• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

仮想通貨

 日本の国産仮想通貨が複数あり、 値上がりが激しかった時があったそうですが、 世界各国のそれぞれの国ごとにまとめられて 紹介されたサイトなどはないでしょうか? 「国、仮想通貨」で検索するとその国の中央銀行の 金融政策、仮想通貨についてがでて、国ごとの 仮想通貨などはあまりでません。ときたま、 ICOでその仮想通貨が発行される国がでますが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数229
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

ボーダーレスが売りのインターネットで生まれた仮想通貨を、従来の「国」という枠組みで考えることそのものが正直無意味だと思います。 生まれた場所がアメリカであるビットコインは、一番マイニングされているのは中国です。ビットコインキャッシュは中国のジハン・ウー氏が中心に生まれましたがあれを中国産というべきかどうか。 イーサリアムを生んだのはロシア人のヴィタリック・ブテリン氏ですが、「イーサリアムはロシア生まれの仮想通貨だ」というと異論がどえらく出てくるでしょう。そもそも、サトシ・ナカモトが誰なのかさえ分かりません。 仮想通貨の売りというか特徴は「国境に縛られない」ということです。実際は現地通貨に換金する関係で国境は生じてそれによる国際間の価格差も存在していますが、私自身もカナダの取引所に口座を持っていたりしてそこでBTCと他のコインを交換したりとかもしていましたし、PurseというAmazonを利用した海外のビットコインショッピングサイトを通じてビットコイン決済で買い物をしたことがあります。このPurseを使うと、どこか遠い国の人が私の支払いをして、そのお礼に私がビットコインを支払うということになります。確かイタリアかどこかの人が支払いをしてくれたはずですよ。 国と仮想通貨を結び付けている限り、その本質は理解できなくなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答どうも。 国にとらわれないのが仮想通貨のよいところですが、 それはそれとして、中東の国発で石油コインがあったり、 お国柄があるので分類して紹介されていると 面白いかなと思い質問してみました。

関連するQ&A

  • 仮想通貨は1000種類を越えているそうです。

    仮想通貨は1000種類を越えているそうです。 その仮想通貨のジャンルに「ICO」というものがあります。 仮想通貨のジャンルのICOって何ですか? CtC、Decent.bet、JOBCOIN、APPOS、Ambisafe、icoboxとかがICOグループだそうです。

  • 仮想通貨は法定通貨(中央銀行券)にとって変わる事は

    仮想通貨は法定通貨(中央銀行券)にとって変わる事は無いという専門家がいますが、本当にそうなのでしょうか? 仮想通貨は法定通貨(中央銀行券)にとって変わる事が無い理由として「お金が満たすべき3大機能「価値尺度機能と交換手段機能及び価値保存機能」が無いからという事のようです。 現在の仮想通貨はこの中の価値保存機能だけが際だって機能しています。前2つの機能を満たすべく、ビットコインを使って買い物ができるお店が昨今増えてきておりますが、まだまだ一般的な買い物の支払いに用いることはできないといった事が仮想通貨は法定通貨(中央銀行券)にとって変わる事は無いという根拠のようです。 価値を保存する機能だけであればお金や通貨とは名ばかりでその実態は金融商品と同じだという事のようですが、前2つの機能である「価値尺度機能や交換手段機能」などは最初の「価値を保存する機能」がブロックチェーン技術で確かな機能になれば国などが法律で仮想通貨に対し「価値尺度機能や交換手段機能」を付与する事で一般社会でも認知されて現場でもこの2つの機能が機能すようになっていく(レジシステムなどが改良され)のではないかと思うのですがいかがでしょうか? そうすれば仮想通貨は現在のような投機対象ではなく「お金」として世の中に普及していくのではないがたと考えていますが、いかがでしょうか?

  • 仮想通貨のイメージについて

    自分は仮想通貨ユーザーです。仮想通貨に対するネガティブなイメージが広がって、残念な気持ちです。去年、自分が投資していたNEMが10倍以上に上がって、非常に助かりました。日本円に換金して数日後にNEMが大暴落したのには驚きですが…。 そこでみなさんにお聞きします。あなたにとって、仮想通貨はどのようなイメージを持っていますか? PS:自分は貧困層にとって最後の夢にして希望だと思っています。Verge(ヴァージ・XVG)という仮想通貨が去年、1万倍以上に値上がりしたのが根拠で、その他の仮想通貨も100倍から1000倍の値上がりを見せています。つまり、1万円が100万円、1000万円、1億円になる場合があるということです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • i-q
  • ベストアンサー率27% (745/2744)

ないですね。。 http://www.morningstar.co.jp/vc/index.html 一覧ならありますが、こうして見るとビットコイン キャッシュだの〃ゴールドだの紛らわしいコインがあるのですね。。 どの国発祥かより、どの国にどれくらいノードなりマイナーが居るかの方が重要な気がします。 (発祥国の情報はあまり役に立たないのでないのでは?) http://monacoin.trance-cat.com/nodes-map.php こういった分布図・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • oska2
  • ベストアンサー率42% (1297/3078)

