• ベストアンサー
  • 困ってます

英語  時制の一致

 時制の一致について 以前から覚えにくく困っています。 直接話法はわかりますが 間接話法について どなたかわかりやすく 説明をしていただけませんか。Willなど変化する助動詞については 特にわかりません。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数157
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8026/9905)

「お礼コメント」を拝見しました。 >助動詞は must should ought to は過去形がないからと考えればよろしいですか。 ⇒そういうことですね。 ただ、shouldだけはちょっと別扱いした方がいいかも知れません。もちろんこれは、本来shallの過去形ですが、order, propose, suggestなどの目的語になる名詞節中で用いられる場合、つまり、「~するように、~すべく」という意味で用いられる場合ですね。 (例)He proposes that we should not drink too much.「飲み過ぎないよう提案する。」 →He proposed that we should not drink too much.「飲み過ぎないよう提案した。」 なお、この場合、アメリカではshouldでなく、原形(厳密には、仮定法現在)を用いるのが普通のようです。(He proposed that we do not drink too much.) >if he wereは 私が学生のときは 三人称単数のとき wasでなく wereと覚えた気がするのですが 変わったのですかね。 ⇒そのようですね。 仮定法過去の条件節では、be動詞だけがif I/he/she wereと例外的な形(他の場合はすべて直説法の過去と同形)が使われましたので、類推で他の動詞の形に同化してきたようなのです。今では、She looks as if she was drunk.「彼女は酔っているように見える。」のように、wereでなくwasで言う方がむしろ普通になりました。 ところで、通常の過去表現でyou wereという時のwereと、仮定法でif I/he/she wereという時のwereとは、古英語では別々の形(前者は直説法過去でwǽre、後者は接続法過去でwǽron)が用いられていました。もし、この区別が今でも続いていれば、上のような同化は起こっていないのかも知れませんね。 一部脱線しましたが、以上、再伸まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>明日の朝 ここにいるだろうと言っていたよ。 の感じでOKと思います。 日本語の雰囲気と英語の雰囲気を一致させると自然に形が決まってきますので簡単な文を1つ覚えておけばいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8026/9905)

「時制の一致」について、以下のようにまとめてみました。ご参考になれば嬉しいです。 主動詞(=主節の動詞)が現在や未来の場合は関係ないのですが、「主動詞が過去の場合は、従属動詞も過去形にする」、というのが「時制の一致」という規則ですね。 (例)He says that he will go.「彼は行くつもりだと言う。」 →He said that he would go.「彼は行くつもりだと言った。」 I work hard so that I may succeed.「私は成功するよう一生懸命働く。」 →I worked hard so that I might succeed.「私は成功するよう一生懸命働いた。」 ただし、この規則には大別して3種類の例外があります。 A.従属節の内容の特殊性によって時制の一致を免れる場合 (1)真理:主動詞が過去であっても、「不変の真理」を述べる場合は、時制の一致(の規則)を免れる。 (例)The teacher tells them that the earth is round.「教師は地球は丸いと語る。」 →The teacher told them that the earth is round. 「教師は地球は丸いと語った。」 (2)「歴史的現在」:主動詞が過去であっても、「歴史上の事実」を述べる場合も、時制の一致を免れる(通常なら過去完了にするところでも過去のままでよい)。 (例)I know that Shakespeare was born in 1564.「私は、シェークスピアが1564年生まれということを知る。」 →I knew that Shakespeare was born in 1564.「私は、シェークスピアが1564年生まれということを知った。」(was bornをhad been bornとしない)。 (3)現在の習慣:主動詞が過去であっても、「現在でも事実である(行われている)習慣」を述べる場合は、時制の一致を免れる。 (例)She says that she always washes her face with hot water even in summer.「彼女は夏でも常にお湯で顔を洗うと言う。」 →She said that she always washes her face with hot water even in summer.「彼女は夏でも常にお湯で顔を洗うと言った。」 B.助動詞 従属節中の助動詞は、その特殊性によって時制の一致を免れるものがある。すなわち、助動詞must, ought to, shouldは主動詞が現在であっても過去であってもそのままでよい。 (例)He says that if he were/was a bird, he would fly to me.「彼は、もし彼が鳥なら私のところへ飛んでくるのにと言う。」 →He said that if he were/was a bird, he would fly to me.「彼は、もし彼が鳥なら私のところへ飛んでくるのにと言う。」(were/was, would flyをそれぞれhad been, would have flownとしない。なお、if he were/wasは、「wereでもwasでもよい」という意味)。 C.仮定法 仮定法で、従属節(=帰結節)中の仮定法過去と仮定法過去完了は、主動詞が現在であっても過去であっても形を変えない(通常なら、過去完了にするところでも、仮定法過去のままでよい)。 (例)I think that I have to/ must return to my home town.「私は生まれ故郷に帰らなければならないと思う。」 →I thought that I had to/ must return to my home town.「私は生まれ故郷に帰らなければならないと思った。」(ご覧のように、have toはhad toと変えなければなりませんが、mustはこのままでよい)。 以上、ご回答まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございました。 時制の一致の例外がよくわかりました。参考書よりよくわかりました。 助動詞は must should ought to は過去形がないからと考えればよろしいですか。 if he wereは 私が学生のときは 三人称単数のとき wasでなく wereと覚えた気がするのですが 変わったのですかね。お時間があれば 教えてください。お願いいたします。

