• 締切済み

熱力学 ゆっくりと

熱力学でよく分からないことがあります。 混乱してきました。 定圧変化について 「ピストンが『滑らかに動く』」からと言って定圧変化ではないですよね。 (断熱変化でも「ピストンが『滑らかに動く』」問題があります..) 定圧変化は同じ圧力Pのまま、状態変化することですよね。 (状態前の圧力P(前))と(状態後の圧力P(後))が同じということ。 微小変化でつり合いを保ちながら、圧力が一定になるように変化をさせることですよね。 「ピストンが『滑らかに動く』」時に、 「ゆっくりと」や「準静的に」と記述が〈ある〉場合は、ピストンがつり合いながら変化しているのでしょうか。 「ピストンが『滑らかに』動く」時に、 「ゆっくりと」や「準静的に」と記述が〈ない〉場合とは違うのでしょうか。 「ピストンが『滑らかに』動く」時に、ピストンがつり合うまで変化が起こるのですか。 画像の問題のようにAの圧力も変化し、Bの圧力も変化する時に(外圧が変化する時に)「ピストンが『滑らかに』動く」問題は、ピストンがつり合う位置まで、ピストンがつり合いながら変化するのでしょうか。

みんなの回答

  • jamf0421
  • ベストアンサー率63% (448/702)
回答No.5

回答No.3へのお返事に対する回答です。 >この画像の問題でのピストンは常につり合っているのでしょうか。 つりあっていないと思います。 >「準静的な」変化ではない熱力学の問題は高校範囲においてありますでしょうか。 高校の範囲について詳しくないですが、定圧Pに抗してΔV膨張し、外部への仕事がPΔVになる時とか、真空に広がってなした仕事がゼロと言った例は不可逆変化ですが、高校の範囲にありませんか。

  • head1192
  • ベストアンサー率20% (159/779)
回答No.4

「滑らかに動く」とは「摩擦を考えない」ということ。 滑らかに動かないと摩擦熱が生じたりして、到底解けない方程式になってしまう。

math1150
質問者

補足

返答していただきありがとうございます。 ピストンがつり合いながら、状態変化していくということではないでしょうか。

  • jamf0421
  • ベストアンサー率63% (448/702)
回答No.3

ピストンが滑らかに限りなくゆっくりや準静的で動くときはピストンは圧力差が限りなく小さい条件のもとでほぼ平衡を保ちつつ移動します。いわば各瞬間が平衡状態の点綴です。 限りなくゆっくりとか準静的でない場合、たとえば外圧Poが一定で、内圧がそれよりも有限の大きさで大きい状態から、ピストンを急に滑らかに移動できるようにしたら気体は膨張しますが有限の速度で膨張し、準静的変化ではありません。

math1150
質問者

補足

返答していただきありがとうございます。 返信が遅くなり、すみません。 この画像の問題でのピストンは常につり合っているのでしょうか。 「準静的な」変化ではない熱力学の問題は高校範囲においてありますでしょうか。

  • ohkawa3
  • ベストアンサー率59% (1269/2145)
回答No.2

「準静的に」と同じ意味と理解してよいかと思います。 現実のシステムでは、ピストンを動かすためには、摩擦力や可動部を加速させるさせるための力が必要ですが、そのような事象を一括して「そのような力は十分に小さいと仮定して無視してよい」という意味「滑らかに動く」、「ゆっくりと」、「準静的に」のような表現をしていると思います。 厳密に追及すると「嵌り」ます。「嵌る」ことに知的興味心があれば、大いに追求すればいいと思います。嵌りたくなければ、出題者に当面は「騙される」ことを許容して、もっと多様な演習問題に接することで力学の全貌を把握することを目指すのも選択肢と思います。広範囲の考え方を把握できれば、マクロな説明において、ミクロな挙動を無視した方がシステム全体の挙動を把握しやすいことを実感できます。

math1150
質問者

補足

返答していただき、ありがとうございます。 返信が遅くなり、すみません。。 つまり、高校範囲の熱力学の問題において「ピストンが『滑らかに』動く」時は、ピストンが『される』力のは、ピストンが動いている時、常につり合っているのでしょうか。

  • hiro_1116
  • ベストアンサー率30% (2281/7375)
回答No.1

「滑らかに動く」は、常に圧力のバランスを保ちながら(内外の圧力が等しく)動く。 「ゆっくりと」は、熱の出入りが常にバランスされながら(内外の温度が等しく)動く。 といった意味かと。

関連するQ&A

  • 熱力学での容器

    熱力学の教科書で使われてる系と外界を分ける容器は、定容変化以外では 平衡状態のとき外圧=系の圧力がいつも成り立っているようなので 定容変化以外ではピストンの重さ、シリンダーとの摩擦は常に無視している、 ということでいいのでしょうか?

