• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

切削による残留応力影響

冷間鍛造素材(S12C)を旋盤にて仕上げ加工している部品が有ります。 表面の残留応力を何箇所か測定したところ、引っ張りで500~650MPaと言う値が示されました。 現品は冷間鍛造による加工硬化によりHv170~220程度の硬度分布を示しているのですが、上記の数値はこの硬度から推測する引っ張り強度と同じ位の値です。 【質問】 材料の引っ張り強度と同値の残留応力が掛かっている、と言う事はありえるのでしょうか? それとも、測定された残留応力は鍛造の影響ではなく、切削よる引っかきが原因で極々浅い層だけなのでしょうか?切削に伴う残留応力とはどの程度の深さまで達しているのでしょうか? 残留応力の測定にはX線を使用しています。 この場合表面層より数ミクロンの深さの金属原子間距離を計測していると理解します。 旋盤による切削加工はミクロの視点では工具で金属組織をむしり取っている様なモノと考えます。つまり切削加工自体により結果的に素材そのものが持っている残留応力でなく切削加工に伴う応力を測定しているのではないか? と危惧しています。 切削に伴う残留応力に関して、何パターンかトライを行ってみようと思います。 方向性が見えたらまた追記ます。チョット時間を下さい。 色々調べて見ると、切削に伴う残留応力は50μm程度の深部まで影響残っている様です。 その為、表面の残留応力上は素材の影響を反映しない様です。 一般には表面に掛かる応力で亀裂発生を判断する為、深部の残留応力は無視しても良いと聞きました。 しかし実際には表面上の残留応力が同じでも素材違いにより寿命は大きく異なります。この点が疑問です。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数822
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

回答(2)の者です。 先ず、『現品は冷間鍛造による加工硬化によりHv170~220程度の硬度分布 を示しているのですが、上記の数値はこの硬度から推測する引っ張り強度 と同じ位の値です。』ですが、硬度換算表を使用して 硬度 ⇒ 引張強度の 変換をすると、硬度Hv170~220 ⇒ 引張強さ540~700N/mm2(MPa)です。 ですから、500~650MPaは、引張強さより少し小さい値となるので、残留 応力として残る事ができます。 その根拠は、回答(2)のアドバイス内容です。 次に、回答(2)のお礼での貴殿の質問内容は、補足で回答した内容が、 アドバイスの一例です。 最後に、判るより慣れろは、小学校低学年の時の漢字の宿題に、その漢字 を5又は10個書いてくる内容があり、何でそんな事をするのか疑問でした。 しかし、年を重ねてくると、物を覚えるためには、書いて覚える事が一番と 思い実践しています。漢字を目で確認で脳を通過し、手を動かす事で脳を 通過し、それを声に出して書くと脳を通過し、それを耳で聞きき脳を通過 し、書いた物を目でまた確認して脳を通過して、覚え易くなる。見るだけ より、脳の通過が5倍になるので、当然覚えるには最適です。が、それを 小学校低学年の時に言っても???です。これが、判るより慣れろです。 勉強も記憶が殆どで、社会に出たばっかりの時は、役に立つ事があまり無い と思っていました。しかし、社会に出て暫らく経つと、勉強のやり方や記憶 の内容が役に立つようになってきました。具体的には、おぼろげな記憶から ####を調べれば判るとか。社会に出たら、極端な話しですがカンニングは 自由です。書物を調べて設計しても自由ですから。また、記憶内容の点と点 であった内容が線になってくる事もありました。ですから、回答に(2)の ような補足をしました。 御免なさい、次にと最後にの内容は、余談でした。先ずの内容を回答(2) にすれば良かったと考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

先ずは残留応力が降伏強度以上の値で残る妥当性は理解出来ました。 今後残留応力(表面・深部)が疲労強度に与える影響を検証します。 表面層の残留応力だけでは説明が付かない点が多く深部影響が気になります。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

