回答 受付中

こたつで寝たり、ストーブなどの暖房器具に近付き過ぎ

  • 困ってます
  • 質問No.9497939
  • 閲覧数78
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数5

お礼率 0% (1/141)

こたつで寝たり、ストーブなどの暖房器具に近付き過ぎると風邪を引くのは何故でしょうか???
通報する
  • 回答数5

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 20% (84/418)

そうですか?

私はそういう経験がありませんけど、
体全体が同じでなく、部分部分で温かい寒いの差があると風邪をひくとか聞いたことがあります。

こたつで下半身だけ温かく上半身は寒い状態で寝たり、
ストーブに当たってる方は近付き過ぎて熱いくらいだけど、反対側はそっちに比べると温かくないというような状態だと、
風邪を引きやすいでしょうか?
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに
  • 回答No.4

ベストアンサー率 40% (334/822)

家電・電化製品 カテゴリマスター
体調もしくは体質ではと思いましたが
コタツは寝てしまうと下半身と上半身の温度差で自律神経が乱れ、免疫力が低下するようです。
筋梗塞肺塞栓症、脳梗塞の危険性もあるようです。
詳しくは下記URLを
http://www.iwaichuo.com/staff/20180227
https://wanosuteki.jp/post_19110
私は運が良かったようです。

低温火傷、脱水症状は多くの暖房で注意事項のようです。

私(昭和31年生まれ)の小中学生の頃は、教室の暖房は石炭ストーブやコークスストーブ1台です。
ストーブから離れた席は寒く、ストーブ横の席は汗が出るほど暑いのですが
私も含めストーブ横の席が原因で休む生徒はいませんでした。
https://igarashi.exblog.jp/1541006/
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/ichiran/20160210-OYT8T50071.html
体調を崩さなかったのは若さでしょうか?
  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (560/1705)

他カテゴリのカテゴリマスター
インフルエンザウイルスは寒冷乾燥を好み、高温多湿に弱い」
暖房により 湿度が低下することが大きな原因だと思われます。
加湿器 マスクの着用で多少は防御できるでしょう。

マスクは あんなものでウイルスが防げるわけがないという人もいます。
確かに簡単に透過するでしょう。しかしマスクの役割はそこではないのです。
呼気から水分を吸収して 吸気に水分を補充する というところに予防効果があるのです。
気道を乾燥した空気が通らないようにすることです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 61% (839/1371)

暖かくなることで体内の発熱は控えられる一方で毛穴が開くからではありませんか。
風呂上がりに冷えやすいのは体表面の気化熱が原因と思っている人が少なくないでしょうけれど、水風呂に入っても風呂上がりに気化熱は発生していて、でも毛穴が閉じているせいか湯風呂よりは風呂上がりに冷えないのですよ。
そして水風呂に入ると体内の発熱は上がっています。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 41% (4303/10317)

>こたつで寝たり、ストーブなどの暖房器具に近付き過ぎると風邪を引くのは何故でしょうか???

医学的な因果関係や直接&積極的原因と決められないと思いますが、経験則や暮らしの知恵も含め間接的な発症要因に成り、風邪の症状悪化発症進行にも影響すると思います。

それは、直接的にはウイルスが原因であり、そのウイルスの不活化・予防には湿度が大切なことが知られております。<ハーパーの法則>

また、初期の段階では体力の問題が免疫力を左右すると考えられ、ストーブや暖房器具に近付き長時間接してといると、運動不足や体温調節の緩慢や狂い<低温ヤケド・室内乾燥・咽頭の渇き>を生じやすくなり、結果的に同じような条件下では乾燥がウイルスの活性化や増殖に繋がり風邪を引き易い&免疫抵抗力の低下を招くことから、先人の知恵や戒めとして教えられ伝えられてきているのでは・・・

※関連して<類似投稿より>
風邪予防【インフルエンザウイルスの適湿での活動抑制効果:ハーパーの法則】
毛髪や肌や喉にも優しい事から,加湿器は、冬季は常時、各部屋で利用しています。【別途、逆に結露対策にも留意してます】

そこで、我が家では絶えず水は交換・補給が必要であり、加湿器のタンク容量と加湿量【お部屋の湿度と設定湿度、畳数】の関係にもよりますが、おおよそ8~14時間程度でタンクが空になってしまいますので、就寝前には満タンにする事もあり、毎日補給&換えている事になります。


また、一般論として、加湿器のタンク内の水は30分以上経過すると、水道水の塩素殺菌による除菌効果が無くなりますので、加熱しない超音波式や気化式の場合は、タンク内の水に雑菌が繁殖し、加湿運転により空気中に放出されるので呼吸を通じ身体に吸引してしまうリスクを考えると使い切るほうが良いでしょうね。
特に、赤ちゃんや老人、病弱の方が利用されている場合は、常時、清潔な水を利用したほうが安心です。
<加湿器熱とか呼ばれているように、加湿器のタンク内で増殖した雑菌を身体内・肺に吸引してしまうと発熱や肺気腫の一因にもなる>

ヒーター式やヒートファン式、ハイブリッド式は沸騰&加熱しているので雑菌の大半は熱に弱いので、少し安心ですが、出来れば就寝中に水切れが起こる事もありますので、毎日、就寝前には満タンにするとか、リビング等であれば決まった時間に早めに交換・補給するほうが良いと思います。

いずれにしても、健康と美容の為に利用する健康機器です。
赤ちゃんや老人とか病人が使う場合にもそうですが、湿度を適湿にしても雑菌をお部屋に拡散したり、身体に吸引していたら本末転倒であり、念の為に,早目々の水の補給・交換を心掛けた方が良いと思います。
  • 回答数5
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