• ベストアンサー
  • 困ってます

金めっきの代替めっき

当社製品の電気信号接点バネに金めっきをしておりますが、コストダウンを目的として、代替めっきを検討しております。 一応、パラジウムめっきが良いのではと考えております。 そこで、ご教授頂きたい事があります。 Q1. パラジウムめっきは、金めっきより、本当に安いの? Q2. パラジウムめっきをする場合、下地めっきは必要?、必要な場合は何めっき? (バネ材は、銅チタン合金 Y-CuT です。) Q3. パラジウムめっきが有効な場合、めっき厚は現在の金めっき厚と同じで良いの?下地めっきが必要な場合は、その厚みは? (現在のめっき厚、金:0.3μm以上 下地Ni:2μm) Q4. バラジウムめっきの注意点があれば教えて下さい。 色々、欲張って聞いておりますが、宜しくお願い致します。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数274
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359

Q1について 現在、パラジウムの価格は金の1/3程度ですのでコストダウンの可能性はあります。めっき液のコスト次第と思います。 Q2について 下地はNiめっきで良いと思います。厚さは現在と同じで良いと思います。下地めっきは耐食性を考慮し行ったほうが良いと思います。 Q3について 文献等ではパラジウム0.1μm前後です。実際にめっきして評価して見ると良いと思います。URLを参考にして下さい。 Q4について パラジウム皮膜は水素を吸蔵するのでめっき厚が厚くなると水素を吸蔵してクラックができる。

参考URL:
http://www.furukawa.co.jp/jiho/fj106/fj106_10.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

yukikaeruさん。 ご回答ありがとうございます。 コスト面で、素材自体の相場は金よりもかなり安いが、めっき液としての需要が少なければ、あまり安くならないかも?ですね。 実際に何社か見積してみます。 Pdのめっき厚については、添付頂いたURLを参考に詰めていきます。 良い資料を紹介頂き、ありがとうございます。 使用環境について、過去のクレーム票を洗出し、Pdめっきで問題が無いか検証していきます。 また機会がありましたら、ご教授の程、宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • 金めっき厚さの公差

    はじめて質問させていただきます。 バッテリー接点の電極に金めっき(下地Niめっき)を行ないたいと考えています。 厚さは、1μmとしたいのですが、この場合通常どのくらいの交差になるのでしょうか。 下地Niは、2.5μmです。 また、この場合の金めっきは無電解めっきになるのでしょうか。

  • 金めっきの薄膜化

    現在、コネクタ関連に電解金めっき(Au-Co)を検討しています。(下地Niめっき) 金めっき膜厚は0.25μm程度で行っています。 性能上は特に問題はないのですが、コスト的にかなりきつくなっています。 単純に薄膜化を狙うと、耐亜硫酸性が悪くなってしまいます。 何とか解決方法はないでしょうか? また、金めっきの代替となるようなめっきなんてあるのでしょうか? 後、無電解と電解金めっきではどちらの方がピンホールを生成しやすいのでしょうか? 教えていただける範囲で構わないので、誰か教えていただけないでしょうか?

  • 無電解ニッケルめっき+金めっき

    プリント基板で金めっきの下地にニッケルめっきを施しているのですが、このニッケルの厚みが薄すぎたり(1μm程)、厚すぎたり(20μm程)した場合にどのような不具合が考えられるのでしょうか? また、ニッケルめっき厚はどの程度が妥当なのでしょうか? 申し訳ありませんがご教授願います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#230359

定性的な話で申し訳ありませんが、 Pdを含めて俎上に上がるのは白金属(Pd,Rh,Ru,Os,Ir,Pt)の貴金属めっきと 思います。 単体金属の価格は相場の情報で把握できると思いますが、金よりも変動幅 が大きいことは覚悟しておく必要があると思います。 下地めっきは、実用上はおそらく付けることになるのでしょうが、母材への 拡散性の観点でみたとき、白金属は銅に対する拡散は金に比べてごく小さな 値と思います。周期律表でみたとき、白金属はNiの丁度外側に位置するので バリア特性を期待できるので下地めっきなしの可能性はあると思います。 (Niの代替としてPdを用いる例はあるとのことです) 必要なメッキ厚に関しては、下地めっき、バリア性、ピンホール、表面の摺 動性など複合的な観点で決まると思いますが、有効な情報を持ち合わせてお りません。 白金は触媒作用があることが周知と思いますが、白金属も似た性質があると 聞いています。雰囲気中に含まれる物質の反応を促進する可能性は点検して おいた方がいいと思います。反応による生成物がめっき表面に堆積したり、 周囲に影響を与えたりする可能性という意味です。 参考書: 坂本光雄著 電子金属材料デザインガイド 総合電子出版社 白金属(Pd,Rh,Ru,Os,Ir,Pt)は、金(Au)に比べて硬度が高いので、耐摩耗性 は優れますが、接点の「なじみ」や摺動による「クリーニング効果」は期待 しにくいと思います。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%9C%9F%E5%BE%8B%E8%A1%A8