なにか、話がややこしくなっているので、余計かもしれませんが回答します。 鍛造での塑性変形は降伏強度以上の強度をかけることによっておこります。そのとき発生した応力は、徐加時に開放されてゼロとなりますが、実際にはまわりに支えられる形になって残留します。ですから、塑性変形が激しく加工硬化が大きい部分では一般的な降伏強度以上の残留応力が残ることもありえます。また、表面近くでは力が解放されて残留応力はゼロとなるはずですが、それは表面に垂直の方向であって、表面水平方向にはかなりの残留応力が残るでしょう。 問題は切削加工の影響ですが、当然あると考えるの普通です。エッチング等によりとりのぞけるかとは思いますが、このあたりの塩梅は経験者に任せたいと思います。測定装置の企業、あるいは機械学会等の情報をあたってみてください。 最後に、機械工学の基礎は判るより慣れろというご意見には納得しかねます。判る事自体、慣れの一種であるという見解もありますが、判ることを放棄しては、進歩はないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

取り合えず残留応力が降伏強度以上の値で残る妥当性に関しては理解しました。 今後残留応力(表面・深部)が疲労強度に与える影響を検証します。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

S12Cは材料の名称で、その素性により、 ◆ S12C-A、<-A;焼きなまし(約800℃で炉冷)>、       引張強さ;370N/mm2以上、降伏点;235N/mm以上 ◆ S12C-N、<-N;焼きならし(880~930℃で空冷)>、       引張強さと降伏点は、-Aと同等か10%増し位 ◆ S12C-H、<-H;焼き入れ焼き戻し>       S10CとS15Cのデータしかないので、その中間値を取ると       引張強さ;440N/mm2以上、降伏点;295N/mm以上、となる ◆ S12C-C、<-C;冷間加工>       貴殿の記述で硬度がHv170~220、硬度換算表から、       引張強さ;540~700N/mm2      (硬度換算表から硬度と引張強さは比例するのルールから) となります。 そして、冷間加工は降伏点を超えた塑性加工域を利用した加工ですが、 当然スプリングバックで表面の応力は、略零になる筈です。 そして、内部の方が加工方向等で応力が溜まり易く、それで均衡が保た れている筈です。それが、加工により表面に出てきて、引張りの破断点 近くまでの応力が働いている箇所があるとなっているのでしょう。 塑性変形と弾性変形をネット検索して、充分に理解して下さい。 前述のURL“1.3.2 鋼材の強さ の第1.4図 弾性と塑性 付近”を観てピ~ン とくるようになって下さい。 さて、鍛造の中に気泡がある例えで説明しますと、 ◆ 鍛造品の内部は、四方八方からの圧力で、気泡は小さくなり高圧となり   ます。この高圧となるが、内部部応力と同じ内容です。 ◆ 鍛造品の表面は、基本的に外側からの力で変形していきます。そして、   その力がなくなると、外側に弾性変形分だけ変形が戻ります。これが、   スプリングバックです。表面は、気泡が高圧になる事もなく、半分程度   が開いているので圧力は瞬時になくなります。これが、表面応力がゼロ   近く事です。 ◇ 鍛造品内部の気泡が、加工で表面に出た時、圧力は放出されます。本来   は加工するとその部分の圧力バランスが壊れ、ミクロン単位で加工後に   変形をしています。気体なら気泡の一部が開くと圧力は全部放出され   ますが、内部応力の塊は固体です。因って、一部が加工によりカットされ   ても、出口が狭い場所に人が殺到しているのと同じで、内圧力は殆ど維持   されます。 若い頃は、判るよりは慣れろ。慣れてやっているうちに、判ってくる事があり ます。聞く事は、良い事ですが、機械工学の基本を判るよりは慣れろで、何回 も何回も、何回も、…、…、読んで演習問題をやると、理解できます。 頑張って下さい。

参考URL:
http://www.forming.co.jp/database/index.html http://www.misumi.co.jp/assy/tech/book_175.htm http://nippon.zaidan.info/se

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメント有難うございます。 <当然スプリングバックで表面の応力は、略零になる筈です。 申し訳ありません、なぜスプリングバックがあると表面応力がゼロ近くになるのですか? 表面層こそ最も加工代が多く変形を多く受けている様に感じるのですか。 <加工により表面に出てきて、引張りの破断点 <近くまでの応力が働いている箇所があるとなっているのでしょう 鍛造状態でバランスが取れていた素材を加工しバランスを崩すと寸法が変化すると思うのですが、引っ張りの破断点近くが出てしまうと形状を維持出来ないのではないでしょうか?

