• 締切済み
  • 困ってます

めっきと導電性

フィルムやシートなどの基材の上にめっき処理を行うことを検討しております。電解めっきを施す場合、フィルム表面は導電性を有している必要がありますが、どの程度の表面抵抗値が必要なのでしょうか? また、無電解めっきを行う場合にパラジウムによる触媒核が使われていることが多いのですが、パラジウムが使用されている理由は何でしょうか? そもそも触媒核の機能は導電性とは関係ないでしょうか? よろしくお願い申し上げます。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数270
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359

フレキ基板の作成方法は参考になると思いますが、1m四方以上になると取り扱いが難しそうです。めっきでも蒸着でも不可能に近いでしょう。 めっきの場合、めっきを均一に付けるためにも大きくない方がいいです。均一でないと20ミクロンのパターンは切れません。フレキ専業でも500mm角くらいが最大かと思います。フィルムであればもっと小さくしなければならないでしょう。ものによってはリールtoリールが良いかと思います。 素材との密着を取る方法もかなり検討が必要です。フィルムの表面粗化をデスミア処理にするのか、サンドブラストのような物理的な処理にするのか・・・パターン高さによっても、表面の荒らし方を考えなくてはいけないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。参考になりました。 検討させていただきます。

関連するQ&A

  • 無電解めっきの触媒活性(酸化反応)について

    無電解銅めっきの本や、本HPに記載させている触媒活性に関する質問を見てみたのですが、分からない部分があり質問させて頂きました。と、言うのも、こちらのHPにも出ていたのですが、無電解めっきに関する本などには、「被めっき物上で還元剤が酸化され、パラジウムなどの触媒が核になりめっきができる」とありました。そこで、質問なのですが、還元剤が酸化されて電子を放出する現象はパラジウムなどの金属触媒と関係があるのでしょうか?例えば、ガラスやプラスチックに金属触媒をつけず、個々の場所をなんらかの方法で正の電荷で帯電させた場合、還元剤が酸化して電子を放出、最終的にめっき液中の金属イオンが電子をキャッチして正の電荷で帯電させたところに堆積する、という事は起きえるのでしょうか?還元剤の酸化と金属触媒の関係が分かりません。宜しく御願い致します。

  • ニッケルめっき不良

    銅合金に、下地を無電解ニッケル、表面にパラジウムめっき(パラジウムストライク)を施工しています。研磨をして断面を見てみると、無電解ニッケルとパラジウムの間に黒い層が見つかり、発生原因がわかりません。 黒色で考えられるのが、  ・酸化ニッケル(Ni2O3:黒色)ができた  ・ニッケル表面に何かしらの酸化膜が発生し、密着性が悪い層ができて研磨で剥がれた  ・パラジウムがニッケルに悪さをした  ・他 など、原因が切り分けられません。 このような、ニッケルめっき不良(黒色箇所の発生)が起こる要因はなにが考えられますか? また、ニッケルめっき後、空気中に数分おいておくと、酸化膜(酸化ニッケルなど)が生成されることはよくありますか?教えてください。

  • めっきの密着性

    pdを核触媒としてABS板とガラスに銅、ニッケル、コバルトを無電解めっきしました。銅とコバルトは剥離テスト(セロテープによる)で全く剥離しなかったのですがニッケルはほぼ全て剥離しました。 この原因を考えているのですが、考える上で重要な事があります。それは6枚の基板は全て同じ時間前処理したという事です。つまり、ニッケルの基板だけ前処理ミスをしていたとは考えにくいのです。 私の勝手な推測ですが、ニッケルの剥離はpdとニッケルの間と考えています。pdと基板間で剥離していたら、他のめっきも剥離していていいはずです。しかし、pdとニッケルの結合だけ相性が悪いと言えないので困っています。 それとも、根本的に考え方が違うのでしょうか? ご意見お聞かせ願います。

  • 回答No.2
noname#230359

パラジウムによる触媒核が使われている理由はよく判りませんが、参考になる技術は有ります。 どの程度の大きさのフィルムやシート基材なのか記載されていませんが、単純にメッキ処理を行うのであれば記載のリンクを見れば解決するのでは? 無電快メッキによるメッキ処理が可能かと思います。

参考URL:
http://www.aivi.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 リンク先見てみます。 ちなみにフィルムやシートは1m四方以上の大面積で これに線幅20μm程度の一定の細線パターンをできるだけ低コストで 作成したいと考えております。 何かいい案があれば是非ご教示いただければと思います。

  • 回答No.1
noname#230359

参考書からの受け売りですが、 (Pdが使用されている理由) 非導電物のうえに金属を析出させるためには触媒が必要。その触媒が、卑金属では触媒活性が無い。触媒活性が強い金属として、貴金属、特にパラジウムや白金が知られている。(経験則) 価格や性能の面でパラジウムが使われているのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。よくわかりました。

