• ベストアンサー
  • 困ってます

QC工程表の検査について

 品質管理にお詳しい方いらっしゃいましたらご教示下さい。 品質保証部に配属されたばかりで、日々勉強しながら業務に取り組んでいます。 当社では樹脂の加工品を生産している会社です。 先日社内のQC工程表を確認しているときにふと感じた点がありました。 当社では工程内検査として抜き取りで「外観」、「長さ」、「重量」のできばえを確認する工程があり、 QC工程表内にも「検査」の工程図で管理しています。 確かに、「検査基準書」もあり、「外観」、「長さ」、「重量」各基準も設けられています。 ただ、特に検査の結果を記録をしているわけでは無く、決められた抜き取り数量を 検査基準に基づいて確認し、基準から外れた製品は不良として除いているだけです。 不良率の計測等もしているわけでは無く、できばえの確認だけです。 この工程は検査と言えるものなのでしょうか? また、もし検査である場合は検査記録などは無くても問題無いものなのでしょうか? 少し気になってしまったため、ご教示いただけますと幸いです。宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • kon555
  • ベストアンサー率53% (1138/2147)

 前提として、『検査』という工程には法的なルールなどはありませんから、それが業務手順として成立しているなら、御社にとってはそれが検査なのでしょう。 (医療品や航空機産業など、多数例外はありますが)  ただ個人的には、品質保証や品質管理としては不合理というか、あまり意味がない状態になっているように思います。  工程内の抜き取り検査なのであれば、不良品が発生した時点で然るべき対応がとられる必要があります。全数検査や、工程の確認などです。貴方がいうような記録と不良率計算もよくある例です。  それらはしないが、見つけた不良品は取り除く、というのは中々に意味不明です。害悪にすらなり得ます。  もしそうした工程内検査に何らかの意味があるとするなら『不可抗力的な軽微な不良』と『対処を要する重篤な不良』が存在する場合ですね。またこの重篤な不良は、発生したなら確実にロット全数に影響が出る必要があります。 (金型の破損、とか)  軽微な不良は廃棄するだけ、重篤な不良が検出されたら先述したような措置が取られる、という形であれば、理想的か否かはさて置き意味のある工程内検査とは言えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 詳細なご指摘ありがとうございました。 社内の検査については工程内検査以外の受入検査や最終検査についても疑問点が多数見受けられていますため、 回答者さんの意見ご参考に一度見直しを提案したいと思います。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

ISOやってる人は 頭が固くて困る割に監査委員はそれでも通しちゃうので 形骸化してるんだよな ある意味ISOプロパガンダです 大本営発表みたいなもの 真実味をお出すために外部から監査委員がやってきます 記録をつけるようにしつけるのも 品証の仕事だが なめられるとベタなめなので 上の上からやらせるようにし受けるのが順当 無くてはいけないものだが さぼってるうちにそれが当たり前になってしまったか もともとないかでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご指摘の通りで当社でもISOは完全形骸化しているように感じます。 ぜひ今後の参考にさせていただきます。

  • 回答No.4

検査というのは私が保証しますと、印が押されます、 詳細はいえないけど、仮に自分が検査の担当だと すれば、新製品だとすれば、サンプルの製品と比べて 違うのは全て駄目です。 <基準から外れた製品は不良として除いているだけです。 いいえ 異常製品はラインは強制ストップさせます、なぜなら不良 を生産してしまうと、納期遅れが残業に移行してきます、 ですから問題はすぐに対応させます。 基準から外れた製品は、良品か不良か微妙なので、 職責対応となります。 <基準から外れた製品は不良として除いているだけです。 <不良率の計測等もしているわけでは無く、できばえの <確認だけです。 工場というのは良品を生産する場所で有り、不良の 生産は許されていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

品質保証部の責任の印ともあれば、内容を至急見直す必要ありますね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • ohkawa3
  • ベストアンサー率58% (777/1335)

記録を残すか否かを一旦横において、とても不思議な検査ですね。 抜き取り検査であれば、1ロットの中から抜き取るサンプル数を決めておいて、その中から一定の不良が出た場合に、ロット全体を不良ロットと判定します。 不合格品をリジェクトしていくのは、全数検査の場合です。 本題に戻って、ISO 9001などのマネジメントシステムを導入なさっていれば、工程管理を文書化しているので、その中で記録を残すか否かについて規定していると思います。 御社及び顧客が求める品質レベルが、検査結果の記録を残す必要がないと判断なさっていれば、記録を残さないことも認められると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ありがとうございました。 私も同じ疑問を感じておりました。 ISO内の管理文書を確認しようと思います。

