• 締切済み
  • 困ってます

自分は自己愛性人格障害ではないかという疑い

最近自己愛性同一性障害という病気があることを知りました。 そこで、自分もそうなのではないかと疑っています。 具体的な自分の特徴として ・親が幼少期から喧嘩ばかりで自分はそれを取り持つ役割でした。そのせいか怒号が恐ろしく少しでも注意されたりすると見捨てられた気持ちになる ・プライドが高く、今の自分に満足しておらずもっと完璧にしなければという気持ちが強い ・その反面自己肯定感が低い 自分には価値がないという思い ・ミスをしたりすると物凄く落ち込む、死にたくなる ・人の顔色が物凄く気になる。 嫌われたり失望されるのが怖い こういったのは自己愛性人格障害の可能性はあるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数79
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4

ありますけど、、 決めつけてもなんかいいことあるなら決めちゃえばいいけど、、 現代、真っ白な人なんていないですよね みなさん、何何傾向、って少なからずありますしね 人生修業ですね、、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自分が自己愛性人格障害かどうか・・

    自分はなんでこういう性格なのかと悩んでいたんですけどももしかしたら自己愛性人格障害かもしれません。 ネットで自己愛性人格障害を調べたところいろいろなことがわかってきました。 冷淡で他人を利用しようとするとか人の道をはずれるようなことはしていないとたぶん思うのですけども、批判に対して本当に弱いです。かなりの打たれ弱さで誰かのなにげない一言や、嫌な顔だけでどうしよう・・と思ってしまいます。あとは当てはまるのはもしかしたら心のそこで自分は特別な人間にしか理解されないと思っているかもしれません。私は一人でいるのがすきで、でも認められたいもと思ってしまいます。認めてくれない人や批判するひとがいたら 原因を二通り考えます。まずは私の性格によりしょうじた問題ともしかしたら私のことをひがんでそういういじわるをいうのかもしれないと。でも誰かに嫉妬されていると思うひとは自己愛性人各障害かもしれないということをネットで知り、もしかしたら私は大きな勘違いをしていたのかもしれない・・・と思ってしまいました。でも、中学生の時にお付き合いしていただいたかたがとても後輩の女の子に人気がある人で、見知らぬ後輩に通りすがりにキモ!!っていわれたりメールに死ね!!とか非通知できたりしたことがあって、それ以来なんだかひがみっていうものはやっぱり人の心理にあるもので、そういうものがあるから非難されるんだって思わないとやっていけない、つらすぎる、と思いました。 でもきっと私にも原因があるんだと思いますし・・ 私の考え方が異常で傲慢だと思いますか?それともほかのひともこのようなことを考えたりしますか? よろしくお願いします。

  • 自己肯定感は高ければ高いほど良いのか?

    昨今、日本人の自己肯定感の低さが問題視され、自己肯定感を高める教育や育児に注目が集まっていると感じています。 私自身も、自己肯定感の低さこそが、生きにくさや、他人を傷付けることなどの原因であると考えています。 他人や周りの人を大切にし、自分らしく生きるためには最低限の自己肯定感が必要で、それは幼少期の大人(特に親)との関係で築かれると。 しかしながら、自分も自己肯定感はそれ程高いほうではないこともあり、実際に自己肯定感が高い感覚というのがいまいち分かっていません。 特に、 •自己肯定感が高ければ、すなわち周囲の人を大事にできるのか? それともその二つは必ずしもセットではないのか? •打たれ強さや向上心、反骨精神と自己肯定感はどのような関わりがあるのか? •自己肯定感が高すぎることで失うものはなにかあるのか? (他人を蹴落とすほど自信満々な人は間違った万能感を持っているか、逆に自己肯定感の低さを隠すためにやっていると考えてますので、今回は省きます) ということが気になっています。 何か独自の見解をお持ちの方、参考になる文献などご存知の方に、ぜひご意見を頂きたいです。

  • 自己愛性人格障害?を治すには…?

