• 締切済み
  • 困ってます

PPS樹脂用マスターバッチ(顔料)

現在、PPS用のマスターバッチ、もしくは顔料の青色を探しています。 PPSで青色を出すのが困難だと聞いているので、材料調査が難航しています。 電子部品の絶縁体にPPS樹脂を検討しているのですが、色が青色という 条件が出されています。樹脂は決定していますが、染色材料が見つから なくて困っています。 何か思い当たる染色材料ありましたら、ご教示頂けないでしょうか。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数171
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

PPSは耐熱性が高く、顔料で着色するのは容易ではありません。 メーカーに問い合わせ、バッチの有無を聞いてみてください。 もしかしたらあるかも・・・? 着色メーカーでPPSを染めれる機械を持つ企業は ほんの一握りですよ。 PPSで、という材料指定が無いのであれば PBTとかで樹脂の再検討はできませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり、大変申し訳ありません。 現在も顔料の調査中ではありますが、樹脂の変更も検討しています。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

確かにPPS着色顔料での青色はいまだ 聞いたことがありません 案としまして、青色無機絶縁被膜剤を使用しての 塗装orデップで 小生関係者では有りませんので 詳細は不明ですが Hpご紹介しておきます ご参考までに

参考URL:
http://adapt.dreamblog.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり、大変申し訳ありません。 材料自体を着色するではなく、塗装というのは頭にありませんでした。 大変参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • マスターバッチのメリット

    マスターバッチのメリットとは何でしょうか? マスターバッチとは私が調べたり、聞いた限りでは着色したい材料とは別に染料、顔料を少量の樹脂に混ぜて着色すると聞きました。 マスターバッチと顔料、染料は何が違うのでしょうか。 樹脂に顔料、染料を混ぜるのであれば、同じことのように感じました。 また、着色したい材料がUL認定品で、マスターバッチの樹脂がUL認定されていない場合、UL取得は難しいでしょうか。 ご存じの方、いましたらご教示いただけないでしょうか。

  • 耐塩素性のある樹脂材料を探しています

    現在、耐塩素性のある樹脂材料を探しています。 塩素濃度は20~30%です。 電子部品の絶縁材料として、使用する目的で絶縁性、衝撃性に関する ある程度の電気的性能、機械的強度が欲しいです。 現在、PC、PPS、PEEKを検討しています。他に良い材料あれば ご教授いただきたいです。よろしくお願いします。

  • 樹脂に求めるもの

    電子部品や基板などの電子分野において樹脂が使われていると思いますが樹脂(特にエポキシ樹脂、フェノール樹脂)に対して「こんなものがあったらぜひ使いたい」という性能や特性などお聞かせください。よろしくお願い致します。

  • 帯電しない樹脂材料

    電子部品の外装カバーに樹脂材料を使いたいのですが、静電気を帯びない(帯びにくい)材料はどういったものがあるのでしょうか? まだテスト段階のためペレット等ではなく一般的に入手しやすい切削材料で そういうものがあれば教えてください。 一般的に電気製品の外装等にはABSやPCが使われていると思うのですが、そういうものは標準の材料ではなく帯電しない成分が入っているものを使用しているのでしょうか? 一応、現在検討している構造では電子部品とカバーの隙間はほとんどない(0.2mm位)感じになります。 基本的な事ですみませんが、回答宜しくお願いします。

  • 耐電性と硬度をもつ樹脂

    セラミック系の小型電子部品(0.5角)の搬送系(通路)を 樹脂材料で構成できないか検討しています。 目的は樹脂成型工法により大幅なコストダウンを図ることです。 現状はSUS+表面処理です。 身の回りにある硬そうな樹脂材で実験したところ静電気で ワークが貼りついてしまいました。 耐電性と高度を併せ持つ樹脂材料をご存知の方アドバイス願います。 (樹脂にメッキもできるのでしょうか?)

  • PBTとPPSの線膨張係数及び弾性率について

    初心者です。既出でしたらすみません。現在電子部品の筐体に使用する樹脂を検討しております。(候補 PBT or PPS) 以下教えて戴きたくお願いします。 ・恒温恒湿(例:+85℃/85%RH1000時間)  この試験をするとPBTとPPSの線膨張係数及び弾性率は高くなるか、低くなるか? ・冷熱衝撃(例:-40℃~+120℃ 1000サイクル)  この試験をするとPBTとPPSの線膨張係数及び弾性率は高くなるか、低くなるか? これらは一般的なPBT、PPSとしての回答で構いません。 理由:これらの樹脂が熱的ストレスや加湿ストレスで、線膨張係数、弾性率がどのような傾向を示すかを知りたい。 乱文ですみませんが、よろしくお願い致します。

  • PPSの経年変化について

    PPS G40%の樹脂を使用した製品で絶縁抵抗が5000MΩ要求のところ、500MΩぐらいしか確保できません。 工程、部品の材質等変更しておらず、同等の製品では5000MΩを満足しております。 可能性としてPPS G40%が10年ほど前のものであることが疑わしいとの事なのですが、PPS G40%の成形物が10年ほどたつと電気的にわるくなるようなことはあるのですしょうか? 保管条件:室温(10℃~40℃) 湿度(70%以下) どなたかご存知であれば教えてください。

  • 樹脂製のかご

    樹脂製のメッシュ(0.2mm)でかごのようなものは汎用品であるのでしょうか?また、特注となると高価なものになるんでしょうか? 使用用途は電子部品の洗浄で、酸、アルカリに強い樹脂を探しております。

  • 帯電のしやすさ

    電子部品、樹脂材料などで 帯電のしやすさを評価したいのですが、 材料のどんな特性を評価したらいいでしょうか? 誘電率?とか聞きますが、 いかがでしょうか?

  • シリコンゴムは帯電しやすいですか?

    シリコンゴムを使用したいのですが、普通の物は絶縁体に分類されているので、帯電しやすいんでしょうか? 電子部品の吸着をしたいので、帯電しやすいのは困ります。ですから静電防止か導電性のタイプを使用したいです。 この様な種類は、あるのでしょうか?