• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

用語

  • 質問No.9443866
  • 閲覧数1314
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
装置物の取説を見ていて気が付いたのですが、
耐用年数 と 設計寿命 の
意味の違いは何でしょうか?
それとも同意語として捉えて良いのでしょうか?
最近に気になってしょうがなく、
質問させて頂きました。
近く、取説を作ることがありそうなので、
ご教示ください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー
耐用寿命;
製品を使用開始後,実際に製品が使用できなくなるまでの時間。
経験上または推定の時間となり,製作者及び使用者の利害関係または製作者の製品戦略から決まる,いわば保証時間。

設計寿命;
製品を使用する前に,あらかじめ計算で求めた使用可能時間。
計算は理論に基づくものなので,製作者及び使用者双方が納得できる。
お礼コメント
noname#230358
ありがとうございました。
ぼやっとしていたのがすっきりすることができました。
投稿日時:2004/08/09 10:16

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
税法的に耐用年数といえば その装置を償却が完了するまでの年数を指します。これは、通常の使用環境下で、平均的に維持できると国税庁が判断した年数です。

ただ、取説に記載している耐用年数は、これとは同一ではなく、設計寿命と同じ意識で記載している場合が多いように思っています。使っている人によって、まちまちなのかもしれません。
お礼コメント
noname#230358
ありごとうございました。やはり曖昧なのですね?
投稿日時:2004/08/09 10:18
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