• 締切済み
  • 困ってます

転造ネジ

鋳造でつくった部品にタップ穴を明けるのに 転造ネジをつけるという話を聞いたことがあります。 メネジだと思うのですが、 そのような加工を行えるメーカーさん 紹介ホームページなどありましたら 教えて下さい。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数244
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359

MCで転造タップを使用しています。ただし被削材はSUS303とS45Cです。鋳物は「伸び」の関係で無理ではないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 転造タップでの強度アップについて

    切削タップから転造タップに変更すると、ネジ強度がアップすると云いますが、どの程度アップするかが分かりません。 例えば、  t=○○の板材に転造タップで加工しためねじの強度は、t=△△に切削タップで加工したものと等価である。 等の指標となるものはあるのでしょうか? ご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

  • タッピングセンターの転造タップでのねじ穴加工につ…

    タッピングセンターの転造タップでのねじ穴加工について はじめまして。このたび、社内のボール盤とタップ盤で加工していた ADC12にM3p0.5の転造タップでめねじの加工を、ブラザーのタッピングセンターで行うことになりました。 ところが問題が発生しまして、5000穴加工したあたりからめねじの有効深さが徐々に浅くなりまして、同じ刃物でもう5000ほど加工したら、0.5~0.8ミリほど浅くなりました。タップがチャックからひっこんでるわけではないのに、なぜ???と疑問だらけです。 タップ先端は欠けておらず、下穴ドリル深さは変化無しで、ワークの高さばらつきではないようです。これは単純に転造タップの寿命なのでしょうか? それとも、タップのシャンクをつかむコレットはタップ専用のほうがいいんでしょうか? 詳しい方いらっしゃいましたら、ぜひアドバイスお願いいたします。 下穴ドリルは超硬Φ2.75でピンゲージで穴径確認すると2.725が入り 2.75が途中で止まるくらいです。 タップはYAMASAのロングシャンクのM3p0.5転造タップをミーリングチャックで掴んでいます。内部のコレットはBIGのベビーチャックです。 皆様、貴重なアドバイスありがとうございます。 すぐお礼のレスをつけたいんですが、このサイトが混雑しているため 一日一件しかつけれません。申し訳ありません。 皆様、貴重なアドバイスを頂きまして本当にありがとうございました。 現在、タップを新品にしてクーラント濃度7%→10%にしたとろ大幅に 寿命が延びました。 最初、5000穴の時点でめねじ有効深さが変化しだしたのが、今回は10000穴時点で変化するようになりました。現在18000穴加工していますが、工具長補正による寸法調整は合計0.4ミリと前回の半分以下の量ですんでいます。やはり転造タップの刃先磨耗によるものが大きいと推測されます。 まだタップ寿命は延びそうなので、もうすこし様子を見ようと思います。 ほんとうにありがとうございました。

  • 転造ネジについて

    海外で作った転造ネジなのですが、ネジ山部分に1ケ所コブがあり わずかながら盛り上がって、ナットに通すとコブで 重くなります。なぜこの様なコブが出来るのでしょうか? 転造のダイスの長さ(距離)の問題ですか? それとネジ外径のばらつきもあります。 ネジのサイズは8ミリでネジ部の長さは約85ミリ程です。 やはり転造下径のばらつきの問題ですか? どなたか詳しい方アドバイスよろしくお願い致します。 素早い回答に驚いています。有難うございます。 海外物なので残念ながら機械のメーカーまでは分かりません。 数は1ロット分すべて1ケ所コブがあります。(同じ場所) サイズのもう少し長いネジの場合は2ケ所コブがあります。 やはりダイスの長さの問題ですか? つまりはネジ部の85ミリよりもダイスが短く、一度転造して 転造していない部分をもう一度転造することによってツナギ目がコブの様に 盛り上がってる気がしますが、そのようなことがあるのでしょうか? これを解決するためにはやはりネジの長さに合ったダイスを使用 するしかないのでしょうか?

  • 回答No.3
noname#230359

お返事遅れてすいません。そうです、転造タップは切削ではありません。そのため、タップの下穴径も切削タップとは異なります。M3からM6をたてるらしいのでうちで開けている下穴径を参考にのせておきます。 M3*0.5 2.782.81(OSG EX-SUS-GDR 2.78使用) M4*0.7 3.673.7(OSG EX-SUS-GDR 3.67使用) M5*0.8 4.634.6(OSG EX-SUS-GDR 4.63使用) M6*1.0 5.545.57(OSG EX-SUS-GDR 5.54使用) 転造タップの下穴は少しでも小さすぎるとタップがすぐにおれてしまうので気をつけてください。逆に大きすぎると雌ねじの内径の最大径が公差外に大きくなります。 下穴管理をしっかりしてくださいね。では

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重な情報をありがとうございました。 とても有益でした。

  • 回答No.2
noname#230359

 転造タップをたてることじゃないでしょうか?ニュールタップ、溝なしタップともいいます。従来の切削タップよりも金属の塑性変形を利用してたてるため、強度があります。タップの下穴径に気を使わなければいけないのですが?どのサイズのタップをたてるのでしょうか?  特にどこのメーカーじゃなくても加工できます。OSGのカタログやサイトを見てみたらいいと思います、うちではV-NRTを使用して加工してますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうございます。 転造タップとは、切削ではなく、 材料をつぶしてフォームを成形して タップ山を形成するという 加工方法でしょうか? なにぶん素人ですので、よろしくお願いします。 サイズとしては M3M6程度が主流です。

  • 回答No.1
noname#230359

ヘリサートのことじゃないでしょうか? ヘリサート→専用のタップを立ててそこにスプリング状の物をねじ込むものです。 (ネジ強度が向上します。樹脂や、アルミなどによく使われる物です。)

参考URL:
http://www.ctktv.ne.jp/~s-nomura/public.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

業者さんのお話では、 ヘリサートとは違うとのことでした。 (営業さんなので信憑性があやしい?) 他に考える要素はあるでしょうか?