    すごく悩んでいるので、お願いします。 ここ最近精神的におかしいと思い調べたら、自己愛性人格障害が出てきました。 症状は 悲観的。楽しいと思ったら人生が終わるぐらい落ちる。ヒステリックになる。彼に暴力などDVをしてしまう。 泣いて叫んで泣き疲れてから寝る事がここ2週間毎日。 人の目を気にし過ぎる。反応を気にしたり、批判が怖くて、少し話を膨らませたり、虚言癖がある。自分を愛する事が出来なく、常にダメな人間だと自分を責める。 自分に自信が全くない。人の顔色ばかり疑い、勝手に判断してしまう。 他人に嫉妬してしまう。 幼い頃のトラウマをずっと引きずって生きてます。 親に関連しており、時々、親を責めたくなり、恨んで、自分親を殺してしまうんではないかと、自分自身が怖くなります。 自己愛は全くなく、むしろ、私は価値がないです。 昨日彼と些細な事で喧嘩して、物事が上手くいかなくて、自分がヒステリックになり、もしかしたら、殺めてしまうかもと本気で自分自身がコントロール出来なくて 本当の自分がなにもなくて怖くて、 そして、こんな事をしている自分が嫌で治したくて… 治し方などわからなくて質問しました。

  • 回答No.3

お求めは、診断ですね。 ここでは、規約や医師法の関連で 診断は無理です。 人格障害か、パーソナリティ障害で 検索して、丁寧に読み込んでみることを お勧めしたいです。 Abandonment-depression があるのは、 ちょっと厄介です。 そちらの地域の こころの健康相談センターを 訪れてみませんか。 相談は無料です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 自己愛性人格障害(ナルシズム)というのは、虚栄心が強い人の事で、自己満足感が強い人です。  あなたの場合は、向上心が強いので、躁鬱病か、双曲線障害ではないかと思いますね。出世する病気ですよ。  心配だったら、精神科で診断を受けて見れば良いです。簡単な質問に答えるだけですが、病気だったら治療して貰えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

「今の自分に満足しておらず」「自己肯定感が低い」という点で、自己愛性人格障害ではないと言えます。自己愛性人格障害なら、自分は誰よりも優れていると考えるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自己愛性人格障害のようです…

    自己愛性人格障害のようです 30歳の会社員です。今になってようやく、自分が自己愛性人格障害だということに気づきました。大学まではそれなりに暮らしており、自分が「ただ少しプライドが高い」というくらいの認識でいたのですが、社会人になってから、それが顕著に表面化して、職場の周囲の方々と摩擦を引き起こすようになってしまいました。 自分でも罪悪感に気づかないのですが、「平気で人を利用したりする」という表記を見て、「あ、よくあるな」というところがあります。また、ほかの人が職場で苦しんでいる様子を見ても、まったく苦に思わない(「あいつ、大変だよなぁ」という優しいコメントをする人がいますが、考えたこともないので、「?」となってしまう)ことがあります。結局、表面的な対応ばかりしているので、「心がこもっていない」という批判を受けてしまいます。ですが、実態は、心がこもっていないというより、「そもそも心(共感性、つまり「優しさ」を持ち合わせていない)」というところが問題だと思います。また、自分を強く、否定されると、完全に反撃に出てしまいます。自分で抑えようとしても、どうしても抑えられません。 やはり幼少期の劣等感が根本にあるようです。小学校・中学生・高校生の頃、父親には「エリート」になるよう、厳しく育てられましたが、高校受験に失敗した後、半ば見捨てられた経験があり、ます。それが大きな劣等感につながっているとともに、母親はひたすら自分を過剰と言えるほど褒め続け、溺愛してきて、周囲の友人と摩擦を起こして相談をしても、「いいのよ、大丈夫」と許してくれ、決して怒られるということは一度もありませんでした。 その中で、エリートになりきれなかったという劣等感と、本当はもっとできるはずなんだ、という自己愛が、アンバランスなままで育ってしまい、意識が「自分を利する」ことばかりに注力され、他人の目から見れば「自己中な、いやな奴」という目で見られるようになったような気がします。 その後、なんとか、大学・会社はそれなりに「エリート」と言われる場所に入ることができましたが、それでも常に周囲を出し抜き、上にいかなければ、という意識がさらに働いてしまいました。そうすると、自分が「いやな奴」とみられるのもわかっているので、それを表面的に取り繕おうとしたり、嘘をついたりしてしまいます。 過去の彼女もどちらかというと「尽くすタイプ」で、自分は特別だと思ってくれていました(相手を気持ちよくするための口説き文句や、表面的な会話は異常といっていいほど得意です)。しかし、どこかで「こいつ便利だな」というとらえ方しかできず、結局そういう気持ちでは芯がないので、飽きが来てしまい、相手の女性を不幸な気持ちにさせてしまっていると思います。良くも悪くも、すぐ飽きがくるので、長い期間相手を不幸にしていないのはせめてもの救いですが・・・。 結局、「心が子供」のまま、「肩書きだけ大人」になってしまったんだろうな、と思っています。でも、今さら人生をやり直すこともできません。そういう現実が、良くも悪くも、ようやく見えてきてしまったような気がしています。 今でも、会社員で、ちょっとでも、周囲から批判されることが、「理想の自己」と「実際の自分」を引き離されるようで、つらくて仕方がありません。 ただ、「サイコパス」は、起業家や、経営者など、ある意味、「冷徹な判断」と、「強い自己」を求められるという点で、多くの成功者が自己愛性人格障害の側面を持ち合わせているとも言います。現に、親は、世間では有名とされる、大企業の経営陣の一人です。 いっそ、批判される(つまり組織の中に置かれる)よりは、小さい会社のトップ(少なくとも会社がうまくいきさえすれば日常で批判されない)になったり、個人経営(多少学力はあるので、個人コンサルタントとして生きていく?)で生きていくほうが楽なのではないかと思っています。 あるいは、まずカウンセラーに通うなどして、適正な自己認識をするほうが先でしょうか。(といっても、理想の自己を持ってしまっているので、苦しくて受け入れられるかわかりませんが・・・) こんな重い話で恐縮なのですが、もし心当たりのある方や、何か思い当たる節のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ、今後どうするべきか、アドバイスをいただければ幸いです。

