解決済み

株の配当とは

  • 困ってます
  • 質問No.972273
  • 閲覧数414
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 84% (38/45)

こんにちは。
ふと思ったのですが、株の配当にまわる金額は利益の何パーセント位が適正なのでしょうか?(現物支給はたぶんややこしくなると思うので除外して下さい)
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

企業が決算期毎に、配当を行うことのできる限度額は、商法に槻木の計算式で規定されています。

配当可能限度額=純資産額-(資本の額+資本準備金+利益準備金+その決算期に積み立てる利益準備金)

配当性向という比率が有り、この比率の高い企業は、株主への還元を積極的に行っている会社ということになり、配当性向も注目を集めています。
http://www.okasan.co.jp/service/chishiki/kabushiki/2360.htm

参考urlもご覧ください。
お礼コメント
syamon9

お礼率 84% (38/45)

ご回答有難うございます。

なるほど株の配当もその他の日本の慣習にならったものになっているのですね。大変良くわかりました。
有難うございます。
投稿日時 - 2004-08-24 21:27:44
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 35% (428/1222)

株式を公開しているかどうか、
どのような業界か、
会社の規模、
どのようなフェーズにあるか

などにより様々ではないでしょうか。

たとえば、未公開で、かつ、まだ投資を続けることが重要、または、資金繰りが厳しいといった環境にあれば、利益のほとんどを内部留保することも選択肢でしょうし、
内部留保が既に十分あって、差しあたって投資の必要も少ないというような状態なら、それなりの割合を配当にまわすことになるでしょうし。
お礼コメント
syamon9

お礼率 84% (38/45)

電光石火のご回答有難うございます。

>内部留保が既に十分あって、差しあたって投資の必要も少ないというような状態なら、それなりの割合を配当にまわすことになるでしょうし。

その(それなり)の部分が知りたいのです。また、(それなり)の部分について何か(暗黙の了解)めいたものがあるのでしょうか?
投稿日時 - 2004-08-23 11:38:50
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