• ベストアンサー
  • 困ってます

瓦(隅棟)の漆喰の痩せについて

築42年の瓦ぶき、モルタルの4DKの実家があります。 自宅に、屋根業者さんがとびこみで営業に来ました。 業者さんは、「お宅の瓦(隅棟)の漆喰が痩せていて、瓦が波打っています。」と言い、波打っている部分をゆびで指しながら、「できるだけ早く、できれば今すぐに直したほうがいい。梅雨に入ると雨もりがするようになったり、最悪は瓦がズレ落ちて危険です。屋根に上らせてもらい状況を確認して見積もりを出すところまでは無料です」と言いました。 父親が亡くなっているため、漆喰自体を詰め直したりしたことがあるのかどうか、詰め直したことがあったとしても、それはいつ頃のことなのかがよくわからない状態です。 以下に実際に撮影した画像を添付しますので、「ズレ具合(ズレの程度)」ご覧ください。一般的に、この画像のような「ズレ」の場合は、「修復が必要なほどに。かなりズレている」と言えるでしょうか? 参考にしたいので、アドバイスをお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数52
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

築50年の我が家も同じように棟の一部がうねっています。 屋根リフォームは2度経験しています。その時の施工業者さんによると そういう場合でも安定していれば問題ない、と以前教えてもらいました。 在来工法だと歪みが生じても全体でバランスを取るということらしいです。 最初はハシゴからの目視と屋根裏点検をしてもらい、屋根材による価格差や下地に問題があったらこのくらいの加算になるなどの見積もりをもらってからあらためて細部を詰めました。 その業者さんは飛び込み営業はまずやらないとのことで、実は隣家の屋根もちょっとマズい状態だという話になった時はお客さんやリフォーム業者の紹介なしに突然訪ねることはないです、とおっしゃっていました。 見積もり前に屋根へ上ってもらうのは、専門知識のない営業だと踏む場所を間違えたり、そこでいらぬ細工をされる場合もあるのでやめておいた方がいいそうです。 点検や見積もりを依頼するならまず地元商工会加入業者から考えてみてはいかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。 >その時の施工業者さんによるとそういう場合でも安定していれば問題ない、と以前教えてもらいました。 >在来工法だと歪みが生じても全体でバランスを取るということらしいです。 なるほど・・と思いました。 実家のある地域は、東日本大震災のときの揺れが、公式では「震度5弱」でした。その影響かどうかはわかりませんが、震災の直後に屋根裏を見てみたところ、「棟木」周辺の「緊結金具」がすこし「こじった」ように変形していたり、その金具を止めている太いビス(釘?)も棟木から若干浮いていることが確認できました。たぶん、揺れの最中に建物全体が「よじれたり、元に戻ったり」を繰り返して金具がゆるんだのだろう・・とそのときに思いました。 少なくとも、ここ8年くらいは漆喰を直したりはしていないはずなので、たぶん、漆喰も流れて痩せてしまっていることもあるとは思いますが、漆喰だけではなく、建物全体の経年変化の影響や垂木などの具合により、屋根が部分的に少し歪んでしまっているということもあるのかもしれませんね。きちんとした業者さんに屋根裏の状態なども含めて見てもらったほうがいいのかなと思いました。 >最初はハシゴからの目視と屋根裏点検をしてもらい、 実家に来た業者さんは、屋根に上りたがっていたような気がします。他の回答者さんも仰っていますが、安易に上らせてはいけないんですね。。 >フォーム業者の紹介なしに突然訪ねることはないです、とおっしゃっていました。 >点検や見積もりを依頼するならまず地元商工会加入業者から考えてみてはいかがでしょうか? 実家に来た業者にもらった名刺を見てみると、ちょっと離れた地域から来ていることがわかりました。野菜などの食べ物もそうだと思いますが、確かに地元の業者さんのほうが安心できますね。

関連するQ&A

  • 屋根瓦の漆喰工事と瓦止め工事について

    築20年の木造2階建ての屋根瓦の漆喰工事と瓦止め工事が必要と業者に言われたのですが、この工事をするに当たって、普通、足場は必要なのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 屋根瓦のしっくいがボロボロ落ちてくる。

