• ベストアンサー
  • 困ってます

鍛造品の焼き直しについて

SCM440の鍛造品を焼き入れ、焼き戻ししましたが、柔らかくなり過ぎたので焼き直ししました。 焼きなましをしないで、もう一度焼き入れ焼き戻しをして、硬度を出しました。 焼きなましをしないと何か問題があるのでしょうか? その後の加工に影響があるのでしょうか? 2度まで焼き直しが可能だと聞いています。 よろしくお願いします。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1292
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#230359

何にしろ焼き廻しは良くない・・・・   熱処理・現場ノウハウ99選   http://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00002019   [事例12] 再焼入れ時の焼なまし   焼入れ後の硬さが低い部品は先に進めることを止めて必ず焼きなましを行う。   その場合、再焼入れをする前には焼きなましを省略することは慎むべきである。   焼きなまししないで続けて再焼入れを行うと、最初の焼入れで緻密になっている組織が   再焼入れにより、さらに緻密化して焼割れを生じる場合がある。 本の格のわりには高いが、構造物の焼入れの実例が多いので購入をお奨めします。 調質材を高周波焼入れする2段焼入もあるから、いかなる場合も必須ではなく、その部品の使い方次第。焼入の目的が耐摩耗性で靱性を要しないなら有り得ても、SCM440鍛造はそうでないでしょう。 焼きなまし焼入を繰返すと脱炭が問題。これを避けたいなら完全なましより低い温度で応力除去なましを行う。 禁物なのは甘焼きになったのを戻しで低温にして調節すること。逆に適切な焼きで戻しが足らなくて再度行うのは差支えない。組織に影響しない温度だから。しかし焼入の段階で硬さを測らねば判断が難しくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそく購入します。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 鍛造品の熱処理について

    今回、SCM435材で鍛造品を作ろうと設計を進めているのですが JIS規定にてSCM435には 焼入れ830~880℃油冷 焼き戻し530~630急冷と 熱処理が定められており、熱処理実施後に、その強度が保障されています。 鍛造品にSCM435等のクロムモリブデン鋼を使用する場合 熱処理後の材料を使うべきなのでしょうか?それとも、やはり鍛造後に熱処理するべきなのでしょうか? 鍛造そのものが熱処理(焼きなまし?)のようなものですので疑問に感じました。 一般的にはどのようにされているのでしょうか?

  • 鍛造材の転造タップ

    こんにちは。 鍛造材(高硬度材)を転造タップで加工する場合、切削油は水溶性では難しいでしょうか? また、上記の加工の場合、どのような油を選定すべきでしょうか? ご経験のある方、アドバイスよろしくお願いします。

  • 熱間鍛造後の素材硬度について

    はじめまして。 素人の質問で申し訳ありませんが、ご教授お願いします。 冷間鍛造では加工硬化による素材硬度が上がると理解しておりますが、 一般的なS45C材を熱間鍛造を行う場合、再結晶温度以上で加熱された 状態で鍛造されると思いますが、鍛造後に空冷された素材の素材硬度は どの程度になるのでしょうか?S45Cの焼きならし相当の素材硬度に なるのでしょうか?希望としては、HRC20程度くらいまで硬化して もらえると良いのですが、基本的に無理なのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#230359

鍛造品の形状によっては、経時変化や加工でクラック等が発生したり、反り等が多く 発生したりする恐れがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • アルミニウムの鍛造性について

    アルミニウムというのは柔らかい金属で加工性に優れているのですが、鍛造加工の文献を見るとよく鍛造温度と鍛造性のグラフが出ていますが、 このグラフの縦軸は鍛造性(単位エネルギーあたりの変形量)となっていますが、これってどういうことなんでしょうか? 古い文献でもかまわないので計算式や,実際に計算している文献があれば教えて下さい。

  • 冷間鍛造品の物性値

    冷間鍛造により製作された製品は、引張強さ、降伏点、弾性限界、および硬度などは著しく上昇し、伸びや絞りなどは著しく減少します。とHP上にありますが、A5052の場合、実際にはどのくらいになるのでしょうか? もちろん加工度により違ってくるのでしょうが大体2倍くらいとか、目安的なものでいいのでご存知の方はお教えください。 又、縦弾性係数は弾性範囲内で常温の場合変化しないと思っております、 冷間加工によっても変化しないと考えて間違いないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 鍛造材料

    バー材と鍛造材料の違いを教えてください。切削する側からの視点でおねがいします。(例えば鍛造材料の方が硬くて削りにくいとか。) 鍛造材料の黒皮部分とそうでない部分は加工上なにか違いがありますか?

  • 鍛造(板鍛造)について。

    私はプレス(板金)金型の企画や設計に従事している者です。この度、鍛造(板鍛造?)の要素を含んだ加工に挑戦しています。全く初めての事で文献やインターネットで調べますが、あまり情報がありません。全くの初心者でも解る文献やサイトはありますか?

  • 冷間鍛造に適した硬度

    冷間鍛造を行って入るのですが材料が硬いせいかパンチが折れるトラブルが多々あります。冷間鍛造に適した硬度はどの位なのでしょうか? 材質がS35C φ63×40.15 球状化なまし(HAS)にて指定はHRB≦80 実績68~72程まで下げているます。 宜しくお願いします。

  • ジュラルミンの鍛造について

    ジュラルミンを鍛造加工し、切削加工の簡素化及び材料の歩留まりの向上を狙っています。 全くの新規製作品なのですが、ジュラルミンの中でも鍛造後の強度が強い材料は何になりますでしょうか? 複数の種類とそれぞれの特徴を教えて頂けましたら幸いです。 ご存知の方、ご教授願います。

  • SCM440の硬度範囲

    外径2600のベベルギヤーの更新で材質の設計変更を検討中です。(コスト、納期) 材質:SCCrM3A(鋳鋼、HNR)→SCM440(ローリング鍛造、調質) 強度上の問題はクリアーしているので、歯切り加工性を考慮して、SCM440の調質硬度範囲をHB=240~300程度に設定しようと考えています。 しかし、当社では通常SCM440の調質硬度をHB=293~341に設定しており、この範囲に焼き戻しでコントロールできるのか教えていただきたくお願いいたします。

  • 熱処理について

    焼き入れ、焼き戻し、焼きなまし、焼きならしはどう使い分ければ良いのでしょうか? どれも硬度を上げたり、加工しやすくするものだと思いますが、実際どういうものはどれなのかが分かりません。

  • 熱間鍛造 を行っている会社は?

    こんにちわ。お世話になります。 熱間鍛造を行うための上下金型を専門に旋盤加工しています。 現在仕事量が大変少なくなっておりまして、 熱間鍛造を行っている協力会社1社のままでは 今後営業ができなくなる可能性がでてきました。 日本で熱間鍛造を行っている会社は実際どれくらいあるのでしょうか? ご存知のかたよろしくご教授願います。

  • ステンレス鍛造材の内部割れについて

    ステンレス(SUS304)鍛造材の内部割れで困っています。業界用語ではもみ割れ?割れ部が炭化していないことからオーバーヒートでないと推察しています。過去多数の自由鍛造材を取扱ってきましたが、ローリング鍛造で頻発するようになりました。特徴としては欠陥が外部に出ず、切削加工を進めてから出現することです。リークテストの漏れで発見されるような小さい割れもありました。材料の偏析(介在物)が原因とも聞きますが、自由鍛造では経験がないので?です。最終加工段階で発見されるケースが多く、途中加工費と時間のロスが甚大です。原因と対策など情報ご提供下さい。