• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ボールエンドミルの補正のかけ方!

 いつもお世話になってます。  今回はボールエンドミルの補正のかけ方です。平のエンドミルに径補正は径の半分ですよね。しかし、ボールエンドミルの径補正は切削している面よって変わってくるのはわかるのですが、どのようにかければいいのでしょうか?もちろん、Z軸も違いますよね?  少し考えたところ、径補正は「r*cosθ」、Z軸は「r*sinθ」でよいのでしょうか?しかし、変数を角度で指定してないときにはどのようにθを定義してやればいいのでしょうか?(2.5次元加工を想定して考えています。)  どうか教えてください!  2.5次元加工で、傾斜で降りている場合は、Z軸を変数にして、径補正「z*tan〆」(〆:傾斜の角度)ですよね?   上記は、円(半円を含む)で降りていく場合です。(いつも説明不足でごめんなさい)

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

#3です。 もちろんボールの中心で考えるのが良いでしょう。フラットエンドミルの場合は目的の深さで切り込み側面に対して半径分の補正を行います。 では、ボールはどうでしょう。これも側面のみ削るなら、同様の扱いで構いません。 しかし2.5次元あるいは3次元となると工具は球状であるという扱いとなり、工具の中心はその球の中心となります。 極端に表現すれば横も先端も斜めも前面が「側面」であると言えます。 ですから、削りたい面に垂直になるように中心をもっていくような位置決めが必要になります。 計算でもそのボールRの中心を求める事になるので、そのようにプログラムを作るのが良いでしょう。 CAMを使わないプログラムにはやはり限界があります。その辺を見極める必要があります。 以前アドバイスしました径補正を大きくしていくことで2.5次元加工をするという方法は、ある意味裏技的と言えます。 なぜなら、本来工具の径補正は一定であるのが望ましいからです。つまり工具径は変わらないはずだからです。 しかしながら、上面形状が複雑な場合形状プログラム自体を切り込みにともなって変化させることは難しいため、そういった方法を使いました。 R形状で下がっていく場合も同じ考え方になります。 Z切り込み一定でも角度一定でもいいのですが、とにかく形状とボールの中心との関係を求めなくてはいけません。 中心が解ればZはそこからR分下がった位置ですしXYは形状からボール中心の位置を補正とすればいいです。 即席でプログラム書いてみました。自宅のため動作確認出来ないので間違っている可能性高いですが、合っていれば参考になるかもしれません。 以前のアドバイスの様に角度にともなって径補正を大きくして離していきます。 上面形状は20パイです。 そこから20RにてZ-20のところまで円錐のようにします。 斜面がRになった富士山???です。 工具長補正はボールの先端です。 工具番号と径補正番号は1とします。 使用工具はR10ボールとします。 今回は意味が分かりやすい(?)ようにローカル変数を使ってみました。 注)形状プログラムをサブプロ化する場合は、ローカル変数ではマズイです。 OREI1 G15 H1 G90 G00 X0 Y0 S_ G56 Z100 H1 M8 M3 BLR=10(ボールR) RR=20(形状R) PIC=(ピック量{一回の切り込み角度}) AGL=0(初期角度) N10 AGL=AGL+PIC VTOFD[1]=RR-[RR-BLR]*COS[AGL] ZZ=-[RR-[RR-BLR]*SIN[AGL]]-BLR G0X15+VTOFD[1]Y0 Z=BLR+5 G01 Z=ZZ F_ G41 G1 X10 D1 G02 I-10 G40 G00 Z10 IF [AGL LT 90] N10 M09 G00Z100M5 M02 もうひとつ・・・。 これは何かの参考になれば・・・程度ですが、X0Y0の位置で30パイ内径の円弧補間をあえてG1のみで加工するプログラムです。何かのヒラメキのきっかけにでもなれば幸いです。 注)もちろんこれも即席なので間違っている可能性高いですが(滝汗 OREI2 G15H1 G90 G00 X0 Y0 S_ G56 Z100H_ M8 Z10 M3 Z-10 KEI=5 RR=15 PIC=0.1 / AGL=0 N10 XX=[RR-KEI]*COS[AGL] YY=[RR-KEI]*SIN[AGL] G01 X=XX Y=YY F_ IF [AGL LE 360] N10 G01 X0 Y0 M9 G00 Z100 M5 M02 長くなりましたが何かのヒントになれば幸いかと思います。 PS 間違っていたらすみませんm(__)m 間違いに気づいて直すことが出来たら理解できた証拠ですね・・・って無責任!?(笑