  • 熱力学

    熱力学でのピストンの動きについて 画像の問題で質問があります。 始め、ピストンは Pa=Pb でつり合っており、 次にワイヤーにおもりをつけたことでピストンはどのような動きをしますか。 ピストンがつり合いながら動くのでしょうか。 このように箱に仕切り(ピストン)がある時に、両側の圧力が変化していく時は、その仕切り(ピストン)はつり合いながら、状態変化していくのでしょうか。

  • 熱力学

    高校生のものです。 圧力、体積、温度がP、V、Tの理想気体を滑らかなピストンに入れる。 ここに重りをのせて温度を2Tにするとピストンは上昇し始め、3Tにするとある位置で止まった。 この時の圧力、体積、温度を求めよ。 という問題がありました。 まず2Tにした瞬間体積はVだから圧力は2Pになる。 その次なのですが、解説をみると2T~3Tでは定圧変化と書いてありました。 PV=nRTで確かに右辺のTが増えたので左辺も増えます。 しかしなぜPは一定なのでしょうか?教えてください。

  • 熱力学

    なめらかに動くピストンの付いた断面積 S のシリンダーを鉛 直に立て,シリンダー内に単原子分子理想気体を封入した。ピストンとシリンダー は断熱素材でできており,ピストンの質量は無視できる。はじめ,封入された気体 の圧力は P で大気圧と等しく,体積は V0であった(状態 A)。 質量 m のおもりをピストンの上にゆっくりと載せたところ, シリンダー内の気体の体積は V1 (V1<V0) となってピストンは静止した(状態 B)。 重力加速度の大きさを g,単原子分子理想気体の定積モル比熱 Cv=3/ 2R (R は気体定数),定圧モル比熱 Cp=5 /2R とする。また,気体の圧力を P,体積を V,比熱比を γ=Cp/ Cv とすると, 等温変化: PV= 一定 断熱変化: PV ^γ= 一定 が成り立つ。 状態変化 ABにおいて,縦軸に気体の圧力 P,横軸に気体の体積 V を とったグラフの概形として最も適当なものは? お願いします。

  • 熱力学でのシリンダーの動きについて

    少々長い問題ですが、ごめんなさい。 問題文 鉛直におかれた断面積Sのシリンダーに、圧力P、体積V、絶対温度Tの単原子理想気体が入っている。この状態からピストン(質量はMで、滑らかに動く)を鉛直下方に距離x.だけ押し下げて静かところ、ピストンは運動を始めた。ただし、x.は底面からピストンまでの高さに比べて十分小さく、容器全体は断熱材でできていて、大気中におかれている。 問ピストンの運動を考える ピストンがはじめの位置からxだけ鉛直下方に変位しているとき、ピストンに働いている力Fを求めよ。|x|≦x.とする。 解答 はじめは力のつりあいで PS=P.S+Mg……(1) 合力Fは下向きが正だから、 F=P.S+Mg-(P+ΔP)S と続きこれは、単振動ということになり周期、速度の最大値を求める問題へと移行することになります。 そこで、わからないところなんですが、【例題】鉛直に立てたシリンダーの中に温度Tでnモルの気体が入れてある。ゆっくりと暖めると気体は膨張し、温度はT+ΔTになった。気体がした仕事はいくらか。質量Mのピストンは滑らかに動き、気体定数をR、大気圧をP.とする という問題ではピストンの力のつりあいから、PS=P.S+Mg……(1)’ と続き、その後の解説で ピストンの動きはゆっくり暖めたときは、(1)’式からわかるようにピストンは絶えず力のつりあいを保ちながらゆっくりと働く、つまり、(1)’は絶えずなりたい右辺は一定だから、Pは一定となり定圧変化が起こる。 と書かれていました。 解答の続きどおりやると-Kxとなって-Kxだから単振動になるという力学的なことはわかります。 しかし、つりあいながら合力が一定で上の例題のように定圧に動くと思ったのですが、なぜ合力Fは一定ではないんでしょうか? この問題の場合、例題とはどう違うんですか? どうかよろしくお願いいたします。

