-PR-
解決済み

硫酸とギ酸

  • 暇なときにでも
  • 質問No.97207
  • 閲覧数2563
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 87% (29/33)

実験で濃硫酸とギ酸を混ぜたら発泡しました。硫酸でギ酸が酸化され、二酸化炭素が発生したのでしょうか? だとすると、ギ酸を酸化した硫酸は亜硫酸になるのでしょうか? 
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 50% (2/4)

No2.の訂正です。
HCOOH → H2O+CO↑ です。ごめんなさい。
それと、URLは濃硫酸の脱水作用についてまとめたものでした。
んで、本当に書こうとしたところは、こちらです。
一酸化炭素の性質の所をよんでみて下さい。
お礼コメント
kumanoyu

お礼率 87% (29/33)

ありがとうございました。化学のキホンでしたね。少し考えればわかりそうな質問で恥ずかしい限りですが、質問後、わずか30分で正解が帰ってくるとなると、自分で調べるより早いですね。きっと。「教えて!gooに聞け」ですね。
投稿日時 - 2001-06-29 12:51:43
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 34% (88/257)

kumanoyuさんの考えで矛盾はないように思います。
ただし、ギ酸を濃硫酸で酸化するためには
加熱が必要なようです。
ので、そのほかに考えられる可能性をあげてみます。

ギ酸は純粋なものですか?水溶液ではないですか?

・濃硫酸が水と混和した際の熱で、水が突沸した
・濃硫酸によりギ酸が脱水縮重した。

ちなみに濃硫酸が酸化剤として働くと、
一般には二酸化硫黄が生じます。
水溶液中では亜硫酸として考えて良いと思います。
補足コメント
kumanoyu

お礼率 87% (29/33)

ありがとうございます。
少し状況を補足すると、ギ酸は99%と表示されています。濃硫酸は98%です。加熱はしていません。硫酸中にギ酸を落とした時、すぐに発泡しました。また発熱もありませんでした。硫酸が酸化して二酸化イオウができているなら、亜硫酸ガスのにおいがあるかと思ったのですが、においはありませんでした。もしギ酸が脱水縮重したとすると、何ができるのでしょうか? その場合発泡の正体は何と考えればいいのでしょうか?
投稿日時 - 2001-06-29 12:25:31


  • 回答No.2
レベル5

ベストアンサー率 50% (2/4)

それは、濃硫酸の脱水作用です。
HCOOH → H2 + CO↑
で、一酸化炭素ができたのです。

濃硫酸の働きは酸としての働きより、主に脱水作用の方がよく使われます。
例えば、エステルを合成する時にもこの働きを使い、エステル結合を作りやすくしています。
酢酸エチルを作る場合、酢酸とエタノールで
CH3COOH + C2H5OH → CH3COOC2H5 +H2O
の反応を起こしますが、
この時、濃硫酸を少し加えて副生成物のH2Oを取れやすくして、反応を進みやすくする脱水触媒として使います。
あと、酸性気体の発生実験で乾燥剤として使ったりもします。

下に、ギ酸と濃硫酸の反応について書かれているURLをのせておきますので、参考にして下さい。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