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 まーぼーさんとてもありがとうございました。     遅くなってすみません。とても興味深い回答ありがとうございます。二番目のプログラムとてもおもしろい発想だと思いました。プログラム的には複雑になりますが、いろいろな応用がききそうな気がします。(どのようにつかっていいのかは、今はわかりませんが)  今後もよろしくお願いします!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

形状加工自体をどのように求めているのか分からないので適切かどうか分かりませんが、R形状でZ寸法を一定量切り込んで加工するのであれば、そのRの中心からの角度θは分かるかと思います。 角度が分かれば径補正と実際のボールのZ値は計算出来るのではないでしょうか。 また、Zの切り込みを一定にするのでは無くRの中心からの角度を一定にして切り込んだら、径補正値やZ補正(?)の計算も楽かもしれません。 これらは以前の質問から、ある形状のの付け根にR形状があり、それを2.5次元加工したいという推測のもと書いております。 形状の断面などの図面を描き必要な情報を描いて、ボールエンドミル等も描き込んでみて、それらから計算式を考えてみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 まーぼーさんありがとうございます。  この質問は前の質問と関連しています。一個目の加工は底面がなかったので、そこまで深く考えず(安易に)プログラムを組んでいました。(知識も少なかったのですが){まーぼーさんが言われているように、そのときは、角度できりこみを決めていました。}  しかし、色々考えているうちにここはどうなんだろうと思って、この質問をしました。  「Rの中心からの角度を一定」とありますが、どうもフラットエンドミルしかつかってなかったせいか(MCではなく、凡用フライス)、ボールの先(一番下の部分)で考えてしまいます。  どっちの方が考えやすいのでしょうか?また、どっちの方がプログラム組みやすいのでしょうか?みなさんは、Rの中心派の方が多い(全員)だと思いますが。  どうか教えてください!  

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

原理的な話で失礼します。 質問のθは加工点近傍平面の垂線となります。 三次元加工におけるボールエンドミル径の補正は、加工面に接する球の中心が工具経路となります。しかし、これでは3次元同時制御を必要とします。 実際には必要精度の10倍以上で計算して経路を求め、誤差の許容値を考えながら等高線や経線に単純化した経路(2.5次元)を再構築して誤差を求め、許容値内に収まるか否かを判定します。 こうした計算はマクロ機能を用いるか、適当なCAMソフトで実現しています。 いずれにしても、三次元加工では必ず誤差が生じるので、誤差を少なくしようとすればツールパスが長くなり、加工時間が大きくなります。

参考URL:
http://tech.sci.nagoya-u.ac.jp/databook/w1999/w5.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kinko-zさんありがとうございます。  ボールの径補正は三次元同時制御?!とはなんのことですか?XYZに補正をかけるということなのでしょうか?  また、普通はどのようにMCでボールで削っているのでしょうか?頭(MCのメイン)でかってにボールだからこうしなさいとは、してくれませんよね?  どのようにすればボールで削って、図面形状どうりになるのでしょうか?  どうか教えてくさい!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

質問は、工作機械の制御機単独でできるか?ということでしょうか?であるならば、否ですね、どんなにマクロをくんでも実用的で汎用のものは出来ないでしょう。祖ためにCAMがあり皆さん高い金を出してるのですから。FANACにはオプションで3次元オフセットがあるはずですが使ったことはありませんし対応してる、CAMも知りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

CEのユーザーさんありがとうございます。  やはり、どの部分があたっているのかは一概にこれだっとはいえないのですね・・・・。  もしも、その場でボールエンドミルでプログラムを組むとしたら、どのように考えて組めばいいのでしょうか?  どの部分があたっているかがわからなければ、思った形状にはできないのですが・・・・。  まだ、MCに触り始めたばかりなので、このようなこともわかりません。どうぞ、ご指導ご鞭撻のほどを!

