締切済み

外務省が毎度の嘘発表「キチンと抗議したもんっ」

  • 困ってます
  • 質問No.9588406
  • 閲覧数114
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 97% (638/654)

韓国議会要人の例の「天皇謝罪要求」に対して日韓外相会談の席上で抗議したと日本側が公表してましたが、どうやら日本の真っ赤な嘘だったようです。
韓国側は複数の線で日本側公表を「事実ではない」と否定してます。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021600327
日韓のどちらを信じますか。

日本の行政と行政大臣は最近の統計偽装やら少し前の安倍昭恵事件を始めとして嘘を嘘で塗り固める所業を繰り返してますが、外務省も嘘が目立ちます。
行政の長が嘘の名人かつ恐怖政治の達人だから、皆さん必死で嘘ってるんですかね?

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 49% (564/1129)

ニュース・時事問題 カテゴリマスター
日韓の外交上の発表と言うのは双方認識の上でそれぞれの国民が違う捉え方をするようにする事が多いです。その意味では今回の件信じるも信じないも無く正直どっちでも良い。
一つの例は世界遺産に徴用工も働いた史跡登録時に日韓でもめたケース。結局両国が合意して英文で朝鮮人労働者の立場を「forced to work」と説明することにしたのですがそれが日本では「労働を強いられた」、韓国では「強制労働に処せられた」と違うニュアンスで訳される事を意図した合意でした。この時はそれぞれの国民に逆に捉えられてそれぞれの政府が負けたと報道されましたが、日韓の外交の話しは概ねこんなそれぞれの国民感情に配慮した第三者から見ればどうでも良い話が多いです。最近では唯一2015年の日韓慰安婦合意が条約では無く共同記者発表レベルだけど、どちらの言葉に翻訳しても一致した理解の元の発表だったと思います。今の文政権は過去の政権以上に韓国民の意思や感情を尊重するので日本が行った事を認めたくなくて別の解釈をする傾向が強いと思います。ただレーザー照射事件の様な軍事、安全保障の問題はお互いの解釈の違いでかたずけられないと思うのですが、天皇謝罪要求問題くらいだったら過去の事例も考えると両国の認識の隔たりとして捨て置いて良い問題と思います。
  • 回答No.4

今までの言動からして、韓国人の言う事なんて信用できません。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 24% (341/1387)

他カテゴリのカテゴリマスター
どっちもどっちじゃないでしょうかねぇ。
日本はそれらしいことを言っただけで、韓国側には理解してもらえなかった。
日本は日本で、国内向けにさも外交頑張ってます!といつものように見せかけてるだけ。
ロシアとの北方領土交渉がいい例でしょう。
一つも帰ってこないのに、さも交渉は順調だと安倍政権は宣伝しています。
安倍が大嘘つきなのは以前からで、今までにどれだけ国民を欺く嘘をついてきたか。
年金不払いも解決していない。
森友・加計問題も説明するといいながら何ら説明もしない。
数々の憲法違反してでも作った悪法にも説明するといいながら説明もしない。
今や官邸主導が疑わしい、統計偽装など数々の官邸主導の隠蔽工作も。
対韓国に関してはもしかしたら、統一教会の安倍ですから、韓国とのやらせ、じゃないか?とも感じてしまいます。
どっちもどっちですが、嘘ばかりの安倍なんかとても信用できません。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 47% (13482/28376)

他カテゴリのカテゴリマスター
1。日韓のどちらを信じますか。

 日本です。

2。行政の長が嘘の名人かつ恐怖政治の達人だから、皆さん必死で嘘ってるんですかね?

 そうでも無いでしょう。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 11% (10/86)

>日韓のどちらを信じますか。
勿論日本人ですから日本を信じます。

我々が選んだ政府です。
あんまり 批判したり 足を引っ張ったり 反政府のイデオロギーに染まらないほうがいいと思います

信用しましょう、そうでないと、毎日がしんどいですよ
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このニュース・時事問題についてあなたはどう感じていますか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