命の誕生は、進化論で説明できますか?

    今から、約35億年も前に、RNAで自己増殖できる 原核生物が誕生したそうなんですが、 それまでは、まだ、DNAはなかったらしいんですね。 だとすると、突然変異と自然淘汰で、原核生物が 誕生したのではないと思うので、「生命の起源」は、 突然変異と自然淘汰では説明できないと思うのですが、 どうなんでしょうか? あと、たまたま突然変異で有利に変異した個体が 生存競争で「ふるい」に掛けられて、 より環境に適応した個体が生き残って子孫を 増やしていく・・・この蓄積が自然淘汰だと 思うんですが、 要は、自然環境が、突然変異した個体を「ふるい」 にかけるだけで、何ら、その個体に主体的に「環境」 が働きかけているわけではないと思うのですが、 そのような消極的な自然淘汰が、その個体を維持する ことは出来ても、果たして、より高度な秩序ある 更なる個体へと進化させていくほどの機能があるとは 到底信じられません。 ましてや、偶然の産物でしかない突然変異で、 高度な機能を有する秩序ある個体へと進化していくとは さらに、信じられません。 開放系であるこの地球で、太陽エネルギー以外の 何らかの別の力(目的・方向性をもつエネルギー)が 生命に働きかけて、エントロピー減少へと 向かわせているようにしか思えませんが、 いかがなものでしょうか? 私はそれがまさしく神の愛だと思うんですが・・・