• 締切済み
  • 困ってます

鋳ばなし品(黒皮)の幾何公差は?

JIS規格には普通一般幾何公差として、JISB0419がありますが、適用範囲としては主として除去加工によって製作した形体に適用する。となっています。 皆さんは、鋳ばなし品の場合の幾何公差はどうしているのでしょうか。 例えば,規定される二面が、片方は鋳バナシで片方は切削面だとどうしているのでしょうか。また、両方とも鋳バナシの場合は? よろしければ、色々と教えて下さい。 よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

私どもの手順です。 1)設計段階で鋳造方法(型形状、機械込め/手込め、木型/金型、力量)とJIS B 0403を元に推定される幾何公差を設定します。 2)型製作後初品検査データと上記公差を検証します。経験上は、肉厚気味になる以外は設計値をほぼ満足します。 3)要求する幾何公差を満足しない場合は、鋳造部門(協力工場)と打合せを行い、型修正若しくは図面修正を行います。 4)さらに要求を満足しない場合は、除去加工を指定しない加工(鋳ばなし面の凸部のみを除去)を指定し形状、寸法を調整します。 5)木型は磨耗が生じやすく、当初の形状が崩れてきますので、定期的検査が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 公差付けのやり方が分かってきました。 また、よろしくお願いします。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

どうしても鋳肌に対して幾何公差が必要なら、 まず鋳肌部分の平面度(辺であれば真直度)を決めます。これは成形方法の性能によって決まりますので、精度はそれなりの値ということになります。(砂型などの場合は、決めきれるか疑問ですけど。)ここを基準にして、直角度なり平行度を定義するといった感じになるでしょうか。 ある程度精度の高い安定した成形方法でないと、振れが大きくて、決められない気がします。 図面にはしても、歩留まりが悪くて製作不能かコストの高い品物になるでしょうから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 よく分かりました。 参考にさせていただきます。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

加工やです。 今まで見た図面の経験から申しますと比較的大型で砂型でふいた黒皮(例えばFC系)ですと隣接するパーツとのクリアランスが35mm以上は必要のようです。 これは黒皮単体でみた場合は多いと感じるでしょうが全体のひずみ(変形)まで考慮しますとそういった数値になります。 クリアランスが少ない場合は黒皮に公差を付けこの公差をオーバーすれば加工のこと と但し書きが入ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答有難うございます。 すみません、私の説明が悪かったようです。 例えば四角柱の辺と辺の角度が90°だとするとこの90°に対する直角度の公差はどのようにして決めているのか知りたかったのです。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

 JIS B2239(フランジの規格)に,フランジ厚さの公差が規定されています。片面は加工してあります。この規格において,マイナスの公差が0(ゼロ)になっているのは,強度が必要になるからでしょう。参考の一つになるかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の御回答ありがとうございます。 早速、JIS本確認してみます。

関連するQ&A

  • 普通公差(幾何公差)について

    今、部品図を描いてるのですが、 図面中にJIS B 0405-mの記載してこの許容差を基準として必要な場所に個々に公差を入れてますが幾何公差の基準は?と、ふと、思いました。今まで図面中に普通公差として幾何公差JISB0419を記載していなかったのでこれも記載すべきでは・・・と思ったのです。(今まで、記載が無いからといって幾何公差について問題になったことも有りませんが・・・) そこで、幾何公差のJISB0419も図枠中に記載したいと思っています。記入方法はJIS B 0419-mKと記載したいと思います。 まず、記載に間違いは無いでしょうか? この記載は一般的に通用するものでしょうか? これをご覧の皆さんは図面中にJIS B 0419の記載はしておりますか? 図面に、長さ公差も幾何公差も記入してあるのだから、JIS B 0405 の記載があってJIS B 0419 の記載無いのはどうなんだろう? 普通公差(幾何公差)皆さんの図面はどうしてますか?

