解決済み

「現なま」の語源は?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1014387
  • 閲覧数173
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 10% (1414/13346)

お金の札束のことを「現なま」といいます。
この由来を教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

現生(げんなま)とは、目前にある貨幣のことです。
昔はお札はなかったので、現金、現銀、現銭ともいわれ、要するに代金を品物や証書、手形、小切手などではなく、現在通用している貨幣で支払うこと(現金決済)です。

生は未加工のものに対して使うので、手形などを加工されたものと見なし、お金そのもの(昔は金、銀、銅貨)で払えという意味の俗語で、文章で使われる場合は現金となります。
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (88/268)

「現なま」は漢字で書くと、「現生」です。

札束だけではないと思います。証券や金券ではなく、
現金そのものを「現生」というのではないでしょうか。

使われ始めた時期は江戸時代だと聞きます。米などの代替品ではなく、金貨そのもの(なま)だからでしょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