• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:光(特に赤外線)が発生する原因)

光の発生原因についての質問

このQ&Aのポイント
  • 光の発生は分子・原子中の電子のエネルギーポテンシャルの変化によって起こります。化学結合の変化や電子の強制的な動きによっても光が放出される場合があります。
  • 固体の場合、自由電子の存在によって電子のポテンシャルエネルギーが変化し、光が放出されます。一方、電流の流れない絶縁体では光の放出は起こりません。
  • 気体からは基本的には赤外線は放出されませんが、気体放電という現象によって光が放出されることがあります。気体分子の運動や衝突によって電子のエネルギーポテンシャルが変化し、光が放出される可能性があります。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • ohkawa3
  • ベストアンサー率59% (1405/2364)
回答No.1

十分に説明できるほど理解できていませんが、固体表面からの赤外放射の原理は、次のURLの「原子による輻射場の吸収・放出」に記載されていますので参照なさってください。なお、反射率が高い鏡面のような場合には当てはまりません。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

subarist00
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 こうして見ると、一般的な光や特に赤外線の放射も電子軌道変化(エネルギー準位遷移)に伴うものと考えて良いのかもしれませんね。 (核分裂や核融合しても当然出ますが、さすがにそれは考えてません。生活環境や一般的な産業の現場で目にする現象の範囲だけで十分です)

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • Nakay702
  • ベストアンサー率80% (9814/12231)
回答No.2

単に興味を持っているだけの門外漢ですので、間違いがあるかも知れませんが、以下のとおりお答えします。 >1.基本的に分子・原子中の電子のエネルギーポテンシャルの変化を伴う現象に伴ってのみ放出されると考えて良いのでしょうか? 固体・液体・気体からどのようにして赤外線が出るのか(それを通して最終的にはどういった場合に出るのか、出ないのか)を知りたいです。まず、固体・液体・気体問わず、燃焼すれば化学結合が変化する際に原子の周回軌道を回る電子のエネルギーポテンシャルが変化するので光子(つまり光)が放出される。これは広帯域のスペクトルであれば赤外線も含まれる、と言いうのはわかります。あるいは化学結合状態が変化しなくても蛍光灯のように電圧をかけて電子を強制的に送ってやれば、電子のエネルギーポテンシャルが変化が起こるので、光が出そうな気がします。 ⇒まず、「基本的に分子・原子中の電子のエネルギーポテンシャルの変化を伴う現象に伴ってのみ放出されると考えて良いのでしょうか?」についてはこう考えます。 周囲と比べて熱エネルギーの差がある場合、それの高い方から低い方へ向かって放射される熱線のうちの、最低辺に当たるものが赤外線である、と言えるのではないかと思います。その典型的な例が、1965年にペンジャスとウィルソンによって発見された3K宇宙背景放射(黒体放射)ですね。これはいわば一種のエネルギー崩壊ですから、大きく見れば「エントロピー増大の法則」の一局面と言えるのかもしれませんですね。 それにしても、3Kと言えば、絶対零度に3°C加えた温度つまり、−270.15°Cというとんでもない低温ですが、宇宙規模の観点から言えばかすかな「ぬくもり」はある、すなわち、遠赤外線の熱放射はするわけですね。なお、絶対零度になると宇宙のあらゆる粒子は活動を停止する、つまり、いかなる放射もしなくなるそうです。 >2.固体の輻射ってどういう原理で赤外線が出るのでしょうか? 電流が流れる金属のように自由電子があれば、物体中を泳ぎ回る際に電子のポテンシャルエネルギーがいろんなレベルに移るので、その際に光が出るのもわかります。そういう原理であれば、電流の流れない絶縁体ではそういう事は起こらない(つまり赤外線は出ない)事になってしまいます。 ⇒これについては、まったくの独断ですが、こう考えます。 赤外線は電磁波の一種ですから、電流とは違いますよね。つまり、電磁場の周期的な変化が真空中や物質中を伝わる横波ですから、電荷の流れがなくても熱エネルギー差があるだけで赤外線は発生し得るわけです。電流も熱エネルギー差を生む要素の一つである、というに過ぎない、と推測する次第です。 >3.気体からは基本的に赤外線は出ないという事のようですが、検索していて気体放電と言う現象があることを知りました。つまり積乱雲で雷が発生するような事だと思いますが、あれは積乱雲中の乱気流で氷の粒が衝突する事で静電気が発生するものと理解しています。電気が流れれば光が出るのはわかります。 それはそうと分子の衝突で電子のエネルギーポテンシャルの変化が起こるのなら、気体の状態であってもそれは起こり得るものと思います。すなわちブラウン運動によって気体分子は常に運動し、衝突を繰り返しているはずです。なぜ「気体からは基本的に赤外線は出ない」のでしょうか? ⇒通常、「気体からは基本的に赤外線は出ない」とされるのは、次のような「からくり」(機序)によるものと思われます。 すなわち、気体は、「固体→液体→気体」という位相変化の終着状態ですので、「(通常)気体からは基本的に赤外線は出ない」ということなのではないでしょうか。なぜかというと、一様に広がる気体中には熱エネルギー差がないからだと思います。ということは、特定の位相の臨界部あるいは異なる位相との接点では、赤外線が出る可能性はあると考えられますね。

