• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

自己愛性人格障害です

18歳女性です。 16歳の時、うつ病で3ヶ月間入院、その治療過程で自己愛性人格障害と診断されました。 長くなりますが、すみません。 数ヶ月前まで専門職についていました。仕事も順調で、認められていた存在でした。しかしその為ならば嘘もつき、本当の私とは全く別人のような振る舞いをしてきました。 私にとって仕事は何よりもの生き甲斐で、幼少期から続けて居た趣味でもあります。趣味が仕事になり、周囲の同業者や、同年代からは、「若いのにすごいね」「期待してるよ」など言われていました。 「結果を出す」ということに関しての努力は、 怠ったことはありませんでした。 これからが明るく見え始めてきた時、その裏にある積み重ねてきた沢山の嘘や、利用してきた沢山の人たち、心から人を信頼して好きになれない自分、入院して2年経っても変われてない自分。 このまま大人になっちゃいけない、このまま「作り上げた自分」で進んではいけない。そう思いました。 それから、全ての環境と縁を切ってしまいました。 今は仕事もしてません。 仕事といっても、約15年ほど続けてきた生き甲斐だったので、気持ち的には抜け殻状態です。 新しい環境で、新しい自分で、新しい生き方をして、地道に、普通に生きたいと思っています。 全て失ってみて大切さに気付き 自分で自分の首を締めたこと、 自分が何もかも間違っていたこと、 何もかも後悔しています。 これは、自己愛性人格障害を克服する為に前進できていますか? それとも、逃げただけなのでしょうか。 今の私は、自分が優れているとは思っていません。 今まで私が馬鹿にしてきた人たちが、羨ましく思います。 私は、自分で自分の人生をダメにしてしまいました。 まだ、間に合うと思いますか? 自己愛性人格障害は、何が完治なのですか? 長文、失礼致しました。 感情的になり支離滅裂していますが、私はこういう書き込みでしか本来の自分を打ち明けられないので、どうかどうかお言葉を下さい。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2656
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#157261
noname#157261

全ての環境と縁を切ったことは 新しい環境で、新しい自分で、新しい生き方を始める第一歩だと思います。 生き甲斐を失って初めて気付くものってあるはずです。 そしてあなたはいろんなことに気付き後悔した。 でも今のままでは逃げ。 後悔を反省に替え、課題目標を持って生きていく。 今までの自分じゃない自分で生きていけたら前進になると思います。 今あなたは自己愛性人格障害だったことに気付いたんだと思います。 まだ、間に合うと思いますか? 何に間に合うんですか。 今からが始まりじゃないですか。 やっとスタートラインに立てた、これからですよ。 今まで障害のためにダメにしてきたものがあるはずです。 それに気付いたのだから、今からですよ。 あなたの質問文は極普通ですよ。 ちゃんと気持ち伝わってますよ。 ここまで来たのだから 過去ばかり振り返らず前向きになって下さいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

soodaneさま。 ご回答、ありがとうございます。 一語一句、ゆっくりと、読ませて頂きました。 涙が出ました。 何度も何度も読ませて頂きました。 上手く伝えられなくて悔しいですが、ご回答して頂いた言葉を読んで、涙が止まらないのと、『頑張ろう』という気持ちで一杯になりました。 前を向いて、始めます。 BIGLOBEに相談して、良かったです。 soodaneさま、ありがとうございました。 本当に、ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 自己愛性人格障害の彼と離れる事にしました。

    自己愛性人格障害の彼と離れる事にしました。 医師の診断を受けたわけではないのですがほぼ間違いないと思います。 彼は幼い頃父親が母親に暴力を振るう姿を見て育ってきた人です。 しかも両親の伝書鳩役にも使われていた人です。 きっとそういった環境が「自己愛性人格障害」を作ってしまったと思っています。 私が離れた理由は「モラハラ」に当てはまる部分がとても多い所があるのと 話し合いにならずに自分に責任を負わなければいけない返事は すべて忘れてしまうのです。同棲7ヶ月間でしたが現在は別に暮らしています。 さて質問なんですが自己愛性人格障害の彼ときっぱり離れた方が身を守る為と考えていますが 離れている現在 私が体調を崩すと「体調はどう?熱はない?」と 心配のメールを幾度となく送ってくれたり 電話が掛かってきたりします。 その度に「この人の良い所はこんな所なのに」と心が揺らいでしまう時があります。 それでも 私自身心療内科で診察を受けている状態で きっぱりと離れた方が良いともわかっています。 どのようにしたら離れられるのでしょうか。 言葉で「もう会わない!」って言ってしまうべきなんでしょうがその言葉が なかなか言えません。なぜかというと自分の中で「この人はかわいそうな人だ。」とか 「大丈夫かな」「変えられないのかな」って考えてしまう自分がいるからです。 せめて話を聞いてあげれる「友達」でも良いと思うのですが どのように自己愛性人格障害の人と付き合って行くべきなのでしょうか。 もちろんある程度の距離を置く事はわかっています。 それともお互いの為にきっぱりと「会わない関係」になった方が良いのでしょうか? 彼の友達の会社でこれから仕事をする事に決まりましたが 決して彼と同じ会社ではないのですが 間接的に接点がある事も良くないのでしょうか? 彼とその友達(社長)は半年に1回くらい食事に行く程度の付き合いです。 高校の同級生だと言っていました。 良いアドバイスがありましたが教えていただきたいと思います。 よろしくお願いします。

  • 精神疾患になってから生き甲斐が無くなりました

    こんにちは。 精神疾患を患ってから、精神疾患になるまでせっかくたくさんの人達と知り合って出来た人脈が無くなり、それまでしていた趣味にも全く興味が無くなり、生き甲斐と言うものを無くし抜け殻状態です。 仕事の方は、ドクターストップがかかっていて、これから先働く事が出来る様になるかどうかも、医師からも断言出来ないと言われています。 これからどうして生きていけばいいでしょうか?

  • 自己愛性人格障害の治療とは。専門家が必要ですか?

