• ベストアンサー
  • 困ってます

計測器に要求される精度

計測器の必要精度について教えてください。 例えば図面許容交差±0.01mmのものを計測するためには、使用する計測器はどれくらいの精度が必要となるのでしょうか? 図面公差の1/51/10等の取り決めはあるのでしょうか? また校正を行う際、校正対象機器の精度に対して 非校正機器の精度は、「何分の一 以下でなければいけない」というような取り決めはあるのでしょうか? どうか宜しくお願い致します。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2213
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ミツトヨQ&Aでは ISO規格に準じた内容を推薦しています。

参考URL:
http://www.mitutoyo.co.jp/jpn/keisoku/faq/faq_5/5_1.html#q1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なるほど規格でこのように定められているのですね。 大変良くわかりました。

関連するQ&A

  • 計測機器の「精度」について

    計測機器を校正する場合、校正の対象となる計測器の精度がたとえば、0.5%だとすると、それを校正するのに使用する計測器(上位標準器)の精度は、どれくらいが必要なのでしょうか? つまり、校正対象の計測器精度に対する標準器の精度の考え方を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 計測器の点検者の力量管理

    計測器の点検者がどれくらいの力量があればいいのかわかりません。 誰にでも任せていいわけではないと思います。 どういった力量管理をしたらいいか、アドバイスお願いします。 ?計測機器の精度管理において、校正点数は何点とるのが一番ベスト  なのでしょうか?  校正点数を増やせば、その分 精度保証が確実になるとは思うのですが、  メーカー点検の計測器等、校正点が増える分、点検費用も掛かってしまう  と思います。  そこで、皆様方の精度管理はどうしておられますか?  アドバイス頂ければ、幸いです。

    • 締切済み
    • ISO
  • 計測器が狂っていたときの、それまで計測したものの…

    計測器が狂っていたときの、それまで計測したものの処置(実務的な対応) 計測器を一年間毎に校正していますが狂いが生じたものが見つかりました。 ISO的には、過去一年間にその計測器で合否判定したものを、再度検証することになります。 しかし、狂いが軽微であったり、対象物が多かったりと、実務的にどうしようか…と悩んでいます。 ”実務的”な対処として、どのような方法がありますでしょうか。 ※”技術の森”でこのような質問をしたらお叱りを受けそうですが、よろしくお願いします。

  • 計測器校正における「4対1理論」の考え方について

    精密機器製造業にて計測器の校正を担当する事になりましたが、計測の「4対1理論」の考え方について良く分かっていない事があり、教えて頂れば幸いです。 当社ではJCSS校正(社外校正)された標準器を使って、社内の計測器を校正しています。 その方法としては、大きく分けて以下のパターンになります。 A. 標準器の出力を被校正器に入力し計測   例:標準器は電圧発生機、被校正器はマルチメータ。 B. 被校正器の出力を標準器に入力し計測   例:被校正器はファンクションジェネレータ、標準器はオシロスコープ。 C. とある出力を標準器と被校正器の両者に入力し計測   例:標準器はマルチメータ、被校正器は電圧計。両者を並列接続し同一電圧を計測。 被校正器の合否基準ですが、「4対1理論」に基づいて標準器の精度の4倍以内であればOKとしているものが多いです。 標準器と被校正器の両者ともその精度が±x%Readingで、かつ上記A, Bの場合は分かりやすいのですが、Cの場合と、標準器と被校正器の精度がどちらも±x% Full Scaleの場合に、標準器と被校正器との間に「4対1理論」をどの様に考えればよいのか、いまいち理解ができていません。 Cの場合、被校正器の合否基準としては、標準器の値±一定範囲以内としています。 一定範囲の値は、標準器と被校正器で「4対1理論」が成り立つように決める、という事だと考えています。 例えば、精度が±1%Readingの標準器で、その値が101(100 + 1)のとき、被校正器の値は104(100 + 4)以内であれば良い、という事で問題ないのでしょうか? また、標準器と被校正器の精度がどちらも±x% Full Scaleの場合、「4対1理論」の精度比は測定幅で判断するものと考えています。 例えば、標準器のロードセルがあるとして、その最大容量が5kN、精度が±1% Full Scaleだとすると、その測定幅は±50Nとなります。 標準器と被校正器を正対させて重ねて設置し、両者に同一荷重が掛かるように測定した場合、被校正器の測定幅が±200N以内であれば合格とする、という事で問題ないのでしょうか? また、測定最大値が被校正器 < 標準器の場合には問題があると考えています。 つまり、被校正器のロードセルの最大容量が1kNとすると、その合否基準は1kN±200Nとなり、±20% Full Scaleという事になってしまいます。 (実際のところは標準器の精度は±0.2% FSですので、被校正器が1kNだと合否基準は±4% FSとなり、まだ許容できる程度だとは思いますが・・・) そもそも、測定最大値が異なるFull Scale同士で校正すること自体、妥当ではないのでしょうか?

