• ベストアンサー
  • 困ってます

事務作業のイージーミスについて

ご教授ください。 事務作業(客先から注文に対しての発注、出庫作業)でのミスについてです。注文書等に対して、手書き⇒PC入力が基本なのですが、 数量や送り矢先や納入形態を結構な頻度で間違える人がおります。 システム側の問題もあるのですが(古い、手書きがあるなど)、人の問題もありそうです。 単純な書き間違えや、見間違い、思い込みがほとんどで、非情に対応がやっかいです。 正直なところ、間違えない人に交換すればおさまるのですが(人事替えにより問題が発生している為)、 そういうわけにもいかず、対策が必要な状況です。 やはりこういうのは、セルフチェックを徹底させたり、作業しやすい環境を整えたり、少しずつ良くするしかないのでしょうか。 同じような問題を対応した経験等あれば、教えていただきたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • iijijii
  • ベストアンサー率58% (23/39)

昔は手書きが普通でしたから、手書きの読解に慣れていてすぐに馴染めます。 現代っ子は手書きなんてあまり見ないので、その読解だけでも結構なストレスです。 その上での入力になりますから、ミスが増えるのは当たり前です。 もちろん個人差は大きいですが、ミスの少ない人が減っているのは体感されていると思います。 もうそれは時代の流れとして受け入れるしかありません。 手書きがある限り複数人での、ダブルチェック-トリプルチェックは必須です。 手書きはコストがかかる→そのコストは原価になる→コストアップを売価に反映する これが基本です。 簡単ではないですが… ダブルチェックを1人でするために、10数年前に受注読み上げソフトを作って納めたことがあります。 今でも重宝されているみたいです。 作れる人なら簡単に作れますので、付き合いのあるシステム会社に相談してみるのも一手です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 読み上げシステムなんてものがあるのですが。 確かに効果的かもしれません。 原因の部分も納得できました。 言われてみれば自分も社会人になってから、手書きがやたらと増えて苦労しました。 とても参考になりました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

手書きの廃止 >>人の問題もありそうです。 ヒューマンエラー対策で人を変えるは根本対策ではありません ⇡ 進んじゃうと あなたもいらないになっちゃうけどね IoTとはそういう技術 生き残るのはシステムを考える側の人

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • kon555
  • ベストアンサー率53% (1138/2147)

 個人的な経験から言うと、担当者個人の『ミス履歴シート』のような物を作成し、入力時に最終チェックさせると効果的です。  要は一度間違えた箇所=何らかの理由でミスしやすい箇所、と考え、同じミスは繰り返さないようにする事でミスの頻度を低下させるわけです。  特にPC入力の場合、何らかの確定処理をするまではミスしても取り返しがつく事が殆どですから、こうしたチェックリストが効きます。  また監督側からすると、そうしたシートの形でミスの履歴を見える化しておけば、より上の人間にアピールしやすい(システム見直しや人員交代)のもメリットです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • GENESIS
  • ベストアンサー率42% (880/2050)

人員に余裕があるならダブルチェック。セルフチェックの場合、正しいと思い込んでいるとミスに気づかずスルーする可能性もあるので、別の目で見ることも必要。ただ人が少ないと無理がある。 どんな些細なミスでも洗い出し、発生原因や対策を全員で話し合う。個人を責めるのではなく全員がありうるミスとして考える。 一歩間違うと逆効果!トヨタ式【なぜなぜ分析】の正しい方法 https://infinity-agent.co.jp/lab/5whys-nazenaze-analysis/ ただ、対策を講じても直そうという気がない人は無理。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ダブルチェックは一時的には良いのですが、人員的にも難しい状況なので、一度経験者もまじえて対策を講じることになりました! 単純なミスなのでなかなかなぜなぜ分析も難しいのですが、間違えやすい要因を1個1個潰していこうかと主負います。 まあ、あとは個人の集中力というか・・・、ちょこちょこスマホを見るんですよね。あまり締め付けると別の問題に発展しそうですが、根本的なところから見直してみます。

