• 締切済み
  • 暇なときにでも

ほこり

 当社は板金業者ですが、拭きつけ塗装ですが、小さなピンホールや小さなホコリが発生することがありますが、どこの塗装業者様も出荷時に全数検査をして、外観不良品が流失しないよう歯止めをしてるのですか? 生産技術方法にて、100%ホコリ・ピンホールが起きない方法はないでしょうか?

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数50
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359

参考に超音波洗浄に関するホームページを紹介させていただきます

参考URL:
http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 小さなホコリ・ピンホール

    当社は精密板金・プレス部品をエレクトロニスクメーカーより依頼され加工しているのですが、表面パネルという外装部品を多く手がけていますが、いつも協力塗装メーカーにて塗装すると、ピンホールや、ホコリが部品に付着してしまうトラブルが発生します。顧客からの要求も厳しく、ほんとうに小さなホコリであり、人から言われないときずかないようなホコリであり、ここまで言われてはと思う事があるのですが、実際に一発でホコリやピンホールなどおこさなく、400台近く量産部品をこなせる塗装技術はあるのでしょうか?

  • ポリッシング?

    当社も塗装面のほこり、ピンホールでこまっております。 質問の登録NO.2で”小さなホコリ、ピンホール”が出ておりましたが 回答NO1の taiyouts さんにお尋ねいたします。 [ ポリッシング ]とはどこのメーカの製品ですか?  出来ましたら、メーカ名と電話番号を御知らせ願います。  (この様な質問は違反なのかな !)

  • ネット販売店の不良品対応

    楽天のネット通販業者からオーディオ製品を買ったところ音が出ない不良品でした。宅配後2-3日後に、通販業者へメールで不良品の対応を求めたところ次の返事が来ました。 (消費者)様 毎度お世話になります。 また、お返事が大変遅くなり申し訳ございません。 当社の不良交換期間は最長で2週間になります。 一度、メーカー様へお問い合わせを頂けませんでしょうか? その時に、サポート内容をお伝えください。 また、メーカー様より、当社への指示がありましたら、その通りにしますのでご安心ください。 その際に必ず、メーカーの担当者様、連絡先をお教えください。 せっかくお問い合わせを頂きましたが、このような答えしかできずに 申し訳ありません。 よろしくお願いします。 取り急ぎご連絡をさせて頂きます。 なんでも格安の店 △○コム株式会社 不良品を渡された消費者が、販売店ではなく直接メーカーに問い合わせ、聞いた結果を販売店に教える労を取れという話は理不尽だと思うのですがいかがなものでしょうか。 そもそもメーカーが原因究明している間に2週間が過ぎ販売店に知らんぷりされる危険があります。 こんなとき不良品を売られた消費者は、誰に対して何を求めるべきでしょうか教えてください。

  • 回答No.4
noname#230359

その後どうなったのでしょうか? 問題が解決したなら締め切りませんか? それと結果を教えていただけると助かります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359

まず、ピンホールに関して原因は塗料に問題ある場合もありますが、塗装前の処理の管理、コンプレッサーのエアーに油分や水分 が混じっているなどの空気の管理、塗装現場の環境、塗装対象物の除電、塗料の2次フィルターの使用、空気中の油分やシリコーン等の不純物の浮遊物の付着など、ある程度、設備や環境の管理でなくすことは可能だと思います。 問題はホコリを無くすことですが、ホコリの大きさと、塗装対象物の大きさにもよりますが出荷時に不良を外に出さないようにするには検査員のレベルを高めることで可能です。 但し、検査にも目視の場合、限界があり弊社の場合50センチ各で 針先位のホコリがゼロ位が限界です。 検査時の入光角度によって見える場合見えない場合がありますし、検査には相当な時間が掛かります。 クリーンルーム内で塗装しても人間が作業する以上100パーセント ホコリ無しは不可能に近いのが現状です。 ただし、良い環境と良い設備、各工程で熟練された目の肥えた 作業者で、絶えず高品質な塗装を主に行っていれば、社内不良率は限り無く0に近くなります。 要するに企業なり個々の携わる人がそれなりに取り組めば良い結果がでるものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。

  • 回答No.2
noname#230359

例え全数検査を行ったとしても100%にすることは難しいと思いますが、それをすることに意味が無いわけではありません。しないよりした方が確実です。ピンホールですがいくつか考えられます。塗装前の洗浄工程で洗浄液が汚れていて油分又は水分が残った場合。結露による水分又は油分の発生。など・・・ホコリはノズルに付着していたカスが塗料と一緒に塗装された場合。工場内に舞っているホコリが付着した場合など・・・しかしながら色々なケースが考えられるので何処で起きているのかを見つける方が先です。発見出来ればその対処法は必ずある筈です。ホコリの対処法には“フィルターレス静電クリーナー”などが有効です。風の流れを確認して24時間動かすことで工場全体が綺麗な空気になります。下記に相談されては如何ですか? 岩崎エアーテック株式会社 TEL:03-3897-1391 参考までに

