• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

高校生です。解説をお願いいたします

A.B.Cの3つの部分からなる、地上から鉛直方向に上昇するロケットの運動を考える。ロケットの部分A Bは一定の時間間隔T[s]でこの順に切り離され、鉛直下方に放出される(以後これを分離と呼ぶ) 。分離される各部分は分離直前のロケットから見た速さw[m/s]および分離直前のロケットの質量に対する分離された部分の質量の比aは、どの分離の場合も一定とする。Aの分離直前のロケットの質量および地上から見たロケットの速さを、それぞれM[kg]およびVо[m/s]とする。また、重力加速度の大きさはつねに一定でg[m/s2乗]として、空気の抵抗は無視できるものとする。次の[ ]にあてはまる答えを解答群より選べ。同じ番号の答えを繰り返し選んでもよい。 (1)Aの分離直後では、分離されたAの質量はMa[kg].BとCからなる分離後のロケットの 質量はM(1-a)[kg]であり、Aの地上より見た速さは[ア][m/s]となる。分離直後のロケットの地上から見た速さV1[m/s]は、運動量保存則から次の式で表される。 V1=V。+[イ]×w (2)Aの分離後、BとCからなるロケットは重力によりV1[m/s]から減速するが、Bの分離によりCは再び増速する。Bの分離直後、Cの地上から見た速さv2[m/s]は次の式となる V2=V。+[ウ]×w-[エ]×gT (3)Aの分離からBの分離までにロケットの上昇する高さh[m]は次の式でもとめられる。 h=[オ]×V。T+[カ]×wT-[キ]×gT2乗 [ア]の解答 V。-w [イ]の解答 a/1-a [ウ]の解答 2a/1-a [エ]の解答 1 [オ]の解答1 [カ]の解答 a/1-a [キ]の解答1/2 以上、答えはあるのですがなぜそうなるかが わかりません。解説をよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数112
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • f272
  • ベストアンサー率44% (5004/11152)

(ア) Aの分離直前のロケットの地上から見たロケットの速さはV0で,Aの分離直前のロケットから見た速さはwだから,Aの地上より見た速さはV0-wになる。 単に相対速度を求めることができればよい。 (イ) Aの分離前後の運動量はMV0=M(1-a)V1+Ma(V0-w)だからV1=V0+a/(1-a)*w 運動量が保存する式が立てられるかどうかだ。 (ウ)(エ) Bの分離直前には速さはV1-gTになっているので(イ)と同様に考えてV2=V1-gT+a/(1-a)*wとなる。したがってV2=V0+2a/(1-a)*w-gT 「分離される各部分は分離直前のロケットから見た速さwおよび分離直前のロケットの質量に対する分離された部分の質量の比aは、どの分離の場合も一定とする」とあるのだから,Bの分離前後の運動量保存を考えるまでもなく(イ)の結果を見て値を入れ替えればよい。 (オ)(カ)(キ) Aの分離直後の速さはV1で,そこからBの分離までの時間はTだから,Aの分離からBの分離までにロケットの上昇する高さhはV1T-(1/2)gT^2で求められる。したがってh=V0T+a/(1-a)*wT-(1/2)gT^2 h=V1T-(1/2)gT^2のV1Tの部分は速さV1で時間T立った時の距離,(1/2)gT^2の部分は時間Tの間の自由落下距離だ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

f272様。分かりやすい解説を有り難うございました。大変助かりました。

関連するQ&A

  • テスト近いのに…

    この問題、教科書に載っているのですが、 答えしかなく、解法が無いんです(-_-;) V[m/s]の速さで飛んでいた 全質量(燃料も含む)M[kg]のロケットが、 質量m[kg]の燃焼ガスを瞬間的に後方に噴射した。 噴射した後のロケットから見た燃焼ガスの速さが v[m/s]であったとすると、ロケットの速さは いくら増加したか。    答え mv/M[m/s] 式と何でそうなるのか教えてください(>_<)

