ibs 過敏性腸症候群 ガス型

中学、高校で過敏性腸症候群ガス型でかなりいじめられてきました。その時のトラウマからなのか人が集まるところにいくと異常にお...

高輪クリニック   さんからの 回答

  • 2018-06-13 11:29:11
  • 回答No.2
非公開Q&Aを受付中!
こんにちわ、高輪クリニックの宮澤です。

過敏性腸症候群と日々生活を共にされることは本当につらいですよね。お気持ちをお察しします。
過敏性腸症候群の方は定職につけない方も多いのが現状です。そして、年齢が比較的に若くして発症するケースが多く見受けられれます。
しかし、私個人としてはやはり、若いうちに経験したことは、後の30歳、40歳になって返ってくるものでもありますので、積極的に行動されては?と思います。
大学に行く行かないは最終的にはご自身の判断になります。しかし、大学に行くのも、そのまま社会で生活するのも必ずどこかで苦労しなければいけないと思いますよ。大学へ挑戦できる環境があるのであれば進学するのもいいと思いますし、それ以上に何かやりたいことがあればそれを行うのも良いと思います。

まずは過敏性腸症候群の改善を図ってみるのも一つかもしれません。当院では腸内フローラの検査、採血による乳酸菌マッチング、過敏性腸症候群を引き起こすとされるアレルギーの検査を行い何が原因かを突き止めアプローチしていきます。腸内環境はセロトニンの分泌にも関与していますので今のdeth123様のお悩みの解決のお力になれる可能性はあるかもしれません。

最後は宣伝みたいになってしまいましたが、
deth123様のご健康とこれからの進路が上手く決まる事をお祈りしております。

お大事になさってください。
プロフィール
質問する非公開

非公開で個別に質問できます。非公開質問とは?

<高輪クリニックからユーザーのみなさまへ>
当院の特徴としては、医科と歯科として医師・歯科医師が在籍し、東洋医療と西洋医療の垣根をとっぱらった、和合医療というスタイルをとっていることです。
一般的には、歯科なら歯のみ、眼科なら眼の... (詳しいプロフィールを見る
関連するQ&A
ページ先頭へ