• 締切
  • 困ってます

転職理由の伝え方

  • 質問No.9758664
  • 閲覧数97
  • ありがとう数0
  • 回答数3

お礼率 25% (40/157)

20代前半女 高卒で就職
ホテル勤務3年です

主な仕事内容としては
お客様の誘導、案内
チェックイン、チェックアウト業務
荷物の預かり
タクシーの手配
周辺案内
ロビーの清掃、整理整頓
など

辞めたい理由としては
(1)仕事内容が合わない
(2)不規則な生活になってしまう
(3)5年後10年後を考えた時にこの会社で上を目指したいとも思わないしなんとなく違うと感じた。
(4)給与の低さ 手取り13-15万

理由としてはこんな感じで(1)と(3)が強いです。
前から転職したいと考えていて既に転職したい職種の勉強もしています。
同時に面接対策もしているのですが、転職、退職理由がまとまりません。

アドバイスお願いします、!

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 53% (573/1079)

転職 カテゴリマスター
 基本的に面接の場では、真実を言う必要はありません。全てがスキルや熱意のアピールになっているのが理想ですし、少なくともマイナスの印象を与えかねない内容は避けるのが無難です。
 退職・転職理由についても同様で、これを上手くアピールに落とし込むのが重要になります。特に転職者の場合、雇う側として一番気になるのは「色々教育した後で、ウチからも退職するんじゃないの・・・?」という点です。なので退職理由はその点をフォローする内容が望ましいと言えます。
 要は貴方が転職しようとしている会社にマッチする様に調整する必要があるわけですね。

 例えばですが、貴方が転職しようとしている先が「残業なし。部署内定時退社率100%。ワークライフバランスが保てます」と謳っている案件なら、退職理由としての「不規則な生活になってしまう」という理由はOKです。
 しかし営業職や技術職などで、どうしても残業がおおかったり休日出勤、深夜出勤が発生する職場ならこの理由はダメでしょう。

「仕事内容が合わない 」というのも、具体的に何が合わないのか、どう合わないのかをしっかりと分析し、その点が転職先で解消されているならばアピールになります。
 逆にそのレベルに至っておらず、「自分でもよく分からないんですけど、仕事内容が合わないんです 」としか言えないなら、面接官に「よく分からない感覚論で退職してしまう人か・・・」と思われるリスクがあります。

 大抵の求人案件というのは、何となくその会社が売ろうとしている部分が書かれているものです。「手に職がつく」とか「アットホーム」とか「高額給与」とかですね。
 退職理由で完全な嘘をつく必要はない(バレやすいから)のですが、こうした『転職先が強みだと思っている部分』と『退職理由』とを上手く噛み合わせる様に調整すると、良い反応が得られやすいと思います。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 24% (635/2595)

 
・不規則な生活
これで良い
私の友人は20代半ばの男性ですが、2年前に結婚したのを機に5年働いた会社から転職しました。
転職理由は「海外出張が多すぎる、家族と一緒に生活したい」でした
1年の間に日本にいるのが2~3週間しかないのが理由です。
 
  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (128/432)

転職の理由は説明できるのではないですか? 希望の職種があるようですし。
退職の理由は、転職後の魅力を語れば、自ずと付いてくるように思いますが。
関連するQ&A
ページ先頭へ