    我が家の屋根瓦は洋風のS瓦です。この瓦はうねりが大きいため上部の丸瓦との隙間に塗ってある漆喰も面積が広いです。雨に当たり易いのかカビのような黒く変色して5から6年でボロボロとおちてきます。築20年ですがこれまで2回業者に修理してもらいました。近いうち又塗り直ししなければなりませんが新しい漆喰の上に何か風雨に強いものを塗ることは出来ないでしょうか。あるいはモルタルのほうが耐久性があるのではないでしょうか。まっ白でなくてもかまいません維持費が少なく長持ちさせたいだけです。近所の日本瓦の家は10年とか20年の家でも漆喰は綺麗ですねー。どなたかアドバイス下さい。

  • モニエル瓦の塗装について

    築19年の家の屋根(モニエル瓦)の塗装についてお聞きします。外壁と屋根の塗り替えをしようと思い、いくつかの業者さんに屋根を見てもらったところ、現状としてはヒビ割れやズレなどはなく雨漏りもないが、苔や汚れはあるので高圧洗浄をかける必要があるとのことでした。ただし、今回、外壁塗装と同時に屋根も塗装すべきかどうかについては業者さんの言うことに相違がありました。今、塗装すべきと言う業者さんは概ね「足場を別の時期に架けるとなると高くつくので今回同時にやったほうがよい」という意見でした。それに反して、ごく一部の職人さんですが、「モニエル瓦は塗っても剥がれやすく、また、表面が劣化したからと言って、モニエル瓦自体のヒビやズレなどがないかぎり、ほとんど雨漏りの心配はないので塗るのは美観上の問題が主な理由だろう」という意見でした。調べてみると、モニエル瓦は何年か前までは接着性のある良い塗料がなかったということもあり、塗装してもすぐに剥がれてしまうというトラブルも多く「塗らない方がよい」ものだったようです。現在では、モニエル瓦にも適した接着性の強い塗料ができたので塗るのを勧める業者さんも多いようです。そこで、質問ですが、美観上の問題を除いて、モニエル瓦は塗るべきか否か?という問題です。私としては、モニエル瓦に不慣れな業者さんも多いことが今回分かりましたので、塗装剤の選択や塗り方を間違って数年で剥がれる可能性がありはしないか、また、場合によっては塗装の段階で屋根瓦を損傷してしまう危険性もあるのではなかろうかという気もしてきました。業者さんの多くはできるだけ費用が高くなるように誘導しようとするのが見て取れますが、根拠の曖昧なものに高い費用をかけるつもりはないので、高圧洗浄で汚れを落とし損傷箇所があればその都度修繕するというのが、美観上の問題を除いて「屋根を維持する対策(主に雨漏り対策)」としてはベターなのではないかとも思います。お知恵をお貸しください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • qwe2010
  • ベストアンサー率19% (1712/8887)

昔からある、訪問販売で、詐欺商法です。 その業者は、嘘をついています。 その業者が、屋根にあがると、瓦を割ってしまい、後になり、雨漏りになります。 写真が鮮明でないために、はっきりと断言はできませんが、大丈夫と思われます。 雨漏りしますと、音が聞こえます。 それから直ても、遅くはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • DEN1010
  • ベストアンサー率24% (160/653)

信頼できる、瓦業者か建築業者を探して、見てもらったほうが良いです。 42年も経てば、屋根も多少の歪みがありますから、大げさに言って高額な工事料を取る業者と思われます。 私の家も、電話で「オタクの屋根瓦の泥」が無くなっているから修繕が必要と言ってきたことが有ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 古い木造住宅の屋根瓦の土はどんなものですか?

    現在築45年の一戸建て平屋一部二階(借家)に住んでいます。 かなり古い物件ですので、大家さんからは補修・改造は自由にしていいと 許可を貰っています。 この家は補修を繰り返してあるようで、南向きの屋根は素焼きの様な 光沢のない古い瓦(針金止めなし)、2階と北向きの屋根は光沢のある 瓦で針金止め、といった具合です。屋根にはベランダから簡単に上がれます。 昨年、1階の押入天井で雨漏りがあり、ベランダから屋根に上って調べた ところ、南向きの方の屋根瓦がずれていました。 瓦を取り除いてみると、長年の雨で下の土が流れ出てスカスカになり、 近くの鉄道の振動などで瓦がずれてしまっているようでした。 取り敢えずインスタント漆喰を買ってきて土の代わりにしてみましたが、 屋根を調べてみるとズレのある部分より下の瓦の多くが同様にガタガタに なってしまっています。 今のところはズレを直して対応していますが、土が抜けてしまっている 面積が意外と広く、漆喰ではかなりコストが掛かりそうです。 そこで、ホームセンターで「山土(赤)」と書かれた土が非常に割安で 売っていたため、一袋購入してみたのですが土というよりは砂に近く、 乾くとサラサラになり屋根板の隙間から簡単に落ちてしまいそうです。 普通、瓦を葺くときの土はどんなものを使うのでしょう? 専用のものは入手が難しそうなので、前述の砂のような土に何かつなぎに なるものを混ぜればよいのでは?と考えています。 とにかくローコストで、ホームセンターで入手可能なものを考えています。 DIYは大好きなのと、補修面積が新聞3枚分程度ですので自分での修理を 考えています。

