• ベストアンサー
  • 困ってます

全盛期現役バリバリのメジャーリーガーで来日した選手

  • 質問No.9031626
  • 閲覧数763
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0
プロ野球において「MLB全盛期現役バリバリのメジャーリーガー」で来日した選手ってどういう選手がいますかね。
来日する前年度にキャリアハイに近い成績を残していたという定義で調べたら

ソフトバンク・バティスタ=32本塁打110打点.241
阪急・バンプ=6本塁打38打点.272 35盗塁
ヤクルト・ホーナー=27本塁打89打点.273
中日・ディンゴ=21本塁打62打点.309
西武・フェルナンデス=6本塁打75打点.328
ロッテ・フランコ=20本塁打98打点.319
広島・黒田=11勝9敗3.71

くらいかなと

他にもいれば教えてください

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 64% (112/174)

元巨人の ガリクソン です。
前年に 14勝13敗 防御率4.86 投球回213.0 です。

後、前年度にキャリアハイに近い成績後、
日本に来た選手ではありませんが、
レッドソックスのレギュラー選手の
元阪神のマイク・グリーンウェルが思いつきました。
何試合かプレーしてすぐ帰国しましたが。
お礼コメント
noname#212916
ガリクソンはMLB復帰してからも最多勝を取るなど、通過点として日本に来た印象ですね
投稿日時:2015/08/17 12:28

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3
シェーン・マック
お礼コメント
noname#212916
マックもピークのころに来ましたね

ストライキの恩恵ですな
投稿日時:2015/08/17 13:38
  • 回答No.1

ベストアンサー率 43% (130/296)

ダイエー、ケビン・ミッチェル
MLBのストライキで95試合だったが
30本塁打、77打点、打率.326

来日し、開幕戦初打席に満塁本塁打の衝撃デビューを果たしたが
その後、故障で欠場やシーズン途中で病気療養など問題児ぶりを発揮して
わずか37試合の出場で解雇された
高い契約金で入団して早々退団し、金銭面でもトラブルを起こしたので
「金と共に去りぬ」と言われた
お礼コメント
noname#212916
そういえばいましたね
95試合で30本塁打はすごいわ
投稿日時:2015/08/17 12:28
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