• ベストアンサー
  • 困ってます

E=mc^2のEのm換算値は重力作用を持ちますか?

E=mc^2で表されるエネルギーと質量の関係ですが、この「エネルギーの質量換算値」は他を引き寄せる重力作用を持ちますでしょうか? 例えば運動エネルギーや光も重力作用を持ちますか? 特殊相対論での「質量」は一般相対論とどのように絡むのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数300
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8

 #7です。 >速度による「質量の増えた分」と「運動エネルギーの質量換算分」は 「同じ」でしょうか?  同じと思います。追加されないと考えます。 >ただし、光のエネルギーは除くのですよね。  除かなくてよいと思います。現実には出来ませんけど、内部で光を何回でも反射できる箱を用意して、その中に十分なエネルギーの光を閉じ込めたら、そのエネルギー分の質量換算値の重力は測定できると思います。 >対生成前のエネルギーにその重力作用がありますでしょうか?  なのであると思いますね。 >運動エネルギーは速度に依存しますが、物体Aのそばを物体Bと物体Cが異なる速度で通過する場合、物体Aは物体Bを基準とした場合と物体Cを基準とした場合で異なる重力作用を持ちますでしょうか?  異なると思いますが、ちゃんと計算すれば矛盾した結果にはならないでしょう。ドップラー効果じゃないですが、重力作用だって相対速度に依存すると思えます。  例えば物体Dを光速ぎりぎりまで加速したら、理屈上はエネルギーが集中しすぎてブッラクホールなみの重力を発するのかもしれませんが、Dは自分からほぼ光速で遠ざかってる訳ですから、そこからの重力は普通に弱い気がします(^^)。  いずれにしろちゃんと計算しなきゃ駄目だと思います。国立天文台やいくつかの大学や研究機関は、インターネットで公開でこういう質問を受け付けてますから、そこに質問してみてはいかがですか?。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 なんとかこの単純な質問を単純な質問の形(自説と捉えられない形)にまとめて大学等に投げてみようと思います。 これはお答えいただかなくても結構ですが、 ブラックホールぎりぎりの質量の星近辺を多くの粒子が流れる場合、遅い粒子を基準とすれば普通の星で、 速い粒子を基準にすればブラックホールになっているということはありますでしょうか?

質問者からの補足

再確認ですが  光のエネルギーも他を引き付ける意味での重力作用を持つ ということですね。

関連するQ&A

  • 光速に近づくと「重くなる」のは重力も強くなりすか?

    光速に近づくにつれ「重くなる」という現象ですが、この「重さ」は他を引き寄せる重力作用をもつのでしょうか? あるいは、加速しづらくなるというだけで、重力作用は静止質量のみが持つのでしょうか? 特殊相対論での「質量」は一般相対論とどのように絡むのでしょうか?

  • 質量ゼロの光が重力の影響を受けるのはなぜですか?

    昔から疑問なのですが、重力は質量のある物質のみに働く力ですが、 質量ゼロである光子も太陽などの重力の影響を受け、太陽の裏にある星が日食のときなどに見えるという減少はよく知られています。 これはいったいどういうことなのでしょうか? 恐らくニュートン力学ではなく一般相対論でないと分からないことなのだと思いますが、どなたか簡単に説明頂けないでしょうか? 一般相対論では時空の湾曲により重力が働くと考えるわけですが、質量ゼロの物質でも働くのであれば、有限の質量をもった物質ではその相互作用が発散してしまいそうに思うのですが、なぜそうならないのでしょうか?

  • 重力波と電磁波は同じものか?