関連するQ&A

  • アルミ板材への転造タップのネジバカ

    初めて質問させて頂きます。 現在、アルミ(A5052 t=1~2mm)薄板への転造タップ(M1.4~M3 2級)で散発的なネジバカ(下孔が大きくネジが締めれない)が発生しています。 加工方法は高速タップを使用し、多軸で数十箇所を同時加工しています。加工時には加工油を針先端に毎度吹き付ける構造です。転造タップを立てる箇所はバーリング加工し、高さも問題ありません。またその下孔も異常はありません。 発生箇所は特定では無く、一定の箇所が連続し発生した後、良品に戻るというのをさまざまな箇所で繰り返して発生します。 原因は恐らく、転造時にタップ針にカス(焼きつくのかは不明)が巻きつき、 山の成形を阻害し、下孔が大きくなると推察しています。 対応としては針の種類を変える、油の塗布量を増やす、回転数を上げる、下げるなどの処置をしていますが、根本的な解決に至っていません。 この散発的に起こるカスの巻きつきを解決するにはどのような方法などありますでしょうか?(切削タップへは切り替えはできません) 転造タップの回転数は2000rpmでした。 (これが高速との呼称が正しいのかは不明です)

  • 転造ネジとアルミ材の相性について

    アルミの加工品でアルマイト処理後にヘリサートタップを使用していますが、ヘリサートタップの代用として転造タップは強度的に有効でしょうか?また、滅多に取り外さない箇所と頻繁に取り外す場所で、転造タップの向き不向きがあるのでしょうか?

  • 転造タップについて

    溶融亜鉛メッキ鋼板t1.0に下穴径3.6でバーリングしているものに、M4x0.7の転造タップ加工をしたいのですが、加工後の内径が3.45~3.5程になってしまいます。内径を3.4以下にしたいのですが、何を変えればできるでしょうか。タップはOSGのHR7-Pを使っています。

  • M4転造タップでピンゲージが入ってしまう時の番手…

    M4転造タップでピンゲージが入ってしまう時の番手の調整 M4のテンゾウタップにおいて ネジゲージは止まるけど ピンゲージは貫通してしまう場合の 現象の解説と その場合に6 7 8 9 とあるタップ工具の番手を どちら側に 変更したらいいか、 症状別に 解説していただけないでしょうか? メーカーに聞くと 盛り上がりが足りなくてピンゲージ が入ってしまうなら番手を上げる。 また番手が高すぎて シームに 工具があたり それで 穴が大きくなっている場合もあり 工具に傷などないか メネジの内側がまるくなってシームがとれていないか確認し まるくなっていたら 逆に 番手を下げると聞いています。 よろしくお願いいたします。 なお下穴はプレスであけております。

  • 転造タップによる雌ねじ内径形状について

    お世話になっております。 プレス品に転造タップにてねじ切りをしておりますが、雌ねじ山形状が悪い為ボルト締め込み時空回りするものが発生しております。 皆様にお聞きしたいのですが、転造タップを交換したとき品物の下穴径を変更しているんでしょうか。また山形状は完全にくっつく状態まで盛り上げてるんでしょうか。 昔聞いたのは完全に山がつながるまで盛り上げると、品物とタップとの隙間が0になりタップが動かなくなる(折れる)と覚えてるんで、現状せり上がった山が離れた形状になってます。そのため内径が不安定なっているみたいです。 お暇なときでもお教えいただくと助かります。 材料 SP622 t1.4にM6のタップ加工 バーリング内径Φ5.54

  • 等級6gの転造ネジの下径について

    知識のある方、どうか無知な私にご教授ください。 転造ネジの下径のレース加工をおこなうのですが、通常の転造ではネジにしてもセレーションにしても下径の寸法管理は0.03程度なのは経験しておりますが、転造ネジに6gという等級がついていてどの程度の精度のネジなのか調べてみたところ、JISの2級に相当し、産業界でもっとも一般的なネジの等級であることはわかりました。転造下径も一般的な0.03程度の管理で転造後のネジが6gの規格内に収まると考えても間違いないのでしょうか?どなたか経験のある方、アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 転造タップ加工の下穴径について

    加工の素人ですみませんが転造タップでの加工前の下穴径の一覧などを知りたいのですが教えて下さい。

  • 転造タップひっかかり率の計算

    転造タップ(めねじ)のひっかかり率の計算方法を教えて下さい。また、ネジ山を盛り上げる、盛り上げ率の計算方法知りませんか?

  • 転造タップについて

    転造タップは通常径の小さいものに有効でしょうか? 例えばメートルネジならM6までのネジによく使い、それ以上のネジでは普通の切削タップで対応していました。なにか技術的な資料あれば教えていただきますようおねがいします。

  • 2条ネジ加工について

    雌ネジ側で、2条ネジの加工方法、 ご存知の方、どんな方法がありますか? 2条ネジの、タップなんて有るのでしょうか?