• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:兄弟間の賃借契約について。)

兄弟間の賃借契約について

このQ&Aのポイント
  • 将来母が亡くなり、弟が私名義の実家に住む場合、賃借契約は可能か?
  • 賃借契約をせずに弟が住み続ける場合のメリット・デメリットはあるか?
  • 兄弟を住まわせずに出ていかせる方法はあるか?

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • fujic-1990
  • ベストアンサー率55% (4505/8062)
回答No.1

 不動産賃貸業を営んでおります。 > ①弟と賃借契約を交わす事は可能でしょうか?  もちろん可能です。 > ②賃借契約を交わさずに弟が住み続ける場合の、私のメリットデメリットはありますか?  権利義務がハッキリしませんので、質問者さんにメリットはないと思います。まあ、優しいお兄さんだという評価を受けられますが。  自分で住めない。返還された時ぼろ屋にされているかもしれない。売却するとき、権利関係が複雑なので買手から足下を見られる、というのがデメリットかなと思います。 ③また、兄弟を住まわせずに出ていかせる方法もありますか?  もちろんあります。現状は「使用貸借」という貸借契約で住まわせているという形になりますので、「解除通告と明け渡し請求」ということで退去してもらうことになると思います。  但し、自由自在にいつでも契約を解除してすぐ立ち退かせるということは無理です。使用目的を達成したことなどが条件となる場合もあります。  弟さんが明け渡しを拒絶すれば、自力救済は禁止されているので訴訟を経て、ということになります。

thu_thumashi
質問者

補足

とても詳しくしていただき回答ありがとうございます! 因みになのですが 仮に賃借契約を交わすことになった場合、 家賃設定?や契約を交わすために、不動産の方を仲介した方がいいのでしょうか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • OKbokujoo
  • ベストアンサー率24% (284/1159)
回答No.2

兄弟間で賃貸借契約は問題無く出来ます。(弟が応じるかは不明) 近所の不動産業者さんに出向いて、賃料設定や条件を確認し書面化下さい。それは先行きアナタの権利を守る重要な契約になります。 それは現在、アナタの弟が母親の面倒を看る目的において「暗黙の了解」=使用賃借を主張してくる場合があるという事。 まぁすでにそうなっています。 アナタが弟を追い出す方針かは不明ですが、訴訟となった場合の対応策は考えておくべきです。 ただ、母が生きているうちは現実的に難しい事になります。 因みに名義がアナタ・・は分かりますが、抵当権?それは金融機関では?(自己名義に自己抵当権なぞ有り得ませんが・・)

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 賃借権について教えてください。

    先日、借地権(賃借権)のある土地を相続しました。今まで知らなかったのですが、この土地上には賃借人の所有する建物があり、所有権登記もされています。この建物の名義は入居家族のご主人でしたが、ご主人が亡くなり奥さんが相続をしました。賃貸借契約(20年間)は昭和26年ごろにご主人の名義でされていて、1回目の更新はされていますが、2回目の更新は法定更新となっています。つまり、ご主人の名義の契約のままになっているようで、現状、建物所有者と賃貸借契約者が異なっている状況となります。 地代は毎月支払われているようですが、その賃料もかなり安くなってしまっています。 現在、この家には誰も住んでおらず、私としては土地を有効活用したいと考えているので、土地を返して欲しいと思っています。 この場合、土地の返還は、法的に問題ないものでしょうか? どなたか、ご教示いただけますと幸いです。 何卒、よろしくお願いいたします。

  • 事業用定期借地契約期間中の賃借人の破産

    事業用定期借地契約期間中に賃借人の法人が倒産したときに、賃借人所有の建物(金融機関の抵当権付き)は、預かり保証金で解体しても大丈夫ですか? 土地には、抵当権は付いていません。

  • 兄弟間の使用賃借

    現在、兄名義の土地に両親が住んでいます。 今回その土地に私(弟)が今ある家を壊して二世帯住宅(私名義)を建てようと計画しています。名義変更などは税金などが掛かりそうなので 使用賃借にしたいのですが問題は無いのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 兄弟間の不動産譲渡についてお伺いします

    この度、二人兄弟のみで共有名義の実家土地を兄(私です)の名義だけにすることになりました。 実家には我々兄弟の母が1人で暮らしておりましたが、老齢のため我々兄弟のどちらかが実家に戻り母の世話をするつもりです。弟は現在生活の基盤が実家とは遥か遠くにある為、私が戻ることにした次第です。弟は生涯実家に戻る意思が無く、私はおそらく実家で一生を終えることになると思います。そこで、名義だけ弟にあっても仕方がないと思い土地名義を兄の私に全て書き換えるとともに弟所有分の土地代金を渡してあげようと思います。 つまり弟が所有している土地を兄に譲渡し名義を兄に変え弟はその代金を受取るといったごく一般的な話しですが、この場合、当然ながら弟には不動産譲渡所得税がかかってしまいます。ここで皆様に質問なのですが、この代金を弟が数年間の分割で受取った場合でもやはり土地譲渡代金の総額に譲渡税が一括でかかってしまうのでしょうか? 恥ずかしながら兄弟ともに現金に余裕が無いので頭が痛いです。 どなたか良い知恵をお授け下さい。宜しくお願いします。

  • 親との土地貸借

    この度、母(83歳)所有の宅地約100坪のうえに 4世帯入居のアパートを建築しました。 建築資金は私(長男です)が銀行借入で調達し私 名義建物および母名義の敷地に1番根抵当権が設 定されています。 母とは「土地の使用貸借契約書」を取りかわすつ もりですが、無償となるとやはり「通常の賃借料 分」の贈与税がかかるのでしょうか? 土地賃借料の相場は不明ですが、1坪(3.3m2) 年間1万円超えるとなると総額で年間100万円を超 えることとなり、微妙なところです。