    重力波と電磁波は同じものか? 現在、放送大学の通信講座で相対論を学んでいます。 過去の質問で QNo.1283788 光どうしは互いの重力で引き合うか QNo.2747423 光どうしは互いの重力で引き合うか(続き) というタイトルで質問しましたが、その考えを発展させて重力場について考えてみました。 重力波は一般相対論によって初めてその存在が示され空間の曲がり具合が伝播することによって 説明されています。 しかし空間は曲がらずに光が重力によって曲がると考えることでマックスウェル方程式を延長した 形で重力波が存在するという結果が出ました。 それを以下に示します。 Wをポインティングベクトル(光の運動量密度)とします。 W =E×H/c^2 (1) マックスウェル方程式より dH/dt =(-1/μ)rotE =(-1/μ)(∇×E) (2) dE/dt =(1/ε)rotH =(1/ε)(∇×H) (3) cを光速 として (1/ε)(1/μ)=c^2 (4) (1)(2)(3)(4)およびベクトル公式から (d^2/dt^2)W = 2(∇×E)×(∇×H) - E×(∇×(∇×H)) + H×(∇×(∇×E)) (5) ∇・E=0 , ∇・H=0 として(1)(5)およびベクトル公式から ∇^2(W) = (1/c^2){ 2(∇×E)×(∇×H) - E×(∇×(∇×H)) + H×(∇×(∇×E) } = (1/c^2)(d^2/dt^2)W (6) ρを光の相対論的質量の密度  Gを重力加速度(重力場の強さ) gを重力定数とします。 ρ = (1/c)|W| (7-1) ガウスの法則から divG = 4πgρ (7-2) 光の運動量密度の発散によって光の相対論的質量の密度は減少するので divW = -(d/dt)ρ (8) (7-2)(8)より (d/dt)divW = -(d^2/dt^2)ρ = -(d^2/dt^2)(1/(4πg))divG (9) (d/dt)W = -(1/(4πg))(d^2/dt^2)G (10) W = -(1/(4πg))(d/dt)G (11) これにより重力場の強さGの変化速度はポインティングベクトルに比例することが判しました。 (6)(11)より (d^2/dt^2)W = (c^2)∇^2(W) (12) = -(1/(4πg))(c^2)∇^2((d/dt)G) (d/dt)W = -(1/(4πg))(c^2)∇^2(G) (13) (13)に重力下で光が曲がる観測結果を追加し (d/dt)W = -(1/(4πg))(c^2)∇^2(G) + 2|W|G/c (14) (10)(14)(7-1)より (d^2/dt^2)G = -(4πg)(d/dt)W = (c^2)∇^2(G) -(4πg)2ρG  (15) これをGだけの式にすると(15)(7-2)より (d^2/dt^2)G = (c^2)∇^2(G) -2(divG)G (16) となって1項は伝播成分、2項は重力による曲がり成分となります。 電場や磁場と同様に重力場も真空が保持する状態のひとつであり空間を重力波として伝播します。 このとき同時に電磁波も同じ場所を同じ方向に伝播するので重力波と電磁波は同じものと言えるのでは ないでしょうか。 たぶん一般相対論の重力波と(16)式は互いに座標変換することが可能なのではないかと考えています。 一般相対論では重力波と電磁波が同一か否かについて論じていません。 重力波と電磁波が同じものであると主張したからといって、それが一般相対論と矛盾するとは言えないのでは ないでしょうか。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

 この前、質量の起源と言われるヒッグス粒子が発見されたのをおぼえてる思いますが、ヒッグス粒子だけでは1gの物体の質量の1/1000にも足りないそうです。ヒッグス粒子で質量を与えられるのは、本当の素粒子のみ。では物体の大部分の質量の出所はというと、核力などの素粒子の結合エネルギーなどだそうです。なので、 >E=mc^2で表されるエネルギーと質量の関係ですが、この「エネルギーの質量換算値」は他を引き寄せる重力作用を持ちますでしょうか? の答えはyesと考えます。  高速で走ったら重くなるのか?も同様です。速度が速いとは、一つの物体に運動エネルギーの形でエネルギーを集中させる事です。極端な例として空間の局所にエネルギー集中させれば、粒子と反粒子の対生成が起きますから、答えはyesと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

質問者からの補足

聞き方が中途半端で申し訳ありませんでした。 速度による「質量の増えた分」と「運動エネルギーの質量換算分」は 「同じ」 でしょうか? あるいは速度により質量が増え、かつ運動エネルギーの質量換算が追加されるのでしょうか? > E=mc^2で表されるエネルギーと質量の関係ですが、この「エネルギーの質量換算値」は他を引き寄せる重力作用を持ちますでしょうか? の答えはyesと考えます。 ただし、光のエネルギーは除くのですよね。 粒子と反粒子の対生成が起きた場合、そこに重力作用が発生することには疑問は持っていません。 対生成前のエネルギーにその重力作用がありますでしょうか? 粒子と反粒子が衝突し、一部が光エネルギーとなったとき、重力作用は減りますでしょうか? (別の質問にも投げた項目ですいませんが) 運動エネルギーは速度に依存しますが、物体Aのそばを物体Bと物体Cが異なる速度で通過する場合、物体Aは 物体Bを基準とした場合と物体Cを基準とした場合で異なる重力作用を持ちますでしょうか?