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#230359

こんにちは。 100%の品質保証。 どこのメーカーも目指していますが残念ながら不可能です。 ただ、限りなく100%に近づけることは可能です。 しかしどのようなすばらしい、生産技術が確立されても 充分にそれが活かせるようになっていないと意味が ありません。 まずピンホールの発生予防ですが、吹き付けノズルの メンテナンスを習慣化し出来るだけ同一条件で作業出来 るようにしたらいいと思います。 これは明文化して、どんなタイミングでどのようにするかを 誰にもわかるようにしておいたらいいでしょう。 それによって作業者による品質のばらつきを出来るだけ 小さくします。 またそれ以外の塗装条件によっても仕上がりが変わるの であれば出来るだけデータを取って条件を数字化し、 誰にでもわかるようにしたらいいでしょう。 ほこりなども、塗装前の洗浄作業を標準化したり、作業 現場の清掃などを定期的に行う様にし出来るだけ不良の 原因が発生しないよう常に心がける事が大切です。 出荷検査は特にお金をかけなければ人海戦術で取り組むしか ありませんが、いろんな工夫を加えれば意外と簡単に 仕組みが作れることもあります。 こればかりは日頃の研鑽の賜だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。

関連するQ&A

  • 工場の不良品について

    当社はオリジナルの雑貨を企画販売しています。1年以上取引のある製作業者さんへネックストラップの発注をしました。少量生産なのですが、過去に何度か同じものをお願いしています。 いままでは上がってきた製品は、金具の不良のものが数点あったものの、全体的には満足のいくものでした。 ところが前回お願いをした際、一部の製品が縫い目が曲がっていたりして、あきらかに「商品としては使えないもの」でした。 割合的には全体数の15%くらいでした。 これはちょっと割合が多いので、なんとか対応してもらおうと思っているのですが、そもそもこういう1点につきいくらでお願いしている製品は、たとえ1個の不良品でも、返金させたり、やり直しさせたりするものなのでしょうか? 以前に革製品をお願いした業者さんでも同じようなことがあり、作り直すようお願いしたのですが、「そのくらい別にいいでしょう」的な態度を取られてしまったことがありました。 まあ、おそらく発注業者さんから別の下請けに依頼していると思うのですが。。 数点の不良品であれば目をつむりますか? どのくらいの割合で不良品が入っていたらクレームを入れますか?

  • 液晶の外観検査の仕事をしているのですが仕事の事で悩んでいます

    僕は3日前から液晶の外観検査の仕事をしています その仕事の事で悩んでいる事があります それは液晶パネルを外観検査すると気の事なのですが、液晶の外観検査するとき検査で見るところ(反射ムラなどのムラやキズ.打こんやカケなどを見るのは教えてもらって早く良品か不良品か見極めるようにもなりたいですが、それは慣れていかないと早くならないのは解っています。 しかしそれ以前に悩みがあります それは外観検査で液晶パネルがホコリや汚れがあった時ベンコットンに液を染込ませてきれいにふき取る場合、きれいにふき取るのが苦手です。液の付けすぎかパネルに液の水滴がついてしまったり、それを拭こうと液のついていない面でふき取ると余計にパネルが白く曇ったりして、何回も拭く事になり時間がかかってしまいます。 パネルが汚れいる時皆さんはどうやってきれいに早く拭きとっているのでしょうか ベンコットンに染込ませた液がパネルに残らないように簡単にきれいに拭く方法はないのでしょうか。そこに時間を掛けすぎると困るので。 それに外観検査全般の検査のコツなども教えてもらいたいのですが。 早く回りの人に迷惑掛けないで外観検査が出来るようになりたいもので すいませんが教えてもらえないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 輸入商品を業者(以下、A)に卸しました。Aは販売店(以下、B)に卸して

    輸入商品を業者(以下、A)に卸しました。Aは販売店(以下、B)に卸しています。弊社とA,AとBは既に決算済みです。約二年前のことです。 その後、その商品に不良品が出たので、返品されることになりました。その分の返金には応じます。 しかし、最近Bがその商品を安値で店頭販売することになったそうで、BがAに卸値の差額を求めてきたそうです。そのため、Aも同様に弊社に卸値の差額を求めてきました。その卸値は弊社が仕入れた原価より安いので、返品の返金にも応じ、卸値の差額にも応じたら大赤字です。 その差額に応じなければ全数返品をする、と言っています。 何かいい方法はありませんか?