  • 回答No.1
  • q4330
  • ベストアンサー率27% (759/2765)

検査とは出来栄えを評価する行為です、記録は検査ではない 普通、検査結果を記録するのは品質改善活動の一環です。 記録を取らない会社の品質は信用できませんね。 良品ができてもまぐれでしかない、記録をとって改善点を探し改善する活動があってこそ良い品質の製品を作り続けることができる

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • QC工程表の管理について

    お世話になります。 ISO9000の文書体系で、QC工程表は品質文書として識別できると思うのですが、 このQC工程表は、文書として独立させるべきなのか、製品規格書等の文書内で扱うのが良いのか、それとも、上記以外の方法で管理すべきなのか、ご教授いただけると幸いです。 QC工程表のみを品質文書として、独立管理する場合は、どのレベルの文書(規定、基準等)として扱うべきなのでしょうか。 宜しくお願い申し上げます。

  • 検査記録の内容について

     品質管理にお詳しい方いらっしゃいましたらご教示下さい。 品質保証部に配属されたばかりで、日々勉強しながら業務に取り組んでいます。 前回も当サイトでご相談させていただいた内容に引き続いての質問です。 当社では樹脂の加工品を生産している会社です。 当社の検査工程について、「外観」、「長さ」、「重量」3点の品質特性の検査基準があるのですが、 これらの基準値から外れた場合の適切な処置が決まっていなかったことが問題となっていました。 処置を明確化し、検査記録も残すよう始めているですが、各検査基準の計量値を記録するため、検査記録に結構な時間が掛かってしまっています。 そこで、他社の検査書や記録等を参考にしてみましたところ 例<検査記録書> 「長さ」:100±1mm → 合格 「重量」:10±0.5g → 合格 のように、合否判定しか記載だけとなっている製品がありました。 合否の記録だけでも良いものなのかどうか?と、思う点はあるのですが、もし、合否のみの記録で良くなるのであれば検査時間の短縮となります。 個人的には、「長さ」と「重量」といった検査基準については、具体的な計量値をしっかりと記録した方が統計的な管理もしっかりできるため、本来であれば計量値の記録は必要かと考えております。 おそらく、他社も計量値記録は検査書に記載しないだけで自社内では管理しているものだとは思いますが、一般的な製造業の品質管理の観点としての考え方を伺いたく相談致しました。 製品によっても異なると思いますし、コストとのバランスの点もあるのかと思いますが、意見ございましたらご教示いただけますと幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • QC工程管理についてわかりません。

    いつも御世話になって感謝しています。  早速ですが素人も甚だしい内容で恐縮とともに言葉足らずでうまく 質問できないですがよろしくお願いします。  *会社でQC工程管理基準書なるものを作成しなさいとの命令があり、 とりあえず 品名・機種名・部署区分・工程図・作業設備           ・管理内容(管理項目基本書)・出来映えの確認(管理項目基本書)    管理方法(頻度・測定工具・記録方法)・関連要領書・異常時対策処理・  管理責任者・特記というふうに区分しましたが 何か不足している部分があれば教えていただきたく。  わかりにくい質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

    • 締切済み
    • ISO
  • QC工程表の見方

    QC工程表を翻訳しているのですが(日本語→英語) 書いてる意味が取れなくて困っています。 「製造工程」→「製品ビン保管」のカテゴリで 「管理項目」が「払出日・払出量」となっていて この「払出」の意味がわかりません。 また同じ「ビン保管」のカテゴリで 「記録帳簿類」が「製品受払予定」となっているのですが この意味もわかりません。。。 ネット検索では限界でして、全く意味が取れなくて 困っております。 どなたかご教示お願いいたします。

  • 顧客ごとの検査水準について

     品質管理にお詳しい方いらっしゃいましたらご教示下さい。 品質保証部に配属されたばかりで、日々勉強しながら業務に取り組んでいます。 前回も当サイトでご相談させていただいた内容に引き続いての質問です。 顧客ごとで検査の水準が異なることって一般的なことでしょうか? 当社では樹脂の加工品を生産している会社です。 当社の検査工程について、「外観」、「長さ」、「重量」3点の品質特性の検査基準があるのですが、 例えば、 ●標準「長さ」100mm±5mm ●顧客A「長さ」100mm±2mm ◆標準「外観」キズ5点以内 「検査時間」1min ◆顧客A「外観」キズ1点以内 「検査時間」3min とかです。 基準が異なる顧客が増えれば増えるほど、管理が大変になりますし、検査も同様にコストがかかります。 検査で品質水準を上げるような気がして違和感が強いのですが、他の製造業の会社もこのような感じなのでしょうか? 抜き取り検査のロット不合格判定基準値を顧客ごとで替えたりすることも同様に、ご意見お聞かせいただけますと幸いです。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • QC工程表に設備点検項目は。。。。