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

S12Cの材料そのものの引張強さは400~600MPa位だと思いますが,鍛造などに より加工硬化すると,表面硬度も上がり結果として引張強度が上がります。 これらは組織学的にいえば材料内部に生じた転位が応力の拡散を阻害する ためと考えられます。いわゆる残留応力とはニュアンスが違うと思います。 金属のような結晶材料の力学的性質を支配するものは,結晶中に存在する 格子欠陥(とくに転位)です。応力-ひずみ曲線や各種の材料強化法(固溶 強化,析出強化,分散強化,結晶粒微細化強化,複合強化など)を,転位を 用いて論じた学問が転位論です。 材料強度学とか金属組織学などでも転位を論じています。 以下一例を紹介しますので,勉強してください。 ・材料の強度と破壊 小山信次 (論文) http://ms-laboratory.jp/pdf/recrystal/re_cry.htm ・「入門 転位論」 加藤雅治著 (裳華房) http://www.shokabo.co.jp/mybooks/ISBN978-4-7853-6106-8.htm ・「金属, 合金の強度」 辛島誠一著 (日本金属学会) http://books.livedoor.com/item/2706224 ・材料強度学要論  小寺沢 良一【著】 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4254230842.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメント有難うございます。 <これらは組織学的にいえば材料内部に生じた転位が応力の拡散を阻害する <ためと考えられます。いわゆる残留応力とはニュアンスが違うと思います。 応力の拡散を阻害するとは? 申し訳ありません、もう少し判り易く説明頂けるでしょうか? よろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • A2017の残留応力について

    こんにちは、課題の件につきまして教えて下さい。 NC旋盤でA2017材を切削加工を施したいのですが、外・内径の加工があります。この際、材料の残留応力により真円度が得られない場合があります。 A2017相当の材質で応力が少ない(真円度0.01を得たい)材料があれば教えて頂きたいです。宜しくお願いします。

  • X線による残留応力の測定原理

    鍛造素材+プレスピアスにて加工したワークの残留応力測定を予定しています。 X線による残留応力測定が一般的の様ですが、どの様な原理で残留応力が測定出来るのでしょうか? ネットで調べると、ベースとなる金属の分子配列距離がすでに定義されており、供試品の分子配列距離をX線で計測して、両者の差より残留応力を計算する。と言うイメージを持ちました。 分子配列とは金属の結晶粒の並びの事でしょうか? 確かに鍛造加工を受けると結晶粒は細かくなるのでイメージに合います。 【疑問点】 応力除去を目的として低温で熱処理を行った場合は結晶粒には変化は起きないと考えます。 この場合でも正しく残留応力の測定は出来るのでしょうか? 具体的には、残留応力除去前後で何を測定してしているのでしょうか? 以上アドバイスをお願いします。

  • メッキ前処理の酸洗いで表面層は何ミクロンくらい溶…

    メッキ前処理の酸洗いで表面層は何ミクロンくらい溶けますか? S12Cを切削加工した鍛造部品の残留応力の測定を考えていますが、X線を用いた測定では表面層数ミクロンの応力を測定しているため、 鍛造の残留応力ではなく、切削加工にに伴う残留応力を測定している様です。 これでは目的と違うため、何とか余計な応力を与えずに極表面層だけ取り除きたいと考えます。 案としてメッキ屋さんで酸洗いを行ってもらい、表面を溶かしては?と考えているのですが、通常のメッキ工程の酸洗いで金属(S12C)表面はどの程度溶けるのでしょうか? 皆さんアドバイス有難う御座います。 メッキ屋さんでも条件によっては可能性はあるが管理は難しい、と理解しました。 電解研磨の方が妥当との事ですので、其方を当たって見ます。 有難う御座いました。

  • ステンレス (SUS304)の加工後の残留応力の…

    ステンレス (SUS304)の加工後の残留応力の残りやすさについて 度々申しわけないですが教えてください。 SUS304などのステンレスで加工後の残留応力の 残りやすさについて化学成分の影響等を教えてください。 Cが多いと残留応力が残りやすい等化学成分と残留応力 の関係を教えていただけたら助かります。 いつも質問ばかりで申し訳ないですが、教えていただければと思います。