subarist00
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。こういう事を自由に考える頭があれば苦労はしていないのですが、基本的に古典物理学で頭が止まっています。やはり量子力学を受け入れないとダメかなぁ。 エネルギー崩壊って電子どころか核の崩壊ですよね。世の中にはファンデルワールス力<電磁気力<核力の3つしかなく、電磁気力で出るものは核力なら出せるであろうことは想像できます。ただ気体の温度が高くても、分子運動(ブラウン運動)だけで電磁波が出るというのはチョト考えづらい。しかしブラウン運動で分子同士が衝突したばあいはよくわかりません。 熱エネルギーの差が最終的に放射赤外線の多寡につながっているのはボルツマンの四条則からも確かですが、どういう経路でそうなっているかが知りたいです。気体でも暖かい空気の塊と冷たい空気の塊が存在する(分かれて接している)状況はありますね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 赤外吸収 IR について

    光についてほとんど知識のないものです。基本的な質問をさせてください。 物質に赤外線を照射すると、それを構成している分子が光のエネルギーを吸収し、量子化された振動あるいは回転の状態が変化する。したがって、ある物質を透過させた赤外線は、照射した赤外線よりも、分子の運動の状態遷移に使われたエネルギー分だけ弱いものとなっている。この差を検出することで対象分子の振動・回転の励起に必要なエネルギーが求めるのが赤外分光ですよね。 これって何で赤外線でないといけないのでしょうか?可視光や紫外線やx線みたいな電磁波でもまったく同じ現象が起こりそうな気がするのですが。だとしたら別に入射させる光は赤外線でなくてもいいと思うのですが吸収されないのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 光の吸収について

    物体に近赤外光を照射したとき分子の官能基にそれぞれ独自の近赤外光を吸収する波長があり、近赤外域における吸収は、全て赤外域での基準振動の倍音または結合音による振動によって生じます。 そこで質問なのですが、倍音は基本音が起こった時にしか起こらないのでしょうか?倍音のみ起こることはないのでしょうか? あと、官能基には基準振動があり、基準振動エネルギーと同じ光エネルギーが照射されたらエネルギー準位が遷移し、分子には電子エネルギー準位、振動エネルギー準位、回転エネルギー準位がありますが光が照射されたときどのエネルギー準位が遷移するのかはどのように決まるのでしょうか?