関連するQ&A

  • ボールエンドミルの工具径補正

    今月からマシニングセンターのプログラムを勉強し始めたばかりの初心者ですが、なにとぞよろしくお願いします。 ボールエンドミルを使用する場合の工具径補正について教えてください。 普通のエンドミルはXY平面上で工具径補正をしますが、ボールエンドミルで傾斜面を削る場合は、どのように工具径補正のプログラムを考えればよいのでしょうか。3次元的に工具径補正するようにプログラムするものなのでしょうか。(・・・というか、そういうように出来るものなのでしょうか) どうぞよろしくお願いします。

  • XZ平面でのボールエンドミル補正について!!

    いつも、お世話になってます。早速ですが、質問させていただきます。 XY平面では工具直径の半分の値を入れるのは分かるのですが、XZ平面での補正の設定が分かりません。工具経路は?→?→?→?の順です。?から?にかけて斜面30°になっています。ボールエンドミル(R5.0)を使用して補正無しで加工した場合?から?にかけてで切り込みが発生すると思います。この場合径補正は「r*cosθ」、Z軸は「r*sinθ」の値を入れてやればいいのでしょうか??G17平面以外の加工を初めて行うのでかなり考え込んでいます!!(-_-;) アドバイス宜しくお願いいたします。m(_ _)m               ?      ?                ―――――――                /             /     ?     ?/     ――――――/ ?の座標X-10.0Z0.0 ?の座標X100.0Z0.0 ?の座標X151.962Z30.0 ?の座標X180.0Z30.0

  • ボールエンドミルによる5軸加工

    ボールエンドミルで平面部を加工する際に、 ボール先端の周速度ゼロの点を回避するために 軸を傾斜させて加工をしようと思います。 このとき、どの程度の傾斜が適切だと思いますか?

  • 工具径補正について

    マシニングおいての径補正についてですが 下記三点どうかご回答お願いします。 ?径補正は G41・・・D05 セットなのでしょうか?? 一度キャンセルするまで 単独で D05 と指令してもよいのでしょうか? ?計補正をかけながらのZ軸指令は可能でしょうか?? その時普通のエンドミルで送りを遅くすれば斜めの加工は出来ますか? ?別件になるのですが手締めバイスではみ出して加工したいのですが しっかり材料を保持する為に何か良い方法有りますか?? (Z軸ドリル加工 W200バイスに対してL500材料)

  • ボールエンドミルでの加工について

    3D加工でφ0.2~φ0.8までの工具を頻繁に使用していますが 他のφ1~φ6で加工した部分よりも0.005~0.010ほど取りすぎてしまいます。 材質はステンレス鋼からアルミまで行っていますが 特に非鉄の加工で顕著に現れます・・・  何か対策はありますでしょうか? それから、ボールエンドミルのR精度は±0.002なのに工具径が0.01ほどマイナスしているものが有りますがどうしてですか? Rと径の関係? 御知恵を貸してください。 宜しくお願いします。

  • フラットエンドミル加工について。

     宜しくお願い致します。  私はプラ型の製品部のMC加工を担当してますかずぼうです。  フラットエンドミル加工について、とても悩んでます。アドバイスをいただけたら幸いです。    材質はNAK80などで、側面テーパ_底面フラット_面交差部エッジ のいわいる2.5次元的な加工です。ボールで可能な所をしあげて、最後に底のエッジ部をフラットで仕上げてるのですが、すでに仕上がり済の底面に当たらないように、長補正を+0.02から+0.03ほど上げて加工するのですが、底面に-0.015くらい食い込みます。加工前に30分から1時間程度の暖気(実加工回転数)はしてます。パスは、角度がキツければ等高線加工で、ユルければZ軸を斜めに駆け上がる加工です。 感じ的には、駆け上がり加工のほうが、より食い込むようです。また、高回転のほうが食い込むようです。 Z軸運動が多い為、Zサーボの熱変位だと思いましたが、検証の結果は違うような感じです。主軸の暖気はしてるのですが、例えば「ボールよりフラットの方が、工具自体が伸び易く、さらにZ軸アプローチを繰り返すうちに底面に垂直に接触して食い込む」のではないかと思うのですが、いまいちシックリきません。 仕上げの人たちに怒られて困ってます。かといって、できるだけ無人で仕上げないと、社長がおこります。 どなたかアドバイスを宜しくお願いいたします。

