• 締切
  • 暇なときにでも

ハイス工具と超硬工具

  • 質問No.9457105
  • 閲覧数137
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0
お世話になります。

突然ですが、皆さまにお聞きしたいことがあります。
今後のハイス市場と超硬市場をどうお考えでしょうか?
双方ともに需要はありますが、工作機械なども5軸のものや精密化された機械がどんどん出ています。また、工具の値段が変化している現実もあるかと思います。
皆さまのお考えをお聞かせください。

回答 (全3件)

  • 回答No.3
ハイスでなければ加工出来ない場合は主に固定サイクル等でザグリ加工を行う場合は超硬は避けた方がいいですね(AL材でしたらさほど問題ないですがSUSや鉄系)ミ-リング加工では超硬+コ-ティング材の組合せで高送り加工が可能ですがZ方向の衝撃にはもろいので・・・因みにハイスの方がネジレ剛性には強いです、超硬は名の如く硬いですが脆い(衝撃に)ので取り扱いは慎重にした方がいいですよ
  • 回答No.2
 こんにちは。
 むづかしいですね。
要するに、「必要に応じて」という表現になるのではないでしょうか。
一般的に超硬の工具の方が『高い』というイメージがありますが、工具の寿命や、切削に掛かる時間などを総合的に考えると、かえって安く付いてしまいます。
オペレーターや、加工プランを考える人間の立場からいくと、『選択肢が広がっている』ということになるかと思います。
お礼コメント
noname#230358
ありがとうございます。

すべてのコストを考えると、超硬工具の方が安いですよね。
また、超硬工具の値段が下がってきて、一方でハイスの値段が上がっている状態なので、よけいにそう感じるかもしれませんね。

切削工具のユーザーさんはどのようなことを求めているのでしょうか?
やはりコストや納期ですかね??
投稿日時:2008/11/06 14:56
  • 回答No.1
普通のハイスでは寿命が短く
粉末ハイスでは超硬より高価な場合もあり
小径エンドミルでは超硬の方がいいかと。
ハイスでなければ加工できない場合のみハイスを使うことが多いかと。
お礼コメント
noname#230358
ありがとうございます。

ハイスでなければ加工できない場合とはどのような状況ですか?
削る材料によるのか、それとも使う工作機械によるのですかね??
投稿日時:2008/11/06 14:58
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