• ベストアンサー
  • 困ってます

温度とは…??

温度とは…?? 温度とは原子の運動の激しさを表すものだと思ってました。 しかし絶対零度でも、量子力学的なゆらぎ、不確定性原理によって零点振動をするじゃないですか。 すると、温度とは何なんだろう…とよく分からなくなってきました。 ずばり!温度とは何ですか!?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数123
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

昔は(といってもほんの50年ほど前まで)、絶対零度では分子は止まっていて、まったく動かないと考えられていました。 > 対零度でも、量子力学的なゆらぎ、不確定性原理によって零点振動をするじゃないですか。 これが、量子力学で持ち込まれた新しい考え方、「ゼロ点エネルギー」です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B6%E7%82%B9%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC > 温度とは何なんだろう…とよく分からなくなってきました。 量子力学って、ほんとに、それまでの物理をわからなくする、やっかいな存在ですね。アインシュタインもすんなりとは受け入れられなかったのですから。 > ずばり!温度とは何ですか!? 分子の振動という考え方は変わっていません。絶対零度付近では、ゼロ点エネルギーを考えて補正が必要になっただけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございました!!m(__)m

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率27% (1535/5544)

量子力学的なゆらぎとは、零点振動するわけではありません。 特定の点で存在確率が決まる(だから不確定性原理と言う)だけです。 温度とは内部エネルギーであって、運動の激しさだけでなく磁気エネルギーを含めて熱が蓄えられる場合もあります。 これ利用して絶対零度近くまで冷却する方法もあります。 量子力学についてきちんと勉強してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

勉強になりました! ありがとうございました!

  • 回答No.1
  • mpascal
  • ベストアンサー率21% (1135/5190)

素粒子自信の振動(スピン?)は熱にならないのでしょう。 ブラックホールの真ん中でガチガチで素粒子さえ動けないはずなのに熱が発生しいるという「ホーキング・パラドックス」については、小さく織り込まれた高次の次元のなかで粗漁師が動けるから(膜理論でしたっけ)ということでとりあえず決着したとか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • シュレディンガー方程式と不確定性原理とどちらが先か

    シュレディンガー方程式と不確定性原理とどちらが先か 量子力学の初歩の質問ですが、 量子力学では、シュレディンガー方程式と不確定性原理のどちらが先にあるのですか。

  • トンネル効果はなぜ起こる?(量子力学学習中です)

    トンネル効果はなぜ起こるのでしょう?量子力学的ゆらぎで起こるなんていう話は聞きますがよく理解できません。位置と運動量の不確定性原理の話でしょうか?  それと、ポテンシャル障壁に波束があたった時、なぜ反射波ができるんですか?粒子のエネルギーがポテンシャルより高い場合にも反射が起こるのはなぜでしょう?

  • 量子論とラプラスの悪魔に関して。

    文系なので、できるだけ簡潔な回答(厳密でなく、概念が正しければ構いません)をお願い致します。 ラプラスの悪魔の存在をハイゼンベルクの不確定性原理が否定し、さらにその原理を小澤の不等式が拡張した、という認識は正しいですよね? 小澤の不等式を見ると、誤差は0にできてもゆらぎは依然として存在しており、量子力学の確率的な存在という概念がむしろ強化され、さらには観察の誤差を0にしてもなおランダム性があるのであれば、小澤の不等式によりラプラスの悪魔の存在がより遠のいたような気がするのですが、この認識は 概ね 正しいでしょうか? ニュースなどを見ていると、小澤の不等式により不確定性原理が破られたと書いてあり、この文面だけ見ると、「全てが確定的であるとする決定論が証明された。」というような印象を受けるのですが、このようなことは誤解であり、量子力学は依然として不確定性を含んでいるという認識で合っていますか?

  • 不確定性原理

    単純な質問で申し訳ありませんが… 今、量子力学を学んでいるのですが、量子は位置と運動量を同時に確定できないとありますが、ようするに我々から見て微視的物体の運動は確定されないことですよね? では量子サイズの生物がいると仮定すれば、その生物にとって不確定性原理は当てはまるのでしょうか?

  • 量子力学の不確定性原理は超ひも理論にもあてはまるのですか?

    超弦理論でも量子化の操作があるようなので、同じように不確定性原理があるような気がするのですが、実際のところはどうなのでしょうか。 いまいち量子力学と超弦理論の関係もわかってません(量子力学の一モデルが超弦理論??)。

  • 原子が見えるとは

    電子顕微鏡では原子を見ることは可能ですよね。 しかし、原子が見えるとはその位置を特定することになるので 不確定性原理に反していると思うのですがどうなのでしょうか? 私なりに考えたのは、原子が見えると言ってもある程度誤差があり、完全にその場所を特定しているわけではないのではないかということです。 しかし、実際のところわからないので回答をおねがいします。 また、80年代(多分)にIBMが何かの原子(結晶?)の膜から原子を取り出し、そこにIBMと書いていたのを見たことがあるのですが、あれはどうして量子力学的に矛盾はないのでしょうか? どなたか、詳しくて親切な方回答をおねがいします。

  • ノートパソコン量子力学がないと製造できなかった?

    相対性理論を破るとしたら量子力学しかない とか言われますが なんというか・・・机上の空論なんでしょうか? 電子機器、パソコンなどは量子力学的がなくては 誕生しなかった という理由を簡単に教えてください _____________________ 電気製品を構成する電気回路をどんどん小さくしていくと、 電線でつながっていない所へ電気が通るようになります。 この仕組みは量子力学でなければ説明できません。 量子力学の用語である「不確定性原理」や「トンネル効果」 といった言葉が使われるようになります。 したがって、小さい小さい電気回路を作るには量子力学が必要なのです。 他にも、半導体レーザーやLEDが光を出す仕組みにも量子力学が必要です 量子力学がなくてもコンピュータ自体はあったでしょうが、スマートフォンやノートパソコンどころか家庭用パソコンも夢のまた夢だったと思います。

  • 量子力学:不確定性原理ΔxΔpの拡張

    量子力学におけるハイゼンベルクの不確定原理について質問させていただきます。 量子力学の教科書に 位置と運動量の不確定性は ΔxΔp_[x]≧h/4π で表され、x(t)=v_[x]t,E(v_[x])=(mv_[x]^2)/2とすると ΔtΔE≧h/4π に拡張される。 とされているのですが、どのようにこの“拡張”を証明できるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 未来は確定していない?

    量子力学では未来は確定していないんですよね。でも、法則は全て同じ結果になるから未来は確定してます。 未来が確定してるとは原子一個でも位置が違えば未来は変わってしまうから原子一個でも動きは決まっています。量子力学では原子の位置は決まっていないと言っています。 素人的には量子力学と法則は矛盾してる気がします。もし、原子の位置が決まっていないのならその原子にはどのような法則が働いて位置を決めているんですか?法則に逆らう何かが働いているのならそれは何ですか?法則に逆らえるのなら明日永久機関が出来てもいいんですか。やはり量子力学は間違っているのでは?

  • 量子力学の修正と統一理論について

    名古屋大学の小澤教授によるハイゼンベルグの不確定性原理の修正式が 実験的に確認されたとのことですが、 素粒子物理学の統一理論も量子力学の正しさを基礎としていると思います。 場の量子論や超弦理論などの大幅な書き換えにつながる可能性はあるのでしょうか? 量子力学の教科書程度の話は分かるのですが、それ以上のことになるとついていけません。 分かる方よろしくお願いします。