• 締切
  • 暇なときにでも

成型方法

  • 質問No.9445219
  • 閲覧数24
  • ありがとう数1
  • 回答数1
強化プラスチックで20*390*590*5tのカバーを20個試作するのに最適な製法をご教授お願いいたします
4隅は40Φで丸みをとり角は20Φの面取りし20*100の穴を12、5Φの穴を16箇所あけた構造です宜しくお願いいたします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
10年程前強化プラスチックで500個ほど同じ部品を作りましたが、業者まかせで深く関わらなかったので印象に深く残っておりませんでした。 今回また同様な部品を作る可能性が出てきたので、私も調べましたが、作る個数によっていろいろ加工法がありそうです。
下記の代表的な強化プラスチックの成形法が検索で出てきました。
一番上が一番手作業が多く、下になるにつれて機械加工の作業が多くなります。
A)ハンドレイアップ法
B)スプレーアップ法
C)RTM(レジントランスファ成形)
D)SMC/BMC法
E)FW法(フィラメントワインディング成形)
F)引抜成形法
もう少し各加工法の詳しい説明は下記URLに載っています。http://www.molymer.co.jp/frp.htm
これらの方法で作られた製品の一部見本が
http://www.hidecnet.ne.jp/~hc-kozai/frp-under.html
に載っていました。
最終的にはお付き合いのある業者さんと打ち合わせして、個数とコストと見栄え・精度のバランスの良い加工法を選択されることをお薦めいたします。
しかし、強化プラスチック協会があるとは思いませんでした。ここでFRP入門講習会が5月と6月に開催されるそうなので近い場所の方で参加されてみてはいかがでしょうか。
あまり参考にならなかったかもしれません。申し訳ない!
お礼コメント
noname#230358
抽象的な質問にきっちり答えてくださりありがとうございました、製造者さんと受け答えが出来る下準備になりました。
投稿日時:2004/03/10 16:15
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