>日本の国産仮想通貨が複数あり へぇ。そうなの? 世界各国で、仮想通貨を発行している国連加盟国は存在しませんが・・・。 2018年1月26日に、日本国内で新たな民間会社が仮想通貨の新規発行を行ったのですかね? 左派系新聞・右派系新聞・経済新聞でも、全く報道がありませんが・・・。 未だ、国内の一部地域限定で仮想通貨を発行・流通を行っているのでしようか? 私が知っているのは、ビットコインなど複数の仮想通貨を複数の民間会社が日本国内で取引を行っている事だけです。^^; あくまで、発行でなく取引です。 >世界各国のそれぞれの国ごとにまとめられて紹介されたサイトなどはないでしょうか? EUには、存在する様です。 が、あくまで「取引先」を紹介するサイトです。 >「国、仮想通貨」で検索するとその国の中央銀行の金融政策、仮想通貨についてがでて、国ごとの仮想通貨などはあまりでません。 当然ですね。 仮想通貨は、各国の中央銀行は「一切関与しない」通貨ですからね。 「関与しない=国は責任を一切負わない」通貨です。 国毎に、独立した通仮想貨は存在しません。 仮想通貨が、主要取引業者間の対立で「分裂」する事はありますがね。 確か、ビットコインは「中国共産党の命令で、分裂」しましたよね。 確か、(南朝鮮臨時革命政府となった?)韓国文政権もビットコイン取引規制をはじめました。 仮想通貨は、国毎に発行していないので国で検索してもヒットはしません。 >ICOでその仮想通貨が発行される国がでますが。 たぶん、質問者さまはICOについての理解が誤っています。 先に書いた通り、仮想通貨は「国毎に発行していない」のです。 仮想通貨の基本中の基本ですから、仮想通貨の投機を行う場合は充分理解してから行って下さい。 株投資・外貨投資よりも、短期で莫大な利益を得る事が出来ますよ。 反対に、短期で莫大な損失も発生しますが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答どうも NO1の方への回答をみていただければ。

  • 回答No.1

確か、今年中あたりに銀行主導の仮想通貨、と言ってももどきなものですが、が発行されます。 なので国産仮想通貨は存在しません。 また世界中では仮想通貨を作り始めていますが、メジャーなのはビットコインを含めた2~3種類程度です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答どうも。 質問の仕方がわるかったかもしれません。 国産というより、その国発といういいかたというか、 うまく表現できませんが。  モナコイン、クマコインなど日本由来、日本発 という言い方ができると思いますが、 それで国別で紹介されているサイトがないかと。

関連するQ&A

  • 仮想通貨とは?

    今、ビットコインが話題になっていますが、少し教えてください。 私は、全くこの分野を理解しておりませんし、利用したこともありませんが、何年か前に、知人の知人が「リアルマネートレードの仕事をしている」と聞きました。 ゲームの中の仮想通貨を扱うと説明を受けたように思うのですが、興味もなかったので「ふ~ん」と流していました。 今回、ビットコインが云々というニュースで、仮想通貨という言葉を聞き、「あれ?同じものなのかしら?あの人大丈夫かしら?」と思い出した次第です。 少し調べてみたのですが、良く分かりません。 仮想通貨というのは、インターネット上で扱われるお金全般と言うことでよいのでしょうか? 仮想通貨には、購入方法、管理方法、データの様式が異なるいろんな種類があり、ビットコインはその1種類、と言う認識でよいのでしょうか? 現金ですと、国を移動する際にレートがあり価値が変動しますが、同じ種類の仮想通貨は国をまたいで使用でき、現実空間とネット空間の間にレートがあり価値が変動する、と言うことでしょうか? 現実の経済すら理解していないので、おかしな質問かと思いますが、よろしく御願いいたします。

  • 仮想通貨の利益について質問です。

    仮想通貨の利益について質問です。 最近、金融業界では、仮想通貨という用語が聞かれます。 仮想通貨について調べてみたのですが、仮想通貨とは、噛み砕いて表わすと、法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨を指す言葉だそうですが、ここで質問です。 仮想通貨は、どのように金融及び経済に用いられ、そして、どうやって利益を得られる構造なのでしょうか? 教えて下さい。

  • 仮想通貨のICOが規制されたので勝手に作れない?

    仮想通貨はICOが規制されたので勝手にどんどん作ることは できなくなったのでしょうか?

  • 仮想通貨

    ビットコインは中国で全面廃止となり、価格も80万円台にまで下がってしまいました。仮想通貨はすでに終わりを迎えているのでしょうか?今後、世界中で取引を廃止する国が出てくるのでしょうか?

