• 締切済み
  • 困ってます

開閉可能かつ密閉(密封)構造

下記の条件を炉得るような、工法、製造物、部品、技術はありますか? ・開閉が可能である(頻度は数年に1度) ・閉じている際に、水が浸入しない事 ・開閉部にゴムなどを使用せず、構造で密閉性が出せる事 ・構造物は樹脂を想定(汎用もしくはエンプラ。金属でも可)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5

「水が侵入しない」とは防水等級で言うと、IPX1~6の、どの等級レベルが必要なんでしょうかね? それによって構造は全く違ってくると思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • ohkawa3
  • ベストアンサー率58% (777/1335)

どの程度の大きさの品物を想定なさっているのでしょうか? 価格を考えると、できるだけ既製品を利用したいところですが、具体的な製品を検討してみるには、ある程度サイズが明確な方がよさそうです。 また、ゴム(パッキン)を使いたくない理由がなぜなのか、ご提示頂痛いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • kon555
  • ベストアンサー率53% (1138/2147)

 必要とされる密閉度というか、防水性次第ですね。  防水性の規格にはIPがありますが、これのレベル(感覚的には5あたり)次第ではパッキン等は必要になるでしょう。  ただ、例えば野外の高台に安置したボックスで雨露が防げれば良いという程度なら、ネジ止め程度でも十分な防水性が確保できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • q4330
  • ベストアンサー率27% (759/2765)

ガス、水道管がそれに合います。 金属でも樹脂でもパイプの両端をプラグで塞げば、何年でも密閉状態を維持できます。 ゴム類は一切使いません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 逆止弁

    樹脂筐体内にゴムが入っている逆止弁を購入しようと考えています。ゴムにはスリットが入っていて、そのスリットが、開いくと気体が出る構造になっているのですが、ゴムのスリット部の開閉は、固着や粘着で耐久性や精度に問題はあるでしょうか。ちなみに、精度は、ゲージ圧で0.06MPa±0.02です。

  • Al溶解用容器の構造,材質

     Al合金を約10kg,真空炉(溶解時には窒素100%,大気圧,1000℃)中で溶解することを検討中です.どのような構造,材質の容器が最適なのでしょうか?  溶解後に他の容器に移すため,連続鋳造のタンディッシュのように,底部に穴を設け,ストッパーで開閉させることを考えています.  鋼の連鋳のタンディッシュであれば,鉄容器に耐火レンガが敷き詰められ,不定形耐火物が吹き付けられていると思いますが,Alの連鋳やダイキャストではどのような容器を使用しているのでしょうか?  そのような容器の製造メーカーもご紹介頂ければ幸いです.  なお,溶解用容器は再利用可能としたく考えています.

  • Al溶解用容器の構造,材質

     Al合金を約10kg,真空炉(溶解時には窒素100%,大気圧,1000℃)中で溶解することを検討中です.どのような構造,材質の容器が最適なのでしょうか?  溶解後に他の容器に移すため,連続鋳造のタンディッシュのように,底部に穴を設け,ストッパーで開閉させることを考えています.  鋼の連鋳のタンディッシュであれば,鉄容器に耐火レンガが敷き詰められ,不定形耐火物が吹き付けられていると思いますが,Alの連鋳やダイキャストではどのような容器を使用しているのでしょうか?  そのような容器の製造メーカーもご紹介頂ければ幸いです.  なお,溶解用容器は再利用可能としたく考えています.

  • プリカチューブの防火区画貫通

    プリカチューブ(2種金属製可とう電線管)にて防火区画の貫通をする場合、 どのような処理が適切なのでしょうか? 構造上、不燃材(金属管)と認められないという話も聞きますし、 一般的な貫通処理材では合成樹脂管やケーブルそのものは書かれていますが、 金属製可とう電線管に関する物が見つけられません。 おわかりになる方、また、実績のある方、ご回答お願い致します。

  • 個人で工場に製品製造を委託するには

    たとえば、ゴムや樹脂、金属などを組み合わせてiPadのカバーをつくってネット販売するとします。 この場合、どこかの工場に製造を委託したいと思うのですが、どうやって工場を見つければいいでしょうか? ある程度、工場をピックアップできれば、詳細は直接連絡して訊けばいいと思うのですが、そもそもまったく心当たりがありません。地元の商工会にでもいけばわかりますか? また、ネットで注文を受け付けているところがあれば教えてください。