    自己愛性人格障害の治療とは。専門家が必要ですか? 私は21歳の女子大生です。イギリスの芸大に所属していますが躁鬱治療の為に帰国して休学中です。 周囲に隠れて初めて自傷を始めたのは16歳で情緒不安定な時期がかなりありましたが、特に病気と意識していなかったので病院へはかかっていませんでした。 イギリスにて、去年の春頃に彼氏に連れられて半強制的に通院しはじめて鬱病と診断されて、抗欝薬治療やカウンセリングを主にました。 私の不安定に彼も限界を感じたようで今年の春に振られてしまい、自殺未遂をして警察を呼ばれて、そのまま精神病院に強制入院になりました。1週間程で強制帰国になり、現在に至ります。 日本では近所の小さな心療内科に通っており、通い始めて数ヶ月の頃に情緒にアップダウンがあることから躁鬱病と改めて診断されました。 事件から半年が経ちますが、自殺欲や自傷は殆ど治まりました。 しかし、今までは優秀でいなければというプレッシャーから海外で常に前進して自信に満ち溢れてた自分に比べ、最近は休学してニート状態である自分が恥で引きこもりになっています。 今までは自分に自信がありすぎて周りの小さな成功には気にも留めませんでしたが、休学してから自信欠乏になり周囲のめでたいニュースを聞くと意地悪や、侮辱してしまいます。 本心では快く喜びたくとも、嫉妬や劣等感に苛まれ、周囲の良い出来事も拒絶してしまい、自己嫌悪から憂鬱感に苛まれます。 考えると、休学前にも憂鬱になる原因といえば、理想の世界に背伸びしてでも君臨したいが為の見栄を張った嘘や、価値を第一に考えた友人付き合い、価値が無いと判断した人には傲慢な態度で接したりと、自信過剰とは反対に自己嫌悪や憂鬱を引き起こすのも自分自身でした。 この悪循環を無くさなくては社会復帰もできないと思い、原因を調べていたところ「自己愛性人格障害」という人格障害を発見しました。 幾つかのサイトや診断をしてみましたが、家庭環境から性格から私を書いているかのようで、症状にも引きこもりや躁鬱などが上げられていました。 医師からの診断はありませんが、私は絶対的に自己愛性人格障害だと思っており、現在の躁鬱の治療(薬・カウンセリング)よりも自己愛性人格障害としての治療をするべきだと考えてます。 私が現在、躁鬱で通院している心療内科では自立支援を受けており、医療費の負担はありません。 その為、もし自己愛性人格障害の治療に専門的な医師やカウンセラーが必要でない限り(一般的な心理カウンセラーや精神科医で可能なら)現在のクリニックでの治療をしていきたいと考えています。 明日、主治医に予約を取りましたが、先生に話す前にここでアドバイスを聞きたく、質問を投稿しました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

   >今の私は、自分が優れているとは思っていません。  障害者はなかなか自分の傷害を自覚し無いものです。  その点あなたは自覚できているのですから立ち直る可能性は大きいと思います。  今後は出会う人にはきちんと自分の問題点を予め 説明してから付き合いましょう。     下手な誤解を招けば嘘つき詐欺師呼ばわりされます。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

yonesuke35さま ご回答ありがとうございます。 >今後は出会う人にはきちんと自分の問題点を予め説明してから付き合いましょう。 口で言うのは簡単と思われるかもしれないですが、その必要が無いように、問題を繰り返さない決意で新たな環境へ進むつもりです。 それぐらいの気持ちで居ないと、いけないと思うので。 嘘つき、詐欺師よばわりされたことはかつてもありませんが、実際はそうでした。 法に触れるような詐欺を働いたことはもちろんありませんが、気持ちを利用したり踏みにじるなど、酷いことを繰り返しました。 >自覚できているのですから立ち直る可能性は大きいと思います。 ここからが本当の戦いだと思っています。 可能性は大きいと思う。とのご意見を頂けたことが、私にとって克服への兆しにもなりました。 yonesuke35さま、ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.4

 たびたびすいません。  僕ですが、あまり豊かな家庭ではなかったのですが、オーケストラサークルのある大学に進学したので、せっかくだからと思ってチェロを借りて参加していました。  ちなみに大学の音楽サークルで演奏会が黒字経営なのはオーケストラくらいですね。  3年半で、第九のレシタティーボを弾いています。  僕ですが、いつから発病かはっきりしないのですが、今は統合失調症という事になっています。  ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を有名にした映画『シャイン』とか10回くらい繰り返し観ました。実在する統合失調症のピアニスト、オーストラリアのデビッド・ヘルフゴットの伝記的映画でした。  質問者様、ご覧でなければぜひ『シャイン』なども御覧くだされば。最優秀ではないですが、アカデミー主演男優賞も受賞しました。  勝手に音楽家と推測して申し訳ないですが、18歳ですから、芸術大学進学とか、葛藤になってくる頃でしょうか。  お仕事というか、続けられてもいいようにも思うんですよね。 >これは、自己愛性人格障害を克服する為に前進できていますか? >それとも、逃げただけなのでしょうか。   やはり、あまりにももったいないという感じですね。  公的活動はなさらないでもいいですから、芸術大学で勉強しながら4年間自分を見つめ直すとかどうでしょうかね。  ぜひ音楽を捨てないでくだされば。  これからもっと大きな人間になれると思いますよ。他の皆さんこれからくらいなのに素晴らしい活動だったと思います。  これからです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kenju1128さま ご回答ありがとうございます。 私は音関係者ではありませんが、人前に立って身体を使って表現するという類の、表現者やエンターテーメントの中で生きてきました。 >あまり僕の持っている自己愛性人格障害の人のイメージとは違う 自己愛性人格障害は、成人男性に多く、当時16歳の女子だった私がこの診断をされるのは非常に珍しことだと医師が言っていました。ある種、やっかいなのかもしれません。 シャインという映画を鑑賞したことはありませんがkenju1128さんの、ご親切なご回答に、とても映画を見てみたくなりましたので先程レンタルしてきました。今夜見てみます。 私は、もうエンターテイメントに戻らない覚悟があって行動にうつしたのですが、やはり人生の9割近くを捧げてきたことへの未練は大きすぎました。でもそこへ戻れば、私自身が作り上げた自分でいなければ仕事は来ないのです。周囲の大人、友人、誰一人として私を疑ったりしないのです。それを利用することは、もうしたくありません。出来ません。 でも、人前に立ち表現する瞬間の、努力で培った技術や、積み重ねたキャリアに嘘偽りはありません。。 嘘偽りのスキルでは、楽器が吹けないのと同じです。 生き生きと輝ける瞬間の自分ですら、自分で遠ざけてしまったのです。 そんな人間が、人に感動を与える側に居る資格は無いと、今なら思います。 なので趣味程度に、ひっそりと関わっていこうと思います。 このパーソナリティーを克服し、自分のことがちゃんとスキになれて、 私には本当にこの道(仕事)しか無いと感じる日が来るのであれば、 その時はプライドも何もかも捨て、1から向き合っていけると思うのです。 kenju1128さん、ありがとうございました。

