• 締切済み
  • すぐに回答を!

委託配送中の商品破損求償に対する課税

よろしくお願いいたします。 路線便業者が客先納品の蛍光灯を破損しました。 この場合、今まで先方(路線便業者)に対しては、破損した商品を引き取ってもらい、原価に対して消費税を課税して求償請求をしていました。 蛍光灯は割れてしまっているとのことなので商品としては全く使えないことがわかります。当方は請求担当なので商品は直接見れません。現場からの報告です) この場合2点の疑問があります。 1.求償価格は原価でないといけないのか。手間や機会損失を考えると納価ではないのか。 上司からは再出荷にかかった経費があれば求償代とは別に請求するよう指示されています。 2.商品が多少なりと使えるものなら対価を受けるので課税になることはわかるが、割れた蛍光灯は使えないことが明らかだが、引き取ってもらったものは対価として課税するというのは正しいのか。 「あなたは蛍光灯破損の状況を聞いただけで使えないとわかるが、別の事務員が別の商品の破損を聴いたときそれが使える使えないの判断がつかないので、引き取ってもらったものは対価の収受とみなして課税請求する」と説明されました。 この蛍光灯求償請求の処理は正しいもしくは合理的とみなされるのでしょうか

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数14
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
  • chiychiy
  • ベストアンサー率57% (10733/18634)

こんにちは 1については相手次第です。 原価ではなく、御社の販売価格でもほぼ問題はないと 思いますが、梱包資材や手間などを載せることは 難しいと思われます。 商品に対して上乗せするかです。 路線便がどこを指しているのか判りませんが シビアな宅配業者もありますから 2 >No.6257 損害賠償金  心身又は資産に対して加えられた損害の発生に伴って受ける損害賠償金については、通常は資産の譲渡等の対価に当たりません。  ただし、その損害賠償金が資産の譲渡等の対価に当たるかどうかは、その名称によって判定するのではなく、その実質によって判定すべきものとされています。  例えば、次のような損害賠償金は、その実質からみて資産の譲渡又は貸付けの対価に当たり、課税の対象となります。 1 損害を受けた棚卸資産である製品が加害者に対して引き渡される場合において、その資産がそのまま又は軽微な修理を加えることによって使用することができるときにその資産の所有者が収受する損害賠償金 https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/6257.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 >No.6257 損害賠償金 の箇所は当方も見ました。専門ではありませんが社内では、再販の可否に関わらず汚破損商品は、廃棄処理稲になるまで資産に計上しています。この意味では資産の譲渡になるのかとも思いますが、 >そのまま又は軽微な修理を加えることによって使用することができるとき という点では割れた蛍光灯や敗れて中身がすべて出てしまった液体パックなどはどうやっても再使用はできません。 この場合も課税対象の資産の譲渡にあたるのでしょうか。 再質問のようで申し訳ありません。

関連するQ&A

  • 【この考え方でいいですか?】印刷業の簡易課税区分

    こんにちは 印刷業者の消費税課税標準について国税庁の質疑応答事例に以下の事例があります。 印刷業者が郵便葉書に印刷を行う場合 【照会要旨】  印刷業者において、郵便葉書の印刷について次のような取引を行っていますが、消費税の取扱いはどのようになるのでしょうか。 1 郵便局で購入した郵便葉書に、当社で選定した文字、図柄を印刷し、これを5枚セットにして文房具店に販売します。 2 郵便局から購入して在庫としている郵便葉書に、企業や個人からの注文に応じて、企業名等を印刷して注文者である企業や個人に引き渡します。 3 注文者が持ち込んだ郵便葉書に注文者の指定する文字、図柄を印刷して引き渡します。 【回答要旨】 1 印刷業者は、自ら選定した文字や図柄を印刷した後の郵便葉書を自己の商品として販売していますから、文房具店等から収受する印刷後の郵便葉書に係る対価の全額が課税の対象となります。 2 注文者から収受する対価の全額が課税の対象となります。  ただし、印刷業者において、郵便局から購入した郵便葉書について仮払金として経理し、注文者への請求の際には郵便葉書の代金と印刷代金とを区分の上、郵便葉書の代金について立替金として請求している場合には、印刷代金のみを課税の対象として取り扱います。 3 印刷代金のみが課税の対象となります。 これで課税標準額はわかるのですが簡易課税が適用の場合、 【1の事例及び2の本文の事例】・・・3種事業 【2の但し書きの事例及び3の事例】・・・4種事業 と思うのですが、あってますでしょうか? お詳しい方お教えいただければ幸いです。

  • 商品の弁済金額について教えて下さい

    会社で取り扱っている商品(食品)を宅配業者が破損した為、その弁済の請求書を発行しました。 その際に【販売価格】で請求をかけたのですが、宅配業者は【仕入原価】で請求すべきではないか と言ってきました。 当方にしてみれば「無事に商品が届いていれば利益となった金額を弁済して欲しい」訳ですから、【販売価格】で請求したのですが、先方曰く「店頭に並ぶまでは販売前なので仕入原価でいいはず」 との言い分で・・・。 一体どちらの言い分が正しいのでしょうか? 残念ながら弁済に関する覚書などの書面は先方と取り交わしておりません。 どなたか教えて下さい!!

