• 締切済み
  • 困ってます

シボの深さについて

基本的な質問で恐縮ですが、樹脂部品のシボにおいて シボ深さ100%や50%, 20%等のシボ深さの指示が図面に記載して ありますが、このシボ深さ%は、なにからのパーセンテージなのでしょうか? シボの種類によって加工できる最大深さ(μm)が決まっていて それに対するパーセンテージでしょうか? (たとえば最大深さ20μmの時で、図面指示50%であれば10μmの シボ深さ指示ということでしょうか?)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
  • ohkawa3
  • ベストアンサー率58% (777/1335)

次のスレッドを参照なさったら如何でしょうか。 https://okwave.jp/qa/q9452252.html シボは、幾何学的パターンではないので、目視判断に頼る面が多く、基準とする見本(基準版、マスターサンプル)を基準として、何%というような表現をするものと思います。 取引が継続するのであれば、基準とする見本を取り交わしておくことがよさそうに思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • シボ加工の見本入手 と 図面記入法

    2点の質問があります。 1つ目は、<シボ加工のサンプル集>なるものが存在するらしいのですが、どこにどのように依頼すれば入手できるのでしょうか?具体的な方策につてアドバス願います。 2つ目は、シボ加工の図面記入の方法なのですが、どういうふうに図示するものなのでしょうか?目にしたことが無く、素人ですみませんが、どなたかお教え願います。 とりあえず、自分の目でサンプルを見てだいたいこのくらいの目のシボ加工をしたいという目途をつけて、その後図面化したいのですが、目途もつけにくく、図示法もわからずで困っています。宜しくお願い致します。

  • シボ加工の外観検査について

    成形品のシボ加工を外観検査する時に シボ加工会社のサンプルプレートと見比べた時に そのシボNO.で出来ているのか、判断を目視でやっているのですが、 人が変わると違うシボNO.だと言い、人の主観で変わって困っています。 ちなみに検査する場所は、室内の蛍光灯下で確認しています。 質問として、 ?シボの外観検査の時に目視で見る場合、 検査する環境、例えば蛍光灯の下とか太陽光の下とか 良い方法があれば教えて頂きたい。 ?目視以外の機械的な数値で表す方法はありますか? 表面粗さ計だと取る場所によって大きく変わるので、 出来れば他の測定機での方法があれば教えて頂きたい。 よろしくお願いします。

  • 表面粗さ図面への記載方法

    最近設計業務を始めましたものです。お客さんから材料炭素鋼を使用して加工品を依頼されております。これよりCADで図面を製作してしておりますが、表面粗さについてお客さんからの指示で「表面を磨いて表面の凹凸のピーク、ピーク間は5μm以内」という指示がありました。この数値は製作する上で可能な数値なものでしょうか?またこの内容を図面へ記載する際にはどの様に記載すのが普通でしょうか?色々調べましたが表面粗さを指示する記号でRz(最大高さ)がありますが、この記号を使用して表記したらよいのでしょうか?この記号を使用する場合にお客さんからの指示あるピークピーク間で5μという指示はどの様に表記したらよいでしょうか?それともこの様な記号は使用せず図面の注記部分に「表面を磨いて表面の凹凸のピーク、ピーク間は5μm以内」等の注記を記載したらようにでしょうか?全くわからず四苦八苦しております。どなたかお手数かけますが御教授の方を宜しくお願いします。

  • 除去加工しない場合 の図面記載について

    はじめて質問させていただきます。 機械部品の部品図において 除去加工しない場合の 記載について教えてください。 例えば 樹脂成形部品や プレス打ち抜き部品においては  除去加工しない面が存在します、これらの部品図で 仕上げ を指示するために Vの中に○マーク(JIS B 0031) を使用すると思います。 最近、これらの指示には Vの中に○マークの右上に横線を追加したマーク を使用すべきでは と指摘する設計者がいました。 (表面粗さRaの数値で指示する場合のマークからRa数値を削除したマークになるので、加工なし を指すとの主張です。またネット検索でも 横線ありのマーク を使用した解説記事がありました) 図面上、除去加工しない場合 の正しい指示方法について教えてください。 http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/morimori/04/morimori04_a.html