  • 回答No.3

 初めまして。  音楽家か何かの方と思いますが、若い頃からたいへんでしたね。お疲れ様です。  参考意見程度で申し訳ないんですが、質問者様はあまり僕の持っている自己愛性人格障害の人のイメージとは違うんですが、反省というか、自省能力をお持ちなので持って生まれたパーソナリティーを修正できるような事もあるのではないでしょうか。  自己愛性人格障害だと推定される有名人だと三島由紀夫、マーク・チャップマン(ジョン・レノン殺害犯)などかなあ。  僕は入院していた時に見受けたのだと、極端な例だと老婆がノートにアルファベットの26文字をやっと書いてナースステーションの床に座って高慢そうに見せびらかして、どうだすごいだろう、みたいな禍々しい表情しているとかありました。小学校6年レベルなんですが、看護士の方が自分より頭が悪いと思っているわけです。  まあ、「自分が愚かなゆえに人が愚かだと思いこんで、馬鹿にしたり威張ったりしようとする」というような僕の自己愛性人格障害へのイメージです。  今、医学的研究も進んでいますし、そういうパーソナリティをコースを変えていくような方法などもあると思います。生まれ持っての人格(パーソナリティー)だとは思うので、完治はないかとは思うのですが。  なんというか、自分の欠点に気づくような賢さをもって、また他の人の良さが分かるということなどでいいのではないでしょうか。  あまり参考にならなかったかもしれませんが失礼しました。ぜひ専門家などにもご相談ください。  ぜひお元気で。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

  今日は、貴女のお父さんくらいの年代の男性です。  NPD(自己愛性人格障害)は、親子関係やその他の要因で、自我の形成がうまくいかなかった場合になることがあるといわれています。つまり、自己の存在意義を見出すために、実際以上に自分を誇大に見せたり、他人を見下したり、そのために平気で嘘をついたりすることがあるというのは、貴女はもうご存知ですよね。  NPDの治療は、自我の基本的な部分の育て直しが必要であり、「存在して良い」ことを体験できなかったことから来る障害ですから、一人の人間として大事にされる体験が必要なのです。  よって今は、自我の再構築のために一旦、ご自身の誤った自我を打ち壊した状態であると考えられれば良いと思いますよ。ここから先は特に、サポートしてくれる人々(特にご家族)からたくさんの愛情を受けることが、治療のための一番大事なポイントです。  別に特別に優れていなくても、良いところも悪いところも含めてすべてが貴女自身であるということを自覚し、それでも家族にとって、自分が大切な存在なのだということをいっぱい感じてください。  それと、多かれ少なかれ誰でも人は嘘をつきます。ただし、他人を傷つけたり自分を誇大に見せるような嘘は、真実がばれたときには、結果的に何倍にもなって貴女を傷つけることになりますから、止めるように心がけてください。  貴女はまだたったの十八年しか生きていないのですから、今からでも充分間に合います。ありのままの自分を受け入れられるようになって、人前でもそれが自然に出せるようになった時が寛解でしょう。(NPDは病気ではなく障害なので、おそらく完治とは言わないと思います。)  ご参考になりましたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Canon_F-1さま ご回答ありがとうございます。 >自己の存在意義を見出すために、実際以上に自分を誇大に見せたり、他人を見下したり、そのために平気で嘘をついたりすることがある はい。まさしく私はその繰り返しでした。 入院中や退院後の長期間のカウンセリングで、NPDの原因は幼少期から思春期に至るまで、様々な大人から受けた影響によるものと、幼い頃から仕事を始め、年齢に不当な責任や使命感、認められたい願望を感じてきたからだろうと言われました。 私は本当のお父さんに会った事がありません。母は恋愛体質なので寂しい想いばかりしていました。、幼少期から思春期まで一緒に暮らして居た実の叔父は2回離婚をしており、2人の義理の叔母との激しい夫婦喧嘩で被害を受け今でもトラウマです。叔母からは虐待もされていました。そして大好きだったどちらともの間に生まれた従兄弟とは、別れも告げぬまま離ればなれになってしまいました。母の彼氏さん方にも嫌われていました。 。 幼いながらに、傷つき、悲しい日々だったのを覚えています。 泣く時はいつも一人でした。 他人を不当利用するものの、用が済んだら切り離してしまうのは、自分がそのように扱われ生きてきたことも関係あると思います。 ですが、もう18です。いつまでも過去のせいにして、人のせいにしては前進できないと、今なら思えます。 今、母とは円滑ですが、私はもう人格障害から立ち直ったと信じています。 まだこんなに苦しんでると伝えるのは、非常に勇気が入ることですが、 Canon_F-1さまのご回答を読ませて頂き、家族がどんなに大きな存在であるか、考え直すきっかけになりました。ありがとうございます。 >多かれ少なかれ誰でも人は嘘をつきます。ただし、他人を傷つけたり自分を誇大に見せるような嘘は、真実がばれたときには、結果的に何倍にもなって貴女を傷つけることになりますから、止めるように心がけてください。 はい。胸に刻んで、このことを私のブレーキに、克服します。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