  • 屋根の修理(漆喰、釘)について教えて下さい

    こんにちは。お世話になります。 築16年の住宅を購入しました。屋根はカラーベストコロニアル瓦です。 漆喰がポロポロ落ちてきているのが気になっていたのですが、雨漏りや 瓦の割れはありません。瓦には苔が生えていますが、外壁が塗ってまだ 5年なので、塗装するなら外壁の塗り直しと一緒にやりたいと思って います。 先日この家を建てた会社の関連でリフォーム部門の人が来て、瓦の 並べ直しと漆喰塗り替え、抜けた釘取替(鉄→ステンレス)をした 方がいいと言われました。工期は5~7日です。 見積もりは  足場   (122m2)   195,000  大棟取り直し(3.7m)   29,526  隅棟取り直し(38.4m)  306,432  棟換気取付直し       13,300  資材            10,380  廃材処理          19,950  合計            574,788 うちの分譲地で以前から工事をしている業者に見積もりを頼もうと 思っているのですが、そこは概算では40~50万、見積もりは工事を すれば無料、しなかったら15,000円と言われたので頼まなかった時を 考えたら勿体ない気がしています。またその業者は足場はいらないと 言っています。工期は2~3日。 ネットで集めた情報では雨漏りしていなければ漆喰や釘の補修は不要、 部分的な修理もできる、等とあり混乱します。そこで質問です。 1)工事は緊急性が高いものでしょうか。 2)もし必要だとすれば価格は妥当なものでしょうか。 3)塗り替えさえしていれば今後も葺き替える必要はないと言われて   いますが本当でしょうか。 4)上で出した見積書を使って他業者で見積もりしてもらう事は可能で   しょうか。見せなくても価格は比べるので言うとは思うのですが。 以上、わかる部分だけで結構ですので教えていただけたら助かります。 よろしくお願い致します。

  • 台風で北側の瓦が破損で保険はどうなる?

    雨漏りがあり業者に調べてもらうと南側で穴らしきものが 発見しました。それを埋めれば大丈夫なのですが 念のため下からは確認できなかった北側の屋根をチェックしてもらったところ屋根瓦が何かに当たり破損している状況でした。 北側の屋根の瓦は全面修繕の質用があるのですが 南側は経年劣化もあるせいか漆喰の中の砂も 削れてきてる状態だそうです。 いっそうのこと全部屋根を瓦からストレート屋根に 交換したいのですが、保険はすべては まかなえないものでしょうか? やはり台風の影響の北側だけの保険になるものでしょうか? よろしくお願いします。