    初歩的な質問で恐縮です。 ISOの内部監査前の標準類のチェックを行っていたのですが、QC工程表に品質を作りこむのに必要な機械の速度や温度など記載されている中で 設備点検項目(異音の有無、設備圧力値など)もごっちゃになって記述されていました。今まで気にもしなかったのですが、設備点検項目(いわゆる設備の日常点検、定期点検項目)はQC工程表に記入すべき内容なのでしょうか?  設備の異常有無に関する項目は設備管理規定などを設けて、年間点検計画/ 点検項目/頻度/方法/実施者/結果などを残すようにしておけば、あえてQC工程 表に載せるべき内容なのかと疑問に思いました。  しかし「その設備が正常でなければ必要な品質が得られないから。。。」記載すべきとも言われるのですが、そうするとQC工程表には設備の定期点検、日常点検の細かな項目まで記述する事になりものすごいボリュームになります。  他の会社ではQC工程表にどこまでの内容を記載しているのでしょうか?その考え方などご提示いただければありがたいです。 長文になりましたが宜しくお願い致します。

    • ベストアンサー
    • ISO
  • ISO9001取得に伴うQC工程図、作業標準書について

    作業員3人ほどの製造現場を管理しているものです。この度ISO9001を取得することになりまして、いままで作業手順書、QC工程図等作っていなかった為苦労しております。 製品ごとに大雑把に5種類ほどのQC工程図を作りQC工程図から各作業手順書を参照という風に作ろうと思っていますが困ったことに客先ごと(100社ほど)細かく荷姿、梱包重量等の指示があります。それを作業手順書に載せていたら手順書がものすごい量になってしまいます。今までは客先別注意事項として現場に貼り付けて管理していたのですが、QC工程図から客先別注意事項を参照という風に作ってもかまわないんでしょうか? いろんなQC工程図を見ましたがどうも作業手順書しか参照していないようなので・・・ どうぞよろしくお願いいたします。

  • 作業標準書、QC工程表、作業手順書の違いは?

    機械加工・組立の仕事をしています お客様から 作業標準書 QC工程表を 見せてほしいと言われることがあります しかし 我社ではその時その時にそれらしいものを 作成して対応しています 作業標準書とは一般にどのようなもののことでしょうか? 作業標準書、作業手順書、QC工程表の違いがはっきり わかりません 私的には作業標準書と作業手順書は同じで誰が作業をしても同じ物が効率よく成される標準の手順と考えています ではQC工程表は検査基準書?チェックシート?・・・わかりません 皆さんはこの違いどのようにお考えでしょうか? 教えてください よろしくお願いします

  • 成型品の金型検定、受け入れ検査について

    成型品の金型検定、受け入れ検査について教えてください。 ワークは薄肉成型品で外観品にになります。 金型検定について 寸法確認:1個は全箇所確認して、重要寸法のみ n=10 くらいと考えてます。根拠はないのですがいかがでしょうか。 外観検査:同じく n=10 で考えてます。 (確認箇所が多いため n=10 にしたい) このような場合、抜き取り基準は、JIS9015などを利用すべきなのでしょうか。「どうあるべきか」を言いたいのですが・・・。 受け入れ検査 ロットごとに実施すべきと考えてますが、金型検定同様に抜き取り基準をどのようにすべきか。 最終的に顧客承認を得た抜き取り数でなければならないですが、顧客担当者は品質レベルのみを重視でコスト無視な感じがあり、こちらから納得していただける情報を提示し納得していただこうと考えております。しかし実績が無く、実例としてどのようなレベルで管理してるのか聞かせていただければと思ってます。 アドバイスお願い致します。 参考になる書籍などありましたら教えてください。

  • 熱処理工程の工程飛び防止

    熱処理工程の工程飛び品流出を考えています 温度がかかる事によって変色する塗料があると聞きましたが どのようなモノでしょうか? ちなみに自工程は、800℃焼鈍⇒油性クーラントで加工⇒イソナイト(タフト)処理⇒外観検査を行っていますが最終工程の外観検査まで耐えることが出来る塗料はあるのでしょうか? 重大品質不具合を未然防止するためにご教授よろしくお願いします。