  • 光照射を受けると電子を出す化合物

    こんにちは、光科学を勉強し始めているのですが、光照射で分子の形がかわったりすることがよく参考書に載っているのですが、もっと劇的な変化をする分子はないでしょうか(もちろん形が変わることも劇的だと思うのですが)。たとえば、光を照射すると電子を放出してしまう分子はどうでしょうか。でも電子を受け取ってくれる相手の分子がいないと電子が独り歩きしそうですが、そのようなことはありませんか?水の中ですと水素が発生しそうですが、どうでしょうか。もしあるとすると、その分子を水の中に溶かして、光を当てると水素が発生してくることになりますが、そんなことはありますでしょうか・・・? もしありますようでしたら、分子名を教えてもらえると勉強になります。また、どういった分子がそういった特性をもつ可能性があるのでしょうか。長くなってしまいましたが、光を当てて電子が放出されるようなことがあったら面白いのではないかと思いました。素人でして至らない文面や考えがあるかと思いますが、教えていただけると勉強になります。

  • 光の発生について

    光は電場と磁場の振動で発生すると知りました。原子核を回る電子が励起状態から一つ下の状態へ移るとき光としてエネルギーが放出されますが、これは電場と磁場の振動はどこがどうなって関係しているのでしょうか? もしかすると単純な勘違いからくる質問かもしれませんがよろしくお願いします。

  • 熱放射(輻射)の基本的なことを教えてください

     熱放射で出される電磁波は、人体や地球放射などは赤外線領域で、赤外線を熱線と呼んだりするかと思いますが、太陽では熱放射として可視光や紫外線が出ていると思います。この場合でも、熱放射の出るミクロな場面では、分極した分子の運動ととらえてよいのでしょうか。  吸収の場面では、紫外線は電子遷移や光解離として吸収されますが、放射の場面でも同じ仕組みで、電子遷移なのでしょうか。光解離で放射というのは、考えにくいように思いますが、、、  黒体放射のスペクトルが、温度によっては、UVから可視光、赤外線となめらかなカーブになりますが、これは、同じ放射の仕組みによるのでしょうか。あるいは、波長域でよって、核融合だったり、電子遷移だったり、双極子モーメントの運動だったり、もとの反応は様々でもエネルギーとしてはなめらかに曲線になるのでしょうか。  少し違う話ですが、あらゆる物体は温度に応じた電磁波を出す、とよくいわれますが、大気中の窒素や酸素など双極子モーメントをもたない気体分子も、温度におうじた電磁波を出しているのでしょうか。  CO2やH2Oなど気体分子が吸収のピーク波長をするどく持つのに対し、多くの固体は黒体に近似できる場合が多いようですが、固体では、さまざまな分極した分子の運動が生じうるからということなのでしょうか?  また、最初の質問と少し、だぶりますが、固体の温度が上がり、赤外線から可視光にかわるときには、固体のなかでの電磁波を発する仕組みも違うものになるのでしょうか? あるいは、いつでも、原子や分子の熱運動といっていいのでしょうか。  とりとめのない質問になってしまいましたが、可能な部分だけでも、教えていただけましたら助かります。

  • 光エネルギーについて

    光エネルギーについて教えてください。 光エネルギーとは?  (熱エネルギー=分子の運動による摩擦エネルギー)    (分子の持つ運動エネルギー)  (位置エネルギー=位置の持つ落下のエネルギー)    (引力)  (電気エネルギー=電子の移動によるエネルギー)  ※間違っているかもしれません。 又、光エネルギーには、エネルギー保存の法則(詳しくは、知りません)は、当てはまるのでしょうか? 又、当てはまるのであれば、どのようなエネルギーに変化するのでしょうか。 基礎知識がない為、わかりやすく説明していただけたら、幸いです。 よろしくお願いします。