  • 運動量の問題

    図のように燃料を後方に噴射し、その反作用で地上に対して鉛直上向きに前進するロケットの運動を考える。燃料を積んだロケットの質量は単位時間当たりμ[kg/s]の燃料を後方へ噴射することにより、次第に軽くなっていくものとする。ロケットに対して燃料は相対速度-V[m/s](V>0)で噴射される。時刻tにおけるロケットの質量はM[kg]、地上に対する速度はv[m/s]とする。但し、ロケットが受ける空気抵抗は無視できるものとする。 (1) 以下の(ア)~(エ)にあてあまる適当な式を答えよ。 時刻tにおけるロケットの運動量p(t)=Mvと、それより少しだけ後の時刻(t+dt)におけるロケットと噴射された燃料の運動量の和p(t+dt)を比べてみよう。この短い時間dt[s]の間に噴射された質量(ア)[kg]の燃料は地上に対して速度(イ)[m/s]で運動し、そのことによって、ロケットの速度はdv[m/s]だけ変化したと考えられる。つまり時刻(t+dt)におけるロケットと噴射された燃料の全運動量はp(t+dt)=(ウ)とあらわせる。重力が無視できるほど小さいと仮定すれば、時刻tから時刻(t+dt)の間で運動量は保存する。したがってp(t)=p(t+dt)よりMv=(ウ)という関係式が成り立つ。この式の右辺の2次の微小量(dv*dt)を無視して、両辺をdtで割ると、燃料を噴射しながら前進するロケットの運動方程式は(エ)となる。 (2)時刻0におけるロケットの質量をM0[kg]、地上に対する速度をv0[m/s]とおくとき、(1)の(エ)で求めた運動方程式を解いて、時刻tにおける地上に対するロケットの速度v=v(t)を求めよ。 (3)図の鉛直下向きにロケットが受ける重力を無視できない場合について、ロケットの運動方程式を求めよ。但し、重力加速度をg[m/s^2]とする。 (4)(2)と同様に時刻0におけるロケットの質量をM0[kg]、地上に対する速度をv0[m/s]とおくとき、(3)で求めた運動方程式を解いて、時刻tにおける地上に対するロケットの速度v=v(t)を求めよ。 という問題なのですが、 (ア)μdt  (イ)v-V  (ウ)(M-μdt)(v+dv)  (エ)M*dv/dt=μv (2)M=M0-μtと置いて これ以降どうしたらいいかわかりません。特に(3)の問題はエネルギー保存を使って解こうとしたのですが、答えが出て来そうにもありません。 長文になってしまいますが、どなたかご教授お願いします。 なぜかエンコードできず、図が上げられません。 絵としては、ロケットから上にv、下に-Vの矢印が引いてあるだけです。よろしくお願いします。

  • 解説お願いします・・・。

    毎秒80mの速さで、ある物体を真上に打ち上げるとき、打ち上げてからg秒後の高さは80g-5g^2(m)とあらわす事が出来ます。次の問いに答えなさい。 (1)高さが初めて240mになるのは打ち上げてから何秒後ですか? これは、80g-50g^2を使って出すのですか? 普通に考えて、1秒80mなので、3秒で240mじゃないのですか? (2)物体が再び地上に落下するのは打ち上げてから何秒後ですか?    (3)この物体は地上何mまで上がりますか? 答えは分かっているのですが、まったく解き方がわかりません。 お助け下さいませ・・・。 お願いいたします。   

  • 早急にお願いします

    地上から19.6mの高さにある物体を、初速度なしで落下させた。物体が地面に落下するのに要する時間は■sである。 水平方向に一定の力30Nを物体に加えて、物体を力と同じ向きに5m移動させた。この力が物体にした仕事は■Jである。 質量は8kgの物体が地上10mの高さにある。この物体のもつ位置エネルギーは■Jである。 摩擦のない床を一定の速さ40m/sで質量0.15kgの物体がまっすぐに滑っている。物体の運動エネルギーは■Jである。以上(4)問の解答お願いします。

  • 数学 解説の意味がわかりません

    下のア&#65374;クの一次関数をグラフにするとき次の各問いに答えなさい。 アy=-1/4x+1/3 イy=4x-2 ウy=1/2x-1/3 エy=1/4x+3/2 オy=-4x-2/3 カy=-1/4x+3 キy=1/3x+3/2 クy=-1/3x-1 (1)グラフが平行になるものはどれとどれか (2)グラフがy軸上の同じ点で交わるのはどれとどれか (1)の答えがアとカで解説は傾きが等しいグラフの式をみつける (2)の答えがエとキで解説は切片が等しいグラフの式をみつける でした。この解説の意味がわかりません。教えてください。またわ こんな風に考えるともっと解き方がわかりやすいなどあったらそれも教えてください。