  • 計測器の校正管理(対象とするか?対象外とするか?)

    お世話になってます。 タイトルの件でお尋ねです。 部品の検査で使用する計測器、 ノギスやマイクロ等は当社では校正対象としています。 スチール製の定規や巻尺等の管理はどのようにされて るかどなたか参考までに教えていただけないでしょうか? ちなみに、当社では、校正対象の計測器は管理番号をつけ ISOで要求している管理をそれなりにやっています。 校正対象としていない計測器の管理が若干弱いです。 巻尺なども月に1回の点検など必要になってくるでしょうか? どなたかお願い致します。

  • 計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)

    計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)と値の安定性(Sta)がありますが、その違いをもう少しわかりやすく教えていただけませんか? また一般的に測定時に出た値に対して使うのはどちらでしょうか? また、例えば精度がプラスマイナス10μmの計測器の分解能が1μmという計測器の場合、分解能が1μm単位でも、精度が10μmでプラスマイナス動くのであれば意味がないように感じますが。。。 業界の方にとってはくだらない質問かもしれませんが、ご教示よろしくお願いします。

  • 計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)

    計測器の精度について質問です。 精度の中には、経時誤差の精度(Acc)と値の安定性(Sta)がありますが、その違いをもう少しわかりやすく教えていただけませんか? また一般的に測定時に出た値に対して使うのはどちらでしょうか? また、例えば精度がプラスマイナス10μmの計測器の分解能が1μmという計測器の場合、分解能が1μm単位でも、精度が10μmでプラスマイナス動くのであれば意味がないように感じますが。。。 業界の方にとってはくだらない質問かもしれませんが、ご教示よろしくお願いします。

  • 運休中の計測器の取扱い

    弊社では、計測器を「校正対象」「校正対象外」に区分して管理しています。 この管理形態をとっている企業は多いと思います。弊社では「校正対象」の殆どは社外にお願いをしています。 最近は製品の動向が激しく、安定したリピート生産が出来ない状況にある為、計測器も眠っているような状況(運休中)のものがあります。 現状社内ルールからすると、校正期限に近くなったものは更新(校正)を行うのですが、使用予定がないことから「一時保留」として、生産予定が入った際に校正を行うようなルールへの見直しを考えています。経費削減です。 ISO9001審査への対応を含めて考えたいと思っています。 計測器に関して多くの情報が本サイトに載っていて、過去を検索したのですが見つかりませんでした。 このような事例があれば、紹介いただけるとありがたいのですが・・・宜しくお願いします。 下記アドバイスで、『運休』に入る前にそれまでに行った計量に対しての妥当性の観点から『校正』が必要との情報を頂きました。その通りと思いますが、 であると、運休を予定しているにも関わらずその前に校正を行う為に、経費削減等に結びつかないものとなります。 校正の本来の意味からすると、端的には?製品測定前に校正がされていること、?製品測定後に校正することとなります。?と?の間、周期(有効期限)は1年ぐらいですが。 これですと『運休』をルール化しても現実には、期間が2年以上でないと適用できない(効果が出ない)ものとなりそうです。 うまい方法はないでしょうか?

  • 計測器管理

    校正対象外の計測器は、検証(日常点検)が、必要無いと認識しておりますが、検証(基準マスターによる日常点検)ができない場合は、社内ルールを作成して運用する事で問題ないでしょうか、ご教示をお願いします。

  • 計測器の校正(較正)について

    電子計測器を1年に1回、外部業者に校正を依頼しています。 「校正」とは、その計測器の性能が規格範囲に入っているかどうかを検査するものだと聞いています。 あくまで検査のみで、もし外れていたときにそれを入るように調整することは「較正」で、これは、通常、その計測器メーカが行うものだとのこと。 ここでちょっと思ったのが、毎年校正に出して、一応、「規格範囲内」ということで校正証明をもらっていますが、実際、その計測器も経年変化等により、徐々に誤差は増えているのではないかと思います。 「規格範囲内」ではあっても、十分規格に収まっている場合と、辛うじて収まっている場合とあると思うのですが、誤差が大きければ、たとえ規格範囲内でもそれは「較正」をかけたほうがいいような気がします。 このあたりの判断は、誰がどうやってすればいいのでしょうか?(校正業者が、校正時に「誤差が大きいですよ」教えてくれる?) また、毎年の校正でもし、不合格があったときは、当然、前回の校正時以降、その計測器を使った試験などは、校正されていない計測器で行ったことになり、これは問題ですよね。 そのときの対応って、具体的にどうするのでしょうか? そうならないために、日頃から、どうしておけばいいのでしょうか? ご教授お願いします。