  • 回答No.1

He said "I will be here tomorrow morning." これは直接話法なので割りと簡単ですよね。 (これは約束の場所”ここ”で、彼以外の誰かに話しているという情況です。) では間接話法は  1) 彼が I と言っていたので 直す場合は he ですよね。(I → he) 2) 過去に言った will は would (will → would) He said that he would be here tomorrow morning. ニュアンスとしては that 以下は ”~と言っていたよ” と言うような感じでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 有り難うございました。 間接話法の説明で ”~と言っていたよ” の ~のところの 訳の仕方は  現在形で訳すればよいのですよね。 明日の朝 ここにいるだろうと言っていたよ。 と考えればよろしいのですか。

関連するQ&A

  • 時制の一致と話法

    抽象的な質問になりますが、時制の一致と話法との関係はどうなっているのでしょうか? 話法のところで時制の一致も出てきます。しかし、時制の一致のところで必ず話法のことが出てくるとは限りません。両者の関係を分かりやすく説明してください。

  • この場合、時制の一致はどうするか?

    辞書に (1)He said that would be the tower of London. という文が載っていて、このwouldは時制の一致によるものではなく推量のwouldだとありました。この文を見て思ったのですが、 例えば He said,「That would/could...」とか He said,「She should have done...」(彼は言った、「彼女は~すべきだったのに」) などの文を直接話法の文からコンマをとって関節話法の文にするとき、このように「助動詞の過去形」とか「助動詞の過去形+have+p.p」が既に従属節に使ってある場合は(1)のように時制の一致をしなくていいのでしょうか? 回答をお願いします。

  • 時制の一致

    「ごめん聞こえなかった。何て言ったの?」「あなたのミドルネームを尋ねたんだよ。」という場合、"I'm sorry I couldn't hear you. What did you say?" "I asked you what your middle name [was]."最後は時制の一致で過去形ですか? それとも、短時間に名前が変化するわけは無く現在も同じ名前であろうことから現在形ですか? 間接話法の形容詞句や名詞句で、状態を表わす場合ならば過去形になることに迷いはありませんが、この例のように過去の一時点と現在との間で変化があったと考えにくいような場合や、普遍的事実を述べる場合は時制の一致の例外になるとは考えられないでしょうか。英語は生活に困らない程度には不自由なく喋れますが、こういうところで自信がないため直接話法を使ってしまうことが多いように自分で思いますので、どなたかご教授ください。

  • 「時制の一致」についての酷く拙い愚問です。

    単純に文脈上で時系列を把握するだけでしたら、複文等の中の動詞を時制の一致の為に活用させずとも意味が通じる様に思われますので、恐らく間接話法の都合で「時制の一致」が必要になったのだろう、と思われますが、謬見なのでしょうか? 御教授を御願い申し上げます。

  • 助動詞の時制の一致

    時制の一致についてですが、 主節が現在から過去になるとき、従節は現在ならば過去に、過去ならば過去完了になり、最初から過去完了のときはそれ以上変化しない。従節に助動詞がある場合には助動詞を過去時制にする。 と、文法書には書いてあるのですが、最初から従節が助動詞の過去時制の場合、どうやって時制の一致するのでしょうか。変化しなくてよいのでしょうか。 また、従節が入れ子になって時制が何段階にもなる場合、普通は「現在→過去→過去完了→それ以上は変えない」ですが、助動詞の場合は「現在形→過去形」でそれ以上は変化しなくてよいのでしょうか。 具体例があっての疑問ではないので、見当違いなことを聞いていたら恐縮なんですが、ふと疑問に思ったので・・・。助動詞の時制の一致について詳しく教えていただけると幸いです。

