• 締切済み
  • すぐに回答を!

転造ネジとアルミ材の相性について

アルミの加工品でアルマイト処理後にヘリサートタップを使用していますが、ヘリサートタップの代用として転造タップは強度的に有効でしょうか?また、滅多に取り外さない箇所と頻繁に取り外す場所で、転造タップの向き不向きがあるのでしょうか?

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数263
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359

現状ヘリサートにしているのは強度的に持たない実績があって改良したか、設計当初から安全を見込んで使ったかのいずれかでしょう。 コストアップになってるから転造タップにしたいのなら、その経過を辿ることと、比較試験をする必要があります。 取り外し回数も、千回ぐらいなら何とか人手で試験出来ます。。。 少量で考え得るトラブルが軽微なものなら実地テストでも充分ですが、大量に一般ユーザに渡るようなものでは、強度や振動での外れやすさまで試験が必要です。これは公的試験場に相談されることをお奨めします。 ヘリサートの強度などのデータは下記にありましたが、肝心のグラフが消えてるので、直接問い合わせた方がよいです。

参考URL:
http://www.tsugami.co.jp/product/other/pdf/esert.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アルミ板材への転造タップのネジバカ

    初めて質問させて頂きます。 現在、アルミ(A5052 t=1~2mm)薄板への転造タップ(M1.4~M3 2級)で散発的なネジバカ(下孔が大きくネジが締めれない)が発生しています。 加工方法は高速タップを使用し、多軸で数十箇所を同時加工しています。加工時には加工油を針先端に毎度吹き付ける構造です。転造タップを立てる箇所はバーリング加工し、高さも問題ありません。またその下孔も異常はありません。 発生箇所は特定では無く、一定の箇所が連続し発生した後、良品に戻るというのをさまざまな箇所で繰り返して発生します。 原因は恐らく、転造時にタップ針にカス(焼きつくのかは不明)が巻きつき、 山の成形を阻害し、下孔が大きくなると推察しています。 対応としては針の種類を変える、油の塗布量を増やす、回転数を上げる、下げるなどの処置をしていますが、根本的な解決に至っていません。 この散発的に起こるカスの巻きつきを解決するにはどのような方法などありますでしょうか?(切削タップへは切り替えはできません) 転造タップの回転数は2000rpmでした。 (これが高速との呼称が正しいのかは不明です)

  • アルミ転造/切削の高速タップについて

    某大手のアルミ用高速タップを使用しております。 A5052にて基本的にアルミは転造といわれておりますが、 ごくまれにネジが入らない(未完成)ケースがあります。 何百穴の確率で発生し、裏バリがひどく穴が黒ずんだような感じであり、 おそらく下穴切粉を巻き込んだ為と思われます。 以前は高速ではありませんが、切削タップを使用しており その時は、寿命折損するまでこのような事はありませんでした。 切削だけに下穴入り口に引っ掻かている切粉も切削していた為 だと思われます。 ですから高速の切削タップに変更しようか悩んでおります。 (M00でタップ前にエアブローするのも面倒なので) *転造 ・ネジ強度がある ・折れにくい *切削 ・軽負荷 ・折損時、電極除去できる(修正可) ・サラエができる この様な認識で使いわけております。 高速転造タップの場合、アルマイト処理後、穴から粉のような カスが出る場合もありました。 内容がまとまってなく申し訳ありませんが皆さんの意見・ アドバイスを聞かせてください。 補足します。 タップサイズはM3~M8がメインです。

  • 転造タップでの強度アップについて

    切削タップから転造タップに変更すると、ネジ強度がアップすると云いますが、どの程度アップするかが分かりません。 例えば、  t=○○の板材に転造タップで加工しためねじの強度は、t=△△に切削タップで加工したものと等価である。 等の指標となるものはあるのでしょうか? ご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

  • 転造タップとヘリサートの強度の違いを教えて下さい。

    上記の通りなのですが私の会社ではALとかでタップ加工する時にヘリサートを使用するときが多いのですが、ヘリサートをいれなくてもよい転造タップを使用したときに強度的な違いはあるのでしょうか? 使用する場所は振動体との固定部です。 またあるとすればどれくらい違うのでしょうか? どこか参考になるサイト等もあったら教えていただきたいのですが・・・ お願いします。