関連するQ&A

  • ワイヤーボンディングについて

    アルミ材(A5052)を形状加工してからアロジン処理を施し、客先へ納入しております。 客先ではそれにFPCを貼り合わせ、何らかのチップ類を載せてから、ワイヤーボンディングにてそのアルミ板との回路接続(おそらくはSG?)を行うようなのですが、その金線とアルミとの接続がうまくいかない(取れてしまう)とのクレームがあり、調査しております。 納入はある程度継続しており、クレームとなったのは一時期限定(数量的には1ロットにも満たない程度の少量)であり、その前後品での作業上の問題は発生していないようです。 返品されず、サンプルも切れ端ほどのみで、どう調べたらいいものか判りません。 (客先での拡大写真では、微妙に面粗度が細かい=荒れていない感じもあり、また、触ったためか酸化したのかも良く判りませんが、サンプル表面は白っぽく変色も見られます。) とりあえず御教授の程を....      ・そもそもワイヤーボンディングの仕組み(接着原理)とは?  ・それを妨げる要因として考えられることは? よろしくお願いいたします。

  • 作業をさせること

    弊社にとある派遣社員がいます。 この方がかなり問題のある人で困っています。 先ずクライアントである、弊社の業務指示について、 「自己保身の理由」ばかり並び立て、誠実に対応しようとしません。 仕事もミスばかりで、結果も出ていませんが、 本人は反省せず、指示がわるいから、と自社に文句を言っているようです。 (被害者意識が強いかもしれません) 怒られると社内で大声でわめいたり、客先で業務をするうえでの 一般常識などが無いと思います。 契約上、それでも(邪魔ですが)在籍してもらわないといけませんが、 在籍してもらう以上は、弊社の指示の元、揉めようとも業務は やってもらうべきだと、自分は思っています。 一方で「もう契約終了までそんな派遣、ほっとけ」という人も居ます。 あれこれ指導しても改善は難しいこともあり、 契約終了まで適当に作業をさせておくほうが良いでしょうか・・?。

  • 製造業での当たり前?~納期と分納について~

    小企業で金属加工業(プレス業者ではありません)の営業をしております。 製造業の営業経験が浅いため教えてください。 以下のようなことは、製造業では当たり前の事なのでしょうか? 全て量産として発注いただいている場合です。 1、「歩留まりがたまたま良くて早く出来たからといって、客先への回答納期より独断で前倒しして納品してしまう」 ・営業部から客先へ伝える納期は、営業の指示や製造部が設定した納期。 Web-EDI発注の客先に対しては、納期回答は製造部が直接回答しています。 ・営業部はそのことを知りません。客先より指摘があって初めてわかります。 ・客先から出来た時点で出荷依頼有れば別だと思います。 ・全ての客先が前倒しがうれしい訳で無いと思う。少しの間とはいえ部品在庫となって困ることだってあるはず 客先によっては、発注時に依頼はしていないが、 気を利かせてくれたということで喜ばれることもあるでしょう。 全ての発注品は出来上がり次第早急に納入して欲しいところもあるでしょう。 特定の発注は、来上がり次第早急に納入して欲しいということもあるでしょう。 製造部が、営業部を通さずに独断で前倒しすることに疑問を感じます。 客先と話を通してからであれば全く問題ないと思います。 2、「出荷日当日に分納になることが分かる」 ・注文数通りに納品出来なくても、次回納入までに不足することないだろうから、この数量有れば問題ないだろうと平気で分納依頼を客先に交渉するように営業へ依頼する。 自社の生産管理に疑問を感じます。 確かに計算歩留まりより多く製作すれば分納になることは防げると思いますが、無駄な材料・時間・コストがかかってしまい問題になると思います。 このバランスは非常に難しいと思います。 上記に対して、営業として若しくは自社自体の回答納期の信頼性はどうなるのでしょうか? 単に営業部と製造部のコミュニケーション不足とも思えますが、 こういうことは日常茶飯事なのでしょうか? {「納期も品質である」ので品質評価に対して納期も採点する}と客先からは言われていますし、自分もそう思います。

  • 製造業で在庫管理にて

    ウチは製品ごとに入数が決まっております。 例:小箱/1箱=50個 ⇒ 外箱入れ:外箱に小箱12箱入れる=1箱/600個入りにしてます。 納入数が3200の場合は、600個×4、200個×1という風になるのですが よくあるのが、200個のところに作業者が現品札を確認しなくて思い込みで600個まるまるいれてしまうというのがあります。 生産が1年くらい続くものだと、毎日あるので出荷数丁度という生産数に合わせるのは無理です。 箱も数量に合わせて作るというのも無理ですし・・・・・ 今は、思い込みで作業しないよう(1)現品札に確認したというチェックを入れるようにするのと、 (2)出荷前の在庫チェック[パソコン上の在庫と実数があってるか]を行っています。 確かに後手後手になってるのでもう少し違った視点から合理化はかれないでしょうか? もしくは(2)の最終チェックの合理化でいい方法ないですか?

