• 締切済み
  • 困ってます

水たまりの送り仮名?

水たまりの送り仮名? 水溜まり? 水溜り? どちらが正しいですか?電子辞書や辞典で調べると、水溜りとあったんですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数37
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

参考意見です。 「溜る」を考えてみて下さい、 何と読みますか? …「たまる」と「ためる」の、二通りの読みが曖昧に存在します。 漢字「溜」を日本語で訓読みするには、名詞系の「め」及び動詞系の「める」「まる」の三通りを送り仮名として使い分ける必要があるとわかります。 送り仮名が無い漢字「溜」一字だけの場合は強引に「ため」と読むことはできますが、 通常は「溜め」と送るのが普通です。 動詞系の場合は、 水「が」自然に「たまる」のか、 水「が」誰かの手によって「たまる」のか、 水「を」誰かが「ためる」のか、 …それぞれ意味が通じるように使い分ける必要があります。 以上を考察してみると、 「たまり」の場合にのみ送り仮名が「り」というのは考えられないだろうと思います。 「ま~」「め~」と活用するのが理に叶うだろうと思います。 端末で変換すると「溜まり」と「溜り」の双方が出て来ます。 …これは双方が慣用されてるという事だろうと思います。 辞書や辞典は著者や編纂時に携わった個人の知識に基づいた解釈によるものでしょう。 解釈が変われば100%絶対という事にもならないだろうと思います。 漢字「溜」の訓読みは送り仮名を「り」の一字で曖昧にする事なく、 「まり」「め」「める」などの活用で使い分けすることが必要でしょう。 …以上、参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「生まれる」「生れ」の送り仮名について

    「生まれる」「生れ」の送り仮名について質問します。私は、「生れ」という書き方に疑問を感じ、電子辞書で調べてみました。まずは、広辞苑。「うまれる」は「生まれる」と書いてあるのですが、「うまれ」とか「うまれ~」というのは、「生まれ」ではなく、「生れ」「生れ~」でした。次に漢字源。「う・まれる」の他に、説明文として「生まれながらにして~」とありました。これらについて、国語的には何が正しいのでしょうか。学校教育ではどうなっているのでしょうか。また、いつ頃どのようになったのでしょうか。教えて下さい。

  • 漢字の読み仮名について

    漢字の読み仮名を電子辞書を使って調べたいのですが、そのような機能がついた電子辞書(予算は1万円前後)がありましたら教えてください。

  • 「きこえる」の送り仮名

    先日、電子辞書のジーニアス英和辞典で「聞える」というのを見つけました。私は「聞こえる」と思っていたので、非常に違和感があり、今度は広辞苑で調べてみました。やはり「聞える」で、また驚き。次に漢字源というのをみると「き・こえる」となっていました。因みに、ワープロ変換では両方出てきます。まあ、答えは両方正解というところなのでしょうが、なんかすっきりしません。そこで、昭和46年(1971年)小学校入学の私は、学校でどう習っていたのか、また、今の子どもはどう習っているのか教えて下さい。

  • 回答No.1

「水溜り」 が正しいと思います。 参考例: 「水溜まり」 でネット検索しても  「水溜り」 と修正されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「小さい」  の送り仮名について

    「小さい」 の送り仮名は、なぜ 「小い」 ではないのでしょうか。 日本語の送り仮名の規準は、内閣告示 「送り仮名の付け方」(昭和48年 昭和56年一部改正) にあり、 「広辞苑」 をはじめとする国語辞典や古語辞典も、これに従っているようです。 「送り仮名の付け方」 によれば、形容詞は活用語尾を送ります(ただし、語幹が 「し」 で終わる形容詞は 「し」 から)。 その例外として、八つの形容詞があげられています(明るい/危ない/危うい/大きい/少ない/小さい/冷たい/平たい)。 例外的な送り仮名には、ほかの読み方との混同を避ける働きがあるようです。 たとえば、 「少ない」 を 「少い」 にすると、 「少し」 が 「すくなし」(古語) なのか 「すこし」 なのか、わからなくなってしまいます。 ところが、 「小さい」 だけは、そういう合理的な理由が思いあたりません。 たとえば、「大きい」 の場合には、「大(おお)」 という読みが接頭語として自立しています。 「小(ちい)」 は、それに対応しているのでしょうか。 接頭語としての 「大(おお)」 の対義語は 「小(こ)または(お)」 で、辞書では 「小(ちい)」 という項目をみつけることができなかったのですが。 送り仮名には 「一貫した理法など由来存しない」(「新明解国語辞典 第三版」) といってしまえばそれまでですが、 「小さい」 の送り仮名の必然性を合理的あるいは歴史的に説明できる方がいらっしゃったら、教えてください。 文化庁 「送り仮名の付け方」 http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20060513003348