  • 工具補正 プログラム

    始めまして皆様、 工具補正についてお伺いします 工作マシンは森精機NV65 で、内径82.mm深さ3.0ほどのポケット加工を しましたが最初にプログラムを作ったときに 径20.mmのエンドミルで補正値10.mmをいれて加工その後 エンドミルが痛んだので径21.mmのエンドミルに交換して プログラムはそのまま、 径補正で10.5mm入力して加工しましたが径が 大きくなりすぎました径82.8mmぐらいになりました 補正とプログラムも作り直さなかったらいけなかったでしょうか??? 初心的な質問ですいませんが教えてください

  • 荒加工用ボールエンドミル

    現在削り出しパーツの切削を行っているのですが、荒加工に使用しているラフィングボールエンドミルの消耗が激しくて困っております。 また、エンドミルの材質はハイスです。(超硬のものを探したのですがありませんでした) それに、加工方法の都合上(掘り込み加工みたいな感じです)、フラットエンドミルは使用できず、工具径も12mm以下の径のものまでしか使用することができません。 他の加工で使用している超硬のコーティングラフィングエンドミル(フラット)が調子が良いのでボールでも同じようなものを探しているのですが、荒加工用に適した高能率のものや小径のスローアウェイチップの工具があれば紹介していただきたいのですがいかがなものでしょうか? もしくは掘り込み加工でもフラットエンドミルを使用できる加工方法がありましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • ボールエンドミル加工

    こんにちは、NCフライス3次元加工をしていますが、 140パイの円周に深さ12ミリで7R10Rのボールエンドミルで割出し台を使用し45度づつ回転させ加工していますが、深さ12ミリの為荒取りが6ミリづつ2段階にわけて、ピックフィード2ミリで0. 3残して加工し 仕上げは、ピックフィード0.5で加工しますが、回転数とテーブル送りに悩んでます、ボールエンドは日立のUSM使用しています、仕上げは回転も送りも速いと思いますが、機械が古くMAX2000回転です教えて下さいお願いします、 こんにちはNCフライス3次元加工をしています。 材質SS41で140パイの円周に深さ12ミリで7R10Rのボールエンドで割り出し台を使用し45度づつ回転させ加工していますが、深さ12ミリの為、荒取り6ミリづつ2段階にわけ、ピックフィード2ミリで0.3残しで加工し、仕上げはピックフィード0.5 で加工しますが、回転数とテーブル送りに悩んでます、ボールエンドは日立のUSMを使用してます、仕上げは回転数も送りも速くなると思いますが、機械が古く回転数MAX2000です 教えて下さい、お願いします

  • ボールエンドミルの選定

    いつもお世話になります。 工具についてなのですが 品物の隅にR3,R5,R8,R10の4種類があります。 工具は新規に購入予定です。 出来るだけ汎用性と経済性を持たせたいと思い、 ホルダ(シャンク径φ32以下)1本でこの4種のRを加工したいのです。 自分が調べた範囲でフェイスミルの刃先がRのもの、 ボールエンドミルのスローアウェイ式のもの。 両者ともホルダに対しチップのRが一定でした。 調べたのは三菱です。 普通に考えれば1本のホルダに4種のチップが付く事はないですよね・・・。 もう一つはどこかのHPで昔見たのですが、 ホルダの先に穴があり色々な形状のソリッドバイト?を取り付けるもの。 イスカルのマルチマスターヘッドも見ましたが 刃物が10個単位で少し躊躇します。 最悪は4種のソリッドエンドミルを買えばいいのですが なかなか気が進みません。