  • 質量欠損の問題

    下記の1.と2.の問題の(2)がどうしてもわかりません。(1)は理解できています。ご回答よろしくお願いします。なお数字のみの回答はあるので載せてあります。 1.(1)質量数23のNaは3.818*10^-26[Kg]であり、質量数1のH、質量数1のnの質量はそれぞれ1.674*10^-27[Kg]、1.675*10^-27[Kg]である。これから質量数23Naの質量欠損を求めよ。  答え3.34*10^-28[Kg] (2)質量欠損が1[u]の時に、エネルギーとして放出されたとすると、何[J]になるか。ただし真空の光の速さはc=3.00*10^8[m/s]、1[u]=1.66*10^-27[Kg]とする。 答え1.49*10^-10[J] 2.太陽の中心部などでは質量数1のH*4→質量数4のHe+e*2(eは陽原子)の式で示される核融合反応が進行していると考えられている。真空中の光の速さを3.00*10^8[m/s]とし、それぞれの原子核の質量を質量数1のH:1.0073[u]、質量数4のHe:4.0015[u]、e:0.0005[u]として以下の問いに答えよ。 (1)もとの質量は反応の結果として何%減るか。 答え0.663% (2)1[Kg]の質量数1のHが全部質量数4のHeに変わるとしたら、放出されるエネルギーは何[J]か。 答え5.96*10^14[J]

  • 運動量保存の問題です。

    高校の教科書、物理セミナーの問題です。 ロケットの分離問題です。質量mの宇宙船SとロケットエンジンEが結合したロケットがある。ロケット速度Vで、質量MのエンジンEを後方に切り離す。分離後の宇宙船Sに対するエンジンEの相対速さはuであった。分離後の宇宙船Sの速さvsを求めよ。という問題です。 エンジンの速さvは、u = v - vsなので、運動量保存の法則から(M+m)V = M(vs + u) + mvs となり、vs = V - Mu/(M + m ) となりませんか。 教科書では、vs = V + Mu/(M + M ) となっています。 相対速度の符号の取り方がよく分かりません。 よろしくお願いします。

  • 問題集の発展問題(宿題)を解いていて全く歯が立たな

    問題集の発展問題(宿題)を解いていて全く歯が立たないです。 どのように考えれば良いのでしょうか。 ある時刻tにロケットと燃料とを合わせたものの運動量が(M+Δm)vであると仮定します。 ある短い時間Δtの後にロケットは質量Δmの燃料を噴射し、ロケットの速さがv+Δvに増大するとします。 燃料はロケットの速さvに対しveの速さで噴射されるとすると、ロケットの速さの増加量Δvは( A. )のように表されます。 ここで、Δtが0に近づく極限をとると、Δv→dv 及び Δm→dm となります。 また、噴射したガスの質量dmとロケットの質量の減少量dMとの間に、dm=-dM の関係があります。 この時、ロケットと燃料を合わせた質量がMiからMfに変化し、それに伴って速さがviからvfに変化したとすると、速さの増分vf-viは( B )のように表すことができます。 A.Bに当てはまる式を求めてください。

  • 数学の入試問題解答解説について

    数学の入試問題解答解説について x+y=2,xy=-1のときx2乗+y2乗=ア,x3乗+y3乗=イウ,x4乗+y4乗=エオ, x5乗+y5乗=カキである。 ア~キまでの記号に数字を入れよ。という問題で、 答えはア<-6、イ<-1、ウ<-4、エ<-3、オ<-4、カ<-8、キ<-2 というものなんですが 計算のやり方がよくわからなくて解説がついていないため どういう風にこの答えがでるのかわかりません。 数学Iが得意な方やわかる方は是非解答をお願いいたします。

  • 力学 ロケットの運動

    時刻tの質量がM(t)であるようなロケットが一定の相対速度v'<0でガスを噴出しながら加速している状況を考える。ロケットの質量変化率dM/dtは一定(μ<0)であるとする。重力や抵抗力は無視する。 (1)地上の観測者から見たロケットの速度v(t)をとして、ロケットに関する運動方程式を導け。 (2)t=0のロケットの質量がM_0、速度が0であった。時刻t(0<t<M_0/-μ)における質量M(t)と速度v(t)を求めよ。 という問題で、(1)は運動量保存よりM(dv/dt)=v'(dM/dt) であることはわかったのですが、(2)の質量M(t)が分かりません。 どのようにしたらよいですか?