複合的な人格障害であるケースが少なくないのですが 質問者さまは単一の人格障害でしょうか。 複数の専門書に記述されている NPDの症状をすべて書き出して、 日々、それらと無縁な暮らしができていれば、 宜しいのではないでしょうか。 人生とは、誰もが自分の中に持っている長編小説である。 (ジョルジュ・サンド) これまでの人生体験を材料にして、 小説を書きませんか。10本~20本は書けるでしょう。 精神障害や人格障害の人が増殖しています。 それにしても 18歳の女性で、職で、15年余り生き甲斐を感じていたというのは 3歳ころから、その職に在ったということでしょうか。まぁ なにはともあれ、その経験を活かして、 その人たちに心の安寧を齎すような小説を書いて、 自身のエスプリも救ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

obrigadissimoさま >単一の人格障害でしょうか。 はい。単一でNPDです。 小説を書いて、誰かの役にたちたいと考えた事はありませんでしたが、気持ちの持って行き場が無い時や、一人で泣いてしまう時などは、ノートによく殴り書きをしています。数年後振り返ったとき、こんな過去もあったけれど今は乗り越えたと比較できるように、殴り書き(後悔や、自分自身に向けての想い)は、継続します。 >人生とは、誰もが自分の中に持っている長編小説である。 と言う言葉が胸に響きました。 人それぞれの苦悩や問題がある中で、このような情けない私事に、アドバイス、ご回答下さり、本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 自己愛性人格障害が原因なのでは…

    自己愛性人格障害が原因なのでは… 私は21歳の大学生です。躁鬱病の治療で心療内科に通院しています。 小金持ちの家庭に生まれて、一人っ子でのびのびと育ってきました。 幼い頃から自分は特別で才能があると思っており、真剣に高校生になるまで自分は容姿も内面も完璧だと信じていました。 そして、私の精神病の歴史の始まりは、16歳の頃でした。 幼い頃から好奇心旺盛なおませな子で、同年代よりも年上と遊ぶ事が楽しかったのです。 しかし、16歳の頃に自身の経験値と実力や年齢のギャップに辛くなり隠れてリスカを始めたのが精神に異常をきたしたきっかけです。 その後、鬱病と診断されましたが、私を理解する医者はいないと思い特に通院はしませんでした。 19歳までリスカやODや嘔吐などの自傷行為や孤独さが常にありましたが、やはり自分を理解する医者はいないと思ったし病気だとも思いませんでしたし、家族や彼氏にも隠して笑顔で能天気を装って弱音は零しませんでした。 19歳に出合った人生で2人目の彼氏が、精神病に理解があり半強制的にカウンセリングや病院に連れて行ってくれたことで病気なんだと気づくことが出来ました。 去年の春から本格的に抗欝薬やカウンセリングを始めて、自傷行為も治まっていたのですが、秋頃から思春期のような理不尽なイライラやパニック症状が目立ち始め、彼が待ち合わせに数分遅れたり電話にでなかったりとたわいの無いことでヒステリーを起こすこともよくありました。 学校を休学してからは、家で過ごす事が多くなり余計に鬱状態に陥り、風呂も入らず食事もパン、トイレもビンで…と廃人生活を3ヶ月程おくりました。 その後、実家へ戻り数ヶ月の療養を取り、大分良くなったので一人暮らしに戻った矢先、久々の彼との再会の日に見事に振られてしまったのです。 振られた直後、ヒステリーを起こし彼の家で首を吊って救急車で精神病院に運ばれて、奇跡的に助かり1週間程入院しました。この時に改めて、鬱ではなく躁鬱病だと診断されました。 正直言うと、首吊りを含め彼との付き合いの後半の自傷行為の半分は注目を引きたいが為の見せ付けでした。 現在退院してからは完全に実家に戻り、生きたくないと思う反面、死んではならぬと近所の心療内科に毎週通院しています。 そして、何故私がこうなったのかを考えていたのですが、原因は高すぎる自分自身の理想像ではないかと思うのです。実力が上がると共に理想像も上がるので、一生満足を感じることが無く、最終的に趣味や仕事、人生までもに希望を無くし挫折します。 ひょんなことから、自己愛性人格障害の存在を知り、wikiを見たところ隅から隅まで当てはまるのです… 休学中の今もプロとして働く自分自身の理想像の空想だけが一人歩きし、何も行動に出ていない自分自身の姿に絶望的で恥じてるのに、このまま空想が膨らみ続ければ残りの人生を落ち着いて生きれそうにありません。 もし私が自己愛性人格障害だったのなら、躁鬱病の治療よりも自己愛性人格障害の治療に力を入れなければ、躁鬱が治っても根本的な人格は直らないので結局繰り返してしまうのではと思います。 しかし担当医には全て素直に話しているつもりですが、自己愛性人格障害だと言われたことがありません。ということは、被害妄想に過ぎないのでしょうか? 何かアドバイスいただけるとうれしいです。

  • 上司が自己愛性人格障害かもしれない

    社長と私2人だけの会社に勤めています 私の上司は ・俺ってすごい 自分がいかに優れているかはなしてきます ・昔から何でも器用に出来て、運動神経も良かった 学生時代の凄かった話をしてきます ・可愛い○○さん(女性の業者方)に電話しよ。 自分はモテルみたいな感じでいってきます ・お前はなんでそんなに仕事ができないんだ 私の仕事ぶりを批判してきます。(割と冗談のような口調ですが。。。) っていうようなことを言ってきます。 そのほかにも ・うそをつく 些細な嘘から大きな嘘(例;こないだの契約破棄になっちゃったなど) ・私をいじってくる そんなに食べるから太るんだ、 私のものまね等 先日はあまりにも行き過ぎたことを言われ、 泣いてしまいました。 しかし社長は『どうして泣いてるの?』って感じでまったく自分の発言が原因というのが分かってないようです。 最近自己愛性人格障害という病気をしって、 これはまさにうちの社長当てはまると思いました。 皆さんどう思われますか? ちなみに社長40歳男性既婚子供2人 私25歳女性未婚 社長は普段は、業者の人にも心をひらかず、皆さんなにを考えてるかわからないっていいます。 楽しく話してる姿なんて想像できないって口をそろえて言います。 社長と2人でたまにのみにいくんですが、 その話を業者のひとなどにすると、皆さん口をそろえて、 『会話が続くのか?楽しくないだろ?』 っていってきますが、 実際はずーーーーーっと話が続いて、結構面白いです。 たった一人の社員だし心開いてくれてるのか?? とも思います。