  • 作業所を辞めたいです

    私は双極性障害II型で精神障害2級です。 突然ですが、今通っている作業所を辞めたいです。 作業所を自分の家の延長線と考えている人がいて、作業中に歌を歌ったり、朝やるラジオ体操でも他の人と違う動きをしたりします。 今日はさすがに「ふざけてるのか!!真面目にやれ!!」と怒鳴ってやろうかと思いました。 その他にも生活保護でパチンコをしたり、お金の貸し借りをしたり、半身まひで身体障害者でとにかくワガママで、スタッフを奴隷のように扱ったり、問題利用者が多すぎます。 前の作業所ではちゃんとやらないと辞めさせられるため待機中の私語はあってもそんな人たちはいませんでした。 なので前の作業所に戻りたいのですが、遠いのと施設長が創価学会の会員で、当時私は共産党員で居づらくなってやめたというのもありました。 今は共産党は幽霊党員で、教会で洗礼を受けてクリスチャンになりました。 今の作業所と教会の近くに引っ越したこともあり、前の作業所からは遠くなってしまいましたが、前の作業所に戻れるものなら一度全部リセットして前の作業所に戻りたいです。 とにかく今の作業所は問題利用者が多くてひどすぎます。 施設側の対応もずさんです。 ポップコーンの作業に入るのにヒゲを生やしたり爪を伸ばしたりマニキュアをしたまま入る人がいて、前も言いましたが聞き入れてもらえませんでした。 また身体障害者も利用するのにエレベーターのない4階建てのビルの3階にあり、身体障害者に優しくないなと思いました。 前の作業所は1階で入り口に低い段差がありますがスロープが備え付けられていて、車椅子の利用者でも利用することが出来ました。 私は作業所には市の障害福祉課から業務を請け負ってる事業所の相談員を通して紹介してもらっているのですが、その相談員も頼りになりません。 前の作業所に戻れるでしょうか? でもそれだと自分が成長しないなと思い、また今の作業所が近いこともあり今の作業所に我慢して通うしかないかなとも思います。 自分でもどうしたいのかよくわかりません。

  • 自動車関係の注文システムについて

    自動車関係の注文システムについて(カンバン方式) こういった仕事は今までに経験がなく、今の会社もこのカンバン方式に携わったことがないかたばかりなので、自分のやっていることが正しいのか、間違っているのか、教えていただきたいです。 うちの会社は本社が香港。工場が中国です。 日本の自動車部品工場が取引先で、1社だけカンバン方式で納入しています。 その流れとしては・・・。 日本支社で取引先の注文を受け取る(取引先のシステムに入り注文書を受け取る) ↓ 数量を日本でまとめ、香港にPOを入れる。 ↓ 香港から中国工場と連絡を取り、生産スケジュールを決定。 ↓ 香港から日本から入れたPOのスケジュールが可能か回答がくる。 毎日のように注文書が発行されて、日次予定表も毎日のように変化しています。 うちの中国工場は生産能力が低く、POを出してから日本に届くまで4ヶ月ぐらいかかります。 それを加味しながら、エクセルで逆算できるように表をつくっており、毎日注文が発行されると注文番号を入力して、変化した予定数量を入力して、無駄な在庫や、急に注文が増加したことを考えながら、ほぼ毎日管理しています。 先日から、私がこの表で入力していたところ、社長に「あなたはいつもこの表を開いて入力しているけど、毎日入力する必要はない。」とか、月初めにそのシステムから前月の納入した記録が発行されるのですが(請求書の代わり)、前月に納入した注文書の番号、数量が合っているか照らし合わせているところを見て「今まで間違っていたことがあるか??そんなの照らし合わせても時間の無駄。たかが少し合わないぐらいでも後で調整すればいい。」と言われました。 やはり経理上、確認する作業は必要だと思います。 皆さんは、どのように管理しているのか、お聞きしたいです。 よろしくお願いします。