  • 毎回毎回破損

    仕事場の蛍光灯を通販で購入しています。 ロングですので普通の量販店にはまず売ってない商品です。 これまでは市内の電気工事店で取り寄せていたんですが 経費削減と通販の方が格安に購入できるので切り替えました。 通販にして1ケース(数十本)で買うんですが 1回目佐川で粉々に中で割れて到着 2回目佐川でまた折れて到着  2回目はその場で開封して中身を佐川に確認してもらい配送時の破損を確認 してもらいました。 3回目にやっとまともに到着・・ 結局、発注から半月もかかりました。 箱にも蛍光灯、割れ物扱いで来てるんですが 佐川は荷物の扱いって徹底されているんですか?

  • 回答No.1
  • vaf326
  • ベストアンサー率16% (264/1608)

弊社でも同様な事案はあります。 その際の請求金額は、原価ではなく、取引先への納入金額でもありません。弊社の利益を少しばかり乗せて請求しています。運送会社へ売却したように処理致します。その際に消費税は当然かかりますので、あわせて請求します。 頻繁にはありませんが、発生する事案ですので、商品ごとに、発生した場合は、この金額で請求すると決めておいた方が処理が簡単です。 単に、取引先から運送会社へ販売個所が変更になったように処理しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々のご回答ありがとうございます。 弊社内は今まではそれぞれの拠点でそこの担当者の裁量で相手と話してそれぞれの価格で請求を出していましたが、昨今の内部統制強化で請求事務がが集約されました。その際に減価請求に統一されました。 路線・チャター問わず、再出荷にかかる費用や、納品先のペナルティなどは、別に当該配送業者との別交渉で商品求償とは鑑もしくは見出しで請求を分けています。

関連するQ&A

  • 運送中に商品が破損。消費税の扱いは?

    毎日の納品は、出入りの運送業者に委託しています。 運送中に商品を壊され、商品価値がなくなりました。 通常、この様な場合、「得意先売上」を「運送業者売上」に切替え、補償して貰っています。 この度、納品量が多いため、有名な大手の運送業者を臨時に使いました。 破損請求を従来とおり行ったところ、消費税分を払ってくれません。 この様な補償の場合は、消費税の対象外になるのですか? 教えてください。

  • 蛍光灯を壊してしまいました。。。(涙)

    天井にくっついているタイプの蛍光灯なのですが、 蛍光灯が切れてしまったので、 交換しようと思い、取り外そうとしたら、 蛍光灯のささっている部分を壊してしまいました。。。 (こんな説明でどこの場所か、分かりますでしょうか? いわゆる蛍光灯を回転させて、付け外しをする場所になります。) セロハンテープで応急処置をしたのですが、 (別の蛍光灯を差したらとりあえずは、電気は点きました。。。) もし、直すとなったら、蛍光灯の器具全部を交換しないと だめでしょうか? また、もし、その部分だけを直すことができるとなったら、 業者に手配しないとだめかと思うのですが、 いくらぐらいするかって概算が分かる方、 いらっしゃいますでしょうか? もしよかったら、ご回答頂けたら、 幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 安定器の代替品 検討について

    ドイツ製の蛍光灯を使用しており、この安定器が故障した為、購入しようと思ったのですが、 この蛍光灯が生産終了して商品の購入ができなくなってしまいました。 そこで、別の安定器にて置換を検討しているのですが、どの規格の物を選定すればよいか相談に乗っていただけませんでしょうか? 現在の蛍光灯の仕様 ・8Wグロースタート式蛍光灯が2つ並列されている。 ・安定器は1つで、蛍光灯への配線も単相100V。 質問 ・蛍光灯は並列接続なので、安定器は8Wのもので代用が可能でしょうか? ・安定器のW数が多少大きくても蛍光灯が点灯するのであれば、2つの蛍光灯を点灯させる事から、10Wなど多少大きいほうがいいのでしょうか? 初歩的な質問で大変申し訳ありませんがどうかご協力お願いいたします。