  • 摺動部の潤滑油

    室本鉄工(nile)のエアーニッパーを使用し樹脂のゲートカットをしています。 http://www.muromoto.co.jp/search/detail.php?model=MS シリンダは単動式で、エアーを入れるとシリンダのピストンが動きニッパーが閉じます。開くのはシリンダ内のエアーを抜くとシリンダのピストンがバネで戻りニッパーも股バネで開くようになっています。電磁弁でエアーの入切をして開閉しています。ニッパーはハンドニッパーと同じように金属同士をリベットでかしめてくっつけている構造で金属同士の摩擦があります。 そこで365日24時間、1日5000回カットしていますが、摺動部の油切れ?で刃が開かなくなり『CRC556』を散布し手で開閉させると再度動くようになりましたが 定期的(1日1回)に給油しています。『CRC556』は、たまたまあったので使用しましたが、どのような油を散布するのがいいのでしょうか?推奨して頂けるものがあれば教えて頂きたいのですが。 潤滑油も色々あり何を使用すればベストなのか教えて下さい。 何卒、宜敷御願いします。 一番大事な事を記載してませんでした。スミマセン。 樹脂のゲートカットですが16ヶ取り又は32ヶ取りでニッパーは16台又は32台が均等並んでおります。宜敷御願いします。

  • 空気入りタイヤ

    昭和の時代はどこの模型屋さんや材料屋さんにも置いてあったと思うのですが http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u25979463 上記のような空気の入った模型用タイヤなのですが、今はないのでしょうか?模型屋さんに行っても今はスケール感満点のタイヤばかりで、写真のようにタイヤチューブみたいな構造をしている丸いタイヤがありません。ちょっとした商品のサンプルを造りたいのですが、このゴム部分がどうしても必要なのです(空気が密閉されている構造なので)どなたかご存知ありませんか?また今は手に入らないとしても当時の製造メーカーなどわかれば教えていただきたいです。

  • 準耐火建築物/木造軸組2階建て/ロ準耐-1/外壁の耐火構造に関して

    準耐火建築物/木造軸組2階建て/ロ準耐-1/外壁の耐火構造に関して 現在、準防火地域で木造軸組2階建住宅を設計中のものです。 今回が初めての物件で、皆様のお知恵をお借りしたく、質問させていただきます。 本来ならば、構造制限がほぼない(延焼おそれのある部分のみ防火構造)はずなのですが、 融資(フラット35S)の関係で、建物を準耐火建築物にしなければいけません。 意匠として優先したい内装箇所があり、ロ準耐-1でクリアできないかと考えています。 (出来ない場合は、イ準耐に変更したいと思います。) ロ準耐-1の場合、「(1)屋根:不燃材(準耐火構造等)(2)窓:防火設備(3)外壁:耐火構造<1時間準耐火ではありません。(4)はしら・はり・床・階段:制限無し」となります。 この場合、ネックなのが(3)の外壁の耐火構造です。木造で、外壁を耐火構造としたい場合には、どのような仕様がありうるのでしょうか。 サイディングメーカーやALCメーカーに問い合わせた所、1時間準耐火であれば可能だけれど、耐火構造の認定は取れていないとの事でした。2×4工法などであれば、そのような仕様があるのですが、軸組みで耐火構造の外壁を作るとしたら、大臣認定がとれている仕様のものありますか。ガルバ鋼板や金属サイディングやALCと、木片セメント版や石膏ボードを組み合わせて、なるべく特別な工法ではない仕上げを考えています。 ↓唯一みつけたのが、以下の製品です。モルタル壁 http://www.ho-un.co.jp/product/product02.html#01 上記のような製品、他に存在するのでしょうか。 一般的には、どのように皆さんクリアされているのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 密閉・気密・密封容器

    の具体例ってなんですか? 詳しい方、教えてください。お願いします。

  • タープの選定について質問です

    野球の試合観戦用のタープを購入しようと思っていますが、様々なタイプがあり悩んでいます。 実際にお店で見るのが一番でしょうが、近くに無いのでネットで購入しようと思っています。選定のポイントが何点かあるので、このポイントをクリアーした物が有れば教えて頂きたいのですが、宜しくお願い致します。 (1)足の伸縮のボタンが樹脂製のポッチを引くタイプ(従来の丸い金属製のポッチを押すタイプではないです) (2)耐久性(構造的なもの、製品の製造精度など) (3)アルミ製(スチール製は錆の心配があるため)