  • 自己愛性人格障害の改善について

    私は、今26才です。最近自己愛性人格障害の気質があると、カウンセラーの方にネット上で言われました。 性格改善をしたいのですが、どうしたら改善するのか分かりません。 どうしたら改善ができるでしょうか? また、今、初めて付き合っている人がいますが本性を表していません。 相手の人に言ったほうが良いでしょうか? 私は、小学四年生頃から他人を思い通りにしたいという気持をもつようになったと思います。 家では他人を非難した言動をしますが、外では人を信じてるといった、良い人のふりをしてきました。 それでも良い人でない部分が分かるからなのか人に嫌われます。 家ではわがままで短気です。趣味や目標など特にありません。 休みの日は自己改善を考えますが、いつも考えたりネットをしたりして時間が過ぎてきました。 家族と同居しております。 話す事は、小学生のように中身がなく雑談が苦手で、話はすぐ終わります。 自分が家族にしてきた事は本当に勝手で申し訳ない事ですが、まだ償いができていません。 また、家族以外の他人といると常にどう見られるか気になっています。 今の彼とは、自分も普通の人のように人と関わりたいし寂しいと思い、ネットで知り合いましたが、何も変わらず仮面をかぶっています(自分勝手な面が少しずつ表れてきていると思いますが) ですが、将来を考えてこのままではだめだと感じています。

  • 自己愛性人格障害?虚言症の人間(長文

    結婚生活に終止符を打ちました。 ほんの数年の間ですが、色々ありすぎてもう限界でした。 苦しい生活のループを断ち切るために離婚をしたのですが、 気持ちのもやもやが消えません。 今から振り返ると元夫が自己愛性人格障害?にあてはまるように思えます。 (1)自分には世間の人が気付いていない才能や優れた点がある →色々特技があると常に言っていました。武勇伝は多岐に渡って聞かされました。資格、経歴色々   ですが、その実態はありません。 (2)大成功して有名になることを夢見ている →家庭を築き、子供も生まれましたが、彼の度重なる嘘で生活は常にギリギリ。  だけど、自分は子供のために生まれ変わって将来は家を建てて子供も増やして・・  甘い夢に私も巻き込まれ、全力でフォローしようと思ってしまっていました。 (3)自分には人とは違ったところがあり、特別な人間だと思う →現実から逃げる事ばかりで、仕事が続かないのも周りのせい。  自分は将来、おまえと商売がしたい。俺もお前となら上手くやれる (4)周囲からの賞賛が何よりも励みになる →いいパパ、いい旦那であると周りから言われるのが好きでした。  子供の病院、通園、散歩など他人の目がある場所には積極的に行動していました。  ですが、家での育児はほぼ私任せ。家にほとんどいませんでした(家族を守るため稼ぎに行く)  又、私から頼りにしていると言われるのが何よりの賛辞だとし、信頼を勝ち得る行動を  していない自分が悪いはずなのに、評価しない私が悪いとキレる事も多々ありました (5)多少の無理でも、自分の望むことはたいてい聞いてもらってきた (6)欲しいものを手に 入れるためなら、他人を利用したり、言いくるめる自信はある →自分が不利にならないように、自分の為ならあらゆる嘘をつきました。  彼のついた嘘の中で親類友人、そして妻である私や子供は何度殺され、入院してきたでしょうか。  あらゆる嘘をつき、お金を借り、そしてまた嘘をごまかすために嘘をつきます。  本当に嘘が上手く、涙を流したり土下座や目をそらさず謝罪したりと、完璧に嘘を演じ切っていました。  彼の中では、嘘が本当の世界になっていたのかもしれません。  彼にかかわった人間は全て、嘘の被害にあっています (7)自分勝手で思いやりのないところがある →嘘をつく必要などないのに、自分をよく見てもらいたいのか。。  現実として、ちっぽけな自分を認める事ができないのか  彼の嘘で私が傷つき、身体的に壊れても、やさしい?嘘をつき実際は逃げていました。 (8)友人や知人の幸せは、内心、妬ましい →嘘で交友関係もほとんど切れていたのですが、幸せそうな友人知人の話をする事はありませんでした (9)態度が大きい、プライドが高いと思われている →働き出して数ヶ月経つと勤務先で必ず人間関係でトラブルを起こしていました。  口論から喧嘩のパターンが多かったようです 結婚当時から上のような問題行動も多く、嘘がばれるたびに謝罪を繰り返し、私も磨耗しながら再構築を図って来ました。(働いていないのに、働いていると嘘をつく。ばれない様にお金を調達するために嘘をついて誰かから借金・・とにかく嘘ばかり。都合が悪くなると突然いなくなる) もう離婚成立し、彼の事は忘れようとしています。客観的に振り返るととんでもない人間ですから。 ですが、どうしても喪失感?で苦しんでしまいます。 もう再構築は無理です。それはわかっています。だけど、どうしてこうなったんだろう? 私が○○していればよかったのかと、考えてしまいます。 彼は子供も捨てて逃げていきました。子供に対する愛情だけは本当だと思っていたのに・・ うまくいえませんが苦しいです。今、彼は金銭的援助をしてもらえる女性の所にいるようです。 たぶん、その女性にも嘘を信じ込ませて居場所を作ったんでしょうが・・ かなり前からその女性と関係し、金銭的援助を得ては私たちに給与として渡していたと思います。 ただの気持ちの吐き出しになってしまいましたが、 こういう人間って、ほんとうにいるんでしょうか?これからもずっと直らないんでしょうか? 変な人間と関わってしまった。と割り切って再出発したいのですが、 最後まで信じようとする気持ちが強かったのかもしれません・・想像以上に傷ついている自分に驚いています。 こんな人って本当にいるんでしょうか?何度も裏切られながらも傷つきながらも再構築して、 今まで信じてきた彼がほぼ全て嘘だったいう現実を消化しきれていません。どなたかアドバイスお願いします・・ ぐちゃぐちゃな文ですみません。(詳細に関して省いた部分あるので、わかりにくかったらすみません。