  • エネルギー準位

    光の物理について独学中です。 シュレディンガーの方程式において、当然のことながらポテンシャルエネルギーあるいは境界条件によって固有状態は違ってきます。教科書的には、クーロンポテンシャル、井戸型ポテンシャル、調和振動子ポテンシャルの場合が説明されています。 質問は、実際の原子や分子の電子状態において、これらの異なるポテンシャルがどのように連続的に関わってくるのかという点です。以下、具体的な質問をします。 1.原子や分子のエネルギー準位は基本的にはクーロンポテンシャルによって決められるバンド幅を持つ準位にあり、そこに光の電場による振動あるいは分子の振動による調和振動のエネルギーが加わるという考えかたでよいのでしょうか? 2.クーロンポテンシャルによって決められるエネルギー準位に調和振動子ポテンシャルの準位が加算されることになるのですか?そして調和振動によるエネルギー準位がクーロンポテンシャルの準位間エネルギーギャップを超えるときにクーロンポテンシャルによる準位が一つ上のレベルに達すると考えてよいのでしょうか? 3.価電子が調和振動によるエネルギー準位を加えるとき、価電子の存在するバンド幅は広がるのですか? 4.半導体の場合、クーロンポテンシャルによって束縛されている電子が調和振動によるエネルギー準位を加えて(井戸型ポテンシャルから計算される)自由電子のエネルギー準位になると考えてよいのでしょうか? 上記について教えていただければ幸いです。

  • LEDが光のは電子が消えるからですか?

    NHKの「チコちゃんに叱られる~」で、LEDが光るのは穴に電子がはまって「電子が消える」からと言っていましたが、ホールは消えても電子は消えないと思うのですが、教えてください。 私のこれまでの理解では、電気を加えることでエネルギーが高くなった(励起した)電子がホールと結合してエネルギーを失うときに放出するエネルギーが光になると考えていました。(さらに言うと、エネルギーは階段を降りる時のように放出するエネルギーは材料によって決まっておりこれが色の違いになる) つまり、電子はエネルギーが低くなるが「消える」ことは無いはずです。

  • 電子レンジと赤外線、光センサーとは何ですか?

    初めて投稿させて頂きます。 検索結果に似たワードがたくさんあり、専門家も居るこちらで疑問を解決するべく聞きたいのですが、電子レンジはマイクロ波で赤外線ではないと考えていたんですね。でも、電子レンジの加熱周波数は、日本では2.45 GHzであり、水分子の分子内振動は、OH伸縮振動、逆対象伸縮振動、変角振動などがあるが、いずれも赤外線の周波数のところにあり、マイクロ波よりは3~4桁ほど高い、と言うのを読んだんですけど、赤外線の周波数のところにあるという意味がわかりません。電子レンジは赤外線を使っているものとは違いますよね。 また、電子レンジは食品を酸欠にするため、それを食べた人間の体が酸欠になるという記事がとても多く、言い始めたのはどこかの医師だそうですが、酸欠ってマラソンランナーとかのイメージだけですけど、体が酸欠になる意味が、どうにもわかりません。 最後に、果物の糖度を計る時に光センサーとかいう赤外線を使うそうですね。電子レンジを当てているみたいなものだと考えればいいのか、全然違うのか、よくわからないですね。 こちらは全くわからないので、どっちにも考えていません。 電子レンジの害も学ばなきゃいけないと考えますが、ウソは習いたくないですね。ところが、例えば酸欠ひとつ見ても記事がとても多い。科学を学んだ人がそれを言うには根拠があるだろうな、でもわからないなという状況です。どなたか専門家で確実な方が居たら、ありがたいです。

  • 気体の体積について

    気体の体積についてですが、「体積は○m³」といっても、瞬間に衝突する分子の数も、瞬間に衝突する分子の運動エネルギーの合計も変化するわけですから、(体積は)肉眼では捉えられない範囲で常に変化していると考えていいでしょうか?

Excel表印刷で通常印刷にする方法
このQ&Aのポイント
  • Excel表を印刷する際に、通常印刷ではなく拡大印刷される場合があります。その場合には、セットアップを再度行うことで通常印刷に戻すことができます。
  • ただし、セットアップをしなおしても後日改めて印刷すると、再び拡大印刷になってしまうことがあります。通常印刷にするためには、特定の設定を行う必要があります。
  • 具体的な方法としては、インターネットで「Excel表拡大印刷が解除されない場合の対処法」などで検索し、試してみると良いでしょう。また、キヤノン製品の場合は、キヤノンのサポートセンターに問い合わせることもできます。
回答を見る