• ベストアンサー
  • 困ってます

SKS3(合金工具鋼)焼入れ後の成分変化について 

SKS3(合金工具鋼)焼入れ後の成分変化について教えてください。 SKS3材の焼入れ前元素C、Si、Mn、P、S、Cr、Mo、Wは、焼入れ後(HRC55~60)の成分量は変化しますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 金属
  • 回答数1
  • 閲覧数54
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • q4330
  • ベストアンサー率27% (759/2765)

焼き入れは鋼に含まれる炭素量が変化するだけで添加されてる元素は変わりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • SCM鋼など合金鋼はなぜ焼きが入りやすいの?

    SCMなどの合金鋼は炭素鋼に比べて焼きが入りやすい(深くまで焼ける)ですが、そのメカニズムがいろいろ調べていても見つけられません。 CrやMo、Mn等の焼入性向上元素はいったいどのような機構でパーライト変態を遅延させているのでしょうか? また、上記合金元素は焼きが入りやすいのに、Ms点を炭素ほど変化させないのはどういった理由なんでしょうか?? わかる方見えましたら、ぜひ教えてください。

  • SNCM630 SK85 SKS3 の成分について

    S NCM630 SK85 SKS3 の理想臨界直径を求めなくていけないのですが、この3種類の材料にどのような成分が何%入っているかわかりません。  あとこちらはわかっている方だけでいいのですが、冷却速度の違いによる硬さ変化を炭素量・合金元素添加との関係で説明してくれませんでしょうか?  

  • 超硬合金に適した工具

    超硬合金(主成分 TiC 22%,Cr 20%,Mo15.5% Ni バランス)にSR16、深さ0.1の球面の凹を10個ぐらい切削したいのですが、現状23個しか工具が持ちません。使用工具はR3で超硬、ボラゾンで加工条件はS1000、F100、仕上げ代0.03です。 適した工具または加工条件がありましたら教えてください。

  • FCD450に高周波焼入れ

    鋳鉄と焼きいれについては全くの素人です。 FCD450に高周波焼入れは可能なのでしょうか? ある資料ではFCD450の成分は C% 3.6~3.9 Si% 2.4~3.0 Mn% 0.45以下 P% 0.08以下 S% 0.02以下 となっていました。 この条件で高周波焼入れで高度HRc40以上は可能でしょうか? 鋳造→焼鈍(低温600~700度)→切削加工→高周波 の工程となります。

  • 合金鋼の急冷時の残留オーステナイト量増加について

    ◯質問 合金元素添加により、焼き入れ時のMs点が低くなる。 その結果、残留オーステナイト量は増加する。 このメカニズムを詳しく教えていただきたいです。 講義で、合金鋼を用いると焼き入れ性が良くなると学びました。 しかしその反面、その合金元素の影響で残留オーステナイト量が増加する懸念もあるとも学びました。 その残留オーステナイト量が増加する理由は、 以下の式が成り立つからだそうです。 Ms(℃)=530-361C-39Mn-35V-20Cr-17Ni-10Cu-5Mo-5W+15Co+30Al-(250N) Co, Alのような例外的な元素を除いて、合金元素の添加によりMs点が低くなることで残留オーステナイト量が増加するとのことです。 以上を踏まえて2点質問させていただきます。 ①合金元素の前の係数は置いておいて、符号がマイナスになるのは何が起こっているのでしょうか? ②Co, Alが逆のプラスの符号になるのは何が起こっているのでしょうか? 自分が考えた①の意見は 合金元素がCと結びついて炭化物を形成することで、その際にCを奪われたオーステナイトはC%が小さくなり、逆にMs点は高くなる。その結果、残留オーステナイト量は減少すると考えます。 ②の理由はわかりません。 以上よろしくお願いします。

  • なぜSCM材は焼き入れ性が良いのか?