  • 自己愛性人格障害の治し方

    私は自分の性格でとても嫌なところがあるのですが、自己愛性人格障害の特徴によくあてはまっており、人格障害である、もしくはその傾向があるようです。 この症状にあてはまる人は、年々症状が悪化すると最近知り、とてもショックを受けました。20代後半ですが、確かに最近他人に嫉妬してしまったり、自分が尊敬するタイプではない人が目立つことを快く思わなかったり、異様に褒められたいと思っているなど、自分の性格の嫌なところが目立ち、うんざりしています。 今はなんとか自分の中に押さえ込んでいますが、あと5年、10年もしたらとても嫌な人になってしまいそうで今から恐ろしいです。少しでも治せるのなら本当に治したいと思っています。カウンセリングや心療内科などに通えたらいいのですが、今は貯金をしなければならず、通うことは難しいです。自助努力で少しでも改善できないか、方法もしくは意識の持ち方などご存知の方おられましたら、アドバイス頂けないでしょうか。 ちなみになのですが… 私は3歳位の頃から、母が精神的にふさぎがちでほとんど笑顔がない環境で育ちました。小学生時代は良い子となるように気をつけ、物心ついた中学・高校の頃からはどうにか家庭環境を良くしたい一心で母を毎日褒め、励まし続けて過ごしてきました。幸いなことに、毎日明るい言葉をかけていたことが効果あったようで、母は現在はとても明るくなり、今では充実した日々を過ごしています。母は純粋で悪い人ではないのですが、プライドが高いところがあり、人付き合いがとても苦手な人でした。私も人付き合いがやはりとても苦手となり、友人との関係構築に苦労しました。人付き合いや他人への思いやりの持ち方は色んな本や他の人の実際のやり取りから必死に学び、家に帰ったら母を褒め続け(親子が逆転しているような感覚がずっとありました)、安心できる感覚を幼少期、思春期に持つことができませんでした。私はもう結婚もしていますし仕事もしていますので、親からは独立していますが、これからも母を幸せにしてあげたいと思っていますが、時折猛烈に幼少期・思春期にずっと不安なまま過ごしてきたための、自分の性格や対人関係の問題に今だに対処していかなければいけないことに辛くなります。異様に褒められたいと思っている性格を克服し、のんびり色んな人に優しく、毎日平和に過ごしたいです。

  • 自己愛性人格障害

    はじめまして。 自分は27歳の社会人です。 鬱傾向があり、心療内科で10年近く投薬治療を受けています。 ここ数年で本やインターネットで勉強し調べてみたところ、 自分の鬱の原因は「自己愛性人格障害」であると思っています。 ・自分に自信が無い→自分の理想が高すぎる。ナルシスト。 ・集団の中で疎外感を感じる→特別扱いされたい。構ってちゃん。 ・自分が愛されていないと思い込む→自分が愛されるべき存在だとうぬぼれている。 ・人を愛せない→他人への思いやりの欠如。自己中心的 ・辛いことがあると現実逃避してしまう。→失敗を認めたくない。自分の非を認めず改善の努力をしない。 ・友人と比較してしまう。→仲間意識を持てない。他人の幸せを共感できない。 ・人混みが怖い→自意識過剰、誰もそこまで自分を見ていない。 以上が自分が思う症状と本質的な原因です。 自分で認識でき始めたのは、2,3年程前からです。 上記のような性格が形成された原因は ・甘やかされて育った為 ・中学生時代までは勉強がよくでき、友達も多かった為 かなと思います。 以下は性格に関連した話で、非常に醜い話になります。 自分はすぐに他人をランク付けしてしまいます。 自分より劣っているランクと判断した人間には偉そうな態度を取ったり、馬鹿にする言動を行ったり してしまいます。 悩んでいる人に上から目線で説教をしたりします。 自分より幸せそうに見える、ランクの高い人の前では無口になったり、自分を偽ったり、 その人に擦り寄り、その人の地位を利用して、自分に利益を得ようと試みたりします。 好きな異性が出来ても、自分を曝け出すのが恥ずかしくて自分を偽ります。 お洒落をして着飾り、外車に乗り、かっこいい自分を演出しようとします。 そして心からその人を幸せにしようと考えられません。 例えば彼女に指輪をプレゼントしたとします。 指輪を渡して彼女が喜びました。 自分はこう考えます。 「高い指輪買ってあげる俺って素敵だろ。こんな素敵な俺のこと愛せよ。」 心の底では彼女が何をしてあげたら喜ぶかなど考えていないんだと思います。 浅はかな考えで、彼女に自分を愛させようと仕向けているのです。 しかしそんな接し方をしていてもすぐに偽りの自分は見透かされます。 根暗で、つまらない内面を見透かされて、失恋します。 失恋しても、自分の悪いところを省みることをせず、かわいそうな自分に自己陶酔します。 他には、平気で他人に嘘をつきます。 自分に興味を持ってもらう為に、話を誇張したり。 知人から聞いた体験談をあたかも自分の体験であるかのように他の人に話したりします。 実際には自分には面白い話を出来る能力など備わっていないんです。 年を重ねるにつれて人間関係も希薄になり、休みの日も外に出ずぼーっとしているような生活 なので、面白い体験などできるはずも無いので。 そして上辺だけのコミュニケーションをとり、人の話に興味を傾けず 自分の話す誇張ネタも尽きて、つまらないなぁと思い、相手との人間関係の構築を放棄してしまいます。 精神的に落ち着いていて一人で考える時には、自己分析が出来ているかなと思っています。 見知らぬ人の助けをする時もあります。(偽善、自己陶酔かもですが・・・。) 人間関係が希薄になるにつれ失ったものの大切さに気付いて後悔もします。 何とかしなくてはとも思います。 ただ未だいざ他人と接すると、自分を律することが出来ず自己愛性の癖が出て他人と うまくコミュニケーションが取れなかったり、困らせてしまう事が多々あるのです。 前置きが長くなりましたが、自己愛性人格障害は克服できるものなのでしょうか? やはり性格の問題なので解決は難しいのでしょうか。 自分が考えた解決法は ・地元を離れ本当の孤独を味わい一から人間関係を構築する。(他者に依存しないように) ・自分を偽ることを止め、笑われてもいい、ありのままの自分を曝け出して生活する。 を考えました。 因みに、通っている心療内科医の院長さんは良い人なのですがあまり頼りに出来なくて・・・。 自己愛性障害から改善された方や、関連したお勧めの著書など教えて戴ければ有り難いです。 下手糞な文章ですが最後まで読んでくれてありがとうございました。 途中醜い表現で気分を害された方がいれば申し訳ないです。 何だか思春期の中学生のような相談でお恥ずかしいですが、 厳しく、現実的なご意見いただければ嬉しいです。