  • 屋根の修理について

    屋根の修理をする事になったのですが 築19年程 洋瓦(Sがわら)で瓦と防水シートの間に土は入っていません(業者の言うには家に負担をかけたくないなら土は入れない場合もあるそうです) 3年前に別の業者に壁の塗装をやり直した時に屋根も見てもらったんですが 漆喰を上塗りしていたようで、瓦同士も歪んだまま固定用のゴムで止めていた様です。 今回修理に至ったのは近くに工事に来ていた人が瓦が外れかかっているから名刺代わりに昼休みに治しましょうかと まぁ、営業も兼ねてってのがあるんでしょうが 一緒に自分も登ってくださいと言われ一つ一つ点検させてくれました。 ・3年前にやった業者が漆喰の上塗りをしていた事 ・下の漆喰が痛んで触ればぺこぺこ動くし、簡単にボロボロ外れてしまったし、瓦の下から出すぎているからそこに水を伝ってしまっているがそれはあまり良くないとの事・ ・谷と呼ばれる部分に漆喰が塗っていない事 ・瓦がずれて隙間が空いていた(全体的に下にずれてる) ・瓦の表面にメロンのしわらしき物が出てきている(瓦の寿命20~30年からするとそんなものらしい) ・屋根裏で雨漏りを調べたら数箇所染みが見つかった 質問1)流石にこれは修理するのが妥当ですよね 業者さんの説明も丁寧で、仕事もしっかりしてそうなので 修理をお願いする事になりました、正確な見積もりは後日ですが 質問2)大体の値段が出たので相場と比べ安すぎるか、高すぎるか、大体でいいのでお聞かせくださいませんか? 安すぎたらそれはそれで不安ですので 新設で屋根を変えようかと思いましたが20年は持つとはいえ一度の出費がきつく 「今の瓦をそのまま使う(耐用年数のおよそ残り7年は) 漆喰を塗り、隙間の出来た瓦の調整 その瓦と瓦の間にラバーを入れてズレ防止 谷の漆喰を塗る」 100へーべですが73万+税です (ルーフィングは多分しないと思います、明日もう一度訊いてみますが)

  • 地震による日本瓦屋根の修理と見積もりについて

    先頃の地震により、日本瓦の切妻屋根の棟ところの漆喰が取れてしまいました。 とある業者に屋根を見ていただき、修理の見積もりをお願いしたところ、左右の鬼瓦から鬼瓦につながる横に真っ直ぐの棟の部分に積上げられている瓦の部分について、シール材で瓦同士を接着してあるため崩れたり大きく傾いたりはしていないのですが、若干ではありますが、うねるように曲がっており、雨漏りや今後のことも考えると補修が必要とのことでした。 この補修には、うねった部分の瓦は全部新しいものと交換し、積上げが必要とのことでした。 (現在の瓦は強力なシール材で接着してあるので再利用できないとのこと) 個人的にはシール材で接着されているとはいえ、現在の瓦が再利用できないというのがひっかかります。(しかも外した瓦の廃品処理のお金もかかる) このような状態でのこの修理では一般的なことなのでしょうか? 同業者、工務店の方で、ご存知のかたがいらっしゃいましたらご意見をお聞かせください。 週末に屋根の写真を添付したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  • 粘土瓦の塗装再生について

    築40年程の粘土瓦の古い家を購入しました。屋根は見た限り歪も少なく、しっかりとしてますが 苔が生え部分的にズレもみられます。先日 業者の訪問を受け、現在の粘土瓦(粘土の上に乗っているそうです)を洗浄後にズレを修正し、各瓦間を特殊な液状のものでコーティング後 また特殊な塗装を何層かに吹き付ける事で「葺き替えなし」で再生することで、20年は保持できるとの説明を受けました。費用は葺き替えの半分で良いとのこと、なるほど そういう方法もありかと思いましたが、粘土瓦の塗装による再生って良い方法なのでしょうか?

  • S瓦屋根の漆喰補修費用

    現在、自宅の外壁塗装工事を行っています。 工事前に、下屋の熨斗瓦が1枚落ちた部分があり、そこも直しておいてと気軽に頼んでおいたのですが、漆喰を全体的に補修する工事の見積が届きました。 瓦屋根についてはまったく知識がありませんが、屋根診断士の資格を持っていると言う方から、現場を見ながら次のような説明をしてもらいました。 ・以前の補修で漆喰が塗りすぎになっていて、瓦からハミ出している部分がある。 ・ハミ出している部分があると、中に水を引き込む。 ・黒く変色している部分は、水の引き込みが激しい箇所 ・水の引き込みにより、棟土が流れ出している。 ・流れ出した土がかなり雨樋に溜まっていた。(雨樋は撤去後だったため、実際には見ていません。) ・このままにしておくと、雨漏りしたり、ちょっとした地震で瓦が落ちてきたりする。 ・瓦自体や下地は痛んでいないので、漆喰を直せばこのままで15年くらいは持つ。 ・できれば、足場のある今のうちにやった方がよい。 実際に漆喰の様子を見てみると、説明されたとおりにハミ出していたり、黒く変色した部分も多く、 大部分の漆喰が手で簡単に外せそうな感じがします。下屋の漆喰の一部を手で外してみると、中から土がボロボロこぼれてきました。 業者のいうとおり、全面的に漆喰を補修する必要があるということ自体は納得したのですが、 見積もりの腑が府に落ちません。 見積金額は約50万なのですが、3人×3日の作業だと伺いました。 1人日あたり5万以上にもなるので、材料費や事務所等の間接費を考慮しても高すぎるのではないかと思います。 瓦工事に詳しい方のご意見を伺いたく。 よろしくお願い致します。

