• 締切
  • すぐに回答を!

コイルのレアーショート

  • 質問No.9471069
  • 閲覧数299
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0
 コイルのレアーショートについて教えてください。

 例えば、100巻きで抵抗値3Ω(at20℃)のコイルがあったとして、
雰囲気温度20℃で12V(const)印加し続けたら、初期的には4Aの
電流が流れ、コイル温度の上昇に伴い抵抗値が低下、電流値が
低下し、そのうちあるところで飽和すると思います。

 これに対して、100巻きの途中1ターン分がショートしていた場合、
99ターンのコイルとそのコイルの途中につながった1ターン分の
閉ループができると思います。
 それに同様にして12V印加すると、電流値はどうなりますか?
(1ターン分の抵抗値を差し引いた分の値?)

ショート部分は異常に発熱するのでしょうか?
 
 閉ループ部分が誘導作用で云々と聞いたのですが、イマイチ
よく理解できず・・・。

 99ターンのところで磁束が発生したら、その変化を打ち消すために
閉ループ部分に誘導電流が流れるということでしょうか?
 でも、通電しっぱなしだと磁束の変化はないように思われるので
瞬間的にということなんでしょうか?

回答 (全3件)

  • 回答No.3
>コイル温度の上昇に伴い抵抗値が低下、電流値が低下し、そのうちあるところで飽和する.
コイル温度の上昇に伴い抵抗値が上昇し、電流値が低下するですね。
(1)、(2)さんの回答で答えは出ていると思いますが、何か疑問点があるのでしょうか。
何らかの対応が必要です。 ほったらかしはよくありません。
  • 回答No.2
モデルがはっきりしませんが、いわゆる単層ソレノイドに直流電圧印加で、過渡ではなく定常状態での話ですよね。





>それに同様にして12V印加すると、電流値はどうなりますか?(1ターン分の抵抗値を差し引いた分の値?)

この質問内容から類推するに、コイル全体の巻き線抵抗値は1ターン分減少することになると思われます。





>ショート部分は異常に発熱するのでしょうか?

質問者さんの言う"異常"が意味するものがわからない。
一般論としてショート部分の抵抗値はゼロに近いと考えられるから、コイル部分よりも大きい発熱は無いと考えます。





>閉ループ部分が誘導作用で云々と聞いた…

その解説や詳細は、云々と言ってくれた人に聞くべきかと思います。
モデルとその考察過程に伴う結果とその解釈、が大切です。
第三者は、この質問文から云々の内容の正誤等を判断できません。
  • 回答No.1
>閉ループ部分が誘導作用で云々と聞いたのですが
以前の質問に対する私の回答をご覧になったのでしょうか?
今回も同じような答えですが・・・・・・・・・・・・・・

コイルを交流励磁している場合、
99巻の1次巻線に、短絡した1巻の2次巻線が磁気結合したトランスのように
考えます。
1次巻線に12Vを印加すれば、2次巻線には12V×1/99=0.192V程の起電力が
発生します。
2次巻線の抵抗は、3Ωの1/100程度として0.03Ω程度と見積もることができ
ます。
従って、短絡した2次巻線には、0.192V ÷ 0.03 Ω= 6.4 A程度の電流が
流れる可能性があると推定できます。
この電流は、コイルの定格電流より非常に大きくなる場合があり、レヤー
ショートしたコイルが焼損するような事態に至ることがあります。


直流励磁であれば、上記のような誘導電流は継続して流れることはありませ
ん。
お礼コメント
noname#230358
 回答有難う御座います。

 当方印加しているのはDCですので、
 1ターンの影響はあまり関係無さそうですね。
投稿日時:2012/08/03 10:28
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