  • 回答No.6
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率27% (1481/5326)

No.4ですが空間の歪みと重力作用は別物とは言っていませんよ。 質量がないので重力としての力は働かないという意味です。 それでエネルギーの大きい紫外線とエネルギーが小さい赤外線がブラックホール近くを通過して分光すること事はない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

質問者からの補足

失礼しました。 他を引き寄せることと他に引き寄せられることは別ということですね。 他を引き寄せるのは質量が生む時空の歪であって、引き寄せられるのはその歪に沿った経路に過ぎないということですね。 もう一つ教えていただきたいのですが、「運動していれば微量であっても見かけの質量は増し。。」ということは、運動エネルギーの質量換算は、「光速に近づくほど重くなる」という話の「重くなる」分の言い換えと思っていいですか?

  • 回答No.5
  • Nouble
  • ベストアンサー率18% (330/1782)

失礼しました、 途中の、説明と、 論拠提示が、 希薄でしたね。 お示しの、式は アインシュタイン氏の、考えに 沿うものだ と、考えます。 で、あるならば、 氏の、考えの 根源たる、 行動原理からをも、読み、 式が、提示された 背景への、理解に 努力する方が、 良いかと、思います。 氏の、物理学の 行動原理と、しては、 物理学への、衝動が 挙げられると、思います。 何故、 物理学に、走ったか、 其れは、 氏、所謂所の、 神の、振る舞いの (以下、仮に自然と呼称する) 其の、行動原理を 知りたかったから、 詰まり、信仰心です。 此は、 特に、有名なものと 考えています。 氏の、信仰上 意訳ながら 自然は、シンプルだ と、しています、 故に、 だからこそ、氏は、 裏腹な、挙動等 無く、 統一理論が、ある筈だ と、したの、ですよね? 此は、 当時の、発言にも 現れていたと、認識しています。 確か、当時、 複雑な、振る舞いを 自然が、示す、 と、いう 主張に、対し、 強く、反論していたとも 記憶して、います。 此の事よりも 氏の、考えの上での 相対性理論では 質量は、区別無く 同じものであり、 故に、 挙動に、全て 差は、ない、 此の様に、 氏は、認知していた、 との、結論を 持つべきだと、考えます。 所で、 氏に、対し 盲目的、信頼を 寄せられる事は、 全くもって 信仰上の、自由ですが、 其の際には、 科学的、規範を 守るか、どうかは、 提示、頂かないと、 話しに、付いて行けなくなり 困ります。 此は、信仰論ですか? 其れとも、 氏の、提示物と、 現実の世との、 兼ね合いに、 関する、話しですか? 氏の、論は 既に、幾つか 反証観測済みなので、 矛盾点が、無いと するには、 無理が、ありますよね? 付け加えますが、 氏は、 エネルギーの、増大に 沿い、 質量も、又 増大する と、しました、 又、氏は 自然の、振る舞いは シンプルで、 意訳ながら 裏腹を、含まず 常に一様だとも しました。 ならば 加速限界を、迎え得る 状態と、しては 質量が、ほぼ無限な 状態ですよね? 此は、明確に 其の存在が シュバルツシルト半径内に、落ちる とも、 知る事が、出来ます。 では、現実に シュバルツシルト界に、 落ちた、存在とは? ブラックホールですよね? ブラックホールが、 加減速、可能な事を 相対性理論では、 どう、処理 可能なのでしょうか? (理解頂けるか、不安です) 貴方の、素養に 対する、 勝手な、解釈の元 此の辺の、説明や、 論拠提示を、 怠った、事に 関しては 謝罪、致します。 しかしながら、 充分な 現実との、照合が、 伴わないと、見て取れる 否定には、 些か、 心を、痛めましたよ? 追記、 書いていて、 大型核実験と、重力震観測波形の、 相関性に、 興味を、持ちました。 まだまだ、 規模が、小さ過ぎる、 観測対象面との、 著しい、不一致に より、 精度が、落ちる、 等の、可能性が あり、 故に、 影響を、読み得ない事も 考え得ますが。 少なくとも、 大規模核実験が 複数台の、重力波観測装置の、 結果に、 地震震動では、ない、 重力派震動と、して 影を、落としている場合。 氏の、論ではなく 現実理解と、しては、 もう何も、 語る、必要も ないですよね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率27% (1481/5326)