  • 自己愛性人格障害の疑いのある兄について

    はじめまして、質問させてください 今年で32歳になる兄が自己愛性人格障害の特徴のほとんどに当てはまり、その性格や言動、行動に対して目をつぶれないようになってきました。 自営業の家業を継ぐ立場である長男として生まれ、周りからかなり過保護にそだれられてきたのが大きな原因だと思いますが、加齢とともに自己愛性の要素が強くなってきているようです。 家業の中ではある程度の地位にいますので、権力を振りかざし「俺はすごい」「俺に逆らうな」と威張るのは当たり前で、女性従業員でもかまわず泣かせるほどに怒鳴って怒り散らします。 父親が「そのやり方ではダメだ」と仕事に対しての助言をしても「うるさい。俺のやり方のほうが正しいんだ」と絶対に認めず、仕事がうまくいっていない状況でも「俺のやり方に間違えはない」と言い張ります。 相手を気遣う気持ちがまったくないようで頼み事はしてくるのに、頼むと「俺は忙しいんだ」と絶対に受け入れてくれません。 年齢からいってそこまでカッカしなくても、イライラしなくてもいいじゃないかと思うのですがちょっとしたことでも烈火のごとく怒鳴り、怒り、そして相手をくしゃくしゃにするまで言い続けます。 結婚もせず、跡取りについても考えているのかいないのか・・・ 小さな会社とは言え、従業員パートさん100人の規模で運営している会社なので自己愛性と疑われるままの兄ではとても運営していけないのではないかと心配しています。 だからと言って本人に「あなたは自己愛性人格障害の疑いがあるので病院へ行って一度カウンセリングを受けて」といっても絶対に聞き入れないでしょう この病気、それに近い性格は加齢とともにおさまってくるのでしょうか・・・? 結婚、子育てや会社経営を考えると「いつかよくなる」と悠長なことは言っていられません だからと言って兄が自分で気が付き、考えを改めるとも思えません こういった場合、どういった行動をとるべきなのでしょう?またどういった手段で兄の性格の改善ができるのでしょう? アドバイス、体験談・・・なんでもいいので皆様の意見を聞かせてください。お願いします

  • 自己愛性人格障害なのでしょうか?

