• 締切
  • 困ってます

亜鉛ダイカストの切削加工について

  • 質問No.9446979
  • 閲覧数1123
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
亜鉛ダイカストの切削加工の依頼を客先から受けております。

亜鉛ダイカストの旋盤、フライス、穴あけ加工において、注意
しなければならない点について教えて頂きたいと思います。

また、アルミ(ADC12やA5056BDなど)と比較して切削性は
同等か、あるいは何割くらいかは生産性で劣るなどのことを
知っている方がいらしましたら、アドバイスお願いします。

回答 (全2件)

  • 回答No.2
亜鉛ダイカストの穴あけ、タップなどをやっています。
穴あけの時は抜け方向にバリが立ちやすく、入り口は円周上に素材がもりあがってしまいます。刃物は切れ味重視にしたほうがバリなどのトラブルが減らせると思います。私は亜鉛ダイカストの加工で切れ味が悪くなった刃物をアルミダイカストの加工に転用したりしてます。
お礼コメント
noname#230358
echoさん、回答有難うございます。

上記の内容からすると、亜鉛ダイカストはアルミダイカストより
切削性で劣るということですね。バリ処理はどのようにされてますか?
手作業で簡単に取れるレベルのものでしょうか?
投稿日時:2005/09/06 18:11
  • 回答No.1
現在、社内で亜鉛ダイカスト製品のタップ加工をしておりますが、
アルミと比較すると硬度が低いので柔らかい感触で刃物の焼き付きも少なく切削性はかなりいいです。
ただし水溶性の切削油を使用する場合、エアーブローせずに丸1日放置しておくとすぐに製品が錆付きますので注意して下さい。
お礼コメント
noname#230358
にっせーさん、有難うございます。
参考にさせて頂きます。弊社は、非水溶性の切削油
なので、錆の心配はないと思いますが、他に注意
すべき点などありましたら、宜しくお願いします。
投稿日時:2005/09/01 15:56
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