  • レーザー溶接の図面表記方法

    溶接図面初心者です。部品をレーザー溶接する図面を作成することになりました。JISの溶接記号を見てみたのですが点でレーザーを溶接する時の図面の指示方法が見つかりませんでした。シーム溶接の記号を使ってLBWと加工方法の部分に記載する例があったのですが、この応用でスポットの記号を使ってLBWと加工法のところに記載することで正しい図面記載となるのでしょうか?御教授よろしくお願いします。

  • 熱膨張について

    はじめまして。 ホブ盤を用いて歯車を加工し、オーバーピン径を測定していますが、加工直後では熱膨張のため、図面指示寸法に入らないことがあります。 (公差幅100μmに対し、変化量は50μmほど) そこで、ワーク温度を測定し、補正をかけたいのですが、どのようにしたらいいのかアドバイスをお願いいたします。

  • 表面処理等の厚み誤差は設計責任?加工責任?

    前々から少し疑問に思って居ることがあるので 駄文っぽいですが皆さんの意見を聞いてみたいと 思いまして質問させてもらうことにしました。 自分の事ではナイのですが先日のこと ベアリングにH7の穴を開けそこにベアリングを入れる部品があり その部品に硬質クロムメッキ(30μm)を施してあったのです。 H7の穴は基準が0ですので硬質クロムメッキの厚み分、 内径が小さくなりベアリングが入らない! と組立業者から設計にクレームが付いていました。 それを聞いて少し疑問に思ったのですが自分の場合は 図面でメッキの厚み分を引いた穴公差など入れたことが 有りませんでしたので、ん?と思いました。 部品図の公差は完成したときの公差だと思って居ましたので 表面処理により30μmのメッキ処理が指示されている場合は あらかじめメッキの厚み分を考慮して加工する物と思って居ましたが。。 それとも部品図の公差はメッキ分の厚みを引いて 公差を入れるのが本筋?本来はどちらなのでしょう? 確かに塗装の場合は明らかに厚みが増しますがはめあい部に 塗装していれば設計が怒られてしまうのでそう考えるとまた よくわからなくなります。。。 明確な取り決めってあるんですかね? これと似たような話で、自分は溶接加工部品の開先を5ミリで 溶接加工後削り加工を施すよう指示していたら削りが3mm削られ 開先深さが2mmしか残らず困った事がありました。 自分としては開先深さ5mmは削りを入れた後に5mm程度残る様に して欲しかったのですが、これも削り分を見越して図面で開先深さを プラスしておくべきなのでしょうか? 皆様はこの様な場合はどう対処しているのか、良い意見とか話が あればお聞かせ下さいませ。

  • 板金加工(プレス)の普通幾何公差

    板金部品の普通公差がJIS B 0408に記載されているのですが、普通幾何公差については記載がありません。JIS B 0419に普通幾何公差の記載がありますが、対象が主として除去加工によって製作した形体となっていますので、板金部品は対象外のようです。板金部品の図面に普通幾何公差を指示する場合どうすればいいのでしょうか。

  • 6角穴加工を図面指示する場合。

    6角穴加工を図面指示で加工業者様に伝える場合、下穴のサイズがイマイチわからないです。標準的な図面指示のやり方が記載されている資料などはありますか? ご存知の方は、資料の名前などを教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

  • 測定器の器差について

    先日の粗さ計の質問につづいて恐縮です。 今回は、測定器の器差についてです。 器差というのは、測定器自体が持つ(構造上等で)避けられない誤差と 聞いて社内に説明したのですが、その際に±3μmの器差があるマイクロメーターで公差±2μmの加工を保証しているが、妥当なのか?と質問を受けて、 ±3μmとあるが、最大で発生する可能性の誤差で、日々ゼロ点調整を行って いれば問題ないと明確に回答出来ませんでした。 この様な場合は、例えば0.1μmまで測定できる測定器を使用するなどの 方法を取るべきなのでしょうか?