    別れてから気づいたのですが、元カレは自己愛性人格障害だったのでしょうか? 彼の特徴はこれです。 ・自分は絶対正しいと思ってる ・自分の中の常識=世間一般の常識と思ってる ・謝らない ・上から目線 ・自分の考えと違う意見を受け入れず、自分の考えを押し付ける ・征服欲、支配欲がある ・相手の気持ちを考えられず思いやりがない ・何でも自分の思い通りにしないと気が済まない ・自己中心的 ・我が儘 ・女性を従わせる ・口がうまくて、言いくるめてくる ・細かいフォローがない ・自信過剰 ・ナルシスト ・プライドが高い

  • 恋愛している自分が気持ち悪い

    大学生女子です。 恋愛はしたいと思うし彼氏もほしいと思いますが、いざ誰かを好きになったり誰かと付き合うと嫌悪感を感じることがあります。 現在、バイト先に気になる先輩がいるのですが、先輩から話しかけてくれたり、優しくしてくれたり、ただ後輩として私のことを気にかけてくれているだけだろうに、期待してしまっている自分がいます。 こんなの脈アリに入らないって自分に言い聞かせて、期待はしちゃダメだって思っていたのに、結局また期待して…の繰り返しです。 そんな自意識過剰な自分がきもいです。 私には蛙化現象で別れた経験があります。原因は自己肯定感が低いこと、とよくインターネットの記事やYouTubeの動画では言われてますが、自己肯定感が低いという自覚はありませんでした。 でも、自分を気持ち悪いと思うのはやはり自己肯定感が低いということなのでしょうか、、、 自分に自信がないから、期待しちゃダメだと思うのでしょうか。 (ちなみに恋愛している自分が気持ち悪いというのもありますが、元彼に対しても気持ち悪いと思う気持ちはありました。) アプローチしたくても相手に彼女がいるかわからないし、何をするにも怖くて行動が起こせません。シンプルに恋愛が下手なのだろうと思います。今後前の彼氏の時のようなことにはなりたくないのですが、恋愛とどう向き合っていけばいいのでしょうか…

  • 自己肯定感について

    よく自己肯定感が低いという人がいます。 自己肯定感と考えられるのは、どこかに自分はやれば出来る人間だと思っているからでしょうか? 若い頃は私は馬鹿だから自己肯定感を上げるとか無関係だと思っていました。 出来る人が自己肯定感に悩むのだと思っていました。 どうなのでしょうか? 馬鹿なのに自己肯定もなにも意味なく、馬鹿を努力して改善するのが大事だと努力してきましたが。

  • 自己愛性人格障害について。

    自己愛性人格障害について。 彼がそうなのかもと考えています。 彼の性格を箇条書きにします。 ・他人に対して無関心で気持ちに共感したり思いやりと言うものが殆どない。 ・プライドが非常に高く、評価や賞賛を求める。 ・自分の為に周りが動いてくれてると言う感覚がない為、他人に対して感謝の気持ちを持てない。(そういう発想がないのかも) ・当然KYな自分の行動・言動で他人を傷つけてると言う実感もない(私は伝えていますが) ・注意するとその場は頑張る、心入れ換えると言いますが実際行動を起こす事はない。 ・また打たれ弱く、何か言われると内にこもる(自分は生きてる価値がない。自分を全否定されたなど) ・人を見下す行動や言動をしょっちゅうする。 ・自分の話ばかりする。私の事(例えば体調大丈夫?などの気遣いの言葉など)は全くない。 ・自分が悪いのに他人に責任を転嫁したり言い訳をしたりする。 ・その癖、常に相手の顔色をうかがい他人の言いなりにしか出来ない。 ・自分で何かを決められない。頑張ると言って具体的には?と聞くと言えなかったりする。 ・出来もしないことをやるやると言って、結局しないと言う事が幾度となくある。 ・精神年齢がかなり低い。 ・自分に自信がないのもこちらからは丸わかりなのに、見栄を張ろうとする ・彼から全く愛情を感じられない ・月に1回程度の喧嘩や言い合いですら根に持つ。そういうこと(喧嘩や言い合い)を極端に嫌う。 など…。 それから彼の両親とも同じような性格で自分たちさえ良ければ、例え血の繋がりのある子供ですらビックリするような非道なこと(例えば彼の承諾も得ず勝手にマンション解約したり)を平気でして、責めると自分の非は認めず、相手を悪者に仕立てあげます。 そういう境遇で育ったため、そのままの部分を受け継いでしまったのかも知れません。 ただ、調べれば調べるほど彼は自己愛性人格障害の疑いが強くなっています。 本当はすぐにでも別れられればいいのですが、一緒に住んでいるためすぐにどうこうは難しいです。 彼は自己愛人格障害の疑いありでしょうか? もし、疑いありであれば私はどのように対処していけばいいのでしょうか?(別れる以外) また、自己愛性人格障害は遺伝しますか? 本当かどうかはわからないけれど彼自身も自分が人と違う。と言う事は分かってきていて(私も かなり彼には伝えてるので)苦しんでいるようには見えます。 だからと言って改善はしないのですが…。 長い文章で申し訳ありませんが宜しくお願いします。 (無理に病名を付けなくていい、また批判的な回答(何故別れないの?など)今回はご遠慮願います) それと自己愛性人格障害の方はテレビを見て泣いたりはしますか? 彼はよくテレビ見て泣いてます。

