新撰組に関する小説など

司馬遼太郎先生の「新撰組血風録」を読む機会があり、新撰組に興味を持ちました。 ただ日本史を勉強した記憶は遥か遠く、幕末と...

noname#230940 さんからの 回答

  • 2017/08/07 21:41
  • 回答No.1
同じく司馬遼太郎先生の作品なら、土方歳三を主人公にした「燃えよ剣」があります。
ほかに、新選組ではありませんが、同じ時代を描いた作品として、「竜馬がゆく」は外せないものだと思います。
他の作家だと、池波正太郎先生も良いです。
「近藤勇白書」「幕末新選組」があります。
やはり新選組とは別の組織を描いた「幕末遊撃隊」や薩摩出身で陸軍中将になった桐野利秋を主人公にする「人斬り半次郎」も良いです。
お礼コメント
jyaga_butter

お礼率 83% (20/24)

色々と教えてくださってありがとうございます。
「燃えよ剣」「竜馬がゆく」購入いたしました。
残念ながら使用している電子書籍ストアに池波正太郎先生の本がなかったので、こちらは後日本屋さんで探してみようと思います。
どのご本もあらすじを見て面白そうだなと思うのですが、これらの人々が二百年前には実在したのかと思うと不思議な気分になりますね。
本当にありがとうございました。
投稿日時:2017/08/08 09:08
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • おすすめの小説教えてください 書籍・文庫

    最近歴史小説にすごくはまっていて、よく読んでいるのですが、 皆さんが「これは良い!」と思われた小説はありますか? 特に江戸時代・幕末が好きです。 江戸時代以外のものでもよいです、ぜひおすすめのもの教えてください! ちなみに最近読んだ歴史小説は「燃えよ剣」「新選組血風録」「和宮様御留」「天しょう院篤姫」「華岡青洲の妻」など・・・。 新選組・司馬遼太郎作品をよく読みます。...

  • 新撰組の小説 書籍・文庫

    今、とても新撰組に関心があります。 司馬遼太郎の「新撰組血風録」を読んで、とても面白かったのですが、本編が書いてある本が読みたいです。 新撰組の本編の本で、皆さんのおすすめがありましたら教えてください! ちなみに、中村彰彦の「新撰組全史」を買って少し読んでみたのですが、著者の解説のような書き方で、読むのに疲れてしまいました。 なのでできれば、物語風に書かれていて、読んでいてわくわくしたりどきどきするようなものを教えていただきたいです。 よろしくお願いします!...

  • 『新撰組血風録』 その他時代小説について 書籍・文庫

    新撰組の創作小説を書きたいのですが、時代小説って今まで読んだ事がなく、その時代に出て来る物の名前(例えば現代なら布団ですが、褥って言いますよね?)が分かりません。 また、切り合いのシーンなどの表現方法も苦手です。 なので、参考に出来る小説を読みたいのですが、活字あまり得意ではないので、難しくなく且つ上記の悩みを解決出来る時代小説ってありますか? 『新撰組血風録』 著者 司馬遼太郎 を読んでみようか思いますが、上記の点は参考になりますか?...

  • 新撰組の本を探しています その他(本・雑誌・マンガ)

    最近友人が新撰組に興味を持ち、もっと知りたいとのことで本を薦めました。 私も新撰組が好きで分かりやすいだろうと司馬遼太郎あたりを薦めたのですが、 友人が小説や活字を読むことが苦手な人でした。 薦めた本(新撰組血風録や燃えよ剣)は少し読んでリタイアしてしまいました。 私の手持ちの本も同じく無理と言われてしまいました。 せっかくなので興味がそれないうちに何かしら薦めたいのですが 私の見立てだと趣味が偏ってしまうので、なにか新撰組でオススメの本があればご意見いただけたらと思います。 できれば以下の条件に当てはまるとありがたいです。 ・本であれば小説、児童書、マンガなどのジャンルは問いません。  初心者や子供でも読めそうなものであれば解読本でもかまいません。 ・脚色やオリジナリティがあってもいいのですが、できるだけ史実を追って行ってるものがいいです。 ・シリーズや連載物であればできるだけ巻数が少ないとありがたいです。(集めたり読んだりする都合で) ・壬生浪士の初期や後期の話やマイナーな隊士がピックアップされてるものがあるとうれしいです。 ・新撰組視点でなくても構いません。 いろいろと難しいですが、条件に当てはまらなくてもお勧めがあればご意見いただけたらと思います。 よろしくお願いします。...

  • 司馬遼太郎著「新選組血風録」 書籍・文庫

    司馬遼太郎著「新選組血風録」の購入を考えております。 しかしながら、この作品は中公文庫版と角川文庫版があります。 この2つにはどういった違いがあるのでしょうか? よろしくお願いいたします。...

ページ先頭へ