  • 【再び】「ねじる」の送り仮名は「捻じる」でしょうか。それとも「捻る」で

    【再び】「ねじる」の送り仮名は「捻じる」でしょうか。それとも「捻る」でしょうか(*^-^)。 教えてください。

  • 「ねじる」の送り仮名は「捻じる」でしょうか?それとも「捻る」でしょうか

    「ねじる」の送り仮名は「捻じる」でしょうか?それとも「捻る」でしょうか?どちらを使えばよいか迷っています。教えてください。

  • 「表す」の送り仮名について

    本の中で「あらわす」が「表わす」と表記されていました。本来「表す」のように、送り仮名は「す」だけだと思うのですが、どうなのでしょう?「表わす」と書く場合もあるのでしょうか? 最初見たときは、本が間違っているのか、古い本だから今と送り仮名が違うのだろうと思っていたのですが、最近出版された本にも「表わす」と表記されていました。

  • 「はずかしい」の送り仮名

    こんにちは タイトル、そのまんまなのですが 「はずかしい」の送り仮名ってどれが正解だと思いますか? 1.恥ずかしい 2.恥かしい 3.恥しい よろしくお願いします。 私は、1(恥ずかしい)だと思いますが、 蛇足ですがメール送るときに疑問に思ったので…

  • おわるとおえる

    今日ふと電子辞書を使ったのですが『おわる』の送り仮名が広辞苑では『終る』となっていて、いままで自分は『終わる』としてかいてたのでおかしいなぁっておもって、おえるを調べてみたら『終える』となっていました。 何故『おわる』は『終る』とするのでしょうか? また、明鏡国語辞典でしてみたら『終わる』となっていました。 多分あんまり深い意味はないと思うんですが、なにか知っているかたいらっしゃったら教えてください。

  • 特殊な送り仮名

    「流」の動詞としての読み方の代表例が、「流れる」ですがその送り仮名は「なが」-「れる」です。その古文的表現は「流る」(終止形)、連体形が「流るる」なのですが、「流(な)-がるる」という使用は許容されるのでしょうか?お教えください。

  • 送り仮名のゆれまたは送り仮名の使い方

    お早う~ 私は韓国の大学生です。 日本語の送り仮名について質問があり、よろしくお願いいたします。 日本語の中で送り仮名の表記のゆれが分かりませんが、 例えば 行う、行なう とか 曇、曇り とか 書き抜く、書抜く これらが規則で決まっているのか使い方があるのか分かりませんけど、 送り仮名のゆれについてもっと知りたいんです。 http://www.konan-wu.ac.jp/~kikuchi/kanji/okuri.html こちらの資料はもう読みましたが。。 もし送り仮名の中で削除ができる単語の例なんか、具体的に知りたいんです。 よろしくお願いします。

  • 「送り仮名」の変遷を知りたいです。

     「送り仮名のつけ方」「送り仮名の付け方」 「送りかなのつけかた」などの時代と どのように変わって行ったか、調べたいのですが、 文部科学省や国語学学会など調べた所 見つけることができませんでした。 どうかご存知の方教えていただけませんか? よろしくおねがいいたします。

  • 漢字の送り仮名について

    以前からずっと気になっているのですが、 【みじかい】 を漢字で書くと送り仮名は何になるのでしょうか? パソコンや携帯で「みじかい」と入力し変換すると「短い」と表示されます。小学生の時、「みじかい」の送り仮名は「カイ」で「短かい」と習いました。漢字テスト等で「短い」と送り仮名を「イ」と書いた人が『みじい、みじいぃ』とからかわれていたのを覚えているので送り仮名を「カイ」と習った事は間違いありません。 一体これはどういうことなのでしょうか?? 余談ですが、テレビのスーパー(テロップ)でも間違った漢字が使われているのをよく目にします。例えば「きをつかう」。「気を遣う」が正しい(これも小学生で習いました)のに「気を使う」と表示されています。子供達が嘘を覚える、又は混乱してしまうのではないかと心配です。昔と違って今は何でもアリの時代になってしまっているのでしょうか?