  • 大学の熱力学の問題を教えていただきたいです。

    熱力学の問題がわからなくて困ってます。 大学の熱力学の問題で教えていただきたいです。 ある気体1kg断熱膨張し、温度が400Kから100Kに、体積が0.2立方メートルから1.6立方メートルに変化した。 またこのとき外部に対して行った仕事は930kJであった。この気体の比熱kと気体定数R[ J/kg・K]を求める問題です。 圧力を変化前と変化後でP1とP2とおいて 断熱変化の公式で P1×0.2^k=P2×1.6^k 状態方程式で P1×0.2=1×R×400 P2×1.6=1×R×100 仕事 P2×1.6-P1×0.2=930 とおいて連立で解こうとしたんですがよくわからなくなってしまいました。 解き方があっているかもわかりません。 解き方や考え方などを教えていただきたいです よろしくお願いします。

  • 熱力学 断熱変化 定圧変化

    何度考えても分からないので質問させていただきます。 熱力学(高校範囲)について 理想気体で状態方程式pV=nRTは常に成立という考えは合っていますでしょうか。 画像の問題について一つずつ確認していきたいのですが、 「内部エネルギーは温度に依存する。」 つまり、[問1]の「高度zでの断熱変化」という設定で、ΔTの変化での内部エネルギーΔUの値を求める作業をする。 これにより今後のΔTは全て[問1]の答えを使えるということで合っていますでしょうか。 [問1]の時の気体の状態 圧力 : p 体積 : V+ΔV 物質量 : n 温度 : T+ΔT 続いて、問題文より「図2のように、・・・高度z+Δzで・・・」においての話をしますが、 問題文の高度z+Δzでの気体の状態 圧力 : p+Δp 体積 : V+ΔV 物質量 : n 温度 : T+ΔT もちろんこの2つの気体の状態変化を比べるとボイル•シャルルは成立しません。 断熱変化と定圧変化が同時に起こるのはありえないですよね。 この画像の[問1]は「断熱変化(微小変化)」とし定圧変化のように扱っているのでしょうか。 つまり、[問1]の変化においては気体の状態方程式(ボイル・シャルル)は不成立ということで合っていますでしょうか。

  • 熱力学で

    定積変化の説明に、「気体の体積を一定に保ち、状態を変化させる過程を定積変化という。」と書いてあったのですが、この状態を変化させる過程というのは固定から液体にまたは液体から気体というのも状態変化と言うし、でもこれは定積変化というのは気体だけの話だから固定から液体にまたは液体から気体という状態変化とは関係ないのでしょうか? 後、定圧変化の説明で「気体の圧力を一定に保ち、状態を変化させる過程を定圧変化という。」と書いてあったのですが、「気体の圧力を一定に保ち」というのは「気体の圧力を変えない」ってことでしょうか?って事は気体の圧力が変わらなければ、気体の体積も変わらないってことでしょうか?なぜかと言いますと、ピストンの中の気体で考えますと、ピストンって押していくと、気体の体積が小さくなって気体のいる部屋が狭くなって気体の中の分子が押される前よりも容器中の壁にぶつかる回数が多くなるじゃないですか?それって気体の圧力が増しているって事ですよね? って事は体積が小さくなれば気体の圧力が増える、なら体積が変わらなければ、気体の圧力も変わらないってことにはならないでしょうか? そもそも気体の圧力と気体の体積、気体の温度などシャルルの法則やボイルの法則とかもあってごっちゃになっていて困っています。 シャルルの法則で質量一定で、気体の圧力一定と書いてあったのですが、それって定圧変化の事を言っているのでしょうか?

  • 熱力学の恒等式はどのような変化を表していますか。

    大学熱力学の初学者です。基礎知識は高校物理+エントロピー、エンタルピー程度です。 先日、     dU = TdS - PdV という式(「熱力学の恒等式」)を知りました。 この式ではTとPは定数として扱われているようですが、 これは、等温変化なのでしょうか?       定圧変化なのでしょうか?      (それとも温度と圧力を一定にした変化が可能なのでしょうか?) 気体の状態方程式PV=nRTから考えると TとPを一定にすると、自動的にVも定まってしまい、変化しようがないように思うのですが。 お忙しいところ、お手数をおかけしますが、どうかよろしくお願いします。

  • 熱力学のわかりやすい本について

    熱力学で、断熱変化、等温変化、定積変化、定圧変化などや可逆変化、不可逆変化などがそれぞれ詳しく整理されてまとめられていて、違いなどがわかりやすく書いてあるようないい本はありませんか?