  • 板金加工(プレス)の普通幾何公差

    板金部品の普通公差がJIS B 0408に記載されているのですが、普通幾何公差については記載がありません。JIS B 0419に普通幾何公差の記載がありますが、対象が主として除去加工によって製作した形体となっていますので、板金部品は対象外のようです。板金部品の図面に普通幾何公差を指示する場合どうすればいいのでしょうか。

  • 幾何公差のデータムについて

    JIS B 0022にて幾何公差のためのデータムが定義されていますが その中で「データム形体」と「実用データム形体」の違いが良く理解できません。 データム形体 :データムを設定するために用いる対象物の実際の形体 実用データム形体 : データム形体に接してデータムの設定を行う場合に用いる 十分に精密な形状をもつ実際の表面 幾何公差を図面に指示するのにあたりなにか使い分け等あるのでしょうか?

  • 表面粗さ・幾何公差に対するCp値とは?

    前回の幾何公差のときは大変お世話になりました。 さて遅ればせながら最近Cp、Cpkに関する勉強をし始めております。 素朴な疑問なのですが、表面粗さや幾何公差に対するCp値管理って成り立つのでしょうか? 仮想データを用いて、面粗度や幾何公差のCp値シミュレーションをしていたのですが 片側規格(上限規格)での計算をした時に、数値的には決して悪くないのに Cp値としては何気に低い場合がありました。 面粗度も幾何公差も数値的に小さいほど良いわけですが いろんなパターンで仮想データをばらつかせてみると 見た目のデータは良さそうなのにCp値は低い・・・。 何かよくわからなくなってきました。 乱筆乱文で恐縮ですが、皆様のご見解をお聞かせいただけませんか? よろしくお願い致します。

  • 幾何公差

    プレートを鋼管に溶接の際に、上下対称に垂直に溶接する場合、幾何公差は片方を省略することは出来るのでしょうか?

  • 幾何公差に関して

    度々の質問で申し訳ありません。 幾何公差の種類に姿勢公差と位置公差がありますが、そのどちらにも線の輪郭度公差と面の輪郭度公差が含まれています。 『JISにもとづく機械設計製図便覧』を見ながら勉強していますが「図示例とその解釈」の中には位置公差としての輪郭度公差の例が紹介されておりません。 軸線に対する3平面データムからの位置度公差のような使い方が出来るのでしょうか? 実際、位置公差としての輪郭度公差はどのような状況で用いるものなのでしょうか? 詳しく知りたいので教えて下さい。また記述のある文献をご存知でしたら教えていただきたく思います。 大変申し訳ありませんが、ご教授のほうをどうぞよろしく御願いいたします。

  • JIS普通寸法公差の適用について

    金属プレス部品に一部切削加工が入っています。 切削部はプレス面を基準面として寸法が指示されており 公差の無い一般寸法で指示されています。 この場合、 普通公差(JIS B 0405)と金属プレスの普通公差(JIS B 0408)の どちらが適用されるのでしょうか? 知見ある方、宜しくお願い致します。

  • 試験温度に公差の指定がない場合の一般公差について

    役所関係の樹脂成形品の試験要綱に試験温度が記載されていますが 公差がありません。 JISの規格などで、公差がない場合の一般公差は±○℃などの ような規定があるのなら、それにしたがって行おうと考えていますが JIS規格問わず、何かこのような事例はないでしょうか?

  • 幾何公差の平行度公差の用い方

     私は、初心者なのですが「幾何公差」を実際の図面で使用する場合の当てはめ方がわかりません。JISの製図の本などを読んでも実感することができませんので、なにか理解しやすい方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、なにとぞアドバイスをお願い申し上げます。

  • おねじのねじ長さの公差について

    おねじのねじ長さを指定する場合の公差はJISなどで規格はあるのですか? 規格がない場合は、例えば15mmのねじ長さを指定する時は機械加工の公差を適用するのですか?または有効ねじ長さを適用するのですか? 宜しくお願い致します。