  • エクセルにて出庫表の作成

    会社内資料で1か月分の出庫集計表をエクセルにて作成したいのですが、初心者のため出来ません。簡単な説明と関数での方法を教えていただけますよう、宜しくお願い致します。 やりたいこととして、注文に応じたそれぞれの商品(あ~)合計の日毎合計を集計したいです。(3)の資料作成です。 (1) 注文(約100種)に応じて対応する商品の出庫表 SHEET1     商品あ 商品い 商品う 商品え 商品お 以下→(約50種) 注文A  2    3    0    2    0 注文B  0    5    1    0    1 注文C  1    1    1    1    1 注文D  5    0    6    0    4 以下 ↓ 計注文パターン(約100種)あり (2)客先より1か月分の注文(約100種A~) SHEET2     1日  2日  3日  4日  5日 ~ 31日 注文A  1   5    6    0    5 注文B  2   0    4    4    4 注文C  0   6    2    7    3 注文D  9   8    0    0    0 以下 ↓  (3)注文に応じた出庫表の作成 SHEET3     1日   2日  3日  4日  5日 ~ 31日 商品あ 商品い 商品う 商品え 商品お 以下  (約50種) 今SHEET1の資料は作成済でSHEET2の資料についてはフォームは一応作成しましたが、(3)の合計を簡単に出す方法でお手上げの状態です。 説明も下手で長くなっておりますので、伝わりにくく申し訳ありませんが、どなたか簡単なやり方(関数)を教えていただけますようお願い致します。 ちなみにエクセル初心者で、マクロとか全くわかりません。

  • 営業を通さずに客先から工場へ直接問い合わせることは普通ですか?

    客先→営業→工場という形で注文があります。 客先は注文No.で営業に発注します。 営業は受注No.で工場へ手配します。 客先から工場へ直接電話で納期確認の問い合わせがあります。 客先は注文No.での問い合わせなので工場は注文No.で管理していないためすぐに回答ができません。 そのため、システム設計者の私に工場のシステムに注文No.という項目を追加して欲しいと言って来ているのです。 追加することは何ら問題ありませんが、工場側は今管理している管理番号の他にも、注文No.の管理もしなくてはならなくなり、管理番号ばかりが増えてしまうと懸念しています。 管理工数も増えるばかりか、新人が入った時も対応に難しいと感じています。 営業を通さずに客先から直接製造工場へ「注文した○○どうなってる?」と問い合わせが来ることって製造業では常識なのでしょうか。

  • 注文書・注文請書の再発行

    得意先から作業を受託し、手書きで作成された注文書を受領した後、作業完了後に、得意先から「注文書を建設工事の書式で再発行したい」との要望を頂きました。 そもそも、注文書・注文請書を再発行することに何か問題はあるのでしょうか? あるとすれば、当社内に2枚の注文書が存在することになるため2重処理を行わないように注意することぐらいしか考えられないのですが。。。

  • エクセルにて受注一覧と出荷スケジュールを連動

    エクセルを使って受注一覧表と出荷スケジュールの連動をさせたいです。 イメージは以下の通りです。 Sheet1に注文一覧表を作ります。(現在、既にこの表はエクセルで存在します) この表(Sheet1)では、出荷スケジュールが分かりづらいので、現在はSheet2の表を印刷し、手書きで数量を記入して管理をしています。 この手書きの作業がとても手間なので、できればSheet1からデータを読み込んで自動的にSheet2に数量が表示されるようにさせたいです。 その場合、Sheet2のB2にはどのような関数を入れれば良いのでしょうか。 Sheet1 注文番号 商品名 出荷月 出荷日 数量 1001    AA-01   10    2   100 1002    AA-02   10    2   150 1003    AA-03   10    2   200 1004    AA-04   10    4   300 1005    AA-03   10    5   100  ・  ・  ・ Sheet2 商品名    1日   2日  3日  4日  5日 ~ 31日 AA-01 AA-02   AA-03   AA-04   AA-05  ・  ・  ・        (商品名は400種類程度あります) 大変困っています。どなたか良い方法をご教示いただけないでしょうか。 よろしくお願いします。