  • 畑の使用賃借契約

    畑を知人へ無償で貸そうと思っております。 借主の使用目的は家庭菜園です。 貸すに当たって、返却してくれないなど万が一のトラブルが心配なので、 土地使用賃借契約書を結ぼうと思いました。 しかし、そもそも農地法の絡みで畑を貸すことができませんでした。 (農業委員会確認済み)つまり土地使用賃借契約書を取り交わすことができませんでした。 1. この場合、土地使用賃借契約書を結んでも無意味なのでしょうか? 2. 私としては、この土地は現在使用していないので、 借主が土地管理してくれることもあるので無償で貸したいのですが、 いざ返却して欲しい時に口約束で大丈夫なのでしょうか? 3. 土地使用賃借契約書が無効ならば、念書はどうなのでしょうか? 万が一のトラブル回避の方法を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 抵当権実行された建物の敷地の賃借権は?

    土地の賃借人の所有する建物に設定された抵当権が実行された場合、その建物の敷地の賃借権は、その土地の所有者の承諾を条件として競売人に移転する。 答え×。 これは最判例S40.5.4の「借地上の建物に抵当権が設定されたとき、その抵当権の効力は借地権に及ぶ」ので、わざわざ土地所有者に再度承諾することないということでしょうか?

  • 抵当権と賃借権

    A所有の甲土地と、その上の乙建物がありました。 Yは、乙建物のうちの一部屋をAから賃借して、住んでいました。 その後、甲と乙に、Bのための抵当権が設定され、抵当権が実行され、Xが、甲と乙を競落しました。 ここで、XはYに対し、所有権に基づき乙の明け渡しを請求できるのでしょうか。 乙建物の賃借権については、借地借家法31条の対抗要件を備えているため、これに遅れる抵当権にも対抗できるのはわかるのですが・・・ しかし、Yは、甲土地についての賃借権は有していないので、Xが甲土地の所有権に基づき明け渡し請求をしたら、Xは出ていかざるをえないのではないでしょうか??? どなたかよろしくお願いします。

  • 法定地上権と賃借権の関係について

    分からない点がありましてご教授いただけますと幸いです。 甲所有の土地・建物についてAが土地に抵当権を設定し建物を乙に貸した場合、 登記が 1番 抵当権設定 A 2番 賃借権設定 乙 の時に抵当権実行で法定地上権が成立するということですが、賃借権は消滅するため買受人から乙は追い出されることになると思います。 この部分が分からずに困っています。詳しい方からのアドバイスをいただけますと幸いです。よろしくお願いします。

  • 賃借権の混同と法定地上権

    法律資格試験学習者です。民法の『抵当権設定時は土地と建物の所有者が異なったが、後に同一となった場合における法定地上権の成否』という論点でつまずいています。 (1)Aが所有している甲土地をBが借り(賃借権は登記されている)、Bは土地上に乙建物を有していた。その後、Bは乙建物にGのために抵当権を設定し、その旨登記された。その後、BはAから甲土地を買い受けた。その後、抵当権が実行され乙建物は競落人Cの所有となった。 以上のような経緯のもとBはCに対し建物収去土地明け渡し請求訴訟を提起した。  まず、Bが抵当権を設定した時点では土地と建物の所有者がことなるのでCのために法定地上権は成立しません。しかしGの抵当権の効力はAB間の賃借権にまでおよぶため(民87条2項類推)、その後Bが甲土地を手に入れても賃借権は混同によって消滅することはありません(民法179条ただし書、同520条ただし書)から、Cは賃借権の存続をBに主張できることになり、Bの請求は結果的に認められません。  この事案の処理はよいのです。結論も妥当だと思います。しかし、次のような事案ではどのようになるのでしょうか。 (2)Aが所有している甲土地をBが借り(賃借権は登記されている)、Bは土地上に乙建物を有していた。その後、Aは甲土地上にGのために抵当権を設定し、その旨登記された。その後、BはAから抵当権負担付きの甲土地を買い受けた。その後、抵当権が実行され甲土地は競落人Cの所有となった。 以上のような経緯のもとCはBに対し建物収去土地明け渡し請求訴訟を提起した。  まず、(1)同様に抵当権を設定した時点では土地と建物の所有者がことなるので法定地上権は成立しません。賃借権については、(1)とは違って抵当権の目的とはなっていませんから、Bが土地を手に入れた時点で賃借権は混同によって消滅するように思います。そうするとCの請求が認められそうですが、これではあまりにもBが不憫です。甲土地を買い受けなければ対抗力ある賃借権によってCに対抗できたにもかかわらず、買い受けてしまったばっかりに追い出されるというのはおかしいとおもいます。  そこでBを救済するためにどうにかできないかと思うのですが、 (1) AB間の賃借権は混同によって消滅しないと解釈する (2) 法定地上権が成立すると解釈する (3) あきらめて競落人からの建物収去請求を認める のうちどのように考えるのがよいでしょうか。もし判例などがあれば指摘していただけると幸いです。 稚拙な文章で申し訳ありません。 よろしくお願いします。

このQ&Aのポイント
  • PCを変えてからは印刷できていたのに突然印刷ができなくなったというトラブルについて解説します。
  • 購入した製品の設定やWi-Fi接続などを確認し、エラーが出ている場合は対処法を試してみましょう。
  • また、前に使用していたブラザーのプリンターからも印刷できなくなった経験がある場合も参考にしてください。
回答を見る