  • 薄アルミ板にタップ

    アルマイト処理された2mmのアルミ板(A1050P)にタップを切った事と同じ役目を果たす事が出来る方法を探しています。 (M4ネジを十数回付けたり、外したりする為、強度が足りないだろうと思いタップ以外の方法を探しています) エンザートですが、前にアルマイト処理されたモノは困難という事を聞いた記憶があります。 理由は忘れましたが・・・ また、専用工具が無いとエンザートは取り付け出来ない為、もっと簡単に済ませられないかなとも思っています。 ワンタッチで取り付けられるような便利なモノが市販されていると嬉しいのですが、知っている方はおりますでしょうか? その他、何かアドバイスを下さい。 宜しくお願い致します。

  • 転造タップでの再タップ

    タップについて教えて下さい。 ボール盤で切削タップされたワークに、同じボール盤を使用して転造タップで再タップするのは、感覚的(山が形成されにくい)に問題あるように思えるのですが、よくやることなのでしょうか? また、何かしらの懸念はないのでしょうか? これは、タップ漏れ防止対策の2度加工作業です。

  • 転造タップ箇所の錆

    転造タップ加工について 転造タップをして脱脂(炭化水素洗浄)をする製品がありますが、ある製品のみタップ箇所だけ錆が発生します。 しかも月産2万個ほど生産している中で、発生は突発的に100個程度。 タップの交換履歴を見ると20万ショット程使用していたので、もしやタップがへたり(?)表面が粗くなり錆を発生させたのでは?と思ってもいますが、慢性的な発生でもありません。 質問ですが、 1)タップ穴だけ錆が発生した経験ありますか? あれば何が原因でしたか? 2)転造タップは何ショット使用できるものですか? 使用しているタップは田野井のTFS-ST M5*0.8 P6 加工材料はSECC t=0.8の材料です。 条件にもよると思いますが、皆様の会社でショット管理されていればそのショット数、されていなければ、どれくらいのショット数で平均的に交換時期を迎えているか、参考までに教えていただければと思います。 客からクレームが来てて、どれだけ考え込んでもタップが関係しているとしか思えなくて・・・。 ちなみに東南アジアで生産していますが、高温高湿環境だけの問題なら全体的に錆びるはずですから、何かの直接的な原因があるはずなのです。 何卒皆様のお知恵を拝借したく、よろしくお願いいたします。

  • 硬質アルマイト処理したアルミフレームとSUS30…

    硬質アルマイト処理したアルミフレームとSUS304の腐食 硬質アルマイト処理+加色したアルミのパイプフレームと、板金SUS304をネジ止めで接続した場合、電位差があるので腐食が進むような話を聞きました。 アルミフレームにタップ加工をするので、どうしてもそこから腐食すると思いますが、いかがでしょうか? その為に何か絶縁処理等する(例えばネジを樹脂にする等)必要があるのでしょうか? 使用環境は厨房です どう接続するのが一般的なのでしょうか?

  • アルマイト処理を施したアルミ板へのプレス加工は可…

    アルマイト処理を施したアルミ板へのプレス加工は可能か?教えてください。 アルマイト処理を施したアルミ板へのプレス加工は可能か? アルマイト処理後のアルミ板(厚み2mm)に直径50mm、深さ1mm、抜き勾配20度によるの絞り加工を考えています。 絞り加工は問題は無いですが、アルマイトのはがれや傷つけなどの影響があるかと思いますが、実際は如何なものでしょうか?お分かりの方がいましたらお教えください。 なお、何故にアルマイト処理後のプレス加工が必要となるかは、アルマイト処理前のアルミ板表面の磨き工程において、絞り凹凸部の磨き残りを防ぐためです。 以上、ご存知の方がおりましたらご享受を宜しくお願いいたします。

  • アルミの耐久性について

    アルミ角パイプを屋外のDIYに使用しようと考えています。アルマイト処理されたものを使用するのですが、カットしたところは素地が出てしまいます。白サビは出ても見えないところなので問題ないのですが、強度的にはどうなのでしょうか?素人考えですが、鉄のようにやせ細っていくイメージがなく、問題ないように思うのですが・・・。処理が必須であるならば、その方法もおしえていただけないでしょうか?