• 受付
  • 困ってます

アレスタの動作原理とバリスタとの使い分け

  • 質問No.9684923
  • 閲覧数153
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2

お礼率 4% (1/23)

アレスタの動作原理とバリスタとの使い分けを教えてください。
どちらも雷サージ保護素子として認識していますが、素人でもわかるようにご教授ください。また、ネットでバリスタの動作応答速度がアレスタよりも早いと記載されているものを拝見したのですが、バリスタはどの程度早いのでしょうか?

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 56% (111/197)

アレスタは英語の「lightning arrester」の「 arrester」(逮捕する者、防止装置)から来ています。つまり「用途による分類」です。
主に、送配電網・受電設備における過電圧障害防止用の物を指します。(昔主流のガス放電管は低電圧小型が難しかったため)
最近?は理想に近い特性の酸化亜鉛型が出てきたこともあり、大型も小型もサージ保護装置(SPD)でまとめる傾向があるみたいです。

一方、バリスタは「variable resistor」の短縮です。つまり、「素子特性による分類」です。
なお、可変抵抗もvariable resistorですが、「抵抗値を変更できる」の意味ではなく、「電圧によって抵抗値が変動する」の意味です。

なので、酸化亜鉛型の避雷器は「バリスタを用いたアレスタ」となります。

放電管タイプとバリスタタイプの違いは以下が参考になりそうです。
放電タイプは放電開始電圧到達後に放電形成に100nsくらいかかる模様。
バリスタの方はサージのエネルギー(電流供給能力)とバリスタの電流電圧特性に依存するので一概に言えないといえます。
(通常状態でも漏れ電流がゼロではないので、明確な応答速度が定義しづらい。)
http://www.acelion.co.jp/naibu/tokusyuu/naibu_comp/spd_comp.html
  • 回答No.1

ベストアンサー率 51% (748/1458)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
アレスタ(避雷器)
https://product.tdk.com/info/ja/products/protection/voltage/arrester/index.html
https://www.fujielectric.co.jp/technica/faq/thunder/05.html

バリスタ
https://www.koaglobal.com/product/library/varistor
https://industrial.panasonic.com/jp/ss/technical/n2
https://www.murata.com/ja-jp/products/emc/esd/basicesd

アレスタは落雷防止
バリスタはESD静電気防止


でもまぁ アレスタの中身がバリスタ素子だったりするし
商品名の違い程度しかないでしょうね
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