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ohkawaさん。 ご回答ありがとうございました。 Pdの価格相場の変動幅が大きいのですね。 価格が安定しないのは、不安要素の一つですね。 周期律表と言う物で素材の性質や似通った性質の素材の判断できるとは知りませんでした。 勉強になりました。 雰囲気の物質に反応し易いとの事ですね。 過去のクレーム票を洗出し、Pdめっきで問題が無いか検証していきます。 ありがとうございました。 また機会がありましたら、ご教授の程、宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • 均一電着性の低いNiめっき

    コネクタの下地めっきとしてスルファミン酸Niを使用していますが、 これの替わりとしてめっき厚の分布が大きいNiめっき液(又はめっき方法)を探しています。 どなたがご存知の方、教えて頂けないでしょうか。

  • ニッケルめっき不良

    銅合金に、下地を無電解ニッケル、表面にパラジウムめっき(パラジウムストライク)を施工しています。研磨をして断面を見てみると、無電解ニッケルとパラジウムの間に黒い層が見つかり、発生原因がわかりません。 黒色で考えられるのが、  ・酸化ニッケル(Ni2O3:黒色)ができた  ・ニッケル表面に何かしらの酸化膜が発生し、密着性が悪い層ができて研磨で剥がれた  ・パラジウムがニッケルに悪さをした  ・他 など、原因が切り分けられません。 このような、ニッケルめっき不良(黒色箇所の発生)が起こる要因はなにが考えられますか? また、ニッケルめっき後、空気中に数分おいておくと、酸化膜(酸化ニッケルなど)が生成されることはよくありますか?教えてください。

  • Niへの金薄膜形成

    お世話になります。 表面処理についてはかなりの初心者です。 Niへの金めっきを現在、業者に頼んで行っていますが、 コストダウンのため自社で金めっきと同等の機能を果たすような処理ができないかどうかを検討しています。 金めっきを施している箇所を金属に当てて通電させる製品であり、導電性の向上を目的にしております。 簡単な工程でできるような、めっきの代替となるような方法を探しており、 金ナノペーストを塗ってみたりもしましたが、均一につきません…。 金をつけたい箇所は20μm×100μm×50μm程度と狭い領域です。 何かアドバイスいただけると大変助かります。 よろしくお願い致します。

  • Niめっき密着性不良

    連続フープめっきで、リン性銅C5210にNiめっきしプレスしたところ、 剥離が発生してしまいました。 剥離は全長数百mあるフープのうち途中の約3mのみに発生し、しかも片面のみ全面が剥離し、反対の面は問題ない状態です。 フープの両端は剥離しません。 剥離は素材-Ni間で発生していることから、前処理~Niめっき第一槽で異常があったと考えていますが…。 前処理(アルカリ+酸活性)は交換後であり、異常があるとは思えません。 材料表面の異物(汚れ)等が残っているのかと思い剥離して露出した箇所をEDXにて分析しましたが、そういったものはなく、綺麗な状態でした。 表面酸化も起こっていないようです。 給電接点には上下からおさえるバネ接点を使用しています。 異常が途中でおこって途中で直った? なんで片面だけ? どうしたらこういう異常が起こるのでしょうか? 原因特定出来ず、頭を抱えています…。 詳しい方がいらっしゃいましたらご教授お願い致します。

  • 黄銅上の接点用Agめっきの留意点は?