  • 時制の一致について will

    推量のwouldは、仮定法であり、時制の一致はしないと聞きましたが。 一方、willは間接話法などで、意志未来および単純[必然的]未来において、時制の一致が行われ、推量のwillの場合は時制の一致はしないと聞きました。そうすると下の2のような文もありうるということでしょうか。 1) He said that would be the tower of London.(あれがロンドン塔だろうと彼は言った) 2) He said that will be the tower of London.(あれがロンドン塔だろうと彼は言った) ちなみに私はwillにおける単純未来と推量の違いがはっきり理解できません。例えば、I will be 20 next year. などは単純未来であることはわかりますが、 3) The radio says it will rain tomorrow. 4) You will be disappointed if you hear her sing. などの用例では単純未来と推量のどちらにもとれるような気がします。 実際にある辞書には単純未来として、別の辞書には推量の例文としてある場合もあります。「推量する」とは「(現在および未来の事情や心情を)おしはかること」という意味だとすると単純未来と区別がつかなくなる場合もあるように思われます。 辞書等には単純未来の意味は「~することになる・~だろう」、推量は「~だろう」とされてますのでますます区別がつきません。 もっとも文法的に単純未来と推量いづれであってもさほど、英訳、和訳する場合においてさほど問題にはならないとは考えますが、(私にとって)問題なのは間接話法などでwillが単純未来の場合時制の一致が必要で、推量の場合時制の一致がの要ないならば(やはり)その2つを区別する必要があると考えたからです。どなたか、私の疑問を解決して下さる方いらっしゃいましたらご教示願います。

  • 時制の一致がおこる動詞を教えてください。

    時制の一致がおこる動詞には、どんなものがあるのでしょうか。 文法書にはよく、He said 何々、She believed 何々、 She answered 何々、とあるので、say、believe や answer の場合、あとに続く文章の中の動詞が、最初の動詞の時制の変化を受けて過去形になったりするのだな、と分かります。 でも say, believe, answer の他にも、時制の一致がおこる動詞はありますよね?たとえば、時制の一致(と話法?)のところを見ても、hope を使った文章は見当たりません。ですが、「彼は彼女が来ればいいなと思った(希望した)」という日本語を英語に訳すと、He hoped that she would come. となるのでしょうか?それとも hope では時制の一致はおこらず、He hoped that she will come. となるのでしょうか? 質問の内容自体、うまく書けないのですが、上記のhopeのことに限らず、時制の一致がおこる動詞の一覧表のようなものがあるといいと思うのですが、私が探す限りは見つかりません。ご存じの方がいらっしゃたらどうぞ教えてください。お願いします。 

  • 時制の一致についてだと思いますが教えて下さい

    時制の一致について教科書などを読むと If I had known that he had some problems, I would have helped him.訳:彼が問題を抱えていることを知っていたら、助けてあげただろうに。 等と書いてあります。例えばこの文章の従属節の中を間接話法にすると、下記の英文の後半はこれで正しいのでしょうか。 If I had known that he had some problems, I would have told him that I could help him. 訳:彼が問題を抱えていることを知っていたら、助けてあげられると言ってあげたのに。 これは時制の一致に関する質問かどうかも分からないのですが、時制の一致を見ていたときに疑問に思ったので質問します。 どなたか教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 間接話法の時制の一致など・・・

    英語のテスト勉強で分からないところがあります。 The weather report said,“It will rain a lot tomorrow.” という直接話法を間接話法になおすもんだいで、答えを見ると The weather report said that it will rain a lot the next day. になっているんですが、saidがtoldになるのではないのですか? あと、「彼は、毎週日曜日に釣りに出かけるといった。」というのを答えを見ると、 He said that he goes fishing every Sunday. になってます。時制の一致でgoesがwentだと思ったのですが・・・。 ややこしくて泣きそうです。 明日テストなんで、お願いいたします!

  • なぜ仮定法は時制の一致を受けない?

    仮定法が時制の一致を受けないのは何故ですか? He said to me, "If you should fail in getting a job, what would you do?"を間接話法に直したときに、He asked me what would you do if you should fail in getting a job.と、時制の一致を受けないのかが分かりません。過去でした仮定なのだから時制の一致を受けてもよさそうだと思うのですが、どなたか回答宜しくお願いいたします。