  • 梁の疲労寿命について、表面応力以外の影響はどのよ…

    梁の疲労寿命について、表面応力以外の影響はどのように考慮すれば良いでしょう 梁にかかる許容応力を求める際、材料から求めた’引っ張り応力’’疲労限度’’降伏応力’から疲労限度線図を用いようと考えます。 仮に梁の長さ方向に残留応力がある場合、負荷応力から残留応力を差し引きします。(圧縮残留応力なら、その分応力をマイナス、引っ張り残留応力なら、その分応力をプラス) そして亀裂発生は梁の表面から発生するので、表面の残留応力を考慮した疲労限度線図が疲労寿命の判断材料となると理解しています。 【質問】 梁の内部の材料状態は本当に影響因子では無いのでしょうか? 例えば梁が鍛造材で、梁の長さ方向に鍛流線がある場合と梁の厚さ方向に鍛流線がある場合だと結果は大きく変わるように感じます。 (表面層以外の深部の残留応力も寿命に影響するのでは?) 【前提条件】 梁材の表面の残留応力は表面切削仕上げに伴うもので、材料の鍛流線の方向に関わらず深さ50μm程の深さまで同等に残っています。

    • 締切済み
    • CAE
  • M10ねじ 表面の残留応力について

    お世話になります。 先日X線を用いてM10ねじ表面の残留応力を測定しましたが、大きな圧縮の残留応力が出ると予想していた熱処理後転造の表面でほぼ0に等しい値しか確認できませんでした。 原因として考えられるのは、 ?X線測定装置の据え付け誤差 ?製造されたのが2~3年前のものであるため、表面に酸化被膜ができたた めにX線での測定に誤差が生じた。 以上の2つを考えていますが、これ以外に何か考えられる原因はありますか?転造加工された物の表面なので大きな圧縮が生じているはずだと思うんです。よろしくお願いします。材質はSCM440です。

  • 製品の疲労強度に与える影響因子について

    製品加工工程の違いによる疲労強度の影響について調査中です。 製品は繰り返し荷重を与える事により下記3工程目のプレスであけた穴より亀裂が発生します。 製品の工程 1、鍛造(板厚7mm) 2、全面粗切削(板厚5.3mm) 3、プレス穴あけ 4、仕上げ切削(板厚5mm)(プレス破断面側のみ加工) 試作品として同一鍛造品を加工し3工程目の穴あけのみ機械加工(マシニング)した場合、疲労強度が大幅に低下します。(寿命時間1/10以下) 【質問】 一般に疲労限度は、素材強度と表面の残留応力で決定されると考えますが、本件に関しては下記理由により当てはまらない様です。他にどの様な要素を考慮すれば寿命の違いを説明できるでしょう? 1、素材は同一鍛造を使用している為、材料強度は同じ 2、表面の残留応力に影響を与えるのは切削工程であるが切削条件は同じ (実際に残留応力を測定してみましたが、量産品も試作品も同等で有りました) 唯一の違いであるプレス工程の影響である事は明らかですが、何が直接原因でしょうか?プレス肌による表面欠陥も疑いましたが、寿命はプレスの方が長く此方では説明出来ません。

  • 残留応力の検査方法

    ポリカで金属インサートした物を更にポリカでインサート(2重インサート)した部品の残留応力を測定したいのですが、どのように測定したらよろしいのでしょうか? 一応、残留応力の検査として四塩化炭素/ブタノール混合液への浸漬法というものがあるそうですが、どのような測定法なのでしょうか? どなたか教えてください。

  • 残留応力の勉強について

    ステンレスなどの厚さ3mm以下くらいのもので熱加工(レーザー切断など) によって、かなり内部に歪が残り、板全体がかなり歪んでしまった場合、 どうしたらよいのでしょう? また、金属加工の内部応力・残留応力という事について勉強したいのですが 何か良いテキスト(教科書など)知っておられ方いられたら聞かせてください。

  • アクリルの残留応力?

    アクリルにタップ加工(M12等)を行い、1日程度放置すると割れることがあります。残留応力によるクラックだと思うのですが、割れ無い様にするにはどうすればよいのでしょうか?加工時の注意点は?また加工後にアニーリングして良くなるのであれば、条件はどうなるのでしょうか。