  • 「自己愛性人格障害」というものに辿り着きました。

    「自己愛性人格障害」というものに辿り着きました。 順番がおかしいですがここから相談させてもらいます。 私は4ヶ月前に結婚をしました会社を経営しているので2ヶ月前に妻に仕事をやめてもらい一緒に働いてもらうことにしました。 会社には両親も健在で従業員も何人かいますがいわゆる家族経営に参加してもらいました。慣れない場なれない人といるのでストレスが溜まるのはわかります。本人は前職が看護士であったため問題はその場で解決をしなければならないという考えの持ち主です。 さほど問題とも思わないこともありますが疑問をぶつけてきて非常にやる気があるのだと最初は思いました。 しかし、自分の思うように行かないと人に悪態をつきます。第1回目は父に、2回目は母に、最初のうちは私も看護士を続けたくていたので(お互いの同意の上会社には来てもらいました)申し訳ないとおもい愚痴も聞いていましたが、だんだんと愚痴の程度がひどくなっていき聞きづらくなっていきました。両親とは別居しているのですが、家に帰ると疲れてるとか我慢しているからということでわたしに対しても褒められはしない態度をとります。 人に指図をされたり注意をされたりすることが非常に嫌なようで、そういったことをした人にはすごく悪い態度をとります。指図するな命令するなとよく言われます。(確かに私も上からものをはなすところもあります。)もしかしたら本人は自覚していないのかもしれません。 女性ですので生理の関係で波があると思いずっと付き合ってきました。確かにPMSとしてお医者さんにかかっているようです。そのことは3年間付き合っていましたが生理痛の薬をもらう程度にしか聞いていなく定期的に行っていることは知りませんでした。感情の浮き沈みが激しく特に自分の思うとおりに行かなければ口をきかないか、どこかにいたら一人黙って帰ってしまったりします。まあそれくらいのことなら何人かに1人の割合でいるものだと思い、私も完全ではないので悪いことをしたと思うこともありました。 夫婦の間の話ならば私が我慢すれば済む話ですが、1つは両親との関係です。既に両親の信頼はなくというよりマイナスの状態にあります。お前が責任を感じることはない、我慢する必要はないと言っています。 2つ目は会社のことです。この考え方だとお客様がミスをして妻がそれを受けてしまった場合私は悪くないと言い放つ可能性が非常に高いです。確かにそうですが、世の中そうも行きません。 私は悪くない、間違った考えは持っていない、人を傷つけても平気でいる、自分の思うようにしたい、これは何か人格に問題があるのではないかと思い検索したところ自己愛性人格障害に辿り着きました。 これはお医者さんでなければ診断できないことだと思いますが、程度はさておき疑う部分はあります。 彼女は当然いいところもたくさんあります。だから結婚しました。しかしこのまま行けば私が守ってきたものや引き継がなければないものを全て理論で説得していかなければ納得しません。 一番簡単なのはお互いの道を行くことなのですが、まだそういう気持ちにも正直なれません。何を応えていいのかわからない質問ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 自己愛性人格障害?!

    好きな人に振り回すに振り回され、心が疲れてしまいました。 最後に気持ちだけはきちんと言葉で伝えておこうと思って、 好きだという事を伝えましたが、もったいぶる感じの答えだったので、 きっぱりと諦めて新たな気持ちで一歩ずつ進んでいこうと思っていました。 そんな矢先その男性が、とても悲しくなるような事をしてきました。 (仲良くしていた時期にも度々傷つくようなことを平気でされましたが) 男性の気持ちは男性に聞いた方がわかるかなと思い、 彼と同年代の30代半ばの男友達に相談したところ、 「相手の気持ちが考えられない人なんだね」と言われました。 また、誰に言っても「それはあんまりだね」という事をしておきながら 私が悪いように持って行ったりしました。 彼のほうが、私を振った感じなのにどうして追い討ちをかけるような事をしてくるのかわかりません。 そこで心を落ち着かせる為に心理的な本を読んでみたところ、 自己愛性人格障害というものを知り、彼の性格にあてはまるところがとても多かったです。 ・自分を賞賛してくれる取り巻きを求める ・口が達者 ・自分は人とは違う(特別)と思っている ・自分自身の目的の達成の為なら、他人を利用する ・思いやりや罪悪感が欠如している ・責任性がない (気分屋で機嫌がいい時と悪い時で全く違う人のよう。言うことがコロコロ変わる) ・目立ちたがりだけれど、実はとても小心者で傷つきやすい ・自分が何者かわからなくなることがある(と言っていた) etc… 上記のように人としてどうかなと思ってしまう部分がありますが とても人脈が広く、クリエイティブな分野で結構有名な人達とも 交友を持っているようです。 (華やかなところが好きでうまくやっているように見える) なので、表面的には上の人からは弟分・下の人にはいい兄貴的に思われています。 彼は冗談風に自分の小さい頃の話や家族(特に母親)の話を 私にしてきたことが良くありましたが、 今から考えると自虐的に言っていたけれど、幼少期の環境に何か問題があったのかなと思ってしまいます。 そもそもこんなことを人格障害に当てはめて考えるなんておかしいということは分かっているのですが。。。 こういう人に、私はとても傷ついているとわかってもらうことは 難しいのでしょうか?? 私は身を引いてから一切自分からの接触を絶っていますが、 当分の間は耐えるしかないのでしょうか? (傷ついたことは、 ・私が身を引いた直後から、明らさまに他の女性の友達と仲良くしているところを見せ付けてくる。 ・以前私が○○行きたいなと言って、あっちが「行こう!○日に」と言ってきて ドタキャン⇒延び延びになって結局行かなかった場所に 「行ってきた、めっちゃ楽しかった」と言っていた。 &ブログに写真をつけて載せていた。(それまでは写真など載せたことは一度も無く更新も1年以上滞っていた) ・↑の行けなかった場所ではなく、二人で一緒に行ったり見たりした、 私が大切な思い出として心にしまっておいたような事ばかりの写真を載せる。 等です。) 自分の考えすぎなところもあるとは思うんですが、 これ以上辛い思いをするのは嫌だなと思っています。。

  • この方は、自己愛性人格障害かなにかなのでしょうか?

