回答 受付中

個人で不動産売買するときの注意点

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9596739
  • 閲覧数144
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4

お礼率 0% (3/445)

隣家の土地と家屋を買い取ることになり、不動産屋を介さず個人間取引(契約)をしようと思います。移転登記は司法書士に依頼するつもりです。この取引で注意すべき点があれば教えて下さい。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 60% (40/66)

もしも隣家の人が保管していたらの話ですが、土地の地積測量図や境界立会確認書、建物の建築確認申請書や検査済証なども引き渡しを受けた方が良いと思います。
現況有姿での土地売買ではない場合は、特に境界について法務局にある14条地図と一致しているかや、境界杭や境界標がきちんと入っているかを双方立会のもとで確認して、
その旨の書面を作っておいてください。

売買代金の領収書は、不動産の所在地番を明確に記載したものを受け取ってください。

あと、分からない事があったら、事前に、依頼する司法書士に聞かれたほうがいいですね。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 31% (370/1167)

こんばんは。

それをここで聞かなくちゃいけないような人は個人間売買は危険だと思いますよ。
建物の様子はだいたいわかっているんでしょうけど、実際に使用してみようとしたらとんでもないところが痛んでいたらどうしますか?

建物は取り壊して更地にして利用するなら、それほど危険はないかもしれません。

とりあえず登記を依頼しようとしている司法書士に、お金を払ってでも相談してみてはどうかと思います。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 20% (1891/9418)

他カテゴリのカテゴリマスター
登記完了まで支払いはしない。売主とのそういう信頼関係が不可欠。不動産屋はそれを担保してくれているのです。そのための手数料です。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (3809/13563)

他カテゴリのカテゴリマスター
測量が正確であれば、買う側であれば、登記さえ済んでしまえばこっちのもの。支払いは・・・
あとで四の五の言われないようにきちんと記録を残して下さい。
もちろん、金額を確定した契約書も必要ですが。
現金のやり取りは避けた方がいいです。銀行で大量の現ナマをおろすと、監視している危ない人達にあとをつけられてガツンとやられます。
小切手がよろしいかと。
今はネットで残高が簡単に分かりますので振込でもいいですが、1千万以上の資金移動は酷税へ報告される事になっていますので、注意が必要です。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