関連するQ&A

  • 金めっきについて

    論文を読んでいて、セラミックスやガラスなどの絶縁体に金めっきする場合、Sn2+の吸着、Agナノ粒子の形成(おそらくアクチベーション処理のことですよね)、Ag粒子を核とした金めっきという手順で書かれていました。 この方法は現行法なんですか? アクチベーション処理として頭に浮かんだのはPdなんですが、無理なんでしょうか? また、Auナノ粒子でも触媒核になるようなことが別の本に書かれていました。無理なんでしょうか? お願いします。

  • ポリイミド樹脂へのメッキ

    ポリイミド等の導電性をもたない樹脂の上への無電解NiPめっきって可能なのでしょうか?ガラスめっきのようにPd触媒付与でできますか?できれば、Pdは高いので、安い金属触媒がいいのですが。御存知の方がおりましたら、ヒント等でも構いませんので宜しく御願い致します。

  • Ni電解めっき、基材へのNiの拡散について

    Ni電解めっきを銅や鉄などの基材に行う場合、 めっき処理をした時点でNiが基材の方へ拡散(固溶)している事はありえますでしょうか? また、もしめっき処理のみで拡散する場合、 拡散のしやすさは ・金属同士の固溶のしやすさ ・電流密度 などに依存するのでしょうか? 知見のあるかたどうぞご教授下さい。 めっきの不良を考えるのに知見を頂きたく投稿いたしました。 何卒よろしくお願い致します。

  • SUS430へのNiめっきについて

    SUS430(光沢表面)へニッケルめっきを施したいのですが、密着の良いめっきが得られません。(処理品を折り曲げるとめっきが剥がれてしまいます) めっき工程は以下の様に処理しております。 1.脱脂 2.電解脱脂 3.酸活性(50ml/LHCl(35%)_30s_60℃) 4.Niストライク(ウッド浴_3min_RT)*酸活性後の水洗無し 5.Niめっき(ワット浴_光沢剤無し) 上記処理では、SUS430表面の光沢が残っています。 周辺の条件はあれこれ変えて試みているのですが、密着の良いめっきがどうしても得られません。 どなたか、良い方法をご存じでしたらアドバイスの程宜しくお願いいたいします。

  • SUS430へのNiめっきについて

    SUS430(光沢表面)へニッケルめっきを施したいのですが、密着の良いめっきが得られません。(処理品を折り曲げるとめっきが剥がれてしまいます) めっき工程は以下の様に処理しております。 1.脱脂 2.電解脱脂 3.酸活性(50ml/LHCl(35%)_30s_60℃) 4.Niストライク(ウッド浴_3min_RT)*酸活性後の水洗無し 5.Niめっき(ワット浴_光沢剤無し) 上記処理では、SUS430表面の光沢が残っています。 周辺の条件はあれこれ変えて試みているのですが、密着の良いめっきがどうしても得られません。 どなたか、良い方法をご存じでしたらアドバイスの程宜しくお願いいたいします。

  • めっき前処理について

    初めて質問させていただきます。 ここでのやりとりを拝見させていただいていると、 やはりめっき不具合の原因系は母材か前処理と、 私も同感!とおもっております。 私もアルミ、銅、鉄系のフープ材に銀、ニッケルめっきを施しており、 前処理は電解アルカリ脱脂と酸洗で週一回程度の頻度で液の交換 をしています。 従来からの実績とのことで、液管理方法は変えていませんが、 どうも長手で表面がくすんだりと模様がよく発生します。 経時的に表面が変わってくるってことは、液中の不純物が増加している のが原因でしょうか?また、この場合液を一定の状態に保つ方法は ありますでしょうか? テープでマスキングしているため、電解処理の電流値も上げられません。 できれば前処理液の維持及び管理方法を紹介していただければ幸いです。 あと、前処理⇒めっき槽ので水洗をしていますが、この水の質って重要ですか?

  • Auめっき/Agめっき との優位差

    基板の表面処理に使用している「Auめっき」と「Agめっき」の優位差はあるのでしょうか? Cost/半田付け性/耐熱性(部品実装時)/保管方法/取り扱い 用途は「半田付けによる部品実装」なのですが、PreFlux以外に基板の表面処理を検討した場合、どちらの方がよいのでしょうか?

  • 無電解Niめっきの変色

    梨地処理の鉄素材(材質不明)に無電解Niめっきを行った製品があるのですが、めっき表面に薄っすらと茶色い変色(サビ)と銀色にもムラが目立つようになってしまいました。 この変色を除去する方法は無いでしょうか? 大型製品一部なので剥離して再めっきを行う事も出来ません。

  • 耐摩耗性の黒色めっき

    2000系、7000系アルミに処理出来る、耐摩耗性の高い黒色のめっきを探しています。 現在は無電解ニッケルボロンめっきしている製品で顧客より黒仕上げの要望があり、ニッケルボロン同等以上の耐摩耗性のある黒色の表面処理を探しています。 摩耗しても色が落ちにくい物を希望します。 以上、宜しくお願い致します。

  • CuへのPdめっき

    Cuへ電解Pdめっき処理をしたいのですが、Auめっきの様にNiにてCuの拡散防止層は必要でしょうか? また、CuへPdめっきをした際CuのPdへの拡散はどの程度のものでしょうか? 追加質問ですが、Cuに対するPdめっきの密着性等詳しい方おりましたらお願いします。