  • クリーンルーム

    印刷関係の仕事でクリーンルーム内で働いている友がいます。 しかし、そこのルームは使用される材料に糸ホコリが付着していて室内を舞っているのか常に安定した良品が取れることが無く時には大量の不良品が出てしまうことがあるそうです。 経費があまり使えずクリーン度(空調等にもうお金がかけられない)も低いし、これからも設備の改善は望めません・・・ そこで、舞っている(目には見えないくらいの糸ホコリ)を少しでも取り除けるような裏技的な方法は無いでしょうか? 例 ハエとり紙(昔あった天井から吊り下がってる粘着力のある紙)の  ような物とか^^;

  • ネット通販の注意点を教えて下さい。

    アマゾンで関西の業者が関東地区送料無料としているところは、不良品が多いと聞いたことがあります。他に広告で業者を選別する方法があれば、教えてください。

  • 車の板金修理の際の下地処理方法について

    車やバイクいじりを趣味としているのですが、ちょっとした疑問を抱いてしまいました。 車を運転される人なら1度?くらいは板金整備にお世話になった事があると思いますが・・・(私は数度と無く) 板金塗装には詳しくないのですが、板金整備を行った後塗装処理の際に、新車であれば「亜鉛メッキ」された鋼板を使っているから防錆処理しないと言うじゃないですか。 けど、板金整備じゃプライマー処理で防錆するだけ? 整備上、メッキのはく離はいたし方ないとは思いますが、最善の方法なのでしょうか? 聞いたところ、メッキ処理をしている板金整備業者は国内では皆無に近いとか。 高いお金を払って買う車ですから、サビちゃったらショックです。 なにか、良い方法を知ってらっしゃる方がいましたら、方法や業者さんを教えてください。 長文で申し訳ございません。

  • ブツ不良修理

    現在、ABS成形品にアクリル1液塗装 (クリアー)をおこなっておりますが、不良品が でてしまい修理方法に困っております。  No.2000のサンドペーパーで研磨しバフで磨いてみましたが磨き跡がどうしてもでてしまいます。再塗装可能ですがキャパシティーもきつい為 磨き修理のみで修理したいと考えております。  研磨方法、塗装修理方法をご教授お願いたします。  

  • 出荷業務は品質検査員の仕事?

    電子部品を作っている工場で働いています。 私は外観検査という工程の担当で、傷などの不良品がないか、製品を拡大鏡で見ていますが、製品の検査のあと、出荷業務もそのまま仕事の流れに組み込まれています。私としては二つの工程を掛け持ちしているような気がするのですが、ほかの工場ではどうなのでしょう? 仕事の内容が違うので、テンポは崩れるし、やらなければならないことが山盛りだし、何かのミスにつけ「最後の砦なんだから」と責任をとらされるし、じわじわと「これも検査員の仕事だ」と言われて仕事の幅が広がる一方で困っています。

  • 確率と約分についての質問です。

    会社のとあるプロジェクトで、ある製品を中国から18000個購入する予定です。 船積み前に、業者に頼んで検査をしてもらおうと思っています。 「契約内容には、n個検査をし、m個不良品があれば、購入先の負担で契約のキャンセルする」のようなことを書く予定です。 検査には検査個数に対して料金が発生します。 そこで、「何個検査するのが最も効率が良いのか」と、勉強のためにも考えてみようとしました。 製品を18000万個発注し、購入成否の基準として、10個検品し、不良品が見つかったら購入拒否にするとします。不良品がxとして不良品が見つかる確率は、1- ((18000-m)C10)/18000C10でしょう。 質問、確率をkとし、この式を「k=係数n」のような形にするのは、どうすればよいでしょうか? 18000-mP10/18000P10までは進めましたが、そこから約分の仕方を思い出せません。 と、カテゴリが違うので恐縮ですが、最も効率の良い検品数を求める場合、 不良品数をm、検品数をnとし、m-nがもっと大きい場合でよろしいのでしょうか? また、エクセルなどで、それを算出する方法がありましたら、ご教授いただけると幸いです。

  • 商品の検品の仕方のコツ

    11月辺りに物流センターにて勤務することになったのですが、中国から仕入れた商品(雑貨類)の検品を任されたのですが、商品の検品はどのようにやれば、不良品を見過ごさす、早くできますか? どの程度の傷、汚れなら、出荷しても良いのですか? 傷と汚れの基準を厳密に定義する方法やミスがないようにする方法があったら教えてください。