運動していれば微量であっても見かけの質量は増し、質量換算で数式上で重力加速度に影響は出る。 光はエネルギーであって質量に変換することはあっても、電磁エネルギーである限り質量は持たないので重力作用はない。 だから光は重力では曲がることはなく、空間が歪んでいることで曲がったような観測結果が得られるだけである。 全ては相対論的力学系の数式で完結した理論体系を成しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

質問者からの補足

つまり ・運動エネルギーは換算質量分の重力作用を持つ が ・光のエネルギーは重力作用を持たない ということですね。? 空間の歪みと重力作用は別物というのも初耳でした。

  • 回答No.2
  • Nouble
  • ベストアンサー率18% (330/1782)

有難うございます。 〉換算質量は他を引き寄せる意味での 〉重力作用を持ちますか? 私論では アインシュタイン氏は、 其の様に、認識していた。 と、言う、 見解を、持ちます。 此処で、注釈を 添えて、おきます。 此等は、あくまで、 アインシュタイン氏の、 認知に、対する 私の、私論であり、 アインシュタイン氏、認知、 私の、私論、 どちらか、 又は、両方に 誤りがある、可能性を 孕みます。 少なくとも、こんにち 「全ての、存在が  高速を越え得ない」 此の、反証には 成功していますし、 併せて、 「ブラックホール等と、言う  光速を、何をもも  越え得ない、  と、する際の、  論拠具現対の、権化たらん存在、  質量許容量を、超えてしまった存在、  此は、論に依れば  加速限界を、迎えているが、  現実には  更に、横方向に  加速、可能だ」 等と、言った 矛盾点も、見られると 思います。 詰まりは、 現実との、乖離が 濃厚だ、 と、言えそうです。 追記、 私自身、氏へは 敬意を、よせる 対象だったのです。 にも、関わらず、 此の様な、見解を よせる、以外には、 公明正大さ、公正さ、 此等を、保てない 等とは、 とても残念に、思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ただ残念ながらお答えの論旨を理解するにいたりませんでした。 特殊相対論は、絶対位置が存在しないことと無限の速度というものが存在せず光速が最高速度だと、いうことだけで完璧に求められる完全理論です。何の矛盾もありません。 問題が「重くなる」「遅くなる」「縮んで見える」などの日常用語での説明にあるとは思っています。 特に「重くなる」には「加速しづらくなる」「時空を歪め他を引き付ける重力作用」の2面があるのに、重力作用は特殊相対論の範囲ではないので、明確にされたものをまだ見たことがありません。 このあたりが明確にされれば嬉しいと思っています。

  • 回答No.1
  • Nouble
  • ベストアンサー率18% (330/1782)

アインシュタイン氏は、 全ての、存在は 光速を、越え得ない、 と、しました。 以下は、意訳ですが 何故なら、 加速に、伴い エネルギー、蓄積量が 質量換算され、 併せて、 増大し過ぎ、 故に、 加速が、叶わなくなるから、 との、事です。 詰まり、 氏、自身の 解釈と、しては、 エネルギー⇔質量 に、おける、 双方向性を、認めていた 事に、なります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

質問者からの補足

この換算質量は他を引き寄せる意味での重力作用を持ちますか?