    昨年からこの質問サイトで事実無根のことを書き込まれて困っています。 友人が偶然発見して通報してくれたのですが以下のようなものです。 (以下引用) 彼の特徴として ●自分が一番正しいと思っている ●批判されると逆切れして数倍にしてやりかえす傾向があります ●誇大な表現が好きで自分が周りから良い様に思われるなら(特に女性に)平気で嘘を付きます(実際にあった事ですが、出身大学を偽る等) ●仕事が長続きしない(長く続いて4年そこそこ) ●こんな性格なので友達は極端に少ないです 人間関係でトラブルとすぐ退職するそうです。実際友達が出産を1ヵ月後に控えていたのにも係わらず、突然退職。その後自分は『うつ病』だと言って半年以上職も探さず、しかし精力的にライブ活動をしていた様です。 ________________________ あまりにも虚偽だらけで本当に困っています。 私はこの方と面識はほぼありません。自称「別れた家内の友人」と言うことですが、私を誹謗中傷するためにこのサイト等に質問をしたということは明白です。 根拠としては 1.全てが事実無根。 2.こんなことを質問する意図がまったく理解できない。 3.婚姻生活及び離婚に関して相手が困るほどもめた事実はまったくありません。養育費等のことで、相手の要求がころころ変わることに振り回されてその対応に四苦八苦したのはこちら側でした。 4.ブログを立ち上げて、私を誹謗中傷することを散々書き綴っていました。例えば「犯罪歴がある」「あの男のうつは擬態だ」「同和地区出身でそのことで婚約破棄に至った」「この男はうつではない、自己愛性人格障害者だ」等の嘘です。 同和地区の出身者、被爆者が近縁にいることは事実です。 しかしそのことをネット上にわざわざ書き散らすという行為自体が理解できません。 もしかしてこの人こそは、いわゆる自己愛性かなにかの人格障害なのではないでしょうか? それならば関わらないほうが賢明でしょうか? とりあえずは現在も監視を続けていて、何かまた誹謗中傷を書き始めたことを突き詰めたら、発信者を特定してから、民事、そして刑事告発をするつもりです。ネットに書き散らされた風評被害については、私も今現在、「イロイロ71」と言うライブドアブログで、真実を公表して対応しています。 ちなみに、この人をよく知っている人たちの話を総合すると、この人の異常性が窺える特徴としては、 ●40前なのに、かなり幼児的でかつワンマンで、気に喰わないと突然キレたり、ヒステリーを起こす。 ●自分と関係のないことに過剰に首を突っ込んだ挙句、暴力や暴言を振るい散らす。 ●よくお酒を飲まれて、必ず酒の席でトラブルを起こす、特に店との支払い時にトラブルを起こすことが多いそう。 ●取り巻きの賞賛を得たいためには手段を選ばず和平的解決よりも、暴力的な解決をとることが多い。 ●立ち振る舞いや言動が異常に不審で、まるで女優のように何かを演じているのかと思うほどのオーバーアクションが多いし、パフォーマンスが大好き。 ●反論すると激昂する。論理的な話し合いがまったく出来ない。窮地に陥るとよく理解できない独特の理屈をでっち上げて周囲を困惑させる。 ●アルコール依存症の兆候も垣間見られる ...等です。 かなり衝動的で、突然思い立って犯罪に走るタイプのような気もするので、気持ちが悪いです。 この人は病気なんでしょうか? またその対応としてはどうしたら言いのでしょうか? よいお知恵をお貸しいただければこれ幸いです。

  • 自己愛性人格障害の元夫の後遺症

    お見合いパーティーで出会った元夫と交際半年足らずで入籍しました。出会った時に、社会的地位もあり(後に嘘と発覚しますが)、ユーモアに溢れ私に一目惚れをしてくれた彼のことを心から信用していました。 早々に私の実家にも来てくれ、信用を得ていたため、彼の実家の事情で手持ちが足りない、などと言う言葉を信用して多額のお金を貸していました。 入籍後、わずか半年で婚活パーティーに出かけ他の女性と一緒に幸せになろう、と口説いていました。また、結婚式まで1カ月を切り、なかなか参列者のリストアップが完成しない彼を不審に思い問い詰めたところ、誰も招待していないことが判明しました。彼のご実家に電話するも、親きょうだいも入籍したことは知らなかったのです。 衝撃でした。これは私の落ち度なのですが、彼の実家へのご挨拶や、顔合わせなどすべきができていないままの入籍でした。もちろん入籍前に絶対するつもりでしたが、彼のご親族の体調や、仕事、交通事情などいろんなことを理由にリスケにリスケを重ねられていて、私も私の親族も不信感を感じていた矢先でした。 しかし、彼は結婚式の準備や打ち合わせなど素知らぬ顔で参加し、正月や身内の葬儀も夫として私の実家に来てニコニコしていた訳です。 その他、彼のご両親と話すにつれ、学歴、勤務先、過去の借金、離婚歴など、ありとあらゆる虚言が発覚し、籍さえ入ってなければ結婚詐欺のような虚言のオンパレードに、こいつは、やばい!と逃げるように離婚しました。 その後自己愛性人格障害を調べるにつれ、間違いなく彼はこの人格障害だと確信しています。今は結婚式場から多額のキャンセル料を請求されていますが、意味不明なことに「僕はキャンセルと言った覚えはなく、君がキャンセルしたのだからキャンセル料は全額お支払いください」との連絡がくる有様です。その他、共通の知人や私の勤め先にも私を脅迫するような嫌がらせのメールを送ったりしています。 サイコパスの思考を理解しようとしても無駄、と思いますが、なぜ実現可能性の低い結婚式の話を進めていたのか理解に苦しみます。どこかで必ず嘘はバレるし、キャンセル料も発生することは彼も分かっていたはずですから。自己愛性人格障害で自分の嘘と現実の境界が曖昧になっている状態だったのでしょうか? なぜ、こんな大それた嘘をいくつもついたのか?との私の問いに「そりゃ綺麗な嫁さんもらうには見栄もはるでしょ」と答えた彼が恐ろしいです。見栄のレベルを越えて、病的な虚言ですから。他にも、ここにも書ききれない数々の嘘、嫌がらせが存在します。 自己愛性人格障害の被害を受けた後遺症に苦しめられています。なぜ、なぜ、と考え込み心から信頼し夫として支えて来ただけにショックも大きいです。なぜ、このような虚言を吐くのでしょう。 とりとめもない文章で申し訳ございませんがどなたかご助言よろしくお願い致します。

専門家に質問してみよう