  • 屋根瓦の選定

    築35年になる中古物件に住んでいます。 屋根はいまだにセメント瓦のままでずいぶん老朽化している感じです。先日、ある工事を依頼した際に屋根裏を覗く機会があり、あいた口が塞がりませんでした。‥というのも、ところどころ光が漏れていたからです。小さな光もあれば、野地板の節に穴があいたのかキレイに丸く光が漏れている箇所もありました。まだこの家に住んで二ヶ月ほどですが、雨天時の雨漏りは確認できません。が、あの光の漏れ方を見ると梅雨の到来前に手を打つ必要があるかと思っています。いまコロニアルと陶器瓦のどちらを選ぶべきか悩んでいます。今の家は10~15年位住んだ後に建て直す計画でいます。ある本を読んだときにコロニアルは約5年置きに塗装などのメンテナンスが必要とありました。屋根の塗装などは素人で出来ないので業者を頼んだ場合、どれくらいの費用がかかるのか知りたいのです。その費用によっては陶器瓦の方が結果的に安くなるかもしれず、悩んでいる次第です。ちなみに我が家の屋根の面積は143m2です。よろしくお願いします。

  • セメント瓦屋根 修理と塗装or葺き替えで苦悩中

    タイトル通りの質問です。よろしくお願い致します。 築25年の木造2階建て、外壁127.00m2はモルタル/屋根120m2はセメント瓦(1枚ずつ外れるタイプ)の寄棟です。 ~現状~ ・外壁:16年前に吹き付け塗装をしましたが、小さな亀裂数ヶ所程度。 ・屋根:これといったメンテナンスはした事がありませんが、雨漏りは一度もありません。     (1)瓦全体の表面塗料がはげて下地が見えていて、見た目も悪い。     (2)漆喰の外れが目立つ     (3)雀のお宿になっています     (4)ずれと割れも何ヵ所かあります       ⇓     棟部分(冠瓦・のし瓦・鬼瓦)がずれというかゆがんでいるのが目視できます  外壁塗装の見積もりを頼んだ際に屋根の塗装もと思い、まずは屋根の現状を知りたかったので、この業者さんに屋根屋さんを紹介して頂き、見て頂きました。    結果、(4)の棟のずれは全て取り外して、積み直し×26間と漆喰の詰直し 又は円筒棟に取り換え   ×26間と漆喰の詰直しで40万と言われました。  屋根の塗装代と修理代を合わせると100万程かかってしまうことが分かり、葺き替えの方がいいの  かと迷っています。  塗装屋に相談するとこのぐらいの事なら気にしないで塗装しますと言われ、プロの屋根屋を連れて  来たのが失敗したとも・・・  屋根修理の相場と100万程で葺き替えられる屋根素材があれば教えて下さい。  よろしくお願い致します。  

  • 瓦屋根の修理 飛び込みの営業は信用できますか。

    こんばんは。 築23年の木造の家に住んでいます。2年前に中古で買いました。瓦屋根のいたみが気になってきていたところへ、リフォーム業者の飛び込みの営業氏が来ました。(業者の名前はここには書き込むのはまずいですよね。) そこで質問です。この業者が信用できるのかどうか調べたいのですが、それにはどのような方法があるのか教えていただきたいのです。 どんな状況なのか、少し詳しくお話します。 いまのところ雨漏りはありません。屋根のてっぺんのところの漆喰がぼろぼろで、手で押すだけで割れてしまいます。一部の漆喰ははがれていると思われます。 工法は、瓦はそのまま使い、漆喰の部分、瓦のつなぎ目の山になっている部分に屋根瓦補強材、商品名「トメコン309」というものを施工するものです。 疑問に感じている点は、施工例としたいので価格を大幅に安くということ、(家は目立つところに建っている)今日来たのにすぐ決めてくれといわれたこと(これは断った)などです。屋根面積約20坪で128万円のところ65万円でやらせてくださいといっていますが、この価格は妥当なものでしょうか。 たいへん長い質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。