関連するQ&A

  • 光どうしは互いの重力で引き合うか(続き)

    2005年3月に 「光どうしは互いの重力で引き合うか」 というタイトルで質問させていただきましたが その内容を抜粋すると >「なっとくする相対性理論」という本を読んでいて思ったのですが >e=mc^2とすればm=e/c^2  となって >光にもエネルギーに比例した質量があることになりますよね >もし光に質量があるとすれば光同士は互いの重力で引きあうのでしょうか? というものでした。 この考えを発展させて 物質の質量の概念を一点の近傍で回転し続ける光の相対論的質量の 総和であると考え 光が互いの重力により軌道を曲げることで時間によって変化しない定常軌道を描くとすることで相対論にもニュートン方程式にも一致させる ことが出来ました。 http://www.nn.iij4u.or.jp/~t-nagai/hikari.htm にそれを示します。 この考えは間違っているでしょうか? すでに物理学の分野で議論済みなのでしょうか? まったくの素人なので計算式の表現方法などが拙いのはご容赦ください。 光のエネルギー密度の分布のしかたと強さにより 電磁波の拡散と重力による引力が釣り合うような解がありそうです。 そのとき電磁波は定常波となり平面波、球面波、棒状のもの パイプ状のもの、パイプを輪にしたもの、棒を輪にしたものが出来そうな気がしています。 それらが素粒子を説明できる可能性はないでしょうか

  • エネルギーについて教えてください。

    エネルギーについて教えてください。     よく誤解されることがあるので予め...     私は反相対論者などではありません。 何とか理解しようと努力しているのですが考えれ     ば考えるほど疑問が出てきてしまいます。 それを質問させていただきたいのです。     (1)アインシュタインの一般相対性理論によれば、質量とエネルギーは等価で     E=mc^2 となっています。     但しこれは質量があるものの「静止エネルギー」だとしています。     ここでいう「静止」とは何に対する静止なのでしょうか?     もし宇宙空間に対して静止ということなら、それが静止していることをどのように     確認できますか?      一方「運動エネルギー」ですが          E=1/2mv^2 です。 前式とよく似ていますが一方は「静止」、一方は「運動」      です。        また「光のエネルギー」は         E=hv  hはプランク定数、vは振動数です。           左辺は全てEですが、これらは本質的に同じものですか?      例えば車中のラジオのLEDなど質量のあるものが光を出しながら動いている場合      このLEDのエネルギーは      静止エネルギー(mc^2)+運動エネルギー(1/2mv^2)+光のエネルギー(hv)      となるのでしょうか?            多分熱なども出しているのでこれだけではないとは思いますが...このような足し      算でよいのでしょうか?          (2)そもそも質量があるものの「静止エネルギー」とは、その正体は何ですか?      E=mc^2  のmは質量、cは光速に相当する定数です。      つまりcは速度成分でどこかから得たはずですし、mも何かから得た結果のはずです。      γ線照射での電子、陽電子対生成という光(電磁波)から質量が出来ることが知ら      れています。 しかもその光のエネルギーはhVはE=mc^2に一致するとか..             ということは質量は振動数の高い光(電磁波)から出来たのでしょうか?      確かに、何故γ線より振動数の高い光(電磁波)が無いのか?という素朴な疑問      があります。      振動数の高い光(電磁波)は光速度Cを失って静止し、その振動エネルギーが質量      に変わってしまうのでしょうか?

  • ド・ブロイ波のエネルギーは?

    高校程度の物理を理解している者です。 ド・ブロイ波の位相速度Vp、群速度Vgについてホームページをいくつかあたってみました。 Vp=1/2Vgとしている立場とVp=c^2/Vgとしている立場がありました。 わたしが見るに、ド・ブロイ波のエネルギーEとして、前者はE=hν=1/2mv^2、後者はE=hν=相対論的エネルギー≒mc^2+1/2mv^2を採用しているような気がします。 これは古典論と相対論で立場が違うから異なる結果になったのだ、というより、hνとしてまったく違うものを採用した結果なのではないか、と思うのです。かたや運動エネルギー、かたや運動エネルギーと質量エネルギーの和。 わたしのとらえ方が間違っているのか、正しい立場はどうなのか。 ド・ブロイ波のエネルギーEとして、E=hν=1/2mv^2が正しいのか、E=hν=相対論的エネルギー≒mc^2+1/2mv^2が正しいのか。 よろしくお願いします。