    教えてください。 黄銅に接点Agめっきする場合、 何かめっき仕様で留意点ありますか? (下地めっき、Agめっき厚 etc) めっき後、350°Cで60secの 熱履歴がかかるため心配してます。

  • 硫酸銅めっきでのめっき厚について

    初めての投稿です。よろしくお願いします。 バレルでのセラミックチップ部品の硫酸銅めっきを行っています。 月~金まで稼動し土日に稼動を止め月曜日に再稼動すると銅めっき厚が 同じめっき条件でも薄くなる現象がおきています。 (10μmが7~8μm程度しかつかない)火、水曜日には元の状態に戻ります。 めっき液の組成はめっきの書籍に書かれている組成です。 光沢剤は入っていますが、塩素は入っていません。 現状では、稼動を止めている間は弱電解を行っていますが余り効果は 見られません。 このような現象が起こる要因と対策を御教授お願い致します。

  • 金めっきめっき厚さとピンホールの数の関係を示す資料を探しています

    金めっきめっき厚さとピンホールの数(有孔度)の関係についての資料を探しています。めっき関係の書籍を中心に探して見たのですが、過去に発表された資料が雑誌を中心に発表されており入手に手間取っています。心当たりのある方、資料の名前、号、発表された年度、発表者などの情報をお願いいたします。 資料の希望条件 (1)サンプルはCu系母材/Ni下地/Auめっき又はCu系母材/Auめっきの評価資料ができれば良 (2)ピンホール(有孔度)を測定した方法が明確になっていること (数を数えた場合であれば大きさの規定が明確であること) (3)金めっき厚さが0~0.5μmの間のデータ数が多いほうが良 非常に困っています。宜しくお願いします。

  • ワイヤボンディング用ニッケル下地めっきの最低厚み…

    ワイヤボンディング用ニッケル下地めっきの最低厚み について PCBの電解Auめっきの下地として電解ニッケルめっきを使用しておりますが、 ワイヤボンディングに必要な最低ニッケルめっき厚は、何μmくらいでしょうか? 弊社の条件は、  ・ニッケルめっき5~20μmで管理  ・Auめっき0.1μm以上で管理  ・基板総厚0.3~0.6mm  ・ワイヤ径φ25μm Auめっきの下地として、固いニッケルめっきを入れることにより、ボンディ ング性を向上させるものと考えておりますが、PCB基材のクッション性をどの 程度のニッケル厚みがあれば吸収できるのか?というのが質問の意図です。 現在5μmMIN.で管理しているものが、どこまで薄くなっても製品として問題 無いかを知りたいと思います。 あと、バリア層としての機能に対しても、必要最低ニッケルめっき厚がどれく らいかも、ご教授いただければ幸いです。

  • プリント基板の無電解金めっき

    お世話様です。 プリント基板導体(銅)へ無電解金メッキされている 表面から、白色の異物が析出し接点である為、 絶縁障害になり接点がきかなくなってしまいました。 無電解金メッキはフラッシュ金で、下地のニッケル厚 3μ 金0.03μでメッキされております。 ニッケルが溶け出すにしても、短絡を起こすと思われるのですが、何方かご教示お願いできないでしょうか。 簡単なメカニズム(化学式)みたいな事を教えて戴けますと、とても有りがたいのですが。

  • リフローSnめっきのヨリ・ガマ肌について

    現在無光沢(半光沢)Snめっきをリフロー処理しておりますが 特定の材料および下地の時にリフロー処理するとヨリ・ガマ肌と言われるものが発生してしまいます。 特定の条件というのが 素材:洋白(C7521など) めっき:下地にCuをしてその上にSnめっき です。 下地Cu中に有機物が入っていると発生しやすいなどと聞くのですが Cuは無光沢Cuめっきであり、有機物が混入しているとは考えにくいです。 ヨリやガマ肌を効果的に防ぐ方法はないのでしょうか? また、ヨリ・ガマ肌を防ぐ変色防止剤などもあるようなのですが実際に効果があるのでしょうか? めっき条件は、 めっき種:連続フープめっき Cuめっき:硫酸銅浴、膜厚は0.5μm以上(概ね0.6~0.8μm) Snめっき:アルカノールスルホン酸浴、膜厚1.0μm以上(概ね1.3~1.9μm) Cu下地→Ni下地への変更は不可(仕様により決まっている。) です。 リン青銅、純銅ではヨリは殆ど発生しません。 逆に主に洋白、稀に黄銅でも同様のヨリが発生します。