  • 仮想通貨で物を購入した際の課税

     私は仮想通貨というバスに乗り遅れてしまったので他人ごとなんですが、報道されている仮想通貨に係る課税について、疑問があります。  5万円で仮想通貨を1単位買って、値上がりしたところで6万円で円に戻したら、差額1万円に所得税がかかるのは、まあ手数料の問題はありますが、妥当でしょう。問題は、値上がりしたところでその仮想通貨で別の商品を購入した場合です。  税務当局は、5万円で仮想通貨を買って6万円になった時に。6万円相当の物を購入したとしても差額1万円に対して課税するとしているようです。しかしこれには疑問があります。 疑問1  その論理で行くと、海外旅行に行く前に外貨を購入し、値上がりした(円安になった)ところで海外で買い物した場合、その都度所得税がかかることになります。しかし一般消費者でそんなことをしているというのは聞いたことがないし、為替相場は数日あれば十分変動するのであって、多くの人が税金を支払わなければならないことになりますが、現実的ではないと思います。しかし逆に、外貨を購入して値上がりした後買い物した場合に課税しないのに、仮想通貨にだけ課税するのであれば、不公平ではないでしょうか。 疑問2  ○万円相当と言いますが、その金額の算定は、どうやってするのでしょうか?その商品の市価?それとも当該決済が行われた時の、仮想通貨のレートで円に換算するのでしょうか??

  • 政策金利の上昇は、仮想通貨市場にどう影響しますか?

    日本・アメリカの双方で政策金利の上昇が意識されていますが、 2018年の景気影響はどういったものが考えられますか? その際、仮想通貨市場にはどう影響しますか? 金利上昇のきっかけ自体は、実は仮想通貨市場の問題があるのでは?と考えています。 理由は2つです。 1つは、仮想通貨市場に、低金利政策で実態経済の儲けが そのまま流れ込んでいる点が、結果として昨年の活況を生んだのでは?という点、 もう1つが、昨年後半から仮想通貨市場への金融規制強化が強まったことです。 ここ1週間の株価の乱高下も、こうした市場にあふれたお金が 一部の銘柄に集中・離散を繰り返している結果ではないかと考えています。 その点で、仮想通貨含む、金融市場全体の適正化という意味でも利上げ自体は 進んだほうがいいと思うのですが、一方でこうした激しい値動きは、 相変わらず仮想通貨を一部の投資家たちだけのものにする気がしています。 その場合、一時的に下落したものが、再び上昇するといった可能性は 描けるのですが、実際にそうした可能性はあるのでしょうか? またそれは利上げの影響といえるのでしょうか?

  • 仮想通貨による普及について

    仮想通貨による普及と我々日本人の現金に対する価値観について質問です。 NHKスペシャル『マネー・ワールド ~資本主義の未来~第1集 お金が消える!? 』で、中国やヨーロッパでは、キャッシュレス化・仮想通貨が進んでいると取り上げていた。 なぜ、キャッシュレス化が進む理由は、単に「便利だから」だけではなく、現在の貨幣の“限界”、それは幾ら紙幣を刷っても、消費の経済は好転せず、逆に犯罪組織といった地下組織やインフレ・デフレによる貨幣の価値を低下させたから、キャッシュレス化・仮想通貨が進んでいる理由だそうだが、ここで質問です。 今後、世界経済がキャッシュレス化や仮想通貨による取引や金融が進んでも、我々日本人は、この変化に受け入れることはできるのでしょうか? ●『NHKスペシャル | マネー・ワールド ~資本主義の未来~第1集 お金が消える!?』↓ https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20181006

  • 銀行の円なら手数料が掛かって、仮想通貨なら手数料が

    銀行の円なら手数料が掛かって、仮想通貨なら手数料が安くなる理屈がよく分からないんですが、なぜ仮想通貨だと手数料が安く出来るんですか? 逆に円の支店間ですら手数料が掛かる理由がよくわからない。で、仮想通貨なら支店間の送金は無料? なんで? 何の違いがあるの? 同じ銀行間で支店違いだけで手数料が掛かるのは国から税金でも送金するだけで銀行は国に搾取でもされてるんですか?

  • 仮想通貨の推移について

    よく仮想通貨で1000倍、10000倍高騰したというのをネットで見かけるのですが、どのコインがどの期間でどのくらい上がったのか今一よくわかりません。 そこで、2018年で一番価格が高騰したランキングみたいなものを見えるサイトはないでしょうか。 上場してから上がったコインでも、ICOから上場して高騰したコインでも構いません。要するに、本当に高騰しているコインはあるのか、どのようなコインなのか、どのくらいの期間、どのくらい高騰したのかを調べたいだけです。 他に調べれる方法があればアドバイスをお願いします。

  • 仮想通貨で未上場のICOの税金について。

    仮想通貨で今年投資したICOがいくつも未上場の状態になっています。 来年になって売却する場合、年をまたぐので損失が出ても利益と通算はできません。 それは仕方ないとして、せめて今年ICOに投資した分のお金を納税の時に、損失として計上することはできないのでしょうか?もちろん、普通に考えたら無理というのはわかります。 ただ、ネットで下記の税理士さんの記事がありましたので。。どう思いますか? → https://omi-zeirishijimusho.com/virtualcurrency/ico201803/