  • 自己愛性人格障害の人との付き合い方

    自己愛性人格障害と思われるの人との付き合い方について困っています。 私自身、気分障害(軽度のうつ病)を患っていますので、時に対応するのに疲れてしまいます。 その人は職場の先輩で、あと数ヶ月で退職するのでそれまでの我慢ですが、いつも適当に「そうですね」(肯定的な言葉)と言って聞き流しているんですが、自己中心的な言葉や態度に自分の体調が悪くならないかと心配です。 平穏無事に送り出したいのですが、聞き流す以外で何かいい方法がありましたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 具体的な「自己肯定感」の事例を教えて下さい。

    具体的な「自己肯定感」の事例を教えて下さい。 特に、自分では、自分自身の自己肯定感がさっぱり分かりません。 友達や同僚に、「もっと自慢していい話だ」と言われても、 「社交辞令」や「気遣い」としか思えないのですが、、、、、、、 その一方で、世の中には、 誰も聞いていないのに「自慢話」を、ずっとしている人もいたりします。 こういう方は、自己肯定感が強いのでしょうか? 質問が、大雑把すぎて、恐縮ですが、お教え下さい。

  • 自己肯定感を高める方法

    自分に自信がなく、 自己肯定感が低いのか、 暗すぎると親に怒られます。 自分でももっと 自信をつけて前向きになりたいと思っています。 皆さんが経験されたことで 自己肯定感をつけるのに 成功したことは何かありますか? 小さなことでいいので教えて下さい(*^^*)

  • 自己愛性人格障害です

    18歳女性です。 16歳の時、うつ病で3ヶ月間入院、その治療過程で自己愛性人格障害と診断されました。 長くなりますが、すみません。 数ヶ月前まで専門職についていました。仕事も順調で、認められていた存在でした。しかしその為ならば嘘もつき、本当の私とは全く別人のような振る舞いをしてきました。 私にとって仕事は何よりもの生き甲斐で、幼少期から続けて居た趣味でもあります。趣味が仕事になり、周囲の同業者や、同年代からは、「若いのにすごいね」「期待してるよ」など言われていました。 「結果を出す」ということに関しての努力は、 怠ったことはありませんでした。 これからが明るく見え始めてきた時、その裏にある積み重ねてきた沢山の嘘や、利用してきた沢山の人たち、心から人を信頼して好きになれない自分、入院して2年経っても変われてない自分。 このまま大人になっちゃいけない、このまま「作り上げた自分」で進んではいけない。そう思いました。 それから、全ての環境と縁を切ってしまいました。 今は仕事もしてません。 仕事といっても、約15年ほど続けてきた生き甲斐だったので、気持ち的には抜け殻状態です。 新しい環境で、新しい自分で、新しい生き方をして、地道に、普通に生きたいと思っています。 全て失ってみて大切さに気付き 自分で自分の首を締めたこと、 自分が何もかも間違っていたこと、 何もかも後悔しています。 これは、自己愛性人格障害を克服する為に前進できていますか? それとも、逃げただけなのでしょうか。 今の私は、自分が優れているとは思っていません。 今まで私が馬鹿にしてきた人たちが、羨ましく思います。 私は、自分で自分の人生をダメにしてしまいました。 まだ、間に合うと思いますか? 自己愛性人格障害は、何が完治なのですか? 長文、失礼致しました。 感情的になり支離滅裂していますが、私はこういう書き込みでしか本来の自分を打ち明けられないので、どうかどうかお言葉を下さい。お願いします。