• ベストアンサー
  • 困ってます

仙腸関節炎にはなぜお尻のストレッチ?

  • 質問No.9668483
  • 閲覧数77
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 81% (615/759)

お尻が痛くて病院に行った所、仙腸関節炎と診断されて先生にお尻周りを伸ばすストレッチをして下さいと言われたのですが、なぜストレッチをする事によって痛みが軽減されるのでしょうか?
説明されたんですけど、忘れてしまいました。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 54% (801/1463)

病気 カテゴリマスター
仙腸関節に付着している筋肉はなく、長い間動かない関節とされていました。
ところが動く(遊びがある)ことがわかり、原因不明の腰痛(全腰痛の70%)の原因が仙腸関節が逆に動かない状態が腰痛を起こしていると言われています。
従って骨盤の安定させる必要があり、
1)骨盤を支えるコルセットのような働きをする「腹横筋」という筋肉をうまく使えるようにするための運動
2)太ももの裏にある筋肉ハムストリングを鍛えること。腸骨を後ろから支えるハムストリングが硬くなっていると、体を前傾したときに腸骨が十分前に倒れないために仙骨だけがさらに前に出て、仙腸関節に痛みが出ます。
お尻周りというのはこのハムストリングのことだと思います。
お礼コメント
hibikikana

お礼率 81% (615/759)

ありがとうございます!
投稿日時:2019/10/19 19:01
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