• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

BTA加工・ガンドリル加工の違い

簡単な事かもしれませんが、BTA加工とガンドリル加工の違いを教えてください。(加工精度、面粗度等もわかれば) 私としては、大きい穴加工はBTA、小さい穴加工はガンドリルと認識しておりますが・・・。 ドリル径で重複しているサイズがあると思うのですが、その場合の各加工の長所、短所等をご教示ください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2678
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

まず刃物が全く違います、これは加工した後の切り粉がどこを取って排出されるのかによって変わるからです。 ガンドリル刃物: http://www.iris.dti.ne.jp/~ymkt/drills27.html  BTA刃物: http://www.fs21.com/deepholetool.htm ご覧のようにガンドリルは工具が回転しその中をクーラントが通り先端から出て切り粉を外周にある溝を通り押し出します。 普通の機械で(例えばMC、LNCなど)で使用できますが切り粉排出面積(穴の面積の1/4)はBTAに比べて少ないので効率はおります。 BTAはご覧のようにクーラントは穴の外を通り、(当然漏れないように蓋をします)刃物の先端より刃物の付いたパイプの中を取って排出されます。 当然専用機が必要です、ただ切り粉は一番通りやすい丸形状のパイプを通りますので送りが上げられ穴開け効率が良いです。 ご質問の加工径での使い分けですがやはり小径ガンドリル大径BTAと思って良いようです 大体ですが30が境目でしょうか、勿論それぞれ他の目的で小径でもBTA加工する場合もありますしその逆もあります。 加工精度、面粗度等そんなに違いは無いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答有難うございます。大体わかりました。ただ、どういった目的の違いでガンドリルとBTAを使い分けるのですか?お分かりでしたらご教示願います。 毎度早速の回答有難うございます。大変よくわかりました。また、わからない事がありましたらご教示いただけるようお願い申し上げます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

>どういった目的の違いでガンドリルとBTAを使い分けるのですか?お分かりでしたらご教示願います。 BTAの条件 1.専用機が必要、よって既に持っているか、加工が大量で新規設備の予算が取れる場合。 2.穴径が30以上(一概に言えない、ウチでは50でも1.の理由でガンドリルで加工している) ガンドリルの条件 1.小径30以下 2.加工が少量で種種の機械で加工しなければならない(例えばMCで加工したり、もちろんガンドリル専用機も有るがBTAの用に必須では無い) 簡単に言うと穴径と予算次第。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ガンドリル加工の振れについて

    ガンドリル加工をしている作業員のものです。 ガンドリル加工の際、振れが大きくて大変困っています。 振れの大きさはまちまちですが大きいときで心から4mm以上。 SCM440 90~150丸×800~1000L(黒皮材)に、6~10mm穴を貫通(反転不可)です。 切削条件は、周速70~100M、送り0.01~0.02くらいの幅で色々試しています。 ワークのドリル食い付き側端面はミーリングして直角を出し、油漏れを防いでいます。 マシンはNCのガンドリル専用機で、ワーク固定式です。 ドリルは標準のベベルタイプで2点ガイドパッド型を使用していましたが、あまりに大きく振れるので、3点ガイドパッド型に変えましたが、あまり効果がありません。 研磨は自社でやっていますが、新品ドリルでも振れの度合いは変わりません。 ドリルブッシュもほぼ新品を使用しています。 個人的に、振れの原因は材料組織にあると思います。 焼きナラシ(あるいは焼き入れ)をして加工すると比較的まっすぐに空くからです。儲けがなくなりますが・・・。 また、高炉材を使用すると比較的まっすぐに空きますが、支給される材料は電炉材です。 それに、ワーク径が大きくなればなるほど振れは大きくなりますが、おそらく材料中心の結晶粒が粗くなるためでは・・? 愚痴になりますが・・・。 私には加工をする際の色々な決定権がなく、情報を営業部(ど素人です)に与えて、対策の指示を受けるのですが、今回は「ガンドリル加工前に黒皮を剥いてみたら」でした。 黒皮を剥けば、多少なりは振れは小さくなるのは解っていますが、4mm以上の振れの原因が黒皮にあるとは思えません。 営業では、多少なり私の腕を疑っているフシがあり(悲)、例えばとある機械メーカーの加工営業に出せば、真っ直ぐに空いて戻ってくると思っているようです。 機械も条件も一緒なら結果は変わらないと思うのですが。 この場合、最も効果的な対策はおそらく焼きナラシでしょうが、それはコスト面から避けたい。 現在、高頻度で3mm以上振れていますが、これを2mm以内に抑えたい・・・。 ワーク固定式のガンドリルマシンではこれで限界なのでしょうか? 丸棒ではなく板の加工でも同様の悩みはあるものでしょうか? 詳しい方、同様の経験をされている方、何卒ご教授願います。 追記します。 ガンドリル加工経験の方や専門の方以外でも、ガンドリル加工を依頼したものの、思うような精度が出ず、トラブルになったというご意見でも結構です。 私にとって今後の参考になると思います。 過去ログに同様の書き込みがあったようですが・・・SUJ2の1M以上の穴あけのケースですが、ドリルも細いですし3mm程度の振れは出ることもあるでしょう。 材質(素材メーカーも)、材料径、材料長、材料の状態(端面は鋸切断面か、外径は黒皮か、磨き材か、旋削加工されているかどうか、熱処理は?硬度は?)、ドリル径、などなど色々な要素で振れ精度は変わってきます。 一概にどれだけの精度が出るか即答は無理で、勘と経験の世界になります。 事前の打ち合わせが大事です・・・加工業者の説明不足ですね。 私どもの会社でも素人の営業が顧客と打ち合わせをするのではなく、私を混ぜてくれればだいぶん、違うのですが・・・。 あるガンドリル加工業者のホームページでは、わざわざ「失敗した場合は責任はとりません」などという意味の一文を載せているところもあります。 150丸を回せるワーク回転型のGDマシンは探すのが大変でしょう。あるんでしょうか?