  • 輸入貨物を販売後に破損が見つかった際の会計処理について

    ・当社が輸入した貨物を輸入通関後にコンテナごと国内の会社(当社のグループ会社)に販売したところ、コンテナから荷物を出した際に袋が破損している商品が見つかったという連絡を販売先から貰いました。 ・破損があった貨物は輸入保険に加入していましたので保険会社に請求し(輸入貨物の保険請求は、例え商品を販売していた後でも輸入者がしなければいけないので)、当社に保険代の入金(貨物代金×10%)がありました。 ・破損があった商品はそのまま販売先の会社で廃棄処理し廃棄費用も負担してくれます。 ・当社は保険会社から入金された代金を販売先の会社に全額振込みます。 上記をふまえ、次の2点について教えてください。 (1)保険求償の入金時、勘定科目は何が適正でしょうか (2)破損品はあくまでも販売先の名義で廃棄されるので、当社としては売上金 額を減額する必要はあるのでしょうか 慣れておらずわかりづらい文章かと思いますが、どなたかご教授ください。

  • エチルアルコールの配送について教えて下さい

    こんにちは、いつもお世話になっております。m(_ _)m 早速ですが、瓶に入ったエチルアルコールを 国内の顧客に届けたいのですが、 通常の宅配便では「揮発性なのでお受けできません」と 回答を頂き、「こういうものはどこが運搬をしてくれるのだろう?」と 調べてみたのですが、なかなか回答が見つからず、 ここに書き込ませて頂きました。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示下さい。 よろしくお願いします。 三社から回答の結果を以下に記し、本件を閉じます。 アドバイス下さった方々、ありがとうございました。 ●赤帽首都圏軽自動車運送協同組合  城西支部 <josai@akabou.jp>→受付できず ●日本通運(株)化学石油営業  指定数量(400リットル)以下のため輸送中、  危険品免許取得者または警戒標識を掲げる必要なし。 →路線便(アロー便:企業間の貨物を主に取扱) アロー便で取扱い可能。  配送可能条件:  落下など予測不能な事故が発生しても破損されない状態で預かる。  また、容器・外装の外部に品名・数量・製品に対する注意事項を記載する。  輸送料金は、梱包された状態の大きさで計算。 ●西濃運輸 本社 業務管理課  宅配便ではなく「一般便」という商品にて取り扱い可能。  (原票・運賃が異なるが、集荷・配達は通常と同じ) →「エチルアルコール」は消防法の規制対象となるが、200リットル未満であれば  取り扱い可能。  ただし  ?液漏れ・破損などがしないような梱包  ?弊社へお渡しする際「危険物」である旨伝える必要有り。

  • 蛍光灯を白熱灯色にしたいのです。

    蛍光灯自体もそういった色のものを選んだのですが、やはり本物の白熱灯の色にはほど遠いです。 部屋の照明の形式上、実際に白熱灯を使うのは無理でして(新たにスタンドライトなどを購入する、というのは別として)、何とかこの蛍光灯を白熱灯色にしたいのですが...。 で、個人的には、何かフィルタのようなものを使えば良いのか、とも考えて色々検索してみたのですが、なかなか見つかりません。 そのような商品をご存知の方、また他に良い方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。

  • 商品代金+送料代の消費税について

    ネットショップで商品を販売している消費税課税業者です。商品代金+送料代をお客様に請求して、その金額を入金してもらいます。 商品1000円 送料300円だった場合、預金出納帳に1300円の売上として記帳し、商品発送時に現金で支払った送料を現金出納帳に荷造運賃として経費にすればいいのでしょうか? ただ、そうすると消費税が売上に掛かってくると思うので、商品と送料を別にした方が消費税が安くなると思うのですが、皆さんはどのように処理しているのでしょうか?

  • 蛍光灯の処理代1本100円!?

    タイトルの通りです。店舗のごみですので産業廃棄物です。処理業者に頼んだところ120本で12000円の請求がありました。 これは当然の相場なのでしょうか。 蛍光灯のタイプは1メートルくらいの一般的なものです。 よろしくお願いします。

  • 中古車販売の簡易課税の事業区分を教えてください

    中古車販売をしています。(自動車整備もかねています) 今年から消費税の簡易課税の申告をするのですが、消費税の事業区分がよくわからなく困っています。事業区分を教えてください。 (1)中古車の販売 (2)タイヤなどの商品を取り付けたとき(商品代と工賃を分けて請求しています。) (3)修理をしたとき(部品代と工賃を分けて請求しています。) (4)車検代行料と整備代金をもらったとき(これも細かく分けて請求しています。) (5)代車料をもらったとき (5)廃車をスクラップ業者に売ったとき よろしくお願いいたします。

  • 運送時の事故による請求

    運送時に事故により商品を破損し、その際の請求書を発行しましたが、後日「消費税の加算」は認められないと言われました。 請求書の詳細は「人件費・商品代金」です。 むこうの言い分は「人件費には消費税が掛からない、商品代金は商品自体を受け取ってはいない」というような内容でした。 このサイトで色々なところを拝見しましたが「対価を得て行う・・・」という意味が(対価と言う意味が)イマイチ判らないんですが、運送会社へうまく説明するには何と言ったらよいのでしょうか? 向こうの言い分を聞いていると納得してしまいそうにもなります。 できれば誰でもわかるように説明してもらいたいのですが・・・