  • 相対論的質量について

    特殊相対論で相対論的質量についてあれこれ考えていてわからなくなりました。 相対論的質量は慣性質量とは違うのでしょうか? 前者が重力質量と違うのは(恐らく)分かります。 ですが光速度に近くなるとp=mvγの効果が出て物体が加速されにくくなるのは事実なんですよね?加速のされ具合なら慣性質量なのでは?と思ってしまいます。 確かに一般相対論では加速度=重力、慣性質量=重力質量らしいので慣性質量だけが相対論的質量と同じでは困ると思いますが。 また、今書いていてもう一つ疑問なのですが、一般相対論では「加速度=重力 ∴慣性質量=重力質量」なのか「慣性質量=重力質量 ∴加速度=重力」なのか、いきなり「加速度=重力且つ慣性質量=重力質量」なのか…… こちらは結論だけで構わないです。 回答よろしくお願いします。

  • 光の質量について

    一般に静止質量m、運動量pの粒子について E^2=m^2+p^2 が成り立ち、光についてはm=0なので E^2=p^2 となる。 というのが私の理解でしたが、ネット上でたまに 光について E^2=M^2=p^2 というように質量を使って解釈する方法が見受けられます。光速cを使って書くと p=Mc E=Mc^2 となっていて確かに初等的な運動量の定義と相対論的なエネルギーと質量の関係式っぽいものが出てきます。また、光を閉じ込めた物体はこのMの質量だけ増加したとみなすことができます。通常だと熱を持った粒子は質量が増加するというような解釈になり、その起源は熱振動からくる相対論的効果と考えられる思います。 この光の質量のようなものMは物理学的に定義されている(名前などが付けられてる)量なのでしょうか?(massiveな場合の相対論的質量に対応する?) また、このような解釈は専門書などでは見たことがありませんが、物理学でこのような解釈をすることがあるのでしょうか? さらにこの解釈をした時に不都合なことは起こらないのでしょうか?

  • E=MC^2について教えてください

    始めましてE=MC^2について教えていただきたいのですがエネルギー=質量*光速^2で質量とエネルギーは相互に変換できると思うのですが、そこで疑問なのですが 1、質量だけの宇宙は存在できるのか? 2、エネルギーだけの宇宙は存在できるのか?   (物質が無ければどのようにエネルギー単体で存在するのか) 3、そもそも質量とは何か?、エネルギーとはなにか? このような疑問が出てきてしまいよく分かりません。 たとえば光子は質量静止質量ゼロですが、実際には周波数分のエネルギーがあるので重力に捕らわれると思いますが質量事態はないとおもうのですが?エネルギーが単独で存在出来るとしてやはりエネルギー単独でも重力に捕らわれるのでしょうか? また質量単独でもエネルギー単独でも重力は発生するのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • E=mc^2

    物質は、光速を越えられないとすると、運動エネルギーの 極限値は、E=1/2MC^2 と考えられますが、質量 欠損のエネルギー、E=MC^2の半分と言う事なんですが 何か関連性はあるのでしょうか?

  • 重力場から脱出する光子はエネルギーを失いますか

    第三に,強い重力場をもつ天体からの光は,重力ポテンシャルを脱出するさいにエネルギーを失い赤方偏移を生じる。ここで「光」と表現をしているが,実際には電磁波に共通の現象で,相対性理論で理解できる。 http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/keywords/21/03.html とありますが、これは相対論でそうなるのでしょうか? それとも、リンクの方が勝手に言ってるのでしょうか?

  • 光どうしは互いの重力で引き合うか

    「なっとくする相対性理論」という本を読んでいて思ったのですが e=mc^2とすればm=e/c^2  となって 光にもエネルギーに比例した質量があることになりますよね もし光に質量があるとすれば光同士は互いの重力で引きあうのでしょうか? もし引き合うとすれば強い光のビームは広がらずに 団子状態になって進むと思うのですが、この団子が ソリトンとかフォトン(光子)と考えられないでしょうか? また、連星のように一点を中心にして二つの光が互いに引かれながら回転すれば、それを物質と呼べないでしょうか? 光と光をぶつけると物質ができるそうですが、素粒子理論を使わなくても光同士の引力でそのことが説明できないでしょうか?

  • 相対性理論では原爆は作れない。

    一般相対性理論は重力に関する理論で、あの有名なE=MC^2によってエネルギーと質量の関係を示しています。しかし、原爆の基本である原子の振る舞いにおいて重力はほとんど関与しておらず、従って原爆を製造するための理論としては一般相対性理論は全く役に立たないと思うのですが。