  • ガンドリル後の曲がり修正

    丸物のガンドリル加工後、芯からずれている場合 どのように修正し外径を加工すれば良いのでしょうか? 何か特殊な治具などがあるのでしょうか? 穴は中心からずれた所に貫通しています。

  • センタードリルについて

    ドリル加工前のセンターはどのくらいの径まで加工しますか?例えばφ10のドリルの場合は?またセンターの加工径の大きさによってドリル穴の加工精度は変わりますか?

  • ガンドリルの深穴加工について

    ガンドリル加工で、深500700でφ15前後の 加工をした場合の、面粗度はどのくらい可能ですか? (▽▽▽は不可能?) 材質はSS41です。 現状では、S50Cを使用して切削性を重視しています。 ただ、材料を溶断した際に焼きが入ってしまう為、 焼きなましの工程が必要になってしまいます。 (複雑な形で使用する為、溶断は不可欠です) 以上の内容ですが、よろしくお願いします。

  • ドリル加工での孔曲がり防止

    マシニングセンターでアルミ(純アルミに近くとても粘っこい)を加工していますが、リーマの下穴ドリルがどうしても曲がってしまい、リーマの精度がばらつきます。径はφ8ですが、下穴が曲がらない加工方法(条件)を教えて下さい。ちなみに現在使用しているのは、超硬のドリルで深さは30mm程度です。

  • インコネル718の穴加工

    インコネル718にマシニングセンターで ガンドリル加工を考えております。 (位置精度が厳しいので) マシニングセンターで使用するのに適切な ガンドリルは無いでしょうか? ちなみに穴径はφ3.18です。 切削油剤は水溶性ですが大丈夫でしょうか?

  • ガンドリルの加工手順

    SUS410材 T12*W203*L293にφ4.2深さ194の穴加工があります。ガンドリルならいけるのかな?と思っているのですが経験がありません。工具の選定や条件などアドバイスお願いします。加工を請け負ってくれてもいいんですが。

  • ドリルの加工径が大きくなってしまいます。

    こんばんは。 私の職場でドリルで空けた穴が大きくなってしまうという問題が発生しました。 詳細 マシニングセンタにてΦ14程度のドリル加工したところ穴径が0.5mm程度大きくなったものをそのまま焼き入れに出しました。その後、仕上げ工程にて穴を仕上げようとした際ドリルの加工面が取りきれなかったという問題です。 その他に一般公差を外してしまうくらい穴径が大きくなることがたまに発生していました。 加工時の主軸の振れは0.1mm以内でBT50のホルダーを使用しています。 ドリルは三菱マテリアルのハイス綱、テーパーシャンクドリルを使用しドリルの前にはΦ3のセンタードリルにて5mm加工しています。 ドリルの再研は手研ぎにて行っています。 このことを受け、現在ドリルの研ぎ方を今一度練習しているのですがそれでも最大で0.2mm程度は大きくなってしまいます。 皆様の会社ではドリル径が大きくなってしまうようなことはありますか? 穴径が大きくならないための解決法があるならぜひ教えてください。

  • ガンドリル

    ガンドリルでSKD61焼き材(HRC48)に、Ф5で深さ300mmの止穴 を加工したいのですが、どこのメーカーのドリルが適しているでしょうか? 加工経験のある方いましたら回答よろしくお願い致します。

  • ガンドリル加工での曲がり?

    ガンドリルマシンで概ねΦ25の長さ300のワークにΦ14の穴を貫通させるのですが 穴が斜めになるので150mmずつの2工程にて加工しています。 このときに1工程完了時(未貫通時)に ワークが0.1~0.2くらいの反りがでてしまうのですが これはガンドリルの曲がりがワークに転写されるのでしょうか? それともワークの応力残りでしょうか? ワークは鍛造素材のシャフトで中間に大小3箇所のツバがあります。 もしガンドリルに側に原因があるとしたら 刃物・設備等の調査調整個所を教えてください。 よろしくお願いします。