    SC材と比較してSCM材の焼き入れ性が良いことは、常識的に 知っているのですが、それはどういう仕組みによるものなのでしょうか? 先日、ふと疑問に思い調べてみたのですが納得のいく答えを得られていません。 詳しい方がおられましたら、是非ご教示お願いします。 鉄鋼材料が熱処理によって硬くなるのはC%に依存しますが、 それを原子レベルで見た場合、結晶格子のなかに侵入したC原子が 結晶格子にひずみを発生させ、そのことによって、結晶格子が変形 しにくくなる→硬くなる、ということと思います。 CrやMnなどの大きさの異なる金属原子(置換型)が入り込んでいる 合金鋼は元々小さな格子ひずみが発生しているので、熱処理をした場合に 深くまでその効果が入りやすい・・・という事なのでしょうか? 宜しくお願いします。 しばらく、閲覧できなかったのでその間にずいぶん回答いただいていた ようですね。有り難うございます+遅くなり申し訳有りません。 (追記)という形で皆さんへのお礼とさせて下さい。 >CrやMnがどのような作用をすることで臨界冷却速度が遅くなる >メカニズムを知りたいということでしょうか? そうなんです。なぜ合金元素が加わることで臨界冷却速度が遅くなるので しょうか? >Mo,Cr,Mn,Vは炭素原子の拡散を困難にし、パーライト変態を起こしにくくする >SCM材には「自硬性がある」 この辺に答えが有りそうですね、教えていただいた内容を元にもう少し 勉強してみます。他に参考となりそうな事項がありましたら 宜しくお願いします。

  • 工具材料について

    初学者なのでとても基本的な質問なのですが、 質問1 工具材料には 炭素工具鋼(SK:Steel Kougu) 合金工具鋼(SKS:?、SKD:Steel Kougu Dies) 高速度鋼(SKH:Steel Kougu High-speed) 超硬合金 などがあると思いますが、 合金工具鋼のSKSというのは、何の略なのでしょうか? 他は調べたらわかったのですが、これだけわかりませんでした・・・。 また、超硬合金以上の工具材料には、これらのような記号がないのですか? 質問2 超硬合金にはP種、M種、K種とありますが、 なぜこれらはP、M、Kなのでしょうか? 由来について知ると理解が深まる気がするので、 知っていらっしゃる方おられましたらご教授くだされば幸いです。

  • 強化材について

    はじめまして。現在、独学で鉄(鋼)について勉強中の学生です。 現在の工業製品としての鋼は、目的に応じて炭素量を変えて(炭素鋼)実用に共し、これだけではなお不十分のときは、焼入れというような熱処理によって、より強くより硬くすることができるし、焼なましによって軟化させることもできる。そして、これでもなお用途に副わないときは、炭素鋼の中にさらに第3元素として、Ni , Cr , Mo , Co , Si , Mn , P , S ,etc. . .の元素を1から数種類添加して目的の性質に合うように調製する。・・・ということまでわかったのですが、ここでいう第3元素はそれぞれどのように鋼の調製に役割・影響を果たしているのかがわからないのです。C(炭素)は鋼の硬さの調製を果たす。ほかの元素はいったいどのような働きをするものなのか、ある元素は靱性についてか、焼入れ性についてか・・・(-_-;) また、現在の鋼の強化法として上述した以外の方法があれば、ご存じの方いらっしゃいましたら含めてどうかお教え下さい。

  • ASTMA167 AISI316Lの成分について

    ASTM A167 AISI316Lのミルシートに規格に無い成分が記載されています 規格成分 C,Mn,P,S,Si,Cr,Ni,Moは規格内数値です 規格に無いCb,Co,Cu,Nに成分数値が記載されています このミルシートが AISI316Lを保証する物か教えていただきたく 機械試験値は規格内です

  • アルミ合金に配合される元素の意味

    皆様宜しくお願い致します。 アルミ合金A2017を2社購買していますが、 両社の成分に微妙に違いがあり、 加工結果も違いが発生しています。 JIS規格との比較では問題はないのですが、 特に違うのが、ZnとCu、Cr、Pb、Feです。 この他にも配合される元素はMg、Mnとか有ると思いますが、 皆さんにお伺いしたい事は、 これらの元素を配合する事により、 アルミ合金の性能にどのような影響を与えるのかという事